Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Spring bootでweb バリデート編

19,350 views

Published on

Springでのバリデートの仕方を解説

Published in: Engineering
  • Be the first to comment

Spring bootでweb バリデート編

  1. 1. バリデート編
  2. 2. アジェンダ  はじめに  サンプルページ  サンプルページの準備  バリデート  メッセージを変更  カスタムバリデータ  データベースを参照するバリデート  ローカライズ  まとめ
  3. 3. はじめに  Spring Bootを使って、 Webの入力妥当性チェック(バリデート)の 実装方法を試してみる。
  4. 4. サンプルページ  サンプルページの画面フローは下記の通り 商品入力画面 確認画面 完了画面 【確認】クリック 【登録】クリック 入力エラー時 【戻る】クリック 【戻る】クリック
  5. 5. サンプルページ  サンプルページの画面フローは下記の通り 商品入力画面 確認画面 完了画面 【確認】クリック 【登録】クリック 入力エラー時 【戻る】クリック 【戻る】クリック ここの話 どのように入力チェックをするか?
  6. 6. サンプルページ  Controller /** 商品関連のページを制御するController */ @Controller @RequestMapping("product") public class ProductController { } http://someserver/someapp/product/ に 関連付けたController
  7. 7. サンプルページの準備  まずサンプルページの下記画面フローを作成する 商品入力画面 確認画面 完了画面 【確認】クリック 【登録】クリック 入力エラー時 【戻る】クリック 【戻る】クリック
  8. 8. サンプルページの準備  Controller /** 商品関連のページを制御するController */ @Controller @RequestMapping("product") public class ProductController { /** 商品入力の開始 */ @RequestMapping(value = "/input", method= RequestMethod.GET) public String input(Model model) { return "product/input"; } } http://someserver/someapp/product/input の GETリクエストを処理するメソッド テンプレート product/input.html が レンダリングされる
  9. 9. サンプルページの準備  Template (input.html) <body> <h3>商品入力</h3> <form action="confirm.html" method="post"> Code: <input type="text" name="productCode" size="20"/> <br/> 商品名: <input type="text" name="productName" size="20"/> <br/> 金額: <input type="text" name="price" size="20"/> <br/> <input type="submit" name="naviButton" value="確認"/> </form> </body> 素のHTML
  10. 10. サンプルページの準備  Template (input.html) <form action="confirm.html" th:action="@{/product/confirm}" method="post"> Code: <input type="text" name="productCode" size="20" /> <br/> 商品名: <input type="text" name="productName" size="20"/> <br/> 金額: <input type="text" name="price" size="20" /> <br/> <input type="submit" name="naviButton" value="確認"/> </form> Thymeleaf の記述を追加
  11. 11. サンプルページの準備  Controller /** 商品関連のページを制御するController */ @Controller @RequestMapping("product") public class ProductController { /** 商品入力の確認 */ @RequestMapping(value = "/confirm", method=RequestMethod.POST) public String confirm(Model model,) { return "product/confirm"; } } http://someserver/someapp/product/input からの POSTリクエストを処理するメソッド テンプレート product/confirm.html が レンダリングされる
  12. 12. サンプルページの準備  Template (confirm.html) <body> <h3>商品入力 - 確認</h3> <form action="finish.html" method="post"> Code: <br/> 商品名: <br/> 金額: <br/> <input type="submit" name="naviButton" value="登録"/> </form> </body>
  13. 13. サンプルページの準備  動作確認 http://someserver/someapp/product/input http://someserver/someapp/product/confirm
  14. 14. サンプルページの準備  Template (input.html) <form action="confirm.html" th:action="@{/product/confirm}" method="post"> Code: <input type="text" name="productCode" size="20" th:field="*{productForm.productCode}"/> <br/> 商品名: <input type="text" name="productName" size="20" th:field="*{productForm.productName}"/> <br/> 金額: <input type="text" name="price" size="20" th:field="*{productForm.price}"/> <br/> 入力画面を実装する
  15. 15. サンプルページの準備  Form /** 画面の値を保持するForm */ public class ProductForm { private Integer productCode; private String productName; private Integer price; // getter/setteを省略 フォームクラスを実装する これが入力値の格納先となる
  16. 16. サンプルページの準備  Controller /** 商品関連のページを制御するController */ @Controller @RequestMapping("product") public class ProductController { @ModelAttribute public ProductForm setupForm() { return new ProductForm(); } /** 商品入力の確認 */ @RequestMapping(value = "/confirm", method=RequestMethod.POST) public String confirm(Model model, ProductForm productForm) { return "product/confirm"; } } 画面用のFormクラスを初期化する 引数に入れた項目が 画面上の同名の項目にマップされる
  17. 17. サンプルページの準備  Template (confirm.html) <form action="finish.html" id="confirm" th:object="${productForm}" method="post"> Code: <span th:text="${productForm.productCode}"/> <br/> 商品名: <span th:text="${productForm.productName}"/> <br/> 金額: <span th:text="${productForm.price}"/> <br/> 確認画面を実装する
  18. 18. サンプルページの準備  動作確認 http://someserver/someapp/product/input http://someserver/someapp/product/confirm
  19. 19. バリデート  Formの修正 /** 画面の値を保持するForm */ public class ProductForm { @NotNull private Integer productCode; @NotNull @Length(max=10) private String productName; @NotNull @Max(1000) private Integer price; // getter/setteを省略 Bean Validationの仕様に従って アノテーションを記述する @NotNull → 必須入力 @Length → 長さ制限(10文字まで) @Max → 1,000までの入力
  20. 20. バリデート  Controllerの修正 /** 商品関連のページを制御するController */ @Controller @RequestMapping("product") public class ProductController { @RequestMapping(value = "/confirm", method=RequestMethod.POST) public String confirm(Model model, @Valid ProductForm productForm, Errors errors) { if (errors.hasErrors()) { return "product/input"; } return "product/confirm"; } } @Validを付けて、Formに対して バリデートをすることを明記 受け取ったバリデート結果を参照し、 エラーがあれば入力画面に遷移する
  21. 21. バリデート  Templateの修正(input.html) Code: <input type="text" name="productCode" size="20" th:field="*{productForm.productCode}"/> <span th:if="${#fields.hasErrors('*{productForm.productCode}')}" th:errors="*{productForm.productCode}" style="color: red"/> <br/> 商品名: <input type="text" name="productName" size="20" th:field="*{productForm.productName}"/> <span th:if="${#fields.hasErrors('*{productForm.productName}')}" th:errors="*{productForm.productName}" style="color: red"/> <br/> 金額: <input type="text" name="price" size="20" th:field="*{productForm.price}"/> <span th:if="${#fields.hasErrors('*{productForm.price}')}" th:errors="*{productForm.price}" style="color: red"/><br/> エラーがあるか? エラーがあれば、内容を出力
  22. 22. バリデート  動作確認 http://someserver/someapp/product/input 未入力、 10文字超え、 1000超え エラーメッセージを表示
  23. 23. メッセージを変更  初期状態ではメッセージが全て英語のため、 これを日本語にする
  24. 24. メッセージを変更  方法1:個別に指定する public class ProductForm { @NotNull(message="入力してください(埋め込み)") private Integer productCode; 各バリデート用のアノテーションにある messageプロパティで指定する http://someserver/someapp/product/input
  25. 25. メッセージを変更  方法2:プロパティファイルで指定する javax.validation.constraints.NotNull.message=入力してください(プロパティ) プロパティファイルに対応するアノテーションの メッセージをプロパティファイルで指定する http://someserver/someapp/product/input ValidationMessages.properties
  26. 26. メッセージを変更  可変項目をメッセージに埋め込む org.hibernate.validator.constraints.Length.message=入力は{max}文字までです。 アノテーションのパラメータ名を プロパティファイルで指定する http://someserver/someapp/product/input @NotBlank @Length(min=1, max=10) private String productName; {max}に 10が埋め込まれる
  27. 27. カスタムバリデータ  自前のバリデート機能を実装する方法は次の通り (サンプルとして電話番号のバリデータを実装する)
  28. 28. カスタムバリデータ  アノテーションを宣言する (お約束の書き方) @Constraint(validatedBy = TelNumberValidator.class) @Target({ElementType.METHOD, ElementType.FIELD}) @Retention(RetentionPolicy.RUNTIME) public @interface TelNumber { String message() default “TEL number is invalid"; Class<?>[] groups() default {}; Class<? extends Payload>[] payload() default {}; } 実際にチェックを行う クラスを指定(後述) デフォルトメッセージ
  29. 29. カスタムバリデータ  チェック処理を実装する public class TelNumberValidator implements ConstraintValidator<TelNumber, String> { @Override public void initialize(TelNumber constraintAnnotation) { } @Override public boolean isValid(final String value, final ConstraintValidatorContext context) { return true; } } チェック対象のアノテーションと チェック対象のデータ型 ここにチェック処理を 実装する 初期処理
  30. 30. カスタムバリデータ  チェック処理を実装する public class TelNumberValidator implements ConstraintValidator<TelNumber, String> { private Pattern pattern; @Override public void initialize(TelNumber constraintAnnotation) { pattern = Pattern.compile("^0¥¥d*-¥¥d*-¥¥d*"); } @Override public boolean isValid(final String value, final ConstraintValidatorContext context) { Matcher matcher = pattern.matcher(value); return matcher.find(); } } 正規表現チェック用の フィールド パターンに合ってたら true 違ったら false を返す 初期処理 0から始まって、数値の間に「-」が2つあること
  31. 31. カスタムバリデータ  カスタムバリデータを利用する @NotBlank @TelNumber private String telNumber; http://someserver/someapp/product/input
  32. 32. データベースを参照するバリデート  今までのBean Validationは Controllerの手前での出来事だったが、 データベースを参照するバリデートはControllerの先の動作となる Controller Service ブラウザ Bean Validation データベースを参照する バリデート
  33. 33. データベースを参照するバリデート  Serviceにバリデート用メソッドを用意する /** Productをチェックする */ public void validate(ProductForm productForm) throws DuplicateProductException { if ( productForm.getProductCode() == 1 ) { throw new DuplicateProductException(); } } サンプルとして、商品コードに 「1」が入れられたら例外を投げる 異常時は例外を投げる
  34. 34. データベースを参照するバリデート  サービス固有の例外を作成する public class DuplicateProductException extends Exception { } Exceptionを拡張して 必ずキャッチさせる
  35. 35. データベースを参照するバリデート  ControllerでServiceに追加したチェックを呼び出す /** 商品入力の確認 */ @RequestMapping(value = "/confirm", method=RequestMethod.POST) public String confirm(Model model, @Valid ProductForm productForm, Errors errors) { if (errors.hasErrors()) { return "product/input"; } try { productService.validate(productForm); } catch(DuplicateProductException e) { errors.rejectValue("productCode", "duplicate", new String[]{"商品コード"}, "default message."); return "product/input"; } return "product/confirm"; } チェックを呼び出す エラーがあったら rejectValueでフィールド ごとのエラーを詰める
  36. 36. データベースを参照するバリデート  メッセージ用のプロパティファイルを用意する duplicate={0}が重複しています。 「キー = メッセージ」の形式で記述 messages.properties errors.rejectValue("productCode", "duplicate", new String[]{"商品コード"}, "default message."); rejectValueしたときのerrorCodeを プロパティと同じキーにする 置換箇所「{0}」に 「商品コード」を当てる
  37. 37. データベースを参照するバリデート  アプリケーション設定を変更する spring: messages: basename: messages 先ほどのmessages.propertiesを 参照するよう設定する application.yml http://someserver/someapp/product/input
  38. 38. データベースを参照するバリデート  その他の方法 if (errors.hasErrors()) { return "product/input"; } productService.validate(productForm); return "product/confirm"; } @ExceptionHandler( DuplicateProductException.class ) public ModelAndView handleException(RuntimeException e ) { return new ModelAndView(" product/input ") .addObject("error", e.getMessage()); } public class DuplicateProductException extends RuntimeException { } RuntimeExceptionに変更 try ~ catchを削除 コントローラの例外を 一手に引き受ける
  39. 39. ローカライズ  言語ごとのプロパティファイルを配置し、多言語対応をする javax.validation.constraints.NotNull.message=Please input. ValidationMessages.properties デフォルト javax.validation.constraints.NotNull.message=入力してください。 ValidationMessages_ja.properties 日本語 javax.validation.constraints.NotNull.message=Please input. ValidationMessages_en.properties 英語
  40. 40. まとめ  SpringというよりBean Validation(JSR-303,JSR-349)の仕様を 知る方が、学習の近道かもしれない・・・?  また、Springの採用している実装のHibernate Validatorも確認を
  41. 41. まとめ  参考 ■JSR 303 Bean Validationで遊んでみるよ! - Yamkazu's Blog http://yamkazu.hatenablog.com/entry/20110206/1296985545 ■私のBeanValidationの使い方(Java EE Advent Calendar 2013) — 裏紙 http://backpaper0.github.io/2013/12/03/javaee_advent_calendar_2013. html ■Spring Boot Security Application - Bartosz Kielczewski http://kielczewski.eu/2014/12/spring-boot-security-application/ ■81.参考: 妥当性チェックのエラーメッセージ出力方法 - soracane https://sites.google.com/site/soracane/home/springnitsuite/spring- batch/81-can-kao-tuo-dang-xingchekkunoeramesseji-chu-li-fang-fa

×