Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
1 of 49

情報処理学会 第75回全国大会

3

Share

Download to read offline

2013.03.08に東北大学でおこなわれた情報処理学会 第75回全国大会での研究発表のスライド です。

ソーシャルメディア・コンテンツ管理[5N会場]
『ソーシャル図書室「bookHub」:コミュニティ指向の蔵書管理・書籍の貸し借りサービスの開発』

http://bookhub.jp/

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

Related Audiobooks

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

情報処理学会 第75回全国大会

  1. 1. ソーシャル図書室 「BookHub」 コミュニティ指向の蔵書管理・書籍の貸し借りサービスの開発 情報処理学会 第75回全国大会 東京工科大学 メディア学部 東北大学 川内キャンパス 成田 圭介 2013年03月08日 09:30 指導教員:上林憲行教授 岡崎博樹講師
  2. 2. 本 laboratory
  3. 3. 10  books? laboratory
  4. 4. 100  books? laboratory
  5. 5. 1000  books? laboratory
  6. 6. 342 冊
  7. 7. 342 冊 8.5m
  8. 8.  342 ‒ ( 15  3) 冊 人 冊 = 297 冊
  9. 9. 297 冊
  10. 10. 研究室内の 本は管理されていない
  11. 11. 研究室内の 研究室メンバーも 本は管理されていない 所在を把握していない
  12. 12. 研究室内の 研究室メンバーも 本は管理されていない 所在を把握していない 蔵書は 活用されていない
  13. 13. 研究室内の 研究室メンバーも 本は管理されていない 所在を把握していない 蔵書は 蔵書を活用せよ 活用されていない
  14. 14. 蔵書管理がされていないから 蔵書が活用されていない
  15. 15. なら
  16. 16. 蔵書管理システムを作ればいい
  17. 17. 蔵書管理システムを作ればいい
  18. 18.  342 ‒ ( 15  3) 人 冊 = 297 
  19. 19.  342 ‒ ( 15  3) 冊 人 冊 = 297 冊
  20. 20. 297冊を 活用する仕組みが必要だ
  21. 21. 第二の大学図書館 ソーシャル図書室をつくる
  22. 22. 研究室を図書室に laboratory library
  23. 23. 図書室の蔵書を公開
  24. 24. 本の貸し出し laboratory   student (library)
  25. 25. Demo h t t p : / / b o o k h u b . j p
  26. 26. 本の登録
  27. 27. 本の登録
  28. 28. 本の登録
  29. 29. 本の登録
  30. 30. 超かんたん!!
  31. 31. Career Center Teacher Laboratory Club Seminar Room
  32. 32. ソーシャル図書室をつくる
  33. 33. コミュニケーションの きっかけづくり
  34. 34. あのひとって どんな本読んでるんだろう student
  35. 35. Laboratory 研究室って どんなことをやっているの? student
  36. 36. Career Center 正直、行きづらい・・・ student
  37. 37. コミュニケーション
  38. 38. 大学以外にも University
  39. 39. 美容院 まちなか 自宅 バー カフェ 大学 オフィス 病院 University 書店 レストラン 習い事 塾
  40. 40. さいごに
  41. 41. コミュニケーション 貸し借り 蔵書管理
  42. 42. ユーザー数 54人 図書室数 65ヶ所 蔵書数 3078冊 貸し借り回数 16回
  43. 43. 今後さらに開発を続け、サービスを発展させていく
  44. 44. 謝辞 本研究を進めるにあたり、本当にたくさんの方に 貴重な時間を割いてアドバイス、協力をして頂きました。 上林研究室メンバーをはじめ、他関係者各位、 サービスを利用してくださっている方、 ご協力頂いたすべての方にお礼申し上げます。 今後もBookHubをご愛顧賜りますようお願い申し上げます。
  45. 45. いいね!ボタンよろしくお願いします。
  46. 46. ご清聴ありがとうございました。

×