Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

CUPSの話とか / CUPS short history

1,464 views

Published on

JA:
Jessieリリースおめでとう!(まだされてないけど;2015年4月25日20時現在)
Debian Jessieリリースパーティ in Tokyoで行ったライトニングトークです。会場についてから急遽作ったので色々雑です。ごめんなさい。
WheezyからJessieの間でCUPSにはどんな変更があったの?というお話。

EN:
Happy new release Debian Jessie! (I know still not yet; 8pm 25th April 2015, but very soon).
This slide describes about CUPS short history, since Wheezy (1.5) to Jessie (1.7).

Published in: Technology
  • Login to see the comments

CUPSの話とか / CUPS short history

  1. 1. CUPSな 話とか おがさわらなるひこ このカコミはプレゼン時に口頭で補った内容です。
  2. 2. みなさん CUPS 使ってますか?
  3. 3. Common Unix Printing System ではない
  4. 4. Common Unix Printing System ではない 今の商標は単に 「 CUPS 」です。 何かの略語では ありません。
  5. 5. Debian標準の 印刷スタック Debian に限らず大抵の Unix 系 ディストリビューションの印刷スタックは CUPS なのではないかな。 BSD 系とか 知らないですが。今時 lprng とかって ないですよね、プロジェクト死んじゃったし。
  6. 6. Internet Printing Protocolの 参照実装
  7. 7. Wheezy 1.5.3 Jessie 1.7.5
  8. 8. 1.5から1.7の ChangeLogを 追ってみた
  9. 9. 1.5 → 1.6
  10. 10. IEEE 1284、SCSI等 バックエンド・ PostScriptフィル ターなど概ね廃止 これらはすべて、 Apple が使っていないので QA できないので Apple がリリースするオープンソースとしてはサポートできない という理由で廃止されたものです。しょうがないかなと。
  11. 11. cups-filters パッケージ OpenPrinting で開発した PDF フィルター群と、 CUPS から 切り離された古いバックエンド群の集合です。 CUPS 自体は IEEE 1284 のサポートを落としましたが、多くの ディストリビューションでは本パッケージに相当するモノが 入っているので機能としては後退していないハズです。 なお PostScript のフィルターは取り込まれなかったので、 全ディストリビューションが PDF に移行しました。
  12. 12. colordと協働した カラーマッチング (のしくみ) に対応
  13. 13. Avahiによる mDDNS 名前解決に 対応
  14. 14. あとは 大量の 後方互換性 削除・削除・ 削除……
  15. 15. 小ネタですが 1.5で削除された 日本語翻訳が 復活しました (thanks, @kmuto)
  16. 16. 1.6 → 1.7
  17. 17. Bonjour以外の プリンター サービス ブラウジング廃止 Apple 的には OS X 対応のプリンター= Bonjour 対応、 でいいよね、ということになりますが、そうでないレガシーな プリンターまたはプリントサーバーは沢山あるわけで、 そういう思い切りができるのは Apple の強みといえばそうで。
  18. 18. cups-browsed 新規追加 そんなわけで廃止された port 631 のスキャンによる ブラウジングを行うデーモンが追加されました。 SUSE の人がアイディアを出して現在 OpenPrinting 保守。
  19. 19. あとは APIとか IPP周りの 変更かな
  20. 20. 割と地味
  21. 21. おまけ
  22. 22. 1.7 → 2.0
  23. 23. systemd対応 (中身は  よく  知らない)
  24. 24. IPP 2.0 準拠が 大きい
  25. 25. おしまい
  26. 26. 蛇足: なんかAppleの悪口になってしまいましたが、Appleが自 社のプロダクトプランに合わないものを切り捨てて行く という判断は「悪い」とは思ってません。好きか嫌いか というと嫌いだけど。 AppleがCUPSを保有してるのはOS Xの印刷機能を提供す るための安上がりの投資だからであって、それが気に入 らないならフォークすればよいのです。実際、RHはそう いう方向で検討してましたし。 今のところ、パワーバランス的によいところに落ち着い るといえるのではないかな。

×