Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
ハイエンドVRとHoloLens
開発の共通点、相違点
自己紹介
山地 直彰
開発歴7年ほどのエンジニア
HoloLens歴は約5ヵ月
最近はXR(AR/MR/VR系)の開発が多い
XRについて
主にAR/MR/VRの総称として使用
広義的にはAR/MR/VR等のUXを支える技術等も含む?
ーーその他XR
USJのXRライド(GearVR+屋内ジェットコースター)
先日OpenXRという標準規格が発表(ARも含むVRの新し...
XRミーティング(このイベント)について
・定期的に(月1ぐらい?)XRに関する情報交換、情報共有
・HoloLens体験やHoloアプリのお披露目、空間共有等実機を試せる
・XRと絡んでればわりと何でもあり
・XRについて興味がある人同士で交...
最近のHolo話題
・Windows Holographic→Windows Mixed Reality
・Acerから開発者向けに廉価版のHMDを3月から出荷
・UE4からのUWP出力事例(非公式)
・NintendoSwitchのJoy-C...
ハイエンドVR開発
・立体視
・高い没入感
・広い視野角
・視界を占有できる
・確認のたびにかぶる
・装着者しか体験できない
・マルチプレイ
・カメラを自由にコントロールできない
・高いマシンスペック
・VR酔い
・有線
・立体視 ・確認のたび...
HoloLens開発
・立体視
・コードレス(単独で動作)
・外の様子も確認できる
・空間の障害物もコンテンツに干渉させられる
・確認のたびにかぶる
・装着者しか体験できない
・マルチプレイ
・カメラを自由にコントロールできない
・バッテリー残...
XRはこれだけ難点があっても開発、
体験したくなる魅力がある
次回イベント
名古屋でHoloLensのハンズオンイベントやります
(実機を持っていなくても参加可能)
日時:4/9(日)15:00~18:00
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

ハイエンドVRとHoloLens開発の共通点、相違点

640 views

Published on

XRミーティング#1で話したスライド
https://osaka-driven-dev.connpass.com/event/52004/

Published in: Technology
  • Be the first to comment

ハイエンドVRとHoloLens開発の共通点、相違点

  1. 1. ハイエンドVRとHoloLens 開発の共通点、相違点
  2. 2. 自己紹介 山地 直彰 開発歴7年ほどのエンジニア HoloLens歴は約5ヵ月 最近はXR(AR/MR/VR系)の開発が多い
  3. 3. XRについて 主にAR/MR/VRの総称として使用 広義的にはAR/MR/VR等のUXを支える技術等も含む? ーーその他XR USJのXRライド(GearVR+屋内ジェットコースター) 先日OpenXRという標準規格が発表(ARも含むVRの新しい規格)
  4. 4. XRミーティング(このイベント)について ・定期的に(月1ぐらい?)XRに関する情報交換、情報共有 ・HoloLens体験やHoloアプリのお披露目、空間共有等実機を試せる ・XRと絡んでればわりと何でもあり ・XRについて興味がある人同士で交流 ・発表等もゆるい感じ
  5. 5. 最近のHolo話題 ・Windows Holographic→Windows Mixed Reality ・Acerから開発者向けに廉価版のHMDを3月から出荷 ・UE4からのUWP出力事例(非公式) ・NintendoSwitchのJoy-Con ・HoloLensハッカソン ・3Dアイコン、UWPアプリケーションから3Dオブジェクト
  6. 6. ハイエンドVR開発 ・立体視 ・高い没入感 ・広い視野角 ・視界を占有できる ・確認のたびにかぶる ・装着者しか体験できない ・マルチプレイ ・カメラを自由にコントロールできない ・高いマシンスペック ・VR酔い ・有線 ・立体視 ・確認のたびにかぶる ・装着者しか体験できない ・マルチプレイ ・カメラを自由にコントロールできない
  7. 7. HoloLens開発 ・立体視 ・コードレス(単独で動作) ・外の様子も確認できる ・空間の障害物もコンテンツに干渉させられる ・確認のたびにかぶる ・装着者しか体験できない ・マルチプレイ ・カメラを自由にコントロールできない ・バッテリー残量 ・何も映っていないのか、見えている範囲に何 もないのか見分けづらい ・ヘッドフォンとの同時使用
  8. 8. XRはこれだけ難点があっても開発、 体験したくなる魅力がある
  9. 9. 次回イベント 名古屋でHoloLensのハンズオンイベントやります (実機を持っていなくても参加可能) 日時:4/9(日)15:00~18:00

×