Railsにおける RESTfulなURL設計 勉強会

1,914 views

Published on

http://www.zusaar.com/event/324057

0 Comments
3 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,914
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
18
Actions
Shares
0
Downloads
6
Comments
0
Likes
3
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Railsにおける RESTfulなURL設計 勉強会

  1. 1. RailsにおけるRESTfulなURL設計勉強会sendagaya.rb #12
  2. 2. #sendagayarb
  3. 3. 自己紹介をします✤ @ppworks✤ Ruby On Rails, Backbone.js, Objective-C✤ sendagaya.rb
  4. 4. 事前アンケート
  5. 5. URL設計で発表したい内容✤ 他に希望者がいらっしゃらなければ、自分の開発経験か ら何か話してみたいと思います✤ ERDに対応するリソースを設計する演習みたいなのを やって、ああでもないこうでもないというミニセッショ ンをやってみたいです。
  6. 6. URL設計で相談したいこと✤ RESTfulにする事によってユーザが得られるメリットに ついて知りたいです。あとREST APIを作る時のURL設 計方法、ベストプラクティスとか。✤ resourcesの入れ子はどれくらいが許容範囲ですか?✤ 認証周りのURL設計。みんなどんな点に悩んでるのかが 知りたい
  7. 7. URL設計で相談したいこと✤ activeresourceでのnested resource✤ つくってるサービスのURL設計について相談したいで す。類似のWEBサービスのURL等を調べていくつもり です。✤ RESTfulにすべきところしないべきところの切り分けの さじ加減が難しいのでそこを✤ 確認画面、ステップ型の登録、マイページなど
  8. 8. URL設計で相談したいこと✤ ない。(いままでがExcelで管理するだけとか、適当すぎ て・・・。設計方法とか皆さんの話を聞きたいです。)✤ リソースとモデルをどう対応づけるかについて意見を聞 いてみたいです。✤ URL設計で生ずるメリットがよくわかっていないのでそ こが理解できれば嬉しいです。
  9. 9. 議論に参加したいですか 25% 75% はい いいえ
  10. 10. ではまずは発表✤ RailsによるURLの描き方 @fukajun✤ RESTful APIとしてのRailsとクライアントとしての JavaScript @ppworks✤ @tkawa✤ @t_wada✤ 普段どんなふうに"リソース"を見いだしているか @moro
  11. 11. #sendagayarb
  12. 12. togetter RailsにおけるRESTfulなURL設計勉強会 千駄ヶ谷.rb #12 #sendagayarb

×