Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

20190223 JAWS DAYS 2019 エンジニアが正しく成長するための脱昭和&平成ワークスタイル

647 views

Published on

2/23に行われたJAWS DAYS 2019のセッション「エンジニアが正しく成長するための脱昭和&平成ワークスタイル」の資料です。
パネルディスカッションのものとなります。

Published in: Engineering
  • Be the first to comment

20190223 JAWS DAYS 2019 エンジニアが正しく成長するための脱昭和&平成ワークスタイル

  1. 1. #jawsdays #jawsug エンジニアが正しく成長するための 脱昭和&平成ワークスタイル 2019/2/23 JAWS DAYS2019 沢渡あまね 黒須義一 山﨑奈緒美
  2. 2. JAWS-UG東京 AWS-HUB HUB長 AWS Samurai 2015 JAWS-UG情シス支部 JAWS-UG初心者支部(卒業) JAWS-UGアーキテクチャ専門支部 JAWS DAYS 2019 実行委員 山﨑 奈緒美 Southern cross @ Lake Tekapo, New Zealand
  3. 3. 3 自己紹介 Introduction 沢渡 あまね @amane_sawatari #jawsug #jawsdays
  4. 4. 4 沢渡 あまね Amane SAWATARI 作家/ 業務プロセス&オフィスコミュニケーション 改善士/IT運用エバンジェリスト ITざっくばらん会in磐田主宰。 #ITzakkubaranIWATA 自己紹介
  5. 5. ダム際でもくもく執筆 しているヤツいたら私です (アウトドア系ひきこもり?) ASCII.jp 2018年7月27掲載記事 (意外とセキュアなんですよ) #ダムはいいぞ 自己紹介
  6. 6. 日経xTECH(日経BP社)連載 リクナビNEXTジャーナル連載 “運用☆ちゃん” (2017年9月より連載) システム運用職種の認知向上とブランディング イラスト:湊川 あい先生 “IT職場あるある”(2018年3月より連載中) https://next.rikunabi.com/journal/tag/unyo/ http://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00205/ 自己紹介
  7. 7. 運用☆ちゃん 書籍化決定!! #運用ちゃん #運用ちゃんと学ぶシステム運用の基本 Amazon予約受付中 2019年 4月8日 発売予定
  8. 8. 業務デザインの 発想法 #業務デザインの発想法 2019年 4月27日 発売予定 Amazon予約受付中
  9. 9. しぞーか問題地図ミートアップ 3月23日(土)@ワークピア磐田 シリーズ累計20万部「職場の問題地図」シリーズを題材にした、 読者ディスカッション&質問会! 「職場の問題地図」 「仕事の問題地図」 「働き方の問題地図」 「システムの問題地図」 「マネージャーの問題地図」 自己紹介 #しぞーか問題地図meetup
  10. 10. 自己紹介 #エンジニア銭湯
  11. 11. ➤IT業界のフレームワークやITエンジニア のカルチャーを活用して、組織の課題を 解決をしたい! ➤ITエンジニアが正しく活躍できる社会を 創りたい! 自己紹介 #jawsug #jawsdays
  12. 12. #jawsdays #jawsug 自己紹介 黒須 義一(Yoshikazu Kurosu) Facebook:https://www.facebook.com/yoshikazu.kurosu Twitter:@ykurosuyo 個人マーケティング推進部(みずほ銀行) データベースマーケティングチーム(CCoE)※ ※Cloud Center of Excellence ※兼:ITシステム企画部(みずほフィナンシャルグループ) 【役割】 ALL<みずほ>のクラウド基盤企画と利活用推進 AWS Summit 2015 某複写機メーカーのAWS導入事例紹介プレゼンの写真
  13. 13. #jawsdays #jawsug 働き方改革ってどうよ? 問題提起
  14. 14. #jawsdays #jawsug 昭和&平成の働き方とは?
  15. 15. 平成どころか 平安かよ! キーメッセージ #jawsug #jawsdays
  16. 16. #jawsdays #jawsug
  17. 17. #jawsdays #jawsug 雅; 日本文学の美的理念の一つ。「みやび」は「宮ぶ」から出た言葉で,宮廷 風であることが本来の意味で,それが美意識の次元まで高められたもの。 都会的な文化と密着し,都会人の繊細で鋭敏な感受性によって見出された, 上品で優雅な,知的に洗練された情趣美であって,粗暴,やぼ,無知など に背反する。実生活の日常性から遊離した宮廷生活の風流で遊戯的な雰囲 気のなかでの産物である。奈良時代末期からすでにみられるが,平安時代 に入って京都を舞台として展開された貴族文化の美意識の核心をなしてい た。 794うぐいす平安京→1185作ろう鎌倉幕府までの間(諸説あり)
  18. 18. キーメッセージ #jawsug #jawsdays 平安時代 鎌倉時代 昭和時代 平成時代 ・時候の挨拶 ・手書き文化 ・役職呼称 ・宴のマナー ・名刺の渡し方 ・封建社会 ・固定電話 ・口頭文化 ・押印文化 ・対面主義 ・気合根性主義 (スポ魂文化) ・ワープロ ・FAX文化 ↓ ・メール文化 ・携帯電話文化
  19. 19. #jawsdays #jawsug NEXT平成の働き方って?
  20. 20. #jawsdays #jawsug NEXT平成のための変革は どのように?
  21. 21. 健全な組織のバリューサイクル (組織の)ブランディング 育成・学習 採用 業務改善 本来価値創出 成長実感 エンゲージ メント ファン創出 このサイクルを回すための 働き方改革 ダイバーシティ #jawsug #jawsdays
  22. 22. #jawsdays #jawsug ちいさなムーブメントを起こそう
  23. 23. #jawsdays #jawsug ③ 独 立 型 CC oE 事業部 事業部 事業部 ① バーチャル型CCoE ② IT部門内 CCoE 右図:CCoE組織の一般的なパターン 2015年前半までは①、②が多く、 後半から③が増加 CCoEとは  長期的/グループ最適の視点でクラウド全体アーキテクャ・技術要 素・適用事例等を束ね、グループ内活用加速化に向けた活動を展開  個々の案件に属するのではなく、横断的に見る“プログラムチ-ム“  組織横断のクラウドアドバイザリ機能がベース
  24. 24. #jawsdays #jawsug 機械的な組織 職能的な専門化 知識と経験に基づく専門化 職務・権限の明確化 職務・権限の柔軟性 職位権限に基づくパワー 専門知識に基づくパワー ピラミッド型権限構造 ネットワーク型の伝達構造 上層部への情報の集中 情報の分散 垂直的な命令と指示の伝達 並列的な命令と指示の伝達 組織忠誠心と上司への服従 仕事や技術への忠誠心 企業固有知識の強調 コスモポリタンな知識の教養 権限 パワーの源 情報伝達 指揮命令 忠誠心 情報源 オペレーション効率を上げる段階 のビジネスに適す ビジネスプロセスの確立段階 のビジネスに適す 有機的な組織 専門性 機械的にするか、有機的にするか
  25. 25. #jawsdays #jawsug 有機的な組成にチャレンジしてみた 機械的な組織 職能的な専門化 知識と経験に基づく専門化 職務・権限の明確化 職務・権限の柔軟性 職位権限に基づくパワー 専門知識に基づくパワー ピラミッド型権限構造 ネットワーク型の伝達構造 上層部への情報の集中 情報の分散 垂直的な命令と指示の伝達 並列的な命令と指示の伝達 組織忠誠心と上司への服従 仕事や技術への忠誠心 企業固有知識の強調 コスモポリタンな知識の教養 権限 パワーの源 情報伝達 指揮命令 忠誠心 情報源 ビジネスプロセスの確立段階 のビジネスに適す 有機的な組織 専門性 “説得”より“納得” 全員が意思決定者
  26. 26. #jawsdays #jawsug 課題解決のための母体として“有機的”CCoEを組成  課題に対応すべく、組織横断で調整、検討が進められるCCoEを組成  各案件からのクラウド相談も兼ねる  有機的に各組織からの担当者がつながるプラットフォーム CCoE 契約・コスト管理スキル醸成 構築運用 継続的な改善 システム審査 外部連携 情報開発子会社や 外部ベンダーなどの 構築運用担当組織 IT 部などの 案件 PM をおこなう組織 「クラウド経験をもつ」 「利用によりビジネス拡大を 志向する」ユーザー組織 利用ノウハウ ニーズ 環境整備 案件相談対応
  27. 27. #jawsdays #jawsug <みずほ>のCCoE Good Point ☆IT部門だけでなく、ユーザー部門も参画していること ニーズは常にユーザーサイドにある。 IT部門とユーザー部門が常に協力関係。 お互いが浦島太郎にならない。 バーチャル型のため、組織横断で施策を打ちやすい。 ③ 独 立 型 CC oE 事業部 事業部 事業部 ① バーチャル型CCoE ② IT部門内 CCoE
  28. 28. #jawsdays #jawsug クラウド(SaaSやPaaS)活用を トップダウンで方針展開 ビジネスを成功させる手段と捉え 最適な活用を“一緒に”考える クラウド活用に対する考え方  クラウド活用のニーズを形づくるのは【ユーザー部門】  ニーズを汲み取ってカタチにするのが【IT部門】
  29. 29. #jawsdays #jawsug コネクティビティ(ERG: Employee Resource Group)  人事部を巻き込み、コミュニティ活動をオフィシャル化  IT人材育成・確保は喫緊の課題であり共有できる
  30. 30. #jawsdays #jawsug テック人材開発ERG: 「コクリエ」の発足 設立半年 メンバー 400名+ コクリエ:CoCreA Co-Creation(共創)をイメージした造語
  31. 31. #jawsdays #jawsug
  32. 32. 32 ありがとうございました 沢渡 あまね 黒須義一 山﨑奈緒美 @amane_sawatari @ykurosuyo @nao_spon
  33. 33. #jawsdays #jawsug このあと廊下で沢渡さん サイン会します!!

×