Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

2012-07-07 Sapporo.r #1 LT発表資料 「仕事で使うR」

589 views

Published on

「仕事で使うR」

中村 良幸(なかむら よしゆき)
統合ID: nakayoshix

(#Pythonおじさん, #Emacsおじさん, #HPCおじさん,
#クラウドおじさん, #CRMおじさん, #MDAおじさん,
#関数型おじさん, #非同期おじさん, #Mathおじさん)

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

2012-07-07 Sapporo.r #1 LT発表資料 「仕事で使うR」

  1. 1. 仕事で使うR 中村 良幸(なかむら よしゆき) 統合ID: nakayoshix (#Pythonおじさん, #Emacsおじさん, #HPCおじさん, #クラウドおじさん, #CRMおじさん, #MDAおじさん, #関数型おじさん, #非同期おじさん, #Mathおじさん)
  2. 2. 中村 良幸, NAKAMURA Yoshiyuki → なかよし ID: nakayoshix as Unified ID (統合ID), 45歳のおじさんです http://twitter.com/nakayoshix http://www.facebook.com/nakayoshix 所属: クロストラスト株式会社 (CrossTrust, Inc.) SSLサーバー証明書を販売する会社です。 やってきたこと 仕事: HPCおじさん(Fortran), CRMおじさん(Siebel), その他(C++, PHP, Java, C#, VBA等, Rはほんの少々…) 現在は社内ぼっちDeveloper。Pythonおじさんです。 趣味: オープンソースCRM, openCRXの日本語化。 その他: Emacsおじさん(Emacs歴24年) ヨーガ歴18年 なかよしっくす (@nakayoshix)
  3. 3. 最近興味があること 四年前に北海道関数型言語勉強会で関数型に目覚めました。 二年前から札幌Scala勉強会に参加しています。(現在休止中) F#プリンス(@nobuhisa_k)の影響で、F#も勉強しました。 勉強会活動について 2009年「Python札幌」を立ち上げました。 2009年「数学勉強会@札幌」を立ち上げました。 2010年「クラウド研究会@札幌」を立ち上げました。 2011年「札幌F#勉強会」を開催しました。(社内勉強会) 2012年「ぼちぼちHaskell勉強会@札幌」を始めました。 その他: CLR/H(初回から参加)、札幌Scala勉強会、DTT、 上流工程勉強会(#JK_Study) 等の勉強会に参加中。 興味があること & 勉強会活動
  4. 4. 「数学勉強会@札幌」の紹介 2009/05/16(土) 数学勉強会@札幌を立ち上げました。 大人のための、やり直しの数学勉強会です。 真剣に数学を勉強したい人なら、誰でも歓迎します。 現在も参加者募集中ですので、よろしくお願いいたします。 毎週土曜日午前10:00〜12:00に勉強会を開催しています。 現在は、解析の基礎(「解析入門」)を勉強しています。 (次回からは月曜日19:00〜21:00の開催となります。) 2012/7/7(土)には第137回目の勉強会を開催しました。 今日の午前中は札幌エルプラザにて第137回勉強会を開催 今日は教科書 p.73 §5 実数の非可付番性の辺りを…
  5. 5. 「Python札幌」の紹介 Python札幌 From Sapporo, with the Zen of Python. https://groups.google.com/forum/?hl=ja#!forum/python-sapporo 今年で四年目に入りました。Python札幌シーズン4 現在もメンバー募集中です。Python好きな方はWelcome! 6月17日(日) Python札幌 2012/06/17 @tokibitoさんスペシャル を開催しました。 (@かでる2・7) 7月12日(土) Python初学者向け読書会 #9 開催(@札幌カフェ) 今後は、隔週での開催を予定しています。
  6. 6. ぼちぼちHaskell勉強会@札幌 ●基本は「すごいHaskell 楽しく学ぼう!」(通称・すごいH本) を読んでHaskellを勉強する会です。 ●予習が前提で、勉強会の最中は質問及び確認の時間とします。 ●コードサンプルは可能な限り全て写経するポリシーです。 ●2012/07/05(木)に第一回目勉強会を開催しました。 ●2012/07/19(木)に第二回目勉強会を開催します。 次回は第三章まで読んでくるのが参加の条件となります。 ●Haskellマスターで、Haskellでリアルタイムシューティングゲーム を作っている北大の学生さんも初回から参加しています。 ●今後は、おまけでラムダ計算や代数構造の話しもする予定です。
  7. 7. クラウド温泉3.0@小樽 ●今年もまたクラウド温泉を開催します。(8/18〜19の二日間) ●主催は「クラウド研究会@札幌」です。(代表は私です) ●今年のテーマは代数スペシャルとOFP & OFADです。 ●浅海さん(@asami224)は「Monadicプログラミングマニアックス」 o「Object Functional Analysis and Design」もあり ●私(中村)は「プログラマのための代数入門2」 o「エンタープライズ・クラウドお引越しサービス」もあり ●去年に引き続き、東京からはノーチラス・テクノロジー社長 で Asakusaプロジェクトの神林さん(@okachimachiorz)も参加します 。 ●なお、講演者は現在も引き続き募集中です。 ●「クラウド温泉3.0@小樽」では出会い系クラウドをスローガンに
  8. 8. 以上で前置きは終了です。 本編はここから!
  9. 9. 仕事で使うRその1 二年前の正月のことでした。(2010年1月初旬) 営業のSさん曰く: 「某Sで始まる統計解析パッケージ・ソフトウェアと全く同一 の出力を行う重回帰分析用パッケージソフトは作れないか?」 私: (心の声):「重回帰分析…? えーと、何だっけ…?」 (実際): 「で、納期は?」 営業のSさん: 「ああ、今月いっぱいで。」 私: 「はぁ?」 (心の声):「また始まった…www」
  10. 10. 仕事で使うRその2 ・その某Sとは、どうやらSPSSらしい… 早速ぐぐって調べてみました。 ・で、コレと同じ出力をすると… (多分、時間をかければ何とかなりそう…) お客様は、C#でスクラッチ開発を考えているらしい… ・ここで間に入ってる業者さんからメールが… 「重回帰分析については、最小二乗法で…」に続いて 「但し変数減少法のためにAICを計算する必要があり…」 え、AIC? orz (昔々、ニューラルネットワークと情報幾何学を少々… )
  11. 11. 仕事で使うRその3 ●納期からして、今月中の納品はどう見ても無理ゲー 私:「技術的には可能ですが、納期が非常に厳しいので、 スクラッチ開発が必要なら他をあたってください。」 ●…(他社A) …(他社B) …その他を転々として… 結局、私に戻って来ました。(^^; こういう時は、儲かる!(言い値でおk)
  12. 12. 仕事で使うRその4 私: 「開発言語はOSSで、Rというものですが良いですか?」 お客さん: 「今月中にできさえすれば何でも良いです」 私: 「わかりました。ではそのように。」 (さて… じゃあRを勉強しなくちゃ…)
  13. 13. 仕事で使うRその5 ●スケジュール oRのお勉強:3日(はじめてのR) o要件定義・仕様確定:1日 oR言語での実装:2日 o途中打合せ:1日 oUIの実装:3日 oマニュアル作成:1日 o納品・操作説明:1日 ●見積り o9万円×12人日で、108万円(税別)
  14. 14. 仕事で使うRその6 ●問題が出てきました oRはやはりファイルI/Oが弱い oWindows用のGUIはどうすれば…? ●そこで、Pythonですよ! oWindows用のGUIはPythonで osubprocess(プロセス間通信)でRとのやり取り oWindowsなので、ドラッグ&ドロップにも対応 o計算処理実行の途中経過も表示する o最後はWindows専用インストーラまで作成しましたw ●開発環境はもちろんEmacs oESS-modeでRのソースコードも問題なし
  15. 15. 仕事で使うRその7 ●結果報告 o当初のスケジュール通りに1月中にプログラムは完成 oお客様の都合で、納品と説明は2月になってから o無事納品と検品完了し、仕事は完了しました。 ●会社にとって o利益率は過去の業務の中で最大(数字はナイショw) o納期通りに綺麗に納品した初めてのケース ●私にとって o久しぶりに特殊部隊系の仕事で、面白かったです。 oまたRを使う機会があれば、是非やりたいな…(願望)
  16. 16. まとめ ●結論として… Rは儲かる!v(^_^)/
  17. 17. 最後に ご静聴ありがとうございました。

×