Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Personal Media Strategy - パーソナルメディア戦略

2,519 views

Published on

『プロフェッショナル進化論』(田坂広志著)で著されている進化の第二ステップ、「パーソナルメディア戦略」について、ドラッカー、ダニエル・ピンク、社会心理学の観点も交えてその必要性を説明し、現時点(2011年2月)で起きている「パーソナルメディア」を用いた「プロフェッショナル達」の進化の具体例を示す。
関連ブログ
http://naokis.doorblog.jp/archives/51661740.html

Published in: Career
  • DOWNLOAD THIS BOOKS INTO AVAILABLE FORMAT (Unlimited) ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... Download Full EPUB Ebook here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... ACCESS WEBSITE for All Ebooks ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... Download EPUB Ebook here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... Download doc Ebook here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... .............. Browse by Genre Available eBooks ......................................................................................................................... Art, Biography, Business, Chick Lit, Children's, Christian, Classics, Comics, Contemporary, Cookbooks, Crime, Ebooks, Fantasy, Fiction, Graphic Novels, Historical Fiction, History, Horror, Humor And Comedy, Manga, Memoir, Music, Mystery, Non Fiction, Paranormal, Philosophy, Poetry, Psychology, Religion, Romance, Science, Science Fiction, Self Help, Suspense, Spirituality, Sports, Thriller, Travel, Young Adult,
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here

Personal Media Strategy - パーソナルメディア戦略

  1. 1. Personal Media Strategy パーソナルメディア戦略 『プロフェッショナル進化論』より Naoki Sugiura @naokis Feb 22nd 2011 © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  2. 2. 本資料は、EGMフォーラム定期会合で用いた資料である。 EGMフォーラムとは、 EGM(Employee Generated Media) すなわちSNS・ブログ・Wiki等の 社員による情報発信を啓発し促進する メンバーの集まりである。 © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  3. 3. 目次1.序章2.ビジネスパーソンの進化が必要な背景3.社会のパラダイムシフト4.中間まとめ5.『プロフェッショナル進化論』6.「パーソナル・メディア」の戦略の実例7.EGM/EGMフォーラム進化論8.まとめ © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  4. 4. 目次1.序章2.ビジネスパーソンの進化が必要な背景3.社会のパラダイムシフト4.中間まとめ5.『プロフェッショナル進化論』6.「パーソナル・メディア」の戦略の実例7.EGM/EGMフォーラム進化論8.まとめ © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  5. 5. 社会の変革により、ビジネスパーソンが自らのパーソナル・メディアを持ち、プロフェショナル・フィールドを定義しなければならない 時代になった。 どうすればいい? © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  6. 6. 社会の変革により、ビジネスパーソンが自らのパーソナル・メディアを持ち、プロフェショナル・フィールドを定義しなければならない 時代になった。 どうすればいい? そうだ、我々にはソーシャルメディアがある。 TM 「ソーシャルメディア・イノベーション 」 © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  7. 7. 『プロフェッショナル進化論』『プロフェッショナル進化論』 田坂広志(著) 1.「コンセプト・ベース」の戦略 2.「パーソナル・メディア」の戦略 3.「プロフェッショナル・フィールド」の戦略 4.「アドバイザリー・コミュニティ」の戦略 5.「ムーブメント・プロジェクト」の戦略 6.「パーソナリティ・メッセージ」の戦略 © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  8. 8. 『プロフェッショナル進化論』『プロフェッショナル進化論』 田坂広志(著) 1.「コンセプト・ベース」の戦略 2.「パーソナル・メディア」の戦略 3.「プロフェッショナル・フィールド」の戦略 4.「アドバイザリー・コミュニティ」の戦略 5.「ムーブメント・プロジェクト」の戦略 6.「パーソナリティ・メッセージ」の戦略 © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  9. 9. 質問:あなたの年齢は? 1.入社3年目まで 2.25歳から35歳まで 3.35歳から45歳まで 4.45歳以上 © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  10. 10. 質問:あなたの年齢は? 1.入社3年目まで 2.25歳から35歳まで 3.35歳から45歳まで 4.45歳以上 「パーソナル・メディア」の戦略は、30歳±5歳の人に最もフィットする戦略 その訳はのちほど・・・ © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  11. 11. 目次1.序章2.ビジネスパーソンの進化が必要な背景3.社会のパラダイムシフト4.中間まとめ5.『プロフェッショナル進化論』6.「パーソナル・メディア」の戦略の実例7.EGM/EGMフォーラム進化論8.まとめ © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  12. 12. ビジネスパーソンの進化が必要な背景 「社会のパラダイムシフト」 © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  13. 13. ビジネスパーソンの進化が必要な背景 「社会のパラダイムシフト」 その理由 グローバル化 インターネット © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  14. 14. 個人のグローバル化の時代出典:「世界に通用する若者100万人プロジェクト」2011年1月18日 WEIC森谷氏講演資料 © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  15. 15. 個人のグローバル化の時代● 大学生の数 ● 隣の国に10倍の大学卒の集団が出現 日本 中国 258万人 3000万人 出典:日本:国立社会保障・人口問題研究所 18-21歳人口(2008年10月1日)と大学進学率49.1%(2009年)から算出     中国:「世界に通用する若者100万人プロジェクト」 WEIC森谷氏講演資料、2010年の数字● facebook上の人口 国 Facebookユーザ数 Facebook普及率 1 United States 151,820,460 48.94% 2 Indonesia 34,999,080 14.40% 3 United Kingdom 28,841,840 46.26% 4 Turkey 26,198,200 33.67% 5 Philippines 22,515,820 22.54% Japan 2,436,540 1.92% 出典:http://www.socialbakers.com/ © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  16. 16. 目次1.序章2.ビジネスパーソンの進化が必要な背景3.社会のパラダイムシフト 『ネット評判社会』 山岸俊男(著)吉開範章(著)4.中間まとめ5.『プロフェッショナル進化論』6.「パーソナル・メディア」の戦略の実例 『フリーエージェント社会の到来』 ダニエル・ピンク(著)7.EGM/EGMフォーラム進化論8.まとめ 『ネクスト・ソサエティ』 ピーター・F・ドラッカー(著) © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  17. 17. 社会のパラダイムシフト 社会心理学的アプローチ 「文化」とは 『ネット評判社会』山岸俊男(著)吉開範章(著) © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  18. 18. 社会のパラダイムシフト 社会心理学的アプローチ 「文化」とは 『ネット評判社会』山岸俊男(著)吉開範章(著) 民族の精神性に基づく絶対的なものではなく シーソーのよう条件次第で結果が異なる 頻度依存行動であり 「相互依存的な実践活動の総体である。」 「」内は『心でっかちな日本人』 山岸俊男(著)から引用 © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  19. 19. 社会のパラダイムシフト 社会心理学的アプローチ 「文化」とは 『ネット評判社会』山岸俊男(著)吉開範章(著) 相補均衡(ナッシュ均衡) 文化・流行・慣習は、相対的な均衡点にある。 囚人のジレンマ 必ずしも全体最適とならない均衡状態 限界質量(ティッピング・ポイント) 均衡状態の遷移点・キャズム超え © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  20. 20. (参考)囚人のジレンマ 全体最適とならない均衡状態● Aにとってどっちがお得? ● 囚人Aと囚人Bは隔離され、意思疎通 が取れない。それぞれ自白を迫られ ● もしBが否認した場合、Aは自供 る。 したほうが懲役が短くなる。 ● Aが否認した場合 ● もしBが自供した場合、やはりA は自供したほうが懲役が短くな ● Bも否認すれば懲役5年、 る。 ● Bが自供した場合懲役15年● 逆もしかり ● Aが自供した場合● よって、AもBも自供し、懲役10年づつ ● Bが否認すれば懲役1年 になる(合計懲役20年)。 ● Bも自供した場合懲役10年● この場合の全体最適解は両者否認 (合計懲役10年)。 ● 逆もしかり Bが否認 Bが自供 Aが否認 5年,5年 15年,1年 Aが自供 1年,15年 10年,10年 © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  21. 21. (参考)頻度依存行動の例       VHS vs. ベータマックス 鎖国 vs. 開国エスカレータは左側に寄る vs. エスカレータは右側に寄る    終身雇用 vs. 雇用の流動化 新卒一括採用 vs. 通年採用    匿名 vs. 実名 必ずしも最良の選択をしているわけではない。 どちらを選ぶべきかに絶対的・合理的な理由はない。他者依存(頻度依存)の行動の結果、均衡が保たれているに過ぎない。 © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  22. 22. 社会のパラダイムシフト 社会心理学的アプローチ 『ネット評判社会』山岸俊男(著)吉開範章(著) 旧来の社会 個 人 外部取引費用小 主 集 団 外部取引費用大 外部機会大 義 主 的 外部機会小 開放的 秩 義 的 閉鎖的 市場の倫理 序 秩 統治の倫理 序 © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  23. 23. 社会のパラダイムシフト 社会心理学的アプローチ 『ネット評判社会』山岸俊男(著)吉開範章(著) グローバル化とインターネット 集 団 主 外部取引費用大 義 外部機会小 個 的 外部取引費用小 人 秩 閉鎖的 主 外部機会大 序 統治の倫理 義 開放的 的 市場の倫理 秩 序 © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  24. 24. 社会のパラダイムシフト 社会心理学的アプローチ 『ネット評判社会』山岸俊男(著)吉開範章(著) グローバル化とインターネット 集 団 主 外部取引費用大 義 外部機会小 個 的 外部取引費用小 人 秩 閉鎖的 主 外部機会大 序 統治の倫理 義 開放的 的 市場の倫理 秩 序 © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  25. 25. 質問:あなたの勤務先の事業規模は? (企業規模ではなく業界内での事業規模) 1.大企業、業界1位・2位の事業 2.中企業、業界3位以下 3.個人事業家・ベンチャー © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  26. 26. 質問:あなたの勤務先の事業規模は? (企業規模ではなく業界内での事業規模) 1.大企業、業界1位・2位の事業 2.中企業、業界3位以下 3.個人事業家・ベンチャー © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  27. 27. 社会のパラダイムシフト 『フリーエージェント社会の到来』の予測『フリーエージェント社会の到来』 ダニエル・ピンク(著) 成 長 率 個人・ベンチャー 中企業 大企業 事業規模 © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  28. 28. 社会のパラダイムシフト 『フリーエージェント社会の到来』の予測『フリーエージェント社会の到来』 ダニエル・ピンク(著) グローバル化とインターネット 成 長 率 超巨大企業 加速する個人・ベンチャー 閉塞する中企業 グローバル化とインターネットの普及で一番割を食うのは中企業・中規模事業です。 事業規模 © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  29. 29. 社会のパラダイムシフト 『フリーエージェント社会の到来』の予測『フリーエージェント社会の到来』 ダニエル・ピンク(著) 中企業・中規模事業に残された選択肢① 巨大企業によって買収される 成 長 率 ① 超巨大企業 加速する個人・ベンチャー 閉塞する中企業 事業規模 © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  30. 30. 社会のパラダイムシフト 『フリーエージェント社会の到来』の予測『フリーエージェント社会の到来』 ダニエル・ピンク(著) 中企業・中規模事業に残された選択肢② 個人・ベンチャーの機動力を手に入れる 成 長 率 ② 超巨大企業 加速する個人・ベンチャー 閉塞する中企業 事業規模 © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  31. 31. 社会のパラダイムシフト 『フリーエージェント社会の到来』の予測『フリーエージェント社会の到来』 ダニエル・ピンク(著) 国家レベルにも当てはまる 日本は①、②どっち? 成 長 率 ② ① アメリカ シンガポール、北欧 中国 ベネルクス 欧州の大国や日本 (EUは①へ、日本は?) 事業規模 © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  32. 32. 「もうイノベーションは社内にはない。」大企業でなくとも、最先端の仕事ができる時代ひが氏 これまでは、大きな資本があるからこそできるビジネスがありました。大きなSIerで、何千人と人を雇って……という。でもいまは、中小企業でもクラウドを利用してビジネスができるし、しかもそちらの方が面白いことが多い。優秀な人間は面白い仕事を求めるので、優秀な人がエンタープライズ系の大企業からベンチャー系へ、どんどん流出していくでしょう。「もうイノベーションは社内にはない。社外に目を向けよう」新野氏 もうイノベーションは社内にない可能性が高い、ということを意識すると良いと思います。積極的に社外の人と交流してほしいですね。勉強会に参加するとか、セミナーに出るとか。 そういうことを繰り返すと、社外の人とつながりができます。すると、自分なりに業界を俯瞰(ふかん)して見られるようになると思います。勉強会に参加すると、いろいろな人と出会えますからね。 http://jibun.atmarkit.co.jp/ad/comp/111mynavi/taidan/01/01.html @It自分戦略研究所 提供 © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  33. 33. 大中企業が機動力を手に入れる    “企業組織の大きさを小さくすれば、ぶら下がる余裕も逃げ切る時間もない。今後、生き残れる企業は、資産で安定した巨大な企業よりも、フローを重視した小回りの効く企業ではないかな。時代的にも技術的にも、小さいことが不利になる ことが減ってきてるように思う。” http://twitter.com/#!/kuranuki/status/39164421393743872 © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  34. 34. 社会のパラダイムシフト 『ネクスト・ソサエティ』の予測 『ネクスト・ソサエティ』ピーター・F・ドラッカー(著) 20世紀 生産手段の所有 企業 企業と労働者の関係 主従関係 雇用形態 フルタイム 経営資源 全て傘下に持つ 市場の主導権 供給側 技術と産業の関係性 1:1 © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  35. 35. 社会のパラダイムシフト 『ネクスト・ソサエティ』の予測 グローバル化とインターネット 『ネクスト・ソサエティ』ピーター・F・ドラッカー(著) 20世紀 21世紀 生産手段の所有 企業 知識労働者 企業と労働者の関係 主従関係 相互依存関係 雇用形態 フルタイム 多様な雇用形態 経営資源 全て傘下に持つ アウトソーシング 市場の主導権 供給側 顧客側 技術と産業の関係性 1:1 N:N © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  36. 36. 社会のパラダイムシフト 『ネクスト・ソサエティ』の予測 グローバル化とインターネット 『ネクスト・ソサエティ』ピーター・F・ドラッカー(著) 20世紀 21世紀 生産手段の所有 企業 知識労働者 企業と労働者の関係 主従関係 相互依存関係 雇用形態 フルタイム 多様な雇用形態 経営資源 全て傘下に持つ アウトソーシング 市場の主導権 供給側 顧客側 技術と産業の関係性 1:1 N:N © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  37. 37. 目次1.序章2.ビジネスパーソンの進化が必要な背景3.社会のパラダイムシフト4.中間まとめ5.『プロフェッショナル進化論』6.「パーソナル・メディア」の戦略の実例7.EGM/EGMフォーラム進化論8.まとめ © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  38. 38. 中間まとめ:個人が自立せねばならぬ時代 先人から現在への提言 © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  39. 39. 中間まとめ:個人が自立せねばならぬ時代“我日本国人も今より学問に志し,気力を慥(たしか)にして,先ず一身の独立を謀り,随(したがっ)て一国の富強を致すことあ らば,何ぞ西洋人の力を恐るゝに足らん” 『学問のすゝめ』福澤諭吉(著),1872年 © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  40. 40. 中間まとめ:個人が自立せねばならぬ時代“我日本国人も今より学問に志し,気力を慥(たしか)にして,先ず一身の独立を謀り,随(したがっ)て一国の富強を致すことあ らば,何ぞ西洋人の力を恐るゝに足らん” 『学問のすゝめ』福澤諭吉(著),1872年“ask not what your country can do for you ―ask what you can do for your country.” 就任演説、John F. Kennedy, 1961年 © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  41. 41. 中間まとめ 好もうと好まざると個人が自立せねばならぬ時代『プロフェッショナル進化論』 © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  42. 42. 目次1.序章2.ビジネスパーソンの進化が必要な背景3.社会のパラダイムシフト4.中間まとめ5.『プロフェッショナル進化論』6.「パーソナル・メディア」の戦略の実例 『プロフェッショナル進化論』 田坂広志(著)7.EGM/EGMフォーラム進化論8.まとめ © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  43. 43. 『プロフェッショナル進化論』『プロフェッショナル進化論』 田坂広志(著) 1.「コンセプト・ベース」の戦略 2.「パーソナル・メディア」の戦略 3.「プロフェッショナル・フィールド」の戦略 4.「アドバイザリー・コミュニティ」の戦略 5.「ムーブメント・プロジェクト」の戦略 6.「パーソナリティ・メッセージ」の戦略 © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  44. 44. 『プロフェッショナル進化論』『プロフェッショナル進化論』 田坂広志(著) 1.「コンセプト・ベース」の戦略 パーソナル戦略 2.「パーソナル・メディア」の戦略 3.「プロフェッショナル・フィールド」の戦略 4.「アドバイザリー・コミュニティ」の戦略 コミュニティ戦略 5.「ムーブメント・プロジェクト」の戦略 6.「パーソナリティ・メッセージ」の戦略 © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  45. 45. パーソナル戦略『プロフェッショナル進化論』 田坂広志(著) 「 「 パ コ ー ン セ ソ プ ナ ト 情報収集 情報発信 ル ・ ・ ベ メ ー デ ス ィ 」 ア の 」 戦 の 略   「プロフェッショナル・フィールド」の戦略 戦 略 © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  46. 46. 「コンセプト・ベース」の戦略『プロフェッショナル進化論』 田坂広志(著) ● インターネットを自分の「知的創造の場」にする 1. 「サーチ」と「ウォッチ」 2. 「サーベイ」(概観)と「フォーカス」(集中) 3. 「コンステレーション」と「ストーリーテリング」 • 「コンステレーション」とは星の配列を見て星座を頭に浮かべること 4. 「師匠」、「私淑」 5. 「心構え」 © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  47. 47. 「パーソナル・メディア」の戦略『プロフェッショナル進化論』 田坂広志(著) ● 良き影響力を持つ「自分だけのメディア」 ● 「修練の場」 ● 「知識ポータル」 ● 「ポジティブ・メッセージ」 ● 「ブロゴスフィア」 ● 「言霊」 © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  48. 48.   「プロフェッショナル・フィールド」 の戦略『プロフェッショナル進化論』 田坂広志(著) ● 自分の「経験の智恵」を語れる専門分野 ● 「プロフェッショナル・フィールド」の明確化 – 「下段者には上段者の力が分からない」 ● 素人にも分かりやすく語る能力 ● 「知識」と「智恵」 ● 「テーマの智恵」と「メソッドの智恵」 © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  49. 49. (参考)『プロフェッショナル進化論』 実は論語だった?! プロフェッショナル進化論 論語為政第二「コンセプト・ベース」の戦略 十有五にして学に志す「パーソナル・メディア」の戦略 三十にして立つ「プロフェッショナル・フィールド」の戦略 四十にして惑わず「アドバイザリー・コミュニティ」の戦略 五十にして天命を知る「ムーブメント・プロジェクト」の戦略 六十にして耳に従う 七十にして心の欲する「パーソナリティメッセージ」の戦略 所に従いて矩を踰えず © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  50. 50. 目次1.序章2.ビジネスパーソンの進化が必要な背景3.社会のパラダイムシフト4.中間まとめ5.『プロフェッショナル進化論』6.「パーソナル・メディア」の戦略の実例7.EGM/EGMフォーラム進化論8.まとめ © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  51. 51. 「パーソナル・メディア」の戦略の実例 EGMによる進化の過程 © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  52. 52. 「パーソナル・メディア」の戦略の実例● プロフィール画像 ● 劇的な集約性の向上● アカウントID ● 電子新聞paper.li● ニックネーム ● 「知識ポータル」● 自己紹介文 ● どう見られるか?● 「修練の場」 どう見られたいか?● Twitter投稿内容 ● 情報発信が最善の 情報収集方法● 劇的な伝播速度の向上● 「ブロゴスフィア」と「言霊」 © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  53. 53. 「パーソナル・メディア」の戦略の実例● プロフィール画像 ● 劇的な集約性の向上● アカウントID ● 電子新聞paper.li● ニックネーム ● 「知識ポータル」● 自己紹介文 ● どう見られるか?● 「修練の場」 どう見られたいか?● Twitter投稿内容 ● 情報発信が最善の 情報収集方法● 劇的な伝播速度の向上● 「ブロゴスフィア」と「言霊」 © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  54. 54. プロフィール画像ある日のTwitterのやり取りAさんが気分転換にプロフ画像を変えた。そのプロフ画像は鉄道写真。 (イメージ図)まさか鉄オタだろうか?かかさず突っ込みを入れる。「ひょっとして鉄ファンですか?」しかし、Aさん全否定。「プロフ画像を鉄道写真にしておくと鉄道オタクに間違われます(笑)」 この後、Aさんのプロフ画像は魚の写真に。まさか釣り吉・・(以下略) © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  55. 55. プロフィール画像 鉄 プロフィール画像によって 道 フ受け手の印象が変わります。 ァ ンプロフィール画像は、大切です。 できれば素顔が望ましいが 恥ずかしければ、 読 書 加工するか似顔絵にしてみる。 家 加工してくれるサイト http://www.photofunia.com/ http://apps.facebook.com/sketchagain/ © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  56. 56. アカウントID/ニックネーム「ニックネームって自分につけるタグです。」 http://twitter.com/#!/tosyokan/status/38003449979338752 © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  57. 57. アカウントID/ニックネーム 実名/実名の変形 実名以外の由来● @chie_nkn ● @kenya_t ● @mocochi● @dubbedpachi ● @naokis ● @pastaonly● @h_fukuoka ● @0ayako0 ● @Tosyokan● @junnwest ● @84zume ● @valtan_org● @kanoka 中にはこういう人もいる。 ニックネームに内なる熱い想い・情熱を込められている方 © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  58. 58. プロフ画像/アカウントID/ニックネーム「ソーシャルメディアは混浴みたいなもん(さとなお氏)」 https://www-950.ibm.com/blogs/pachi/entry/satonao © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  59. 59. プロフ画像/アカウントID/ニックネーム これまでの社会 実名 匿名/仮名 素顔 絵・他写真 © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  60. 60. プロフ画像/アカウントID/ニックネーム みんなが実名・素顔 匿名/仮名 絵・他写真 実名 素顔 © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  61. 61. プロフ画像/アカウントID/ニックネーム (注意点)facebookはクローズドではない インターネットから見たfacebook facebookのプロフ画像・名前は標準設定で、インターネットに公開されている。 Twitterで顔を隠してfacebookで素顔という人もいるが、 実はインターネットにダダ漏れなので要注意。 © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  62. 62. 自己紹介文(Twitter)● エバンジェリスト/アドバイ ● IT Layman ザー/トップスラローマー ● 理系女子/バスケ● 経営コンサルタント ● 東京造形大/MC/モデル● Perl, wiki ● 万年筆/文具/ガジェット● 日本酒/読書/カラオケ ● Collaboration Energizer● カンパニー長 ● 脱藩高知人/スマフォ/● 関西人 TMN/攻殻● ナース服/社交ダンス ● バドミントン/岐阜出身● 二子玉川/神戸 ● Wikiエバンジェリスト/コラ● UCLA/温泉/ラーメン ボレーター/戦略家/探検 家/コピーライター/読書家● サイクリング/ランニング © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  63. 63. 「修練の場」@「パーソナル・メディア」の戦略 「修練の場」 「知識ポータル」 「ポジティブ・メッセージ」 プロフィール画像 「ブロゴスフィア」 「言霊」 実名 自己紹介 を公開すること 最初の「修練の場」 © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  64. 64. 「パーソナル・メディア」の戦略の実例● プロフィール画像 ● 劇的な集約性の向上● アカウントID ● 電子新聞paper.li● ニックネーム ● 「知識ポータル」● 自己紹介文 ● どう見られるか?● 「修練の場」 どう見られたいか?● Twitter投稿内容 ● 情報発信が最善の 情報収集方法● 劇的な伝播速度の向上● 「ブロゴスフィア」と「言霊」 © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  65. 65. Twitter投稿内容 © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  66. 66. Twitter投稿内容 文房具専門家 © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  67. 67. 劇的な伝播速度の向上Twitter/Tumblr/はてぶにより実現済み● © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  68. 68. 劇的な伝播速度の向上 ✔ Twitter/Tumblr/はてぶにより実現済み 「修練の場」 「知識ポータル」(推定)最もRTされたEGMメンバーのつぶやき 「ポジティブ・メッセージ」    100件以上のRT、112件のふぁぼられ、 「ブロゴスフィア」    245件のリブログ 「言霊」    “社員が勉強会に行くようになるにはどうすれば良いですか?」という某社の社長の質問。「まず社内からネットでブログや勉強会のアクセスを許可しましょう」と答えた。「でも、それは家から見えますよね?」と言われて、もうこれ以上の話は困難だと思った。” http://twitter.com/#!/kuranuki/status/26330950649 「ブロゴスフィア」(ツイットスフィア?)で広がる「共感」の輪 「言霊」を持ったメッセージ © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  69. 69. 「言霊」@「パーソナル・メディア」の戦略● 「メッセージ」を広げようとしてはならない。 「メッセージが自然に広がっていく」 「修練の場」● それは、「言霊」を持ったメッセージ 「知識ポータル」 「ポジティブ・メッセージ」● 「それを聴いたとき、心の動く言葉」 「ブロゴスフィア」 「智恵の宿った言葉」 「言霊」● 「物語」「エピソード」「寓話」「メタファー」 アンチパターン(べからず):● 「メッセージを広げよう」● 「相手を感動させよう」 © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  70. 70. 「言霊」@「パーソナル・メディア」の戦略 「言霊」を持ったメッセージの例 「東京の夜景は残業でできている。」 2010年11月19日 午前1時6分 http://twitter.com/#!/tosyokan/status/5290868852391936 © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  71. 71. 「パーソナル・メディア」の戦略の実例● プロフィール画像 ● 劇的な集約性の向上● アカウントID ● 電子新聞paper.li● ニックネーム ● 「知識ポータル」● 自己紹介文 ● どう見られるか?● 「修練の場」 どう見られたいか?● Twitter投稿内容 ● 情報発信が最善の 情報収集方法● 劇的な伝播速度の向上● 「ブロゴスフィア」と「言霊」 © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  72. 72. 劇的な伝播速度の向上 ✔ Twitter/Tumblr/はてぶにより実現済みこれからは劇的な集約性の向上 © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  73. 73. 電子新聞 paper.li(集約性の向上) http://paper.li/naokis/egm全自動で、あるタグのついた情報を集めて視認性よく提示してくれる。2011年2月13日の記事では、前のスライドのように文房具画像の多い記事になっている。 © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  74. 74. 劇的な伝播速度の向上 ✔ Twitter/Tumblr/はてぶにより実現済みこれからは劇的な集約性の向上 ✔ 手動集約・キュレーション・Q&Aは実現済み Togetter/Naverまとめ/Quora/Q&Aなうさらに半自動・全自動集約のアルゴリズムが登場? Weekly EGMはラーメン・文房具情報誌? 「修練の場」 「知識ポータル」 「ポジティブ・メッセージ」 「ブロゴスフィア」 「言霊」 © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  75. 75. 劇的な伝播速度の向上 ✔ Twitter/Tumblr/はてぶにより実現済み これからは劇的な集約性の向上 ✔ 手動集約・キュレーション・Q&A実現済み Togetter/Naverまとめ/Quora/Q&Aなう さらに半自動・全自動集約のアルゴリズムが登場? Weekly EGMはラーメン・文房具情報誌?どう見られるか?どう見られたいか? © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  76. 76. どう見られるか?どう見られたいか? プロフ画像 アカウントID 自己紹介文 Twitter投稿内容 すべてにおいて、 どう見られるか?どう見られたいか? を意識しておく必要がある。 © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  77. 77. 情報発信が最善の情報収集方法 「パーソナル・メディア」から 「プロフェッショナル・フィールド」への進化     “ブログで書評を書き始めたとたん(先々月から)、読書家のつながりが急激に広がりつつある。情報発信者が一番情報収集できるという事実を身をもって実感しています。” http://twitter.com/#!/naokis/status/35304382622867456 © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  78. 78. 目次1.序章2.ビジネスパーソンの進化が必要な背景3.社会のパラダイムシフト4.中間まとめ5.『プロフェッショナル進化論』6.「パーソナル・メディア」の戦略の実例7.EGM/EGMフォーラム進化論8.まとめ © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  79. 79. EGM進化論 グローバル化とインターネット ビジネスパーソンの進化EGM1.0 EGM2.0企業内 企業外/企業間 © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  80. 80. EGMフォーラム進化論 グローバル化とインターネット ビジネスパーソンの進化EGMフォーラム1.0 EGMフォーラム2.0EGM担当者間のみの交流 フォーラム外への情報発信 話題の中心はEGM EGM担当者以外の企業間交流 EGM以外の話題 (例:営業課題・技術課題・趣味・生活) © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  81. 81. Facebook TouchGraph http://apps.facebook.com/touchgraph/ facebookの友達を可視化するアプリ © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  82. 82. Facebook TouchGraph 海外 Mixi Facebook コミュ パートナー企業 読書会EGMフォーラム 同僚 シンガポール Mixi Wiki マーケティング コミュ      海外 Nifty http://apps.facebook.com/touchgraph/ © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  83. 83. Facebook TouchGraph 海外 Mixi Facebook コミュ Siemens 企業を超えた交流 読書会EGMフォーラム 同僚 国境を超えた交流 Sporeが始まろうとしている。 Mixi Wiki マーケティング コミュ      海外 Nifty http://apps.facebook.com/touchgraph/ © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.
  84. 84. まとめ グローバル化とインターネット 社会のパラダイムシフト 個人が自立せねばならぬ時代 プロフェッショナルの時代 『プロフェッショナル進化論』 EGMによるビジネスパーソンの進化 TM「ソーシャルメディア・イノベーション 」 © 2011 Naoki Sugiura All rights reserved.

×