Google Web Toolkit(GWT)入門

3,544 views

Published on

第7回Ext JS / Ext GWT勉強会用資料

Published in: Technology
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
3,544
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
314
Actions
Shares
0
Downloads
18
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Google Web Toolkit(GWT)入門

  1. 1. Google Web Toolkit (GWT)入門 2009/01/21 (株)豆蔵 江川 崇 Ext JS/Ext GWT勉強会
  2. 2. 自己紹介(表) 所属  株式会社 豆蔵 仕事  業務系システムの要求分析  設計、実装の支援   ・Spring,Hibernate  非機能要件定義 名前  江川 崇(EGAWA Takashi)
  3. 3. 自己紹介(裏) 所属  日本Androidの会 幹事  Android SDK ワーキンググループ リーダー
  4. 4. GWTとは Javaを使って簡単にAjax アプリを作ることができる ツール 以上
  5. 5. お品書き GWT登場の背景 GWTの適用領域 GWTのウリ・構成要素 GWTでうれしくなること
  6. 6. GWT登場の背景
  7. 7. 変遷 C/Sシステム Webシステム Ajax
  8. 8. C/Sシステム イメージ
  9. 9. Webシステム イメージ
  10. 10. Ajaxを用いたシステム イメージ
  11. 11. とくにJavaScriptが・・・ 書くのに慣れていない JavaやC#なら得意だが・・・prototype.jsな どがあるが・・・ サーバーサイドと別の言語になる 横断的なテストや統計情報の収集が困難 複数の言語の記述能力が必要 コードの重複(入力値の妥当性確認など) クロスブラウザ対応が面倒・・・ この課題を解決するのが GWT
  12. 12. GWTとは Javaを使って簡単にAjax アプリを作ることができる ツール
  13. 13. GWTのウリ・構成要素
  14. 14. GWTのウリ 好きなJavaの開発ツールを使える ブラウザ間の非互換な部分を吸収してくれる NetBeans, Eclipse, InteliJ・・・ 商用利用可 オープンソース Ajaxの代名詞ともいえるGoogleが出している
  15. 15. GWTでの開発の流れ Javaでコーディング・デバッグする JavaからJavaScriptへコンパイルする 各Webブラウザで動作確認する これらの作業を繰り返す ※Hosted ※Web
  16. 16. ツール類 ライブラリ類 GWTの主要な構成要素 JREエミュレーション ライブラリ GWT Web UI ライブラリ Java to JavaScript コンパイラ Hosted ブラウザ
  17. 17. GWTの適用領域
  18. 18. PoEAAのレイヤー プレゼンテーションレイヤー UIの提供 ユーザーからのリクエストの処理 ユーザーへ情報の表示 ドメインレイヤー 入力値や格納値による計算処理 値の妥当性確認 データソースレイヤー 他システムとの通信 RDBMSなどへの永続化
  19. 19. プレゼンテーション データソース ドメイン 従来のWebシステム HTML(JSP)/JavaScript ビジネスロジック実装 Hibernate クライアント側 (Webブラウザ) S p r i n g サーバー側 Struts
  20. 20. プレゼンテーション データソース ドメイン GWTを使ったシステム GWT Client Module HTML/JavaScript GWT Server Module ビジネスロジック実装 Hibernate クライアント側 (Webブラウザ) サーバー側 S p r i n g
  21. 21. 2つのモジュール GWT Client Module UI部品 最終的にはJavaScriptとして動作する GWT Server Module RPC通信を処理する アプリサーバーにデプロイメントする GWTが対応しているAPIしか使えない Java SEの機能をフルに使える
  22. 22. GWTの適用範囲 プレゼンテーションレイヤーを担う ドメインレイヤーやデータソースレイヤー は従来の場合と同じ考え方 ただし、クライアント側にリッチなドメイ ンモデルを持たせる場合もある 設計が変わる クライアント全体にフォーカス Ext GWT クライアント側の制約に注意
  23. 23. GWTでうれしくなること
  24. 24. GWTでうれしくなること 全てがJavaで書ける コンパイルタイム リファクタリング 慣れ親しんだIDEがそのまま使える JUnitが使える 非同期RPC部分もテスト可能
  25. 25. GWTでうれしくなること JavaScriptやDOM APIを知らなくてもいい ブラウザの互換性は気にしなくていい 既存のJavaScriptと連携できる JSNI
  26. 26. GWTでうれしくなること ブラウザの「次へ」「戻る」ボタンに対す るハンドルが不要 多くの共通的なWidget(UIの部品)が提供 されている 国際化対応が考慮されている
  27. 27. 御静聴 ありがとうございました

×