Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

フォントと手書きの融合文字に対する好感度調査

394 views

Published on

第174回 SIGHCI研究会 発表資料(佐々木美香子)

Published in: Education
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

フォントと手書きの融合文字に対する好感度調査

  1. 1. 佐々木美香子 (明治大学 総合数理学部 3年) 斉藤絢基 久保田夏美 新納真次郎 中村聡史 鈴木正明 (明治大学) フォントと手書きの 融合文字に対する好感度調査
  2. 2. 研究背景 日常生活でフォント・手書き文字 に触れる機会はたくさん
  3. 3. 研究背景 フォント ・日常生活で目にする機会が多くなった ・手軽に使用できる ・機械的な印象を与える可能性 手書き文字 ・書き手によって文字の癖が異なる ・個性が表れやすく、温かみが感じられる
  4. 4. 研究背景 フォント ・日常生活で目にする機会が多くなった ・手軽に使用できる ・機械的な印象を与える可能性 手書き文字 ・書き手によって文字の癖が異なる ・個性が表れやすく、温かみが感じられる これまで、手書き文字の「個性」に 着目した研究を行ってきた
  5. 5. 研究背景 これまでの研究 「手書き文字に対する書き手識別と 好感度に関する調査」[斉藤 ’16] 自分の手書き 他人の手書き 他人の手書き 自身の手書き文字 は識別可能
  6. 6. 研究背景 これまでの研究 「手書き文字に対する書き手識別と 好感度に関する調査」[斉藤 ’16] 自分の手書き 他人の手書き
  7. 7. 研究背景 これまでの研究 「手書き文字に対する書き手識別と 好感度に関する調査」[斉藤 ’16] 他人の手書き自分の手書き 好意的な印象を抱く
  8. 8. 研究背景 これまでの研究 「手書き文字に対する書き手識別と 好感度に関する調査」[斉藤 ’16] 他人の手書き 自身の手書き文字をフォントと融合した際にも、 融合した文字に好意的な印象を抱くのでは? 自分の手書き
  9. 9. フォント×手書きの融合文字に関する研究 「コミック内の発話への読者手書き文字融合に よる共感度向上手法の提案」[斉藤 ’17] 研究背景 電子コミックに注目
  10. 10. 研究背景 「コミック内の発話への読者手書き文字融合に よる共感度向上手法の提案」[斉藤 ’17] 読み手の手書き×マンガのフォント ⬇︎ 読み手が主人公に共感できるかも?
  11. 11. 研究背景 「コミック内の発話への読者手書き文字融合に よる共感度向上手法の提案」[斉藤 ’17] ©佐佐木あつし『ぶらり鉄扇捕物帳』(Manga109 [Matsui 15]) フォント 手書き 融合文字
  12. 12. ©佐佐木あつし『ぶらり鉄扇捕物帳』(Manga109 [Matsui 15]) フォント 手書き 研究背景 「コミック内の発話への読者手書き文字融合に よる共感度向上手法の提案」[斉藤 ’17] 読み手は、 好意的な印象を抱く 融合文字
  13. 13. ©佐佐木あつし『ぶらり鉄扇捕物帳』(Manga109 [Matsui 15]) フォント 手書き 融合文字 研究背景 「コミック内の発話への読者手書き文字融合に よる共感度向上手法の提案」[斉藤 ’17] 本当に有用なのか、ユーザからどのように 評価されるのかはまだ明らかになっていない
  14. 14. 目的 フォントと手書きの融合文字の有用性 について検証する
  15. 15. 有用性を検証するためには?  フォント、自身の手書き文字よりも自身の融合 文字に好感を抱くのか?  他者の融合文字よりも自身の融合文字に好感を 抱くのか?
  16. 16. 有用性を検証するためには?  フォント、自身の手書き文字よりも自身の融合 文字に好感を抱くのか?  他者の融合文字よりも自身の融合文字に好感を 抱くのか? この2つのことを検証するため 好感度調査実験を行う
  17. 17. フォントと手書きの融合文字生成手法 「コミック内の発話への読者手書き文字融合による 共感度向上手法の提案」[斉藤 ‘17] の手法を用いる ① 手書き文字の数式化 ⬇︎ ② フォントの数式化 ⬇︎ ③ フォントと手書き文字の融合 融合文字生成の手順
  18. 18. フォントと手書きの融合文字生成 ① 手書き文字の数式化 ② フォントの数式化 ③ フォントと手書き文字の融合 ストロークの点の 座標データを取得 スプライン補間 フーリエ級数展開 により数式化
  19. 19. フォントと手書きの融合文字生成 ① 手書き文字の数式化 http://satoken.nkmr.io/Char2Fourier X = 272.08 cos(0t) + 0 sin(0t) + 16.62 cos(1t) + -0.09 sin(1t) + 29.81 cos(2t) + -0.32 sin(2t) + -2.91 cos(3t) + 0.05 sin(3t) + -37.67 cos(4t) + 0.8 sin(4t) + … Y = 229.95 cos(0t) + 0 sin(0t) + 48.82 cos(1t) + -0.23 sin(1t) + 4.75 cos(2t) + -0.05 sin(2t) + 44.24 cos(3t) + -0.7 sin(3t) + 16.89 cos(4t) + -0.36 sin(4t) + …
  20. 20. フォントと手書きの融合文字生成 ① 手書き文字の数式化 ② フォントの数式化 ③ フォントと手書き文字の融合 のフォントの 中央をなぞる なぞり線をもとに 円の集合を求める ①と同様フーリエ級数 展開により数式化
  21. 21. フォントと手書きの融合文字生成 ① 手書き文字の数式化 ② フォントの数式化 ③ フォントと手書き文字の融合 ①、②で得られた数式をもとに加重平均化 融合文字 = フォント×α + 手書き文字×(1ーα) α=1 (フォント) α=0 (手書き)
  22. 22. 好感度調査実験 ① 融合割合に関する好感度調査実験 ➡︎ どの融合割合の文字に最も好感を抱くか? どれが好き? 手書き フォント
  23. 23. 実験概要 ①融合割合に関する好感度調査実験 実験協力者10名(男女5名ずつ)の手書き文字 × フォント 『あ・れ・ほ・安・永・治』の6文字 「ヒラギノ丸ゴ」「MS明朝」「MSゴシック」 「 」「 」の5種類のフォント
  24. 24. 実験概要  融合割合0〜1まで0.2ずつ等分した融合文字を生成 ①融合割合に関する好感度調査実験 0 (手書き) 0.2 0.4 0.6 0.8 1.0 (フォント)  生成した文字をもとに、実験協力者は評価を行った
  25. 25. 実験手順 ①提示 ②順位付け する ランダムに並べた融合文字実験協力者
  26. 26. 実験手順 ランダムに並べた融合文字 1位→5点 2位→3点 4位以下→0点 ①提示 ②順位付け する 実験協力者 3位→1点
  27. 27. 本実験の2日後に、本実験と同様の実験協力者10名に実施 アンケート調査 ①「文字」に関心・興味はあるか ② 自分の手書き文字は好きか 嫌いと答えた人はなぜ嫌いなのか ③ 日常生活で手書きを使用する割合はどれくらいか ④ 書道経験はあるか ⑤ こういう字になりたいという憧れはあるか 憧れがある人は、どのような文字か アンケート項目
  28. 28. 男性(A~E)と女性(F~J)の実験結果 フォントと融合割合ごとの好感度の平均値 0 0.2 0.4 0.6 0.8 1 ヒラギノ丸ゴ MSゴシック MS明朝 楷体 春夏秋冬 0 0.5 1 1.5 2 2.5 3 3.5 0 0.2 0.4 0.6 0.8 1 男性実験協力者 女性実験協力者 好感度の平均値
  29. 29. 0 0.2 0.4 0.6 0.8 1 ヒラギノ丸ゴ MSゴシック MS明朝 楷体 春夏秋冬 0 0.5 1 1.5 2 2.5 3 3.5 0 0.2 0.4 0.6 0.8 1 男性実験協力者 女性実験協力者 好感度の平均値 どの割合で好感度が高かったか? フォントと融合割合ごとの好感度の平均値
  30. 30. 0 0.2 0.4 0.6 0.8 1 ヒラギノ丸ゴ MSゴシック MS明朝 楷体 春夏秋冬 0 0.5 1 1.5 2 2.5 3 3.5 0 0.2 0.4 0.6 0.8 1 男性実験協力者 女性実験協力者 好感度の平均値 どの割合で好感度が高かったか? フォントと融合割合ごとの好感度の平均値 女性実験協力者 フォントの 割合 手書きの 割合> に好感を抱く
  31. 31. 女性実験協力者 どの割合で好感度が高かったか? 男性実験協力者 フォントと融合割合ごとの好感度の平均値 男性実験協力者 0 0.2 0.4 0.6 0.8 1 ヒラギノ丸ゴ MSゴシック MS明朝 楷体 春夏秋冬 0 0.5 1 1.5 2 2.5 3 3.5 0 0.2 0.4 0.6 0.8 1 好感度の平均値 男性より、手書きの割合が 高いものに好感を抱いた
  32. 32. 男性(A~E)と女性(F~J)の実験結果 0 0.2 0.4 0.6 0.8 1.0 A 10% 27% 40% 23% 0% 0% B 0% 3% 17% 30% 23% 27% C 47% 33% 13% 3% 3% 0% D 0% 3% 13% 37% 37% 10% E 0% 0% 3% 17% 43% 37% 1位と順位付けした融合割合の選択割合 男性実験協力者 女性実験協力者 0 0.2 0.4 0.6 0.8 1.0 F 0% 3% 20% 40% 37% 0% G 0% 3% 13% 53% 27% 3% H 13% 33% 47% 7% 0% 0% I 0% 10% 40% 33% 17% 0% J 7% 23% 17% 37% 17% 0%
  33. 33. 表の見方 0 0.2 0.4 0.6 0.8 1.0 A 10% 27% 40% 23% 0% 0% B 0% 3% 17% 30% 23% 27% C 47% 33% 13% 3% 3% 0% D 0% 3% 13% 37% 37% 10% E 0% 0% 3% 17% 43% 37% 1位と順位付けした融合割合の選択割合 男性実験協力者 女性実験協力者 0 0.2 0.4 0.6 0.8 1.0 F 0% 3% 20% 40% 37% 0% G 0% 3% 13% 53% 27% 3% H 13% 33% 47% 7% 0% 0% I 0% 10% 40% 33% 17% 0% J 7% 23% 17% 37% 17% 0% Hが融合割合0.4の文字を 1位と順位付けた割合
  34. 34. ①の実験の結果から 男性・女性どちらの実験協力者も 手書き文字、 フォントの好感度 < 融合文字の 好感度 手書き文字・フォント 融合文字 <
  35. 35. 融合文字の特性 本実験&アンケート調査の結果から男女それぞれ 融合文字の特性を見つけた 実験結果 アンケート
  36. 36. アンケート調査の結果から 女性5名(F〜J)のアンケート調査より 日常生活で手書きを使用する割合はどれくらいですか? 0 0.2 0.4 0.6 0.8 1.0 F 0% 3% 20% 40% 37% 0% G 0% 3% 13% 53% 27% 3% H 13% 33% 47% 7% 0% 0% I 0% 10% 40% 33% 17% 0% J 7% 23% 17% 37% 17% 0% 5名中、 I以外の4名は 普段手書きを 40%以上使用!
  37. 37. アンケート調査の結果から 女性5名(F〜J)のアンケート調査より 自分の手書き文字は好きですか? 0 0.2 0.4 0.6 0.8 1.0 F 0% 3% 20% 40% 37% 0% G 0% 3% 13% 53% 27% 3% H 13% 33% 47% 7% 0% 0% I 0% 10% 40% 33% 17% 0% J 7% 23% 17% 37% 17% 0% 好きなのは 5名中HとIの 2名!
  38. 38. 女性5名(F〜J)は2つのアンケート結果から… 女性実験協力者の特徴 あいうえお 手書きをする事 が多い 自分の手書き が好き or
  39. 39. 0 0.2 0.4 0.6 0.8 1.0 F 0% 3% 20% 40% 37% 0% G 0% 3% 13% 53% 27% 3% H 13% 33% 47% 7% 0% 0% I 0% 10% 40% 33% 17% 0% J 7% 23% 17% 37% 17% 0% 女性実験協力者の特徴 特にHは、アンケートと結果の表より… 自分の手書きが 好き! 手書きをする事が 多い! フォントの割合が高い 文字に1位を付けてない!
  40. 40. 女性実験協力者の特徴 自分の手書きが 好き! 手書きをする 事が多い! あいうえお 手書きを する事が多い 自分の 手書きが好き 自身の手書き文字が好きなほど手書き文字 の割合が高い文字に対して好感を抱く可能性
  41. 41. 0 0.2 0.4 0.6 0.8 1.0 A 10% 27% 40% 23% 0% 0% B 0% 3% 17% 30% 23% 27% C 47% 33% 13% 3% 3% 0% D 0% 3% 13% 37% 37% 10% E 0% 0% 3% 17% 43% 37% アンケート調査の結果から 男性5名(A〜E)のアンケート調査より 自分の手書き文字は好きですか? 嫌いなのは 5名中BとEの 2名!
  42. 42. 自分の字が嫌いなBとEの2名について 男性実験協力者の特徴 0 0.2 0.4 0.6 0.8 1.0 A 10% 27% 40% 23% 0% 0% B 0% 3% 17% 30% 23% 27% C 47% 33% 13% 3% 3% 0% D 0% 3% 13% 37% 37% 10% E 0% 0% 3% 17% 43% 37%
  43. 43. 0 0.2 0.4 0.6 0.8 1.0 A 10% 27% 40% 23% 0% 0% B 0% 3% 17% 30% 23% 27% C 47% 33% 13% 3% 3% 0% D 0% 3% 13% 37% 37% 10% E 0% 0% 3% 17% 43% 37% 男性実験協力者の特徴 自分の字が嫌いなBとEの2名について フォントの割合が高い文字に 対して好感を抱いた!
  44. 44. 0 0.2 0.4 0.6 0.8 1.0 A 10% 27% 40% 23% 0% 0% B 0% 3% 17% 30% 23% 27% C 47% 33% 13% 3% 3% 0% D 0% 3% 13% 37% 37% 10% E 0% 0% 3% 17% 43% 37% 男性実験協力者の特徴 自分の字が嫌いなBとEの2名について 自身の手書き文字が嫌いなほどフォントの 割合が高い文字に対して好感を抱く可能性
  45. 45. 融合文字の特性まとめ 手書き文字を書く機会が多い or 好きな人 ➡︎ 手書きの割合が高い文字に対して好感を 抱く傾向 手書き文字が嫌いな人 ➡︎ フォントの割合が高い文字に対して好感 を抱く傾向 女性実験協力者において 男性実験協力者において
  46. 46. 融合割合に関する好感度調査実験まとめ  フォント、手書き文字より融合文字の方が好感を 高く抱く  融合文字の特性として、 女性全員 → 手書きの使用頻度が高い、 もしくは自分の手書きが好き 男性の一部 → 自分の手書きが嫌い であることが好感を抱く融合割合を左右した
  47. 47. ② 融合対象者に関する好感度調査実験 ➡︎ 自身の融合文字と他者の融合文字、 どれに好感を抱くか? 好感度調査実験 誰の融合文字が好 き?
  48. 48. 実験概要 ②融合対象者に関する好感度調査実験 実験協力者20名(男女10名ずつ)の手書き文字 × フォント ①の実験で使用した6文字、5種類のフォントを使用
  49. 49. 実験概要  ①の実験で最も好感度が高かった融合割合を本実験 で採用する ②融合対象者に関する好感度調査実験 男性実験協力者 女性実験協力者 ヒラギノ 丸ゴ MS ゴシッ ク MS 明朝 楷体 春夏 秋冬 あ 0.4 0.6 0.6 0.6 0.6 れ 0.4 0.8 0.6 0.8 0.4 ほ 0.4 0.4 0.6 0.6 0.4 安 0.6 0.6 0.5 0.8 0.6 永 0.6 0.4 0.4 0.6 0.8 治 0.4 0.6 0.6 0.6 0.6 ヒラギノ 丸ゴ MS ゴシッ ク MS 明朝 楷体 春夏 秋冬 あ 0.6 0.6 0.6 0.8 0.4 れ 0.8 0.8 0.8 1.0 0.5 ほ 0.4 0.6 0.8 0.6 0.4 安 0.8 0.8 0.8 0.8 0.7 永 0.6 0.8 0.9 0.8 1.0 治 0.4 0.2 0.6 0.8 0.4  生成した文字をもとに、実験協力者は評価を行った
  50. 50. ①と同様の手順で男女別に実験を行う 実験手順 実験協力者 ランダムに並べた 10名の融合文字 ①提示 ②順位付け する
  51. 51. 誰が誰の文字に対して好感を抱いたのか? Aの 文字 Bの 文字 Cの 文字 Dの 文字 Eの 文字 Fの 文字 Gの 文字 Hの 文字 Iの 文字 Jの 文字 A 1.67 0.35 0.60 0.43 1.17 1.03 0.80 1.33 1.27 0.33 B 1.77 0.80 0.47 1.27 0.37 1.30 0.60 1.37 0.43 0.60 C 1.30 0.77 0.27 1.43 0.67 1.57 0.70 1.13 0.67 0.50 D 1.60 0.50 0.07 2.03 0.83 0.33 0.60 1.73 0.53 0.77 E 1.33 1.27 1.20 0.73 0.53 1.03 0.70 0.86 0.70 0.63 F 1.23 0.67 0.67 1.27 0.90 1.10 0.43 0.93 0.77 1.03 G 1.17 1.40 0.13 1.33 0.73 0.97 0.67 0.77 0.50 1.33 H 1.20 0.30 0.27 0.73 0.73 1.37 0.83 2.03 0.63 0.90 I 0.93 0.97 0.97 1.00 0.53 1.33 0.73 1.20 0.73 0.60 J 1.67 0.47 0.63 0.80 1.07 1.17 0.93 1.03 0.70 0.53 Kの 文字 Lの 文字 Mの 文字 Nの 文字 Oの 文字 Pの 文字 Qの 文字 Rの 文字 Sの 文字 Tの 文字 K 2.03 0.83 0.74 0.75 0.95 0.82 0.90 1.38 1.08 1.22 L 2.03 1.20 1.13 0.53 1.10 0.80 0.53 0.73 0.37 0.57 M 1.90 0.87 1.33 0.63 1.13 0.77 0.37 0.93 0.70 0.37 N 1.40 0.77 0.67 0.33 1.50 1.53 0.80 0.77 0.40 0.83 O 1.77 0.90 0.20 0.37 1.33 1.67 1.13 0.33 1.00 0.30 P 2.00 1.03 0.90 0.03 1.00 1.63 0.33 1.37 0.33 0.37 Q 1.43 1.13 0.53 0.20 0.47 1.73 1.33 1.10 0.63 0.43 R 1.83 0.83 0.73 0.13 1.50 1.60 0.37 0.70 0.67 0.63 S 1.00 0.83 0.10 0.30 0.53 1.83 1.67 1.27 0.67 0.80 T 1.37 0.93 0.80 0.43 0.90 1.53 1.63 0.37 0.47 0.57 男性(A~J)と女性(K~T)の実験結果 男性実験協力者 女性実験協力者
  52. 52. 誰が誰の文字に対して好感を抱いたのか? Aの 文字 Bの 文字 Cの 文字 Dの 文字 Eの 文字 Fの 文字 Gの 文字 Hの 文字 Iの 文字 Jの 文字 A 1.67 0.35 0.60 0.43 1.17 1.03 0.80 1.33 1.27 0.33 B 1.77 0.80 0.47 1.27 0.37 1.30 0.60 1.37 0.43 0.60 C 1.30 0.77 0.27 1.43 0.67 1.57 0.70 1.13 0.67 0.50 D 1.60 0.50 0.07 2.03 0.83 0.33 0.60 1.73 0.53 0.77 表の見方 ・ ・ ・ ・・・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ CがEの融合文字に 対してつけた好感度 の平均値
  53. 53. 自身の融合文字に最も高い評価をした? Aの 文字 Bの 文字 Cの 文字 Dの 文字 Eの 文字 Fの 文字 Gの 文字 Hの 文字 Iの 文字 Jの 文字 A 1.67 0.35 0.60 0.43 1.17 1.03 0.80 1.33 1.27 0.33 B 1.77 0.80 0.47 1.27 0.37 1.30 0.60 1.37 0.43 0.60 C 1.30 0.77 0.27 1.43 0.67 1.57 0.70 1.13 0.67 0.50 D 1.60 0.50 0.07 2.03 0.83 0.33 0.60 1.73 0.53 0.77 E 1.33 1.27 1.20 0.73 0.53 1.03 0.70 0.86 0.70 0.63 F 1.23 0.67 0.67 1.27 0.90 1.10 0.43 0.93 0.77 1.03 G 1.17 1.40 0.13 1.33 0.73 0.97 0.67 0.77 0.50 1.33 H 1.20 0.30 0.27 0.73 0.73 1.37 0.83 2.03 0.63 0.90 I 0.93 0.97 0.97 1.00 0.53 1.33 0.73 1.20 0.73 0.60 J 1.67 0.47 0.63 0.80 1.07 1.17 0.93 1.03 0.70 0.53 Kの 文字 Lの 文字 Mの 文字 Nの 文字 Oの 文字 Pの 文字 Qの 文字 Rの 文字 Sの 文字 Tの 文字 K 2.03 0.83 0.74 0.75 0.95 0.82 0.90 1.38 1.08 1.22 L 2.03 1.20 1.13 0.53 1.10 0.80 0.53 0.73 0.37 0.57 M 1.90 0.87 1.33 0.63 1.13 0.77 0.37 0.93 0.70 0.37 N 1.40 0.77 0.67 0.33 1.50 1.53 0.80 0.77 0.40 0.83 O 1.77 0.90 0.20 0.37 1.33 1.67 1.13 0.33 1.00 0.30 P 2.00 1.03 0.90 0.03 1.00 1.63 0.33 1.37 0.33 0.37 Q 1.43 1.13 0.53 0.20 0.47 1.73 1.33 1.10 0.63 0.43 R 1.83 0.83 0.73 0.13 1.50 1.60 0.37 0.70 0.67 0.63 S 1.00 0.83 0.10 0.30 0.53 1.83 1.67 1.27 0.67 0.80 T 1.37 0.93 0.80 0.43 0.90 1.53 1.63 0.37 0.47 0.57 男性実験協力者 女性実験協力者
  54. 54. 自身の融合文字に最も高い評価をした? Aの 文字 Bの 文字 Cの 文字 Dの 文字 Eの 文字 Fの 文字 Gの 文字 Hの 文字 Iの 文字 Jの 文字 A 1.67 0.35 0.60 0.43 1.17 1.03 0.80 1.33 1.27 0.33 B 1.77 0.80 0.47 1.27 0.37 1.30 0.60 1.37 0.43 0.60 C 1.30 0.77 0.27 1.43 0.67 1.57 0.70 1.13 0.67 0.50 D 1.60 0.50 0.07 2.03 0.83 0.33 0.60 1.73 0.53 0.77 E 1.33 1.27 1.20 0.73 0.53 1.03 0.70 0.86 0.70 0.63 F 1.23 0.67 0.67 1.27 0.90 1.10 0.43 0.93 0.77 1.03 G 1.17 1.40 0.13 1.33 0.73 0.97 0.67 0.77 0.50 1.33 H 1.20 0.30 0.27 0.73 0.73 1.37 0.83 2.03 0.63 0.90 I 0.93 0.97 0.97 1.00 0.53 1.33 0.73 1.20 0.73 0.60 J 1.67 0.47 0.63 0.80 1.07 1.17 0.93 1.03 0.70 0.53 Kの 文字 Lの 文字 Mの 文字 Nの 文字 Oの 文字 Pの 文字 Qの 文字 Rの 文字 Sの 文字 Tの 文字 K 2.03 0.83 0.74 0.75 0.95 0.82 0.90 1.38 1.08 1.22 L 2.03 1.20 1.13 0.53 1.10 0.80 0.53 0.73 0.37 0.57 M 1.90 0.87 1.33 0.63 1.13 0.77 0.37 0.93 0.70 0.37 N 1.40 0.77 0.67 0.33 1.50 1.53 0.80 0.77 0.40 0.83 O 1.77 0.90 0.20 0.37 1.33 1.67 1.13 0.33 1.00 0.30 P 2.00 1.03 0.90 0.03 1.00 1.63 0.33 1.37 0.33 0.37 Q 1.43 1.13 0.53 0.20 0.47 1.73 1.33 1.10 0.63 0.43 R 1.83 0.83 0.73 0.13 1.50 1.60 0.37 0.70 0.67 0.63 S 1.00 0.83 0.10 0.30 0.53 1.83 1.67 1.27 0.67 0.80 T 1.37 0.93 0.80 0.43 0.90 1.53 1.63 0.37 0.47 0.57 男性実験協力者 女性実験協力者 自身の融合文字に対する評価が 必ずしも他者よりも高いわけではない
  55. 55. 男性Aと女性Kに着目すると… Aの 文字 Bの 文字 Cの 文字 Dの 文字 Eの 文字 Fの 文字 Gの 文字 Hの 文字 Iの 文字 Jの 文字 A 1.67 0.35 0.60 0.43 1.17 1.03 0.80 1.33 1.27 0.33 B 1.77 0.80 0.47 1.27 0.37 1.30 0.60 1.37 0.43 0.60 C 1.30 0.77 0.27 1.43 0.67 1.57 0.70 1.13 0.67 0.50 D 1.60 0.50 0.07 2.03 0.83 0.33 0.60 1.73 0.53 0.77 E 1.33 1.27 1.20 0.73 0.53 1.03 0.70 0.86 0.70 0.63 F 1.23 0.67 0.67 1.27 0.90 1.10 0.43 0.93 0.77 1.03 G 1.17 1.40 0.13 1.33 0.73 0.97 0.67 0.77 0.50 1.33 H 1.20 0.30 0.27 0.73 0.73 1.37 0.83 2.03 0.63 0.90 I 0.93 0.97 0.97 1.00 0.53 1.33 0.73 1.20 0.73 0.60 J 1.67 0.47 0.63 0.80 1.07 1.17 0.93 1.03 0.70 0.53 Kの 文字 Lの 文字 Mの 文字 Nの 文字 Oの 文字 Pの 文字 Qの 文字 Rの 文字 Sの 文字 Tの 文字 K 2.03 0.83 0.74 0.75 0.95 0.82 0.90 1.38 1.08 1.22 L 2.03 1.20 1.13 0.53 1.10 0.80 0.53 0.73 0.37 0.57 M 1.90 0.87 1.33 0.63 1.13 0.77 0.37 0.93 0.70 0.37 N 1.40 0.77 0.67 0.33 1.50 1.53 0.80 0.77 0.40 0.83 O 1.77 0.90 0.20 0.37 1.33 1.67 1.13 0.33 1.00 0.30 P 2.00 1.03 0.90 0.03 1.00 1.63 0.33 1.37 0.33 0.37 Q 1.43 1.13 0.53 0.20 0.47 1.73 1.33 1.10 0.63 0.43 R 1.83 0.83 0.73 0.13 1.50 1.60 0.37 0.70 0.67 0.63 S 1.00 0.83 0.10 0.30 0.53 1.83 1.67 1.27 0.67 0.80 T 1.37 0.93 0.80 0.43 0.90 1.53 1.63 0.37 0.47 0.57 男性実験協力者 女性実験協力者
  56. 56. 男性Aと女性Kに着目すると… Aの 文字 Bの 文字 Cの 文字 Dの 文字 Eの 文字 Fの 文字 Gの 文字 Hの 文字 Iの 文字 Jの 文字 A 1.67 0.35 0.60 0.43 1.17 1.03 0.80 1.33 1.27 0.33 B 1.77 0.80 0.47 1.27 0.37 1.30 0.60 1.37 0.43 0.60 C 1.30 0.77 0.27 1.43 0.67 1.57 0.70 1.13 0.67 0.50 D 1.60 0.50 0.07 2.03 0.83 0.33 0.60 1.73 0.53 0.77 E 1.33 1.27 1.20 0.73 0.53 1.03 0.70 0.86 0.70 0.63 F 1.23 0.67 0.67 1.27 0.90 1.10 0.43 0.93 0.77 1.03 G 1.17 1.40 0.13 1.33 0.73 0.97 0.67 0.77 0.50 1.33 H 1.20 0.30 0.27 0.73 0.73 1.37 0.83 2.03 0.63 0.90 I 0.93 0.97 0.97 1.00 0.53 1.33 0.73 1.20 0.73 0.60 J 1.67 0.47 0.63 0.80 1.07 1.17 0.93 1.03 0.70 0.53 Kの 文字 Lの 文字 Mの 文字 Nの 文字 Oの 文字 Pの 文字 Qの 文字 Rの 文字 Sの 文字 Tの 文字 K 2.03 0.83 0.74 0.75 0.95 0.82 0.90 1.38 1.08 1.22 L 2.03 1.20 1.13 0.53 1.10 0.80 0.53 0.73 0.37 0.57 M 1.90 0.87 1.33 0.63 1.13 0.77 0.37 0.93 0.70 0.37 N 1.40 0.77 0.67 0.33 1.50 1.53 0.80 0.77 0.40 0.83 O 1.77 0.90 0.20 0.37 1.33 1.67 1.13 0.33 1.00 0.30 P 2.00 1.03 0.90 0.03 1.00 1.63 0.33 1.37 0.33 0.37 Q 1.43 1.13 0.53 0.20 0.47 1.73 1.33 1.10 0.63 0.43 R 1.83 0.83 0.73 0.13 1.50 1.60 0.37 0.70 0.67 0.63 S 1.00 0.83 0.10 0.30 0.53 1.83 1.67 1.27 0.67 0.80 T 1.37 0.93 0.80 0.43 0.90 1.53 1.63 0.37 0.47 0.57 男性実験協力者 女性実験協力者 ある共通の実験協力者の 融合文字に好感を高く抱いている
  57. 57.  女性・男性どちらの実験協力者も の関係が必ずしも成り立つわけではない  ある実験協力者の融合文字に、 他の実験協力者が好感を高く抱く傾向があった ②の実験結果から 自身の融合文字 の好感度 > 他者の融合文字 の好感度
  58. 58. 本実験で使用した融合割合 ➡︎ 男性実験協力者は半数以上が0.8以上 ②の実験の分析を行う前に… 男性実験協力者の融合割合0.8の文字
  59. 59. 本実験で使用した融合割合 ➡︎ 男性実験協力者は半数以上が0.8以上 ②の実験の分析を行う前に… 男性実験協力者の融合割合0.8の文字 融合文字の字形が似ていたため 好感度の値が分散した
  60. 60. 女性実験協力者の0.4〜0.6の融合割合の文字について 分析を行った 女性実験協力者の融合割合 女性実験協力者の融合割合0.6の文字
  61. 61. 女性実験協力者の0.4〜0.6の融合割合の文字について 分析を行った 女性実験協力者の融合割合 女性実験協力者の融合割合0.6の文字 フォントと手書き文字 どちらの特性も均等にあらわれるため
  62. 62. 女性実験協力者の融合文字の関係図
  63. 63. 関係図の見方 NがOのひらがなの 融合文字に対して、 好感度の平均値≥1.5
  64. 64. 関係図の見方 RがPの、PがRの 漢字の融合文字に対し 好感度の平均値≥1.5
  65. 65. PageRankについて PageRankの値の大きさ = 円の大きさ 0.52 0.01 0.21 0.08 0.13 0.39 0.12 0.31 0.08 0.08
  66. 66. 融合文字の関係図の特徴 ひらがなの好感度≥1.5 漢字の好感度≥1.5 KとPが関係図の中心的存在 0.52 0.39
  67. 67. 融合文字の関係図の特徴 自身のひらがな・漢字 両方の融合文字に対する 好感度の平均値≥1.5ひらがなの好感度≥1.5 漢字の好感度≥1.5 PageRank:0.52
  68. 68. 融合文字の関係図の特徴 Kは自他ともに高く 好感を抱いている ひらがなの好感度≥1.5 漢字の好感度≥1.5 PageRank:0.52
  69. 69. 融合文字の関係図の特徴 融合文字だけではなく手書き文字でも この関係性はあてはまるのか?
  70. 70. ②の女性実験協力者10名に、手書き文字の好感度 調査実験を行った ②の追実験 女性実験協力者 ランダムに並べた 10名の手書き文字 ①提示 ②順位付け する
  71. 71. 女性実験協力者の手書き文字の関係 図 ひらがなの好感度≥2.0 漢字の好感度≥2.0 0.330.41 0.07 0.21 0.28 0.30 0.20 0.07 0.07 0.07
  72. 72. 関係図の見方 好感度の平均値2.0以上に矢印を引いた
  73. 73. 女性実験協力者の手書き文字の関係 図 0.40 KとPが関係図の中心的存在 0.30 ひらがなの好感度≥2.0 漢字の好感度≥2.0
  74. 74. 0.28 女性実験協力者の手書き文字の関係 図 ひらがなの好感度≥2.0 漢字の好感度≥2.0 0.33 LとOも関係図の中心的存在
  75. 75. 女性実験協力者の手書き文字の関係 図 漢字の融合文字のみ 好感度が高い ひらがなの好感度≥2.0 漢字の好感度≥2.0 PageRank:0.33
  76. 76. 融合文字と手書き文字の相関関係 融合文字の関係図 手書き文字の関係図 手書き文字の方が自他ともに好感が高い 0.20 0.12
  77. 77. 融合文字の関係図 手書き文字の関係図 融合文字と手書き文字の相関関係
  78. 78. 融合文字の関係図 手書き文字の関係図 融合文字と手書き文字の相関関係 融合文字と手書き文字の好感度に 相関関係は示されなかった
  79. 79. 融合したフォントと手書き文字の相性により融合 文字の好感度が変化する可能性 フォントと手書き文字の相性関係 要因として、「手書き文字のくせ」など が関係している可能性
  80. 80. 融合対象者に関する好感度調査実験まとめ  他者の融合文字も提示した際、自身の融合文字に 必ずしも好感を抱くとは限らない  フォントと手書き文字の相性が好感度を左右した 可能性  相性を決定する要因として「手書き文字のくせ」 などが関係している可能性
  81. 81. 好感度調査実験の考察 フォント、手書き文字より融合文字に好感を抱いた ➡︎ 一人一人、自分の手書き文字の好き嫌いなど によって融合割合を変化させる必要がある ➡︎ また、自身の手書き文字の字形によって 融合するフォントとの相性が左右される
  82. 82.  自身の融合文字 VS フォント VS 手書き文字 ➡︎ 融合文字に好感を抱く  手書きの使用頻度や好き・嫌い ➡︎ 好感を高く抱く融合割合を左右  自身の融合文字 VS 他者の融合文字 ➡︎ 自身の融合文字に好感を抱くとは限らない  フォントと手書き文字の相性が好感を左右した可能性 ➡︎ 要因として手書き文字のくせなどが関係? まとめ
  83. 83.  文字の種類・実験人数を増やして再実験  電子コミックで、漫画のセリフのフォントを読者 の手書き文字との融合文字にするサービス 今後の展望
  84. 84. 手書きで文字を書くだけで融合文字に変換し、 出力してくれるプリンターの提案 今後の展望 プリンターで出力された文字が 自分の好みのフォントとの融合文字に!? 融合文字が プリンターから出力
  85. 85. 好感には2通りの意味があると考えられる 「好感」の意味の定義 ① ある人に対して好ましいと感じること ② ある人、モノに対して良い印象を持つこと ➡︎ ここでは②の意味として定義 ⬅︎ ①LOVE ②LIKE ➡︎
  86. 86. の フォントの数式化の補足説明 式を元に新たな芯線 を決定 (f(t),g(t))が中心 となる円と フォントの接点まで の距離をh(t)とする 数式化した式 x=f(t), y=g(t) フォントの ストロークの数式 x=f(t) y=g(t) r=h(t)
  87. 87. フォントと手書き文字の融合の補足説明 手書き文字の太さの導出方法 ➡︎ フォントの総面積 / 文字の長さ =単位長さあたりの面積を求め、 手書き文字に付与する最適な太さh(t)を導出 手書き文字のストロークの数式も 以下のようにあらわすことが可能 x=f(t) y=g(t) r=h(t)

×