Redmine admin

5,304 views

Published on

0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
5,304
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3,371
Actions
Shares
0
Downloads
13
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Redmine admin

  1. 1. 管理者の観点からみた Redmine運用 ∼運用継続性の担保∼ shinagawa.redmine 第5回勉強会 2013.06.29 @naitoh 13年6月23日日曜日
  2. 2. Redmineの魅力 • 豊富なプラグイン:機能を拡張できる • Ruby on Rails : 本体にパッチを当てて改 造しやすい。 • 定期的(およそ4ヶ月毎)なメジャー アップデート:より便利に。 13年6月23日日曜日
  3. 3. 管理者の作業 • プラグインは何個いれてますか? • パッチは何個あててますか? • Redmineのバージョンアップは何回しま したか? ⇒便利さは管理者が対応して実現します。 13年6月23日日曜日
  4. 4. Redmine運用のシーン 1.導入時 2.運用中 3.バージョンアップ時 各シーンについて議論してみてください 運用上のポイントの一例を紹介しますので ワークショップの話題にしてください。 13年6月23日日曜日
  5. 5. 1.導入時 • Redmine のインストール 13年6月23日日曜日
  6. 6. LinuxでのRedmine • 推奨インストール手順(redmine.jp)あり。 • 場合により自前でRuby コンパイルが必 要。(※CentOS 6の標準 Ruby は 1.8.7) • Ruby 1.8.7のサポート期限は2013/06 • Rubygems & Bundler 管理。(インター ネットに繋がってないと敷居があがる) 13年6月23日日曜日
  7. 7. LinuxでのRedmine 一括インストーラもあります。 1.Bitnami(Ruby + Redmine) • タイムリーなRedmine最新版提供 2.ALMinium(Ruby + Redmine + plugin) • plugin対応後にRedmine最新版提供 13年6月23日日曜日
  8. 8. WindowsでのRedmine • 推奨インストール手順が英語のみ。 http://www.redmine.org/projects/ redmine/wiki/HowTos • Ruby は何を使うかから悩む…。 mswin32版… 今なら Ruby Installer? • RMagickはネイティブモジュール要追加。 13年6月23日日曜日
  9. 9. WindowsでのRedmine 一括インストーラもあります。 1.Bitnami(Ruby 1.9.3 + Redmine 2.3.1) • タイムリーなRedmine最新版提供 13年6月23日日曜日
  10. 10. 2.運用中 • Redmine 改善要望&トラブル対応。 • パッチで対応 • プラグインで対応。 • Redmineのバージョンアップで対応。 13年6月23日日曜日
  11. 11. Redmineパッチ • ガントチャート日付パッチ • ガントチャート担当者パッチ • ガントチャート編集パッチ #2024 ⇒手パッチで編集作業…。 必要なら本家に要望を上げましょう。 13年6月23日日曜日
  12. 12. Redmineプラグイン • 最新のRedmineに対応してる? • Redmine 1.4(routes)/2.0(Rails3)/ 2.1(jQuery) の壁。 • 2.1に対応してれば2.2∼2.3ではだいた い動く。(たまに動きません。) 期待どおりに動かない場合、仕様なのかバグ なのか未対応なのかよくわからない。 13年6月23日日曜日
  13. 13. 3.バージョンアップ時 1.Redmine 本体のバージョンアップは楽。 • bundle update & rake db:migrade で アップデート作業完 2.パッチの再検証。必要なら再作成。 3.プラグインを対応版に入れ替え。 13年6月23日日曜日
  14. 14. Redmineプラグイン • Redmineバージョンアップで新機能を使 いたいのにプラグインが未対応だと… 1.プラグインが対応するまでRedmine バージョンアップを保留。 2.プラグインを自分で対応させる。 3.プラグインを外す。(対応時に再導入) 13年6月23日日曜日
  15. 15. プラグイン選択のポイント 1.継続的にメンテナンスされそうなプラグ インを選ぶ 2.メンテナンスされてない場合、プラグイ ンを外しても問題ないものを選ぶ 3.自分でメンテナンスできそうなものを選 ぶ 13年6月23日日曜日
  16. 16. 対応プラグインの探し方1 • Redmine本家のプラグインページから バージョン指定で検索。 • GitHub Network を探す。 • 作者以外が対応版をforkで作成。 • forkが複数。⇒よく使われている&メ ンテナンスを誰かがしてくれそう。 13年6月23日日曜日
  17. 17. 対応プラグインの探し方2 データーベース操作の有無が重要。 • db/* が無ければ互換性を気にする必要 が無いのでfork 版を気軽に使用可能。 • db/* がある場合、互換性が重要なので db/*配下に変更を加えていないことが重 要。(変更がある場合、オリジナルに戻 れるか不明) 13年6月23日日曜日
  18. 18. 対応プラグインの探し方3 • データベースを操作なし。⇒プラグイン はいつでも外せる。(Redmineの新機能 でサポートされたなど) • データベース操作あり&プラグイン側の 領域にデータ蓄積。⇒プラグインを外す と情報が見えなくなるので外しにくい。 (用語集やImpasseプラグインなど) 13年6月23日日曜日
  19. 19. 運用のベストプラクティス • Redmineバージョンアップは、メジャー版 数の一つ前のマイナー版数がプラグイン対応 が進んでいるのでお勧め。(例:2.3⇒2.2.4) • パッチやプラグインを入れすぎない。 • メンテナンスされているプラグインを選ぶ。 • 未対応プラグインを外すことも視野に。 13年6月23日日曜日

×