Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

塹壕戦から揚陸艇強襲上陸まで (2012/03/17 pyfes)

釣りタイトル提供:といぷーさん

釣りのはずが、割とまともにテーマ通りの内容。
多分仕事の役には立たない。

  • Login to see the comments

塹壕戦から揚陸艇強襲上陸まで (2012/03/17 pyfes)

  1. 1. 塹壕戦から揚陸艇強襲上陸まで生き残るためのテスト戦略とは(仮) 2012/03/17 natsu_bm
  2. 2. お前誰よお名前  :ナツついったID:@natsu_bm 株式会社ビープラウドでテスト屋さんやってます 今年から PyCon JP のスタッフさんです 最近は、会社で出す本にちょこっと文章書きました ■Pythonプロフェッショナルプログラミング■  :発売日:3/27  :定価:2,940円
  3. 3. テスターって呼ぶな。
  4. 4. 今日のお題1. 理想 対 現実2. 現実を変えるためにできること3. 宣伝
  5. 5. 理想 対 現実テスト導入のハードルを上げているのは、自分自身でもある【理想】・ やるからには完璧に遂行したい・ あれもこれもやりたい【現実】 ・ どこから手を付ければ良いかわからなくなる・色々やろうとしすぎて、どれも中途半端に終わってしまう   ↓ ↓ ↓苦労の割に効果が薄い・工数ばかりかかる、という印象
  6. 6. 現実を変えるためにできること 段階的に、テストを導入していく。
  7. 7. じわじわ浸食していく。 1. 開発の裏でモンキーテストから実施   2. 障害の管理票を作る   3. テスト個別に工数が割り当てられる   4. あわよくばテスト設計の工数をゲット   5. 初期段階からテスト担当者が参加
  8. 8. 1. 開発の裏でモンキーテストから実施 ⇒「最近調子よくない?」となる ⇒ 実はテストを実施している、とアピール
  9. 9. 2. 障害の管理票を作る ⇒ 障害がシステム内に眠っていることを可視化 ⇒ テストする必要があることを訴える ⇒ 効果があることがわかると、テストの工数がもらえる
  10. 10. 3. テスト個別に工数が割り当てられる ⇒ テストの実施計画と称してテスト設計も追加していく ⇒ 最初はメモ書きや表から。いきなり全部を作ろうとしない
  11. 11. 4. あわよくばテスト設計の工数ゲット ⇒ テスト設計するためには、仕様の把握がとても大事 ⇒ 訊くのもいいけど、最初から知ってれば問題なくね?
  12. 12. 5. 初期段階からテスト担当者が参加 ⇒ 経緯まで理解しておくと、効率よくテストを進められる ⇒ 知っている人の時間を奪わずに済む ⇒ 伝言ゲームも避けられる
  13. 13. …という感じに。いつの間にか「やるのが当然」という空気になっていきます。※※注意※※・「何のためのテスト?」は忘れない・自分は自分、よそはよそ・やらなくていいことは、極力やらない・テストさえやっておけば大丈夫、みたいに思考停止しない
  14. 14. テスト≠品質テストは、システムの価値を上げるための手段のひとつです。
  15. 15. 宣伝PyCon JP では、スタッフさんを募集しています。興味がある方、きっと楽しいよ。スタッフさんがこの後LTするので、聴いていただくと良いと思います(`・ω・´)
  16. 16. 以上、ありがとうございましたっ m(_ _)m

×