Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
HoloToolkit-Unityでできるこ
と
prefab & ツールバー編
自己紹介
山地 直彰
開発歴約8年のエンジニア
HoloLens歴は約6ヵ月
最近はXR(AR/MR/VR)系で色々やってます
最近やったHolo活
・UE4からのUWP出力+箱1コンでの入力確認
・HoloLensから参加するバーチャルイベント参加
・HoloLensのハンズオンイベントを名古屋で開催
・HoloLensの体験実施とMR系の取材を受ける
・自宅やイベン...
XRについて
主にAR/MR/VRの総称として使用
広義的にはAR/MR/VR等のUXを支える技術等も含む?
略さずいうとXR(クロスリアリティ)のイメージ
ーーその他XR
USJのXRライド(GearVR+屋内ジェットコースター)
GDC20...
XRミーティング(このイベント)について
・月1ぐらいでXRに関する情報交換、情報共有
・HoloLens体験やHoloアプリのお披露目、空間共有等実機を試せる
・XRと絡んでればわりと何でもあり
・XRについて興味がある人同士で交流
・発表等...
最近のHolo話題
・HolographicAcademyの日本語訳がGitHubで公開
・HoloLens入学式
・MSがMRマーケ選任チームを編成
・HoloLens系の公式のURLが変更
・東京でのHoloLensハッカソン
・ノルウェー...
ここから本題
HoloToolkit-Unityの機能
1. Input
2. Sharing
3. Spatial Mapping
4. Spatial Understanding
5. Spatial Sound
6. Utilities
7. Buil...
Input
・InputManager
・BasicCursor
・Cursor
・CursorWithFeedback
・DefaultCursor
・HandDetectedFeedback
・HoloLensCamera
→これないと他の...
Sharing
・Sharing →指定IPアドレス上で実行されているSharingService.exeに接続する
(UnityEditorで実行した際も接続可能)
Spatial Mapping
・RemoteMapping
・SpatialMapping
・SurfacePlane
→指定IPアドレスに空間マッピングデータを送る
→HoloLensでの空間マッピングデータを取り扱える
→SurfaceM...
Spacial Understanding
・SpatialUnderstanding →壁や床、机の表面を識別する(通常の空間マッピン
グより時間はかかるがよりきれいな形状として取得
できる)
Spatial Sound
prefabがないので今回は省略
Utilities
・FPSDisplay
・HeadsUpDirectionIndicator
・HeadsUpDirectionIndicatorPointer
→向きに追従するFPS表示
→ターゲットへの方向を示すUIを視界内に表示
→H...
Build
Unity、VSでのビルド、デバイスへのデプロイ、appxファイル作成をサポート
その他HoloToolkitツールバー
・Configure
・Sharing Service
→シーン(メインカメラ)設定、プロジェクト設定、使用するデバ
イス機能設定を簡単にHoloLens用にできる
→空間共有用のサーバーの起動、セッショ...
HoloToolkit-Unityすごい
まとめ
恒例の告知
……といきたいが、告知事項が特にないので、個人的な募集事項を書いておきます。
・次回以降のXRミーティングでの発表ネタ(希望があればそれを優先するかも)
・やってほしいイベント
・XR系で調べてほしいこと
・XR系のビジネス
・一緒...
個人的なイベント需要アンケート
・ペアプロ/モブプロ会
・MRアワード
・XR体験イベント(期間中ずっと展示する形式)
・ゲームエンジン系の勉強会
・ゲームジャム/ハッカソン
・その他
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Holo toolkit unityでできること

1,006 views

Published on

XRミーティング #2で話したスライド
https://osaka-driven-dev.connpass.com/event/53549/
(気が向いたら後からキャプチャでも追加したい)

Published in: Technology
  • Be the first to comment

Holo toolkit unityでできること

  1. 1. HoloToolkit-Unityでできるこ と prefab & ツールバー編
  2. 2. 自己紹介 山地 直彰 開発歴約8年のエンジニア HoloLens歴は約6ヵ月 最近はXR(AR/MR/VR)系で色々やってます
  3. 3. 最近やったHolo活 ・UE4からのUWP出力+箱1コンでの入力確認 ・HoloLensから参加するバーチャルイベント参加 ・HoloLensのハンズオンイベントを名古屋で開催 ・HoloLensの体験実施とMR系の取材を受ける ・自宅やイベント会場等以外でのHoloLensの動作テスト
  4. 4. XRについて 主にAR/MR/VRの総称として使用 広義的にはAR/MR/VR等のUXを支える技術等も含む? 略さずいうとXR(クロスリアリティ)のイメージ ーーその他XR USJのXRライド(GearVR+屋内ジェットコースター) GDC2017でOpenXRという標準規格が発表(ARも含むVRの新しい規格)
  5. 5. XRミーティング(このイベント)について ・月1ぐらいでXRに関する情報交換、情報共有 ・HoloLens体験やHoloアプリのお披露目、空間共有等実機を試せる ・XRと絡んでればわりと何でもあり ・XRについて興味がある人同士で交流 ・発表等もゆるい感じ
  6. 6. 最近のHolo話題 ・HolographicAcademyの日本語訳がGitHubで公開 ・HoloLens入学式 ・MSがMRマーケ選任チームを編成 ・HoloLens系の公式のURLが変更 ・東京でのHoloLensハッカソン ・ノルウェーの小学校でHoloLensを試験的に使用 ・MSがHoloLensを使用した際の変化についてのトレーラーを公開 ・Windows 10 Creators Update提供開始
  7. 7. ここから本題
  8. 8. HoloToolkit-Unityの機能 1. Input 2. Sharing 3. Spatial Mapping 4. Spatial Understanding 5. Spatial Sound 6. Utilities 7. Build 8. その他HoloToolkitツールバー
  9. 9. Input ・InputManager ・BasicCursor ・Cursor ・CursorWithFeedback ・DefaultCursor ・HandDetectedFeedback ・HoloLensCamera →これないと他のカーソル系でエラーでる →トーラス状のカーソル(オブジェクトと当たり判定をとってくっつく) →オブジェクトに当たっている際にトーラス状のカーソルに表示が変わるカーソル →手の認識ができている際に手のアイコンが表示されるカーソル →HoloLensのシステムのカーソルと同じような挙動をするカーソル →手のアイコンが表示はされるが…… →UnityEditorでの操作と同じ方法でUnityEditor実行時に操作可能なカメラ
  10. 10. Sharing ・Sharing →指定IPアドレス上で実行されているSharingService.exeに接続する (UnityEditorで実行した際も接続可能)
  11. 11. Spatial Mapping ・RemoteMapping ・SpatialMapping ・SurfacePlane →指定IPアドレスに空間マッピングデータを送る →HoloLensでの空間マッピングデータを取り扱える →SurfaceMeshesToPlanesで床、天井、壁、机を判別した 際に分類に応じてマテリアルを差し替え
  12. 12. Spacial Understanding ・SpatialUnderstanding →壁や床、机の表面を識別する(通常の空間マッピン グより時間はかかるがよりきれいな形状として取得 できる)
  13. 13. Spatial Sound prefabがないので今回は省略
  14. 14. Utilities ・FPSDisplay ・HeadsUpDirectionIndicator ・HeadsUpDirectionIndicatorPointer →向きに追従するFPS表示 →ターゲットへの方向を示すUIを視界内に表示 →HeadsUpDirectionIndicatorのデフォルトUI
  15. 15. Build Unity、VSでのビルド、デバイスへのデプロイ、appxファイル作成をサポート
  16. 16. その他HoloToolkitツールバー ・Configure ・Sharing Service →シーン(メインカメラ)設定、プロジェクト設定、使用するデバ イス機能設定を簡単にHoloLens用にできる →空間共有用のサーバーの起動、セッション管理ツール、プロフ ァイラーが使用できる
  17. 17. HoloToolkit-Unityすごい まとめ
  18. 18. 恒例の告知 ……といきたいが、告知事項が特にないので、個人的な募集事項を書いておきます。 ・次回以降のXRミーティングでの発表ネタ(希望があればそれを優先するかも) ・やってほしいイベント ・XR系で調べてほしいこと ・XR系のビジネス ・一緒に作りたいor作ってほしいXR系コンテンツ
  19. 19. 個人的なイベント需要アンケート ・ペアプロ/モブプロ会 ・MRアワード ・XR体験イベント(期間中ずっと展示する形式) ・ゲームエンジン系の勉強会 ・ゲームジャム/ハッカソン ・その他

×