Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
中田 一会
道後アート2019・2020勉強会(2019.05.13)
”あいだ”を残すもプロジェクト!
アートプロジェクトにおける
人・ことば・時間のつなぎ方を考える
加藤 甫
コミュニケーション
プランナー
写真家
かずえ
はじめ
[はじめに]
鑑賞型(アート作品)から
参加型(アートプロジェクト)へ
\何がちがうの?/
鑑賞型→参加型
これまでの道後アート
鑑賞型=アート作品
道後アート2019・2020
参加型=アートプロジェクト
鑑賞型(アート作品)
画になりやすい=掲載/拡散されやすい=伝わりやすい
作品からコミュニケーションが生まれる
では、
参加型(アートプロジェクト)は?
「アートプロジェクト」とは
▼定義
• 美術館やギャラリーなどの 「外部」で開催される
アート活動
• 作品展示にとどまらず、そのプロセスやさまざま
な人々との関わりを重視
• アーティストに限らず、自治体、大学、企業、市
民グループなど、多様...
「アートプロジェクト」とは
▼特徴
1. 制作のプロセスを重視し、積極的に開示
2.プロジェクトが実施される場やその社会的状況に
応じた活動を行う、社会的な文脈としてのサイ
ト・スペシフィック
3.さまざまな波及効果を期待する、継続的な展開
4...
つまり
アーティストだけではなく
参加するメンバー全員が
アートプロジェクトの担い手!
しかも
コミュニケーションを促し
プロセスを共有することも
• •
プロジェクト!
そのためには
記録が大切!
[本日のテーマ]
”あいだ”を残すもプロジェクト!
アートプロジェクトにおいて
人・ことば・時間をつなぐ
\よろしくおねがいします!/
具体例を見てみましょう
HIBINO HOSPITAL Vol.73《一分の一の日本地図は世界のどこかと似ている》
(ARCUS)
HIBINO HOSPITAL Vol.68《忘れ物を探しに…》(ARCUS)
パラトリエンナーレ2017
《クラシックなラジオ体操》(六本木アートナイト2017 )
エミリア・ジュディチェリ《TEST-西口公園での8時間-》(PARADISE AIR)
加藤 甫《#p_air Portraits》(PARADISE AIR)
#p_air (PARADISE AIR)
#p_air (PARADISE AIR)
#p_air (PARADISE AIR)
#p_air (PARADISE AIR)
#p_air (PARADISE AIR)
#p_air (PARADISE AIR)
プロジェクトに合わせた
記録が大切
では道後アートは?
[考える]
道後アート2019・2020を
どう共有する?
\具体的には?/
道後アート2019・2020
広報活動→コミュニケーション活動
顔を見せる
3つのポイント
句読点を打つ 仲間を増やす
誰が関わっている? いつ情報を集める? どうつながり続ける?
広報活動→コミュニケーション活動
●コミュニケーション目標
「ひみつジャナクする!」
プログラムを横断し、人と情報をつなぎ、プロセスを外部に開く!
●背景とポイント
・プロジェクト期間を通した情報発信・共有が重要
・地域住民・関係者を積極的に巻...
広報活動→コミュニケーション活動
●新たにやること
1)メールニュース「月刊ひみつジャナイニュース」
情報を横断してとりまとめ、関わった人とつながり続ける
2)公式ブログ
拠点や地域情報を発信し、オープンコールのため等の情報提供
3)プロジェク...
これまで(広報活動)
メディア
プレスリリース
多くの人
(観光客など)
関心・興味
これから
(広報活動+コミュニケーション活動)
メディア
プレスリリース
多くの人
(観光客など)
関心・興味
地域・関係者
Web,
SNS
残すこと、
届けることも役割に!
共有のための記録が大切!
(皆さんじゃないと残せない)
[やってみる]
使える記録写真を残す!
\やってみよう!/
撮る前に。
「使える記録写真」って?
かっこいい、美しい、映える写真?
「使える記録写真」って?
かっこいい、美しい、映える写真?
NO!(記録においては)
「使える記録写真」って?
□ 誰に何をどう伝えるか、定まっているか?
□ 必要な要素が入っているか?
□ 法律・倫理的な問題はクリアできているか?
Work1
用途別に写真を選んでみる
Work1:イベント写真を用途別にセレクト!
>プロが撮影した写真を、「編集視点」で選ぶ
Work1:イベント写真を目的別にセレクト!
行政向け報告書 Webメディア 雑誌・新聞
ブログレポート記事 メールニュース チラシ(次回告知)
Facebook(公式) Facebook(個人) Twitter(公式)
ポイント
□ 写真の役割は?(テキストとの関係など)
□ 受け手はどんな情報を求めているか?
□ 撮り手はどんな意図で撮影したのか?(アングル・構図)
→プロが撮ったものをそのまま使えばOKではない。
 目的に合わせて、意図を持って選ぶことが大...
Work2
意図を持って撮ってみる
Work2:意図を持って記録写真を撮ってみる!
今夜の勉強会が道後アート2019・2020のプログラム
のひとつと仮定して、記録写真を撮ってみましょう。
撮ったらデータをアップロードしてください。
補足:使える写真の条件
□ 明るさが適切(明るいよりも暗い方が◎)
□ 手ブレしてない、ピントが合っている
□ 肖像権・倫理的な条件をクリアしている
補足:撮影あるある問題
・子どもピース問題/子ども笑顔問題
・パンツ問題
・最前列空席問題
・照明問題/逆光問題/プロジェクション問題
・白飛び問題
・荷物問題
・介入の仕方問題
\こんなとき、どうする?/
補足:いちばん大事なこと
写真が存在するだけでも
OK!
まとめ&なんでも相談
\おさらいしましょう!/
本日のまとめ
参加型の「アートプロジェクト」では、
関係性を増やしていくことが重要
伝えつながり続けることもプロジェクト
”あいだ”を残すもプロジェクト!
プロセス(過程)、関係性、関わりしろ• •
•
•
ありがとうございました!
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

20190513_”あいだ”を残すもプロジェクト! アートプロジェクトにおける 人・ことば・時間のつなぎ方を考える

78 views

Published on

アートイベント「道後アート2019・2020」に関わる方の勉強会で講師を担当しました。プロジェクト型を目指す今回のイベントにおいての「コミュニケーションと記録」がテーマ。写真家・加藤甫さんによる記録写真ワークショップも開催しました。

Published in: Art & Photos
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

20190513_”あいだ”を残すもプロジェクト! アートプロジェクトにおける 人・ことば・時間のつなぎ方を考える

  1. 1. 中田 一会 道後アート2019・2020勉強会(2019.05.13) ”あいだ”を残すもプロジェクト! アートプロジェクトにおける 人・ことば・時間のつなぎ方を考える 加藤 甫 コミュニケーション プランナー 写真家 かずえ はじめ
  2. 2. [はじめに] 鑑賞型(アート作品)から 参加型(アートプロジェクト)へ \何がちがうの?/
  3. 3. 鑑賞型→参加型 これまでの道後アート 鑑賞型=アート作品 道後アート2019・2020 参加型=アートプロジェクト
  4. 4. 鑑賞型(アート作品) 画になりやすい=掲載/拡散されやすい=伝わりやすい 作品からコミュニケーションが生まれる
  5. 5. では、 参加型(アートプロジェクト)は?
  6. 6. 「アートプロジェクト」とは ▼定義 • 美術館やギャラリーなどの 「外部」で開催される アート活動 • 作品展示にとどまらず、そのプロセスやさまざま な人々との関わりを重視 • アーティストに限らず、自治体、大学、企業、市 民グループなど、多様な人々が共同で主催してい るケースが多い 参考:『「日本型アートプロジェクトの歴史と現在 1990年→2012年」補遺』(2015)
  7. 7. 「アートプロジェクト」とは ▼特徴 1. 制作のプロセスを重視し、積極的に開示 2.プロジェクトが実施される場やその社会的状況に 応じた活動を行う、社会的な文脈としてのサイ ト・スペシフィック 3.さまざまな波及効果を期待する、継続的な展開 4.さまざまな属性の人びとが関わるコラボレーショ ンと、それを誘発するコミュニケーション 5.芸術以外の社会分野への関心や働きかけ 参考:ネットTAM 用語集「アートプロジェクト」(2014、長津結一郎) 写真:アートアクセスあだち 音まち 千住の縁
  8. 8. つまり
  9. 9. アーティストだけではなく 参加するメンバー全員が アートプロジェクトの担い手!
  10. 10. しかも
  11. 11. コミュニケーションを促し プロセスを共有することも • • プロジェクト!
  12. 12. そのためには
  13. 13. 記録が大切!
  14. 14. [本日のテーマ] ”あいだ”を残すもプロジェクト! アートプロジェクトにおいて 人・ことば・時間をつなぐ \よろしくおねがいします!/
  15. 15. 具体例を見てみましょう
  16. 16. HIBINO HOSPITAL Vol.73《一分の一の日本地図は世界のどこかと似ている》 (ARCUS)
  17. 17. HIBINO HOSPITAL Vol.68《忘れ物を探しに…》(ARCUS)
  18. 18. パラトリエンナーレ2017
  19. 19. 《クラシックなラジオ体操》(六本木アートナイト2017 )
  20. 20. エミリア・ジュディチェリ《TEST-西口公園での8時間-》(PARADISE AIR)
  21. 21. 加藤 甫《#p_air Portraits》(PARADISE AIR)
  22. 22. #p_air (PARADISE AIR)
  23. 23. #p_air (PARADISE AIR)
  24. 24. #p_air (PARADISE AIR)
  25. 25. #p_air (PARADISE AIR)
  26. 26. #p_air (PARADISE AIR)
  27. 27. #p_air (PARADISE AIR)
  28. 28. プロジェクトに合わせた 記録が大切
  29. 29. では道後アートは?
  30. 30. [考える] 道後アート2019・2020を どう共有する? \具体的には?/
  31. 31. 道後アート2019・2020
  32. 32. 広報活動→コミュニケーション活動 顔を見せる 3つのポイント 句読点を打つ 仲間を増やす 誰が関わっている? いつ情報を集める? どうつながり続ける?
  33. 33. 広報活動→コミュニケーション活動 ●コミュニケーション目標 「ひみつジャナクする!」 プログラムを横断し、人と情報をつなぎ、プロセスを外部に開く! ●背景とポイント ・プロジェクト期間を通した情報発信・共有が重要 ・地域住民・関係者を積極的に巻き込む新たな仕組みづくり ・2年間の「活動時間」を記録し、形として残す必要性
  34. 34. 広報活動→コミュニケーション活動 ●新たにやること 1)メールニュース「月刊ひみつジャナイニュース」 情報を横断してとりまとめ、関わった人とつながり続ける 2)公式ブログ 拠点や地域情報を発信し、オープンコールのため等の情報提供 3)プロジェクト記録 現場でしかわからない情報を担当者が残す 4)SNSでのアーカイブ発信 道後の豊かなアート資産を活用して発信
  35. 35. これまで(広報活動) メディア プレスリリース 多くの人 (観光客など) 関心・興味
  36. 36. これから (広報活動+コミュニケーション活動) メディア プレスリリース 多くの人 (観光客など) 関心・興味 地域・関係者 Web, SNS
  37. 37. 残すこと、 届けることも役割に!
  38. 38. 共有のための記録が大切! (皆さんじゃないと残せない)
  39. 39. [やってみる] 使える記録写真を残す! \やってみよう!/
  40. 40. 撮る前に。
  41. 41. 「使える記録写真」って? かっこいい、美しい、映える写真?
  42. 42. 「使える記録写真」って? かっこいい、美しい、映える写真? NO!(記録においては)
  43. 43. 「使える記録写真」って? □ 誰に何をどう伝えるか、定まっているか? □ 必要な要素が入っているか? □ 法律・倫理的な問題はクリアできているか?
  44. 44. Work1 用途別に写真を選んでみる
  45. 45. Work1:イベント写真を用途別にセレクト! >プロが撮影した写真を、「編集視点」で選ぶ
  46. 46. Work1:イベント写真を目的別にセレクト! 行政向け報告書 Webメディア 雑誌・新聞 ブログレポート記事 メールニュース チラシ(次回告知) Facebook(公式) Facebook(個人) Twitter(公式)
  47. 47. ポイント □ 写真の役割は?(テキストとの関係など) □ 受け手はどんな情報を求めているか? □ 撮り手はどんな意図で撮影したのか?(アングル・構図) →プロが撮ったものをそのまま使えばOKではない。  目的に合わせて、意図を持って選ぶことが大事!  (撮影者には意図を明確に伝え、撮影後は批評的に選ぶ!)
  48. 48. Work2 意図を持って撮ってみる
  49. 49. Work2:意図を持って記録写真を撮ってみる! 今夜の勉強会が道後アート2019・2020のプログラム のひとつと仮定して、記録写真を撮ってみましょう。 撮ったらデータをアップロードしてください。
  50. 50. 補足:使える写真の条件 □ 明るさが適切(明るいよりも暗い方が◎) □ 手ブレしてない、ピントが合っている □ 肖像権・倫理的な条件をクリアしている
  51. 51. 補足:撮影あるある問題 ・子どもピース問題/子ども笑顔問題 ・パンツ問題 ・最前列空席問題 ・照明問題/逆光問題/プロジェクション問題 ・白飛び問題 ・荷物問題 ・介入の仕方問題 \こんなとき、どうする?/
  52. 52. 補足:いちばん大事なこと 写真が存在するだけでも OK!
  53. 53. まとめ&なんでも相談 \おさらいしましょう!/
  54. 54. 本日のまとめ 参加型の「アートプロジェクト」では、 関係性を増やしていくことが重要 伝えつながり続けることもプロジェクト ”あいだ”を残すもプロジェクト! プロセス(過程)、関係性、関わりしろ• • • •
  55. 55. ありがとうございました!

×