Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

アウトソーシング嫌いのベンチャーが2ヶ月間でオフショア開発でサービスをローンチしてみた(AWS編)

1,447 views

Published on

オフショア開発で開発期間2ヶ月という期間でサービスをローンチしてみました。インフラエンジニアがいない中、AWSを全面採用し、dynamodb,opsworks,cloudformation等を駆使しなんとかローンチしたという内容を経験値シェアします。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

アウトソーシング嫌いのベンチャーが2ヶ月間でオフショア開発でサービスをローンチしてみた(AWS編)

  1. 1. アウトソーシング嫌いのベンチャーが2ヶ月間で オフショア開発でサービスをローンチしてみた ∼AWS編∼ 取締役CTO 中野 賀通
  2. 2. 今日のアジェンダ
  3. 3. ・自己紹介 ・本日の概要 ・なぜこれを話すのか ・どんな状況だったか ・どう解決したのか ・小話 ・結論
  4. 4. はじめます
  5. 5. ・自己紹介 ・本日の概要 ・なぜこれを話すのか ・どんな状況だったか ・どう解決したのか ・小話 ・結論
  6. 6. 自己紹介 私の略歴 テモナ株式会社 CTO(チャーハン、たべたい、おじさん) 学生 レスリング120kg級 ↓ 教員 駒場にある工業高校 電気工学、ロボティクス工学、 電子工学、情報工学等 ↓ 株式会社エイジア マネージャ 国内外大手案件のPL,PM ↓ テモナ株式会社 2015/01/01 取締役 CTO 今ここ
  7. 7. ・自己紹介 ・本日の概要 ・なぜこれを話すのか ・どんな状況だったか ・どう解決したのか ・小話 ・結論
  8. 8. 本日の概要 アウトソーシング嫌いのベンチャーが 2ヶ月間でオフショア開発でサービスをローンチしてみましたというお話 CTO視点での不安、決断、苦悩、起きた事、結果などを話します
  9. 9. ・自己紹介 ・本日の概要 ・なぜこれを話すのか ・どんな状況だったか ・どう解決したのか ・小話 ・結論
  10. 10. なぜこれを話すのか ここにいらっしゃる方は興味ありますよね? 経験ではなく、歴史に学ぶ CTO諸先輩方に アドバイス頂いたことの恩返しとしてシェアしたい。 対象: ・アウトソースかじって、尽く失敗している人 ・オフショア、グローバルラボ開発知りたい人 ・インフラエンジニアやばいって人 ・システムや運用がガチガチ対ゆるーいでぶつかる人
  11. 11. ・自己紹介 ・本日の概要 ・なぜこれを話すのか ・どんな状況だったか ・どう解決したのか ・小話 ・結論
  12. 12. はじめます
  13. 13. どんな状況だったか あらすじ 背景) 2015年6月X日 都内某所 たわいものない会話 CEO) 来期に本格的にヒキアゲール作りたいんだよね CTO) ですよね。来期の2QからPJ開始でいいすか? CEO) そーっすね。大体そんな感じで。 CEO) 戦略周りも再定義して、要求仕様起こします。 CTO) 了解しました!一旦は箇条書きでOKです。 ※9月決算なので2Qは2016年4月頃を想定
  14. 14. どんな状況だったか あらすじ 衝撃の走った日) 2015年7月1週目 都内某所 思い返すと悍ましい会話 CEO) こないだ会話してた件で相談です。 CTO) ヒキアゲール作るって話しですよね? CEO) 考えたんですけど、10月リリース行けます? CTO) PJ期間は6ヶ月で事ですね。ギリギリですかね CEO) いや。今期10月で。 CTO) ファッ!? CEO) 無理ですよね。いやいいんです。。。
  15. 15. どんな状況だったか あらすじ 今日の話は ここからスタート ※CTO編は http://qiita.com/devopsCoordinator/items/a656d2e40a95b3796401
  16. 16. どんな状況だったか 開発期間2ヶ月、初めてのオフショア開発 どうしたら、2ヶ月で出来るのか。。。 • 人のアサイン • PJマネジメント • システム
  17. 17. いやぁ、マジで 悩むわ
  18. 18. 比較検討 調達期間:3営業日 初期コスト:数万円 ランニングコスト:2桁万円 /月 情報量:中 A社 B社 調達期間:1営業日 初期コスト:数万円 ランニングコスト:2桁万円/月 情報量:多 どんな状況だったか
  19. 19. 比較検討 調達期間:1営業日 初期コスト:数万円 ランニングコスト:2桁万円 /月 情報量:少 C社 自社 調達期間:1ヶ月 初期コスト:3桁万円 ランニングコスト:2桁万円/月 情報量:少 どんな状況だったか
  20. 20. 本番、開発、テストと 複数の環境を作りたい
  21. 21. ベトナム側に 構成を理解して 貰えないと 日数ロスするな
  22. 22. インフラエンジニア がいない
  23. 23. 最終比較検討 調達期間:1営業日 初期コスト:数万円 ランニングコスト:2桁万円/月 情報量:多 B社 自社 調達期間:1ヶ月 初期コスト:3桁万円 ランニングコスト:2桁万円/月 情報量:少 どんな状況だったか
  24. 24. ・自己紹介 ・本日の概要 ・なぜこれを話すのか ・どんな状況だったか ・どう解決したのか ・小話 ・結論
  25. 25. システム選定結果
  26. 26. どう解決したか 採用したのは AWS
  27. 27. どう解決したか アーキテクチャ
  28. 28. どう解決したか 何気に重宝するサービス AWS CloudFormation AWS OpsWorks
  29. 29. どう解決したか AWS CloudFormation AWS CloudFormation 簡単な紹介 それぞれのAWSリソース を一括で構築・設定・管 理が出来るサービス。 依存関係のチェックやパ ラメータも出来て、大幅 に時間を短縮出来ます。
  30. 30. AWS OpsWorks どう解決したか AWS OpsWorks 簡単な紹介 アプリケーションを容易 にデプロイおよび操作で きるアプリケーション管 理サービス。パッケージ のインストール、ソフト ウェア設定等も仕様を定 義出来ます。
  31. 31. どう解決したか AWS OpsWorks ついでに紹介 デプロイ履歴も残るよ
  32. 32. AWSの契約自体を分ける 一括請求を使用した複数アカウントの料金の支払い どう解決したか 運用のお話 Opsworksと連携しているデプロイスクリプト キーを使い分けてデプロイルールを柔軟に CloudFormationとOpsworksで複数環境構築 本番,ステージング,テスト,開発の4つのStackを 1環境あたり数クリックで構築出来るように
  33. 33. ・自己紹介 ・本日の概要 ・なぜこれを話すのか ・どんな状況だったか ・どう解決したのか ・小話 ・結論
  34. 34. レビューおじさん(CTO) こっそりソースをみて、ダメそうなのあればツッコむ! 小話 レビュー運用のお話 ・RuboCop ・bugspots ・OWASP
  35. 35. 守護神としての意識 文化を作るまでは大変。レビューも属人化もする。 小話 レビュー運用のお話 .rubocop.ymlに書いても Guardfile作っても 意識付けるのは難しい! ガチガチにやり過ぎても可哀想
  36. 36. No More Pressure! 小話 レビュー運用のお話 工数使うのも、気を使うのも やめよう! お互い楽するとこ 楽しよう!
  37. 37. こういうの使えばよかったよ。。。 小話 レビュー運用のお話
  38. 38. 小話 EC2上に自前で実装していたやつを。。。
  39. 39. 小話 Amazon Elasticsearch Service リアルタイムに見れるの便利
  40. 40. ・自己紹介 ・本日の概要 ・なぜこれを話すのか ・どんな状況だったか ・どう解決したのか ・小話 ・結論
  41. 41. 結論 開発期間2ヶ月、初めてのオフショア開発 PJを成功させるために模索した3つのポイント 1.スピード 3.共通言語 2.柔軟性
  42. 42. 重要視したポイントと選定理由 アカウント管理も自由に、要 件変わっても対応出来る、ビ ジネスに合わせ成長出来る。 重視ポイント 選定理由 環境の調達までの速度が早い。 環境構築も数クリックでOK。 情報量が多い歴史に学べる。 言葉の壁を超える共通言語、 Ruby、AWS、シモネタ。 スピード 柔軟性 共通言語 結論
  43. 43. Special thanks
  44. 44. 作ったサービス
  45. 45. We are Team
  46. 46. END

×