Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

地図とリアルタイム情報収集

896 views

Published on

地図とリアルタイム情報収集

2015年8月8日
災害コミュニケーションワークショップ
さくらインターネット株式会社 / さくらインターネット研究所
上級研究員 松本直人

Published in: Technology
  • Be the first to comment

地図とリアルタイム情報収集

  1. 1. 2015年8月8日 災害コミュニケーションワークショップ さくらインターネット株式会社 / さくらインターネット研究所 上級研究員 松本直人
  2. 2. 災害復旧に必要な情報の入手方法 道路交通情報 降雪・降雨情報 停電情報 鉄道情報 ガソリンスタンド位置 災害危険地域情報 避難場所 ライフライン等…etc 災害復旧の IT担当者 災害時はすべてが わかるワケではない
  3. 3. 情報収集の限界:情報通信空白地帯 さくらインターネット株式会社 さくらインターネット研究所調べ (2012年) 出典: 「被災市町村等による臨時災害放送局の免許状況 / 総務省」 出典: 「平成23年版 情報通信白書/ 総務省」
  4. 4. 自治体ホームページのAS分布(数値)
  5. 5. 自治体ホームページのAS分布グラフ 出典:さくらインターネット研究所 2015年1月作成 分析手法: traceroute -T -A hostnameを使い全国自治体ホームページのホスト名から算出 AS4713 NTT Communications Corporation / (21%) AS2914 NTT America, Inc. AS9371, 7684, 9370 SAKURA Internet Inc. (6%) AS2516 KDDI CORPORATION (5%) AS4725 SOFTBANK TELECOM Corp. / (4%) AS17676 Softbank BB Corp. 地域毎の通信事業者・組織により細分化され運営されているケースも多い。 その地域の通信事業者設備が壊滅的な被害を受けると情報流通が停滞する。 1,718市町村+47都道府県のホームページ
  6. 6. 10月6日水害:自治体の情報発信力 青 (地域から情報発信あり) 黄 (区単位ではなく市単位で情報発信あり) 赤 (自治体・地域のいずれからも情報発信なし)。 地域から 情報発信あり 自治体・地域 いずれからも 情報発信なし 区単位では なく市単位で 情報発信あり さくらインターネット株式会社 / さくらインターネット研究所調べ(2014年10月) 出典:ITx災害 自治体Twitter調査リスト(2014年10月) 自治体Twitterアカウントからの情報発信 (発災直後)
  7. 7. 10月6日水害:情報発信と危険地域 青 (地域から情報発信あり) 黄 (区単位ではなく市単位で情報発信あり) 赤 (自治体・地域のいずれからも情報発信なし)。 地域から 情報発信あり 自治体・地域 いずれからも 情報発信なし 区単位では なく市単位で 情報発信あり 自治体・地域 いずれからも 情報発信なし 土砂災害 危険地域 浸水想定 区域 さくらインターネット株式会社 / さくらインターネット研究所調べ(2014年10月) 出典:国土交通省 国土数値情報 「土砂災害危険箇所データ」「浸水想定区域データ」「河川データ」 出典:ITx災害 自治体Twitter調査リスト(2014年10月)
  8. 8. 10月6日水害:実際に起こった事象 さくらインターネット株式会社 / さくらインターネット研究所調べ(2014年10月) 出典:国土交通省 関東地方整備局 京浜河川事務所 (2014年10月) 神奈川県横浜市港北区 鶴見川多目的遊水地・越流堤防 鶴見川多目的遊水地・越流堤防への増水と流入
  9. 9. 2014年10月6日水害(台風19号) 横浜市総務局危機管理室危機管理課 エリアメール送信 (市民推計:3,711,540人) ↓ ホームページがつながりにくい状態
  10. 10. 2014年10月6日水害(台風19号) 横浜市会決算第二特別委員会 (平成26年10月14日) 総務局関係 答弁(抜粋): 100メガの回線が2本つないでおりまして、 その一本につきまして2,000アクセスまで、 できる状態で設計をしております。
  11. 11. 自治体・民間企業の防災協定の現状 災害時における民間企業の自治体支援プログラムは 存在するが、すべての地域が防災協定を結んでいる わけでない
  12. 12. 災害時被災地からの情報がほしい ↓ 動画像は文字に比べ情報量が多い ↓ 普段でも使える情報収集を考える
  13. 13. 全天球撮影が開く新たな情報収集 全天球カメラを搭載した 車両からの動画像
  14. 14. 時間圧縮技術によるデータ量低減 ノーマル動画 1.8GB (46分) 64倍速動画 41MB (43秒) 128倍速動画 20MB (20秒) ←90倍のデータ圧縮効果 (貧弱なデータ通信網でも送れるサイズ) 任意に再生速度を変え データ圧縮
  15. 15. 災害対応を他人任せにせず 自主対策を心がける ↓ 普段から使える情報収集と 共有できる仕組みを考えよう!
  16. 16. ご清聴誠にありがとうございました

×