Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
猫とロボット社
飯田 尚宏
自己紹介
『冒険野郎マクガイバー』に憧れ、
何でも作る人に。
大学や企業向けのロボットや展示用装置、
実験装置の提案・設計・製作を生業としていた
2012年、『猫とロボット社』として
活動開始
社名の由来は『妻が猫が好き、夫がロボットが好き』だ...
製作事例
〜基本なんでも作る〜
電子工作 de 植物育成
2010 年、こんなものを作ってみた

ベランダでできる
水耕栽培システム
小松菜、チンゲン菜、
バジル、その他数種

スポンジの上で発芽、
後に栄養水が流れるコン
テナに設置

マイコンとセンサで、タ
ンク内の液体肥料を循環

ポンプ...
水耕栽培とは?

水耕栽培(すいこうさいばい、 hydroponics )とは、
養液栽培のうち固形培地を必要としないもののことを
いう。
農業では多くの栽培に利用され、従来は不可能といわ
れていた根菜類の栽培も可能となっている。園芸の分
野...
作ってみてわかったこと

驚くほど成長が早い

最低限のシステムだが、
毎日動いている事が嬉しい

日々、変化があることを実感。

そして収穫!実食!!
作ってみてわかったこと
失敗編

支えがないので、茎が折れてしまう

形などは歪である
→食べるのは自分たちなので無問題

水の腐敗

藻の大発生→中止
2012年、新しいチャレンジ

LED 照明を使って、24時間室内での育成

温度/照度/水分/などのデータを取得

より細かいコントロール
パーソナル植物工場を目指し、テスト開始
→    なんと、1か月で全滅‼
失敗した理由

今回、薄膜水耕式( NFT )から湛液型水耕
( DFT) …に挑戦したが
− 水を循環させるポンプがバグで停止
→根腐れに気が付かず
− 選定したスポンジ等の保水力が高く、
逆に成長を阻害したように思える
− LED 照明、...
そもそも、なぜ挑戦したのか?
場所もない
知識・経験もない
なんか難しそう
でも『自給自足』とか『植物育成』には
ものすごく興味がある!
↓
得意分野にもちこめないか⁉
ロボットを使った農業

研究が進んでいる農業ロボット
なんか違う・・・
ドバイの植物工場(計画)
 
映画『サイレント・ランニング』
あらすじ
地球上から全ての植物が絶滅
し、わずかな標本が宇宙貨物船
の温室ドームに保存されてい
た。
(略)自らと共に自爆する。残
されたドームは一体のドローン
「デューイ」が孤独にじょうろ
で植物に水をやり世話...
電子工作コンテスト 2012
がじぇるね賞受賞『 PotPet 』
なんか上手いこと行かないものか
電子工作を使って
楽しく
植物育成にチャレンジできないものか?
農場運営ゲームが面白いなら
画面 舞台裏
本当に裏でロボットが作物を作っていたら・・・どう?
妄想です。①

スマートフォンを使って離れた場所のロボットや機器を
遠隔操作することは、今や簡単に出来る。

距離や時間を超越して、遠隔育成作業

ロボットは大勢の人間が交代で使用する(時間借り)

カメラ画像やセンサ情報などをサーバに...
Ipad で操作する遠隔操作ロボット
  ロボット化した植物育成装置が家庭に来たら
− まるでペット
− ネットに繋げば、他のユーザーと
育成自慢
− きめ細かいアドバイスや補助を
受けることが出来る
− バーチャル物々交換や
収穫祭ができるといいね!
妄想です。②
妄想です。③

ロボットを使って、意外な所で育成?

建物や部屋の中

ビルの壁面や高速道路の防音壁

天井(逆さまに生える)

地中

砂漠や局地、保護区など

船の上、海の上、海底

宇宙
最後に

問題点や私の苦手なところ
− 単なる技術妄想バカ。
− ネットワーク系は正直苦手
− 外見とかイメージ戦略とかもう無理
− 現在、超ビンボー。
それでも、コツコツと進めて行きます。
ありがとうございました。
猫とロボット社
www.nekotorobot.com
電子工作De農業
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

電子工作De農業

1,034 views

Published on

電子工作De農業 2012/12/15

Published in: Engineering
  • I pasted a website that might be helpful to you: ⇒ www.HelpWriting.net ⇐ Good luck!
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here

電子工作De農業

  1. 1. 猫とロボット社 飯田 尚宏
  2. 2. 自己紹介 『冒険野郎マクガイバー』に憧れ、 何でも作る人に。 大学や企業向けのロボットや展示用装置、 実験装置の提案・設計・製作を生業としていた 2012年、『猫とロボット社』として 活動開始 社名の由来は『妻が猫が好き、夫がロボットが好き』だから
  3. 3. 製作事例 〜基本なんでも作る〜
  4. 4. 電子工作 de 植物育成
  5. 5. 2010 年、こんなものを作ってみた  ベランダでできる 水耕栽培システム 小松菜、チンゲン菜、 バジル、その他数種  スポンジの上で発芽、 後に栄養水が流れるコン テナに設置  マイコンとセンサで、タ ンク内の液体肥料を循環  ポンプは灯油ポンプ、 電源は太陽電池
  6. 6. 水耕栽培とは?  水耕栽培(すいこうさいばい、 hydroponics )とは、 養液栽培のうち固形培地を必要としないもののことを いう。 農業では多くの栽培に利用され、従来は不可能といわ れていた根菜類の栽培も可能となっている。園芸の分 野においてもほぼ垣根無く栽培によく利用される。 (ウィキペディアより)
  7. 7. 作ってみてわかったこと  驚くほど成長が早い  最低限のシステムだが、 毎日動いている事が嬉しい  日々、変化があることを実感。  そして収穫!実食!!
  8. 8. 作ってみてわかったこと 失敗編  支えがないので、茎が折れてしまう  形などは歪である →食べるのは自分たちなので無問題  水の腐敗  藻の大発生→中止
  9. 9. 2012年、新しいチャレンジ  LED 照明を使って、24時間室内での育成  温度/照度/水分/などのデータを取得  より細かいコントロール パーソナル植物工場を目指し、テスト開始 →    なんと、1か月で全滅‼
  10. 10. 失敗した理由  今回、薄膜水耕式( NFT )から湛液型水耕 ( DFT) …に挑戦したが − 水を循環させるポンプがバグで停止 →根腐れに気が付かず − 選定したスポンジ等の保水力が高く、 逆に成長を阻害したように思える − LED 照明、間に合わず やはり、ノウハウがたくさんあるようだ・・・
  11. 11. そもそも、なぜ挑戦したのか? 場所もない 知識・経験もない なんか難しそう でも『自給自足』とか『植物育成』には ものすごく興味がある! ↓ 得意分野にもちこめないか⁉
  12. 12. ロボットを使った農業  研究が進んでいる農業ロボット なんか違う・・・
  13. 13. ドバイの植物工場(計画)  
  14. 14. 映画『サイレント・ランニング』 あらすじ 地球上から全ての植物が絶滅 し、わずかな標本が宇宙貨物船 の温室ドームに保存されてい た。 (略)自らと共に自爆する。残 されたドームは一体のドローン 「デューイ」が孤独にじょうろ で植物に水をやり世話をするの であった。 映画自体は散々だが、ロボット が健気で可愛い名作。 → もう人間要らなくね?
  15. 15. 電子工作コンテスト 2012 がじぇるね賞受賞『 PotPet 』
  16. 16. なんか上手いこと行かないものか 電子工作を使って 楽しく 植物育成にチャレンジできないものか?
  17. 17. 農場運営ゲームが面白いなら 画面 舞台裏 本当に裏でロボットが作物を作っていたら・・・どう?
  18. 18. 妄想です。①  スマートフォンを使って離れた場所のロボットや機器を 遠隔操作することは、今や簡単に出来る。  距離や時間を超越して、遠隔育成作業  ロボットは大勢の人間が交代で使用する(時間借り)  カメラ画像やセンサ情報などをサーバに蓄積し、 …病気や冷害の予想・対策に使う 将来可能?  判断に困ったら機械に任せる or 専門家にお願いしよう!
  19. 19. Ipad で操作する遠隔操作ロボット
  20. 20.   ロボット化した植物育成装置が家庭に来たら − まるでペット − ネットに繋げば、他のユーザーと 育成自慢 − きめ細かいアドバイスや補助を 受けることが出来る − バーチャル物々交換や 収穫祭ができるといいね! 妄想です。②
  21. 21. 妄想です。③  ロボットを使って、意外な所で育成?  建物や部屋の中  ビルの壁面や高速道路の防音壁  天井(逆さまに生える)  地中  砂漠や局地、保護区など  船の上、海の上、海底  宇宙
  22. 22. 最後に  問題点や私の苦手なところ − 単なる技術妄想バカ。 − ネットワーク系は正直苦手 − 外見とかイメージ戦略とかもう無理 − 現在、超ビンボー。 それでも、コツコツと進めて行きます。
  23. 23. ありがとうございました。 猫とロボット社 www.nekotorobot.com

×