สื่อสารอย่างไร

1,128 views

Published on

Science communication in time of disaster. Presented at NIDA on 26 April 2011.

Published in: Technology, News & Politics
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,128
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3
Actions
Shares
0
Downloads
13
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide
  • 「どんな津波が襲ってきてもできることがある。それは逃げることだ」と教えてきた。特に中学生には「君たちは守られる側ではなく、守る側だ。自分より弱い立場にある小学生や高齢者を連れて逃げるんだ」と話していた。今回の震災では、多くの中学生が教えを実践してくれた。 ある少女とは、私が教えた中学生の一人だ。彼女は、自宅で地震に遭遇した。地震の第一波をやり過ごした後、急いで自宅の裏に住む高齢者の家に向 かった。そのおばあさんを連れて逃げることは、自分の役割だと考えてくれたからだ。逃げる準備をするおばあさんを待っているとき、地震の第二波が襲ってき た。彼女は、箪笥の下敷きになり命を落とした。 病気で学校を休んでいた子やこの少女を含めて、釜石市では残念ながら5人の小中学生が亡くなった。それでも、命を落とした少女を含めて、一人ひと りが「逃げる」ことを実践してくれたおかげで、小学生1927人、中学生999人の命が助かり、生存率は99.8%だった。もちろん、死者が出た時点で、 私たちがやってきた防災教育は成功したと胸を張ることはできない。だから、私は彼女ら死者の声に耳を傾け続ける。防災学は、人の命を救う実学だからだ。彼 女らの声を聞くことで、別の命を救うことができる。
  • สื่อสารอย่างไร

    1. 1. สื่อสารอย่างไร?คิดแบบ...วิทยาศาสตร์<br />nares@sti.or.th<br />26 April 2011<br />
    2. 2.
    3. 3. Information?<br />
    4. 4. คนหัวศิลป์<br />คนหัววิทย์<br />Source: www.suthiphong.com<br />
    5. 5. การสื่อสารวิทยาศาสตร์สำเร็จเมื่อ<br />สามารถทำให้ผู้ฟังรู้สึกว่า<br />“คล้าย ๆ กับจะเข้าใจ”– นเรศ ดำรงชัย<br />
    6. 6. ครึ่งชีวิตของฉัน<br />
    7. 7. การสื่อสารผ่าน generation<br />
    8. 8.
    9. 9. The need for speed<br />
    10. 10.
    11. 11.
    12. 12.
    13. 13.
    14. 14.
    15. 15.
    16. 16. The need for accuracy<br />The need for accuracy<br />
    17. 17.
    18. 18.
    19. 19.
    20. 20.
    21. 21.
    22. 22.
    23. 23.
    24. 24.
    25. 25. จุดเกิดเหตุ?<br />
    26. 26.
    27. 27. บทเรียน “จงเตรียมพร้อม”<br />เตรียมตัวเป็นผู้รับสารที่ดี<br />เตรียมตัวเป็นผู้ให้ข่าวสารที่ดี<br />เตรียมตัวเป็นผู้ให้ความช่วยเหลือ<br />Source: Latest Shocking Earthquake Tsunami Japan @slideshare.net<br />

    ×