Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
災害コミュニケーション
情報収集/共有の高度化とその課題
~ こ れ ま で の 1 0 年 と 、 こ れ か ら の 1 0 年 の た め に ~
Naoto MATSUMOTO
2019年08月12 日 / 災害コミュニケーションワーク...
情報収集の限界:情報通信空白地帯 (赤/灰色) 3.11発災時
情報収集/共有の高度化の試行とその歴史 (2010-14年当時)
撮影までに時間も手間もかかっていた
東京都新宿区 新宿中央公園(2013年冬)
360 Panorama (iPhone App) / Copyright © 2018 Occi...
情報収集/共有の高度化の試行とその歴史 (2015年当時)
全天球カメラを搭載
した車両からの動画
像
全天周カメラと
スタビライザー
(自作/組み合わせ)
情報収集/共有の高度化の試行とその歴史 (2015年当時)
ノーマル動画 1.8GB (46分)
64倍速動画 41MB (43秒)
128倍速動画 20MB (20秒) ←90倍のデータ圧縮効果
(貧弱なデータ通信網でも送れるサイズ)
任意に...
情報収集/共有の高度化の試行とその歴史 (2015年当時/被災地撮影)
風景を楽しむ(用途) 例:全国100名道
被災状況を確認(用途) 例: 電波塔の確認
同じ全天周撮影技術の転用
情報収集/共有の高度化の試行とその歴史 (2019年現在)
全天球カメラと
ソフト補正
(単体機能)
1/2-1/4へ
スローモーション
GPS軌跡・上昇率
の同時記録
情報収集/共有の高度化の試行とその歴史 (2019年現在)
全天球カメラと
ソフト補正
(単体機能)
2019年現在
スマホと
アプリ機能
(撮影1分以上)
2010年時点
全天周カメラと
ハード補正
(自作/組み合わせ)
2015年時点
全天...
全天球撮影のさらなる進化とその効能 (再掲載: 2017年時点)
一度に得られる情報量が
膨大になる
自治体・民間企業の防災協定の現状 (再掲載: 2015年時点)
災害時における民間企業の自治体支援プログラムは
存在するが、すべての地域が防災協定を結んでいる
わけでない
これからの10年のために (情報収集/共有と自然災害における法的責任)
自然災害で、専門家や国、公共団体の責任追及が問題とされそうな場合
・災害の予知に失敗した (イタリア ラクイラ付近で発生した群発地震)
科学者6名(無罪判決) / 政府防災...
これからの10年のために (情報収集/共有と自然災害における法的責任)
自然災害で、個人や法人・組織の考えられる法的責任 (一部抜粋)
・民間人(職務とは無関係な領域)
故意・過失と損害があれば不法行為となる
・法人・組織
従業員の過失が認めら...
これからの10年のために (毎年おこる自然災害と情報発信力)
青 (地域から情報発信あり)
黄 (区単位ではなく市単位で情報発信あり)
赤 (自治体・地域のいずれからも情報発信なし)。
地域から
情報発信あり
自治体・地域
いずれからも
情報発...
これからの10年のために (毎年おこる自然災害と情報発信力)
青 (地域から情報発信あり)
黄 (区単位ではなく市単位で情報発信あり)
赤 (自治体・地域のいずれからも情報発信なし)。
地域から
情報発信あり
自治体・地域
いずれからも
情報発...
これからの10年のために (毎年おこる自然災害と情報発信力)
さくらインターネット株式会社 / さくらインターネット研究所調べ(2014年10月)
出典:国土交通省 関東地方整備局 京浜河川事務所 (2014年10月)
神奈川県横浜市港北区 鶴...
これからの10年のために (参考: 自然災害からIT設備が受ける影響)
さくらインターネット株式会社 / さくらインターネット研究所調べ(2014年10月)
出典:国土交通省 関東地方整備局 京浜河川事務所 (2014年10月)
神奈川県横浜市...
まとめ
・(個人として)なにかで後悔するならば、善意で行動したい
・いままでよりも多くの情報がリアルタイムで集まる時代へ推進する
・情報を「日常的(カジュアル)」に収集共有できる時代へ推進する
(IT技術者としては)
それらを支えるプラットフォ...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

災害コミュニケーション / 情報収集/共有の高度化とその課題 ~これまでの10年と、これからの10年のために~

227 views

Published on

災害コミュニケーション
情報収集/共有の高度化とその課題
~これまでの10年と、これからの10年のために~

Naoto MATSUMOTO
2019年08月12 日
災害コミュニケーションワークショップ(岩手県盛岡市)

Published in: Technology
  • DOWNLOAD FULL BOOKS, INTO AVAILABLE Format, ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... 1.DOWNLOAD FULL. PDF EBOOK here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... 1.DOWNLOAD FULL. EPUB Ebook here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... 1.DOWNLOAD FULL. doc Ebook here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... 1.DOWNLOAD FULL. PDF EBOOK here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... 1.DOWNLOAD FULL. EPUB Ebook here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... 1.DOWNLOAD FULL. doc Ebook here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... .............. Browse by Genre Available eBooks ......................................................................................................................... Art, Biography, Business, Chick Lit, Children's, Christian, Classics, Comics, Contemporary, Cookbooks, Crime, Ebooks, Fantasy, Fiction, Graphic Novels, Historical Fiction, History, Horror, Humor And Comedy, Manga, Memoir, Music, Mystery, Non Fiction, Paranormal, Philosophy, Poetry, Psychology, Religion, Romance, Science, Science Fiction, Self Help, Suspense, Spirituality, Sports, Thriller, Travel, Young Adult,
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here

災害コミュニケーション / 情報収集/共有の高度化とその課題 ~これまでの10年と、これからの10年のために~

  1. 1. 災害コミュニケーション 情報収集/共有の高度化とその課題 ~ こ れ ま で の 1 0 年 と 、 こ れ か ら の 1 0 年 の た め に ~ Naoto MATSUMOTO 2019年08月12 日 / 災害コミュニケーションワークショップ(岩手県盛岡市)
  2. 2. 情報収集の限界:情報通信空白地帯 (赤/灰色) 3.11発災時
  3. 3. 情報収集/共有の高度化の試行とその歴史 (2010-14年当時) 撮影までに時間も手間もかかっていた 東京都新宿区 新宿中央公園(2013年冬) 360 Panorama (iPhone App) / Copyright © 2018 Occipital, Inc.
  4. 4. 情報収集/共有の高度化の試行とその歴史 (2015年当時) 全天球カメラを搭載 した車両からの動画 像 全天周カメラと スタビライザー (自作/組み合わせ)
  5. 5. 情報収集/共有の高度化の試行とその歴史 (2015年当時) ノーマル動画 1.8GB (46分) 64倍速動画 41MB (43秒) 128倍速動画 20MB (20秒) ←90倍のデータ圧縮効果 (貧弱なデータ通信網でも送れるサイズ) 任意に再生速度を変え データ圧縮
  6. 6. 情報収集/共有の高度化の試行とその歴史 (2015年当時/被災地撮影) 風景を楽しむ(用途) 例:全国100名道 被災状況を確認(用途) 例: 電波塔の確認 同じ全天周撮影技術の転用
  7. 7. 情報収集/共有の高度化の試行とその歴史 (2019年現在) 全天球カメラと ソフト補正 (単体機能) 1/2-1/4へ スローモーション GPS軌跡・上昇率 の同時記録
  8. 8. 情報収集/共有の高度化の試行とその歴史 (2019年現在) 全天球カメラと ソフト補正 (単体機能) 2019年現在 スマホと アプリ機能 (撮影1分以上) 2010年時点 全天周カメラと ハード補正 (自作/組み合わせ) 2015年時点 全天周カメラ 初期型 (補正等なし) 2009年時点 (360度撮影のリサーチ活動に取り組んだ10年間)
  9. 9. 全天球撮影のさらなる進化とその効能 (再掲載: 2017年時点) 一度に得られる情報量が 膨大になる
  10. 10. 自治体・民間企業の防災協定の現状 (再掲載: 2015年時点) 災害時における民間企業の自治体支援プログラムは 存在するが、すべての地域が防災協定を結んでいる わけでない
  11. 11. これからの10年のために (情報収集/共有と自然災害における法的責任) 自然災害で、専門家や国、公共団体の責任追及が問題とされそうな場合 ・災害の予知に失敗した (イタリア ラクイラ付近で発生した群発地震) 科学者6名(無罪判決) / 政府防災局副長官 (執行猶予付き禁錮2年) ・避難情報を出すのが遅れた ・救助活動をはじめるタイミングを間違って二次災害を招いてしまった ・現場で避難の方法方向を間違った (宮城県石巻市大川小学校事故) 宮城県/石巻市に国家賠償責任を認定 (仙台高等裁判所) 教師の個人責任は問題とされず 内閣府 (防災担当) 2 講演 「自然災害と専門家の法的責任」 (平成30年11月16日) 自然災害と専門家の法的責任 / 火山防災協議会に参画する火山専門家等の 連携会議 より抜粋 http://www.bousai.go.jp/kazan/senmonka/pdf/dai3kai/20181116siryo2.pdf (2018年11月16日)
  12. 12. これからの10年のために (情報収集/共有と自然災害における法的責任) 自然災害で、個人や法人・組織の考えられる法的責任 (一部抜粋) ・民間人(職務とは無関係な領域) 故意・過失と損害があれば不法行為となる ・法人・組織 従業員の過失が認められれば、使用者責任(雇用主・経営者)が 認められる 内閣府 (防災担当) 2 講演 「自然災害と専門家の法的責任」 (平成30年11月16日) 自然災害と専門家の法的責任 / 火山防災協議会に参画する火山専門家等の 連携会議 より抜粋 http://www.bousai.go.jp/kazan/senmonka/pdf/dai3kai/20181116siryo2.pdf (2018年11月16日)
  13. 13. これからの10年のために (毎年おこる自然災害と情報発信力) 青 (地域から情報発信あり) 黄 (区単位ではなく市単位で情報発信あり) 赤 (自治体・地域のいずれからも情報発信なし)。 地域から 情報発信あり 自治体・地域 いずれからも 情報発信なし 区単位では なく市単位で 情報発信あり さくらインターネット株式会社 / さくらインターネット研究所調べ(2014年10月) 出典:ITx災害 自治体Twitter調査リスト(2014年10月) 自治体Twitterアカウントからの情報発信 (発災直後)
  14. 14. これからの10年のために (毎年おこる自然災害と情報発信力) 青 (地域から情報発信あり) 黄 (区単位ではなく市単位で情報発信あり) 赤 (自治体・地域のいずれからも情報発信なし)。 地域から 情報発信あり 自治体・地域 いずれからも 情報発信なし 区単位では なく市単位で 情報発信あり 自治体・地域 いずれからも 情報発信なし 土砂災害 危険地域 浸水想定 区域 さくらインターネット株式会社 / さくらインターネット研究所調べ(2014年10月) 出典:国土交通省 国土数値情報 「土砂災害危険箇所データ」「浸水想定区域データ」「河川データ」 出典:ITx災害 自治体Twitter調査リスト(2014年10月)
  15. 15. これからの10年のために (毎年おこる自然災害と情報発信力) さくらインターネット株式会社 / さくらインターネット研究所調べ(2014年10月) 出典:国土交通省 関東地方整備局 京浜河川事務所 (2014年10月) 神奈川県横浜市港北区 鶴見川多目的遊水地・越流堤防 鶴見川多目的遊水地・越流堤防への増水と流入
  16. 16. これからの10年のために (参考: 自然災害からIT設備が受ける影響) さくらインターネット株式会社 / さくらインターネット研究所調べ(2014年10月) 出典:国土交通省 関東地方整備局 京浜河川事務所 (2014年10月) 神奈川県横浜市港北区 鶴見川多目的遊水地・越流堤防 鶴見川多目的遊水地・越流堤防への増水と流入 北海道胆振東部地震による影響について (2018年当時) ・石狩データセンターへの北海道電力による送電停止 (09月06日) ・非常用発電設備により稼働継続 ・北海道電力より必要な電力量の約50%の電力供給 (09月07日) ・電力供給が回復(100%)、非常用発電設備の稼働停止 (09月08日) : ・北海道電力の電力供給正常化 (09月26日) (さくらインターネット株式会社/プレスリリースより抜粋) https://www.sakura.ad.jp/information/announcements/2018/09/06/1968198101/ ご対応いただいたすべてのスタッフおよびお客様に心よりお礼致します。
  17. 17. まとめ ・(個人として)なにかで後悔するならば、善意で行動したい ・いままでよりも多くの情報がリアルタイムで集まる時代へ推進する ・情報を「日常的(カジュアル)」に収集共有できる時代へ推進する (IT技術者としては) それらを支えるプラットフォーム(DaaS: Data as a Service等)の 技術革新と普及促進へ貢献していきたい

×