Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

東京の若者はなぜ利賀村を訪れるのか

1,995 views

Published on

利賀村の魅力を
むらの魅力を伝えるには?

  • 日ごろ、当たり前に食べている食財や当たり前に思っている、緑や水、空気、人とのつながりを、こうして持ち上げていただくことは、地域の人にとって大変嬉しく、自信につながります。空き家は増えていますが、心の空き家にならないよう、また働きかけ、動きを推進したく思います。またよろしく~~
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here

東京の若者はなぜ利賀村を訪れるのか

  1. 1. 東京の若者はなぜ利賀村を訪れるのか?「利賀村の魅力」 ヤドノマド 長山 悦子
  2. 2. 今日お話すること 自己紹介 1.利賀村に来たきっかけ 2.魅力について 3.何度も来るのはなぜ? 4.住む人を増やすには? 5.魅力を伝えるには? 感じたこと まとめ
  3. 3. 自己紹介 群馬県出身 利根川流域の田んぼが多い地域で 自然と親しみながら育ちました。
  4. 4. 自己紹介 現在、東京のITの会社に勤める。 社会人3年目 マーケティング、PRを担当
  5. 5. 1.利賀村に来たきっかけ
  6. 6. 利賀村に来たきっかけ2011年2月「地方民宿のPR支援がしたい!」 利賀村 長崎・北原地区 「利賀乃家」さん ↑ 民宿PRボランティア「ヤドノマド」が はじめてつくったHP http://toganoya.jimdo.com/
  7. 7. もともとの関心田舎好き自然好き限界集落との出会いまちおこし旅と人との出会いが好き 学生時代の出会い。農家民宿「樵屋さん」
  8. 8. 2.利賀村の魅力について
  9. 9. 利賀村の魅力自然 食 住んでいる人
  10. 10. 利賀村と東京の比較 利賀村にあるもの 東京にあるもの【自然】 山、空、花、空気 ビル、公園【四季】 雪、春の雪どけ、新緑 花見宴会、イルミ ネーション【文化】 伝統文化(獅子舞、家) 流行【食】 地産(山菜、水、野菜) おしゃれレストラン【技術】 そばうち、木こり、保存食 大量の情報を消化【情報】 昔話(山の暮らし、文化) 宣伝広告 【人】 ご近所付き合い 新しい出会い
  11. 11. 東京での、普段の生活 ずっと室内でパソコンに 向かっているので 起床 7:30 ほとんど陽の光を浴び ません。。 満員電車で会社へ 9:00 パソコンに向かって仕事 お昼ごはん(コンビニ、お弁当)12:00 パソコンに向かって仕事、打ち合わせ 仕事、友人と外食 21:00~23:00に帰宅
  12. 12. 東京での、普段の生活 スーパー、野菜 → まずい、高い コンビニ、外食 → まずい、高い 空気 → まずい 利賀村のご飯が美味しくて、 水 → まずい 東京に帰ってくると コンビニのご飯が食べられ 太陽 → 浴びない なくなります。。 モノ → 溢れている 自然 → ない、公園も人工的
  13. 13. 都会にはない、利賀村の魅力 原材料から手作りする 添加物のはいってない料理採れたての野菜の甘さに驚く 「本物にふれることができる」 「人間らしい生活をする」 土に触れる 共同作業をする 太陽を浴びる 土地や神様に感謝する 虫や草木を見つける
  14. 14. 他の地方と比べた、利賀の魅力 ・ 積雪4mの真っ白な雪の壁は、別世界 ・ まるで水墨画のような幻想的な景観 ・ 雪がはぐくむ自然の恵み(山菜など)日本でも有数の豪雪地帯伝統芸能 ・ 山に囲まれた地域性によって会いにいける “生きた”伝統文化が残っている貴重な地域・ 単なる観光ツアーではなく、地域の活動に一緒に参加させてもらえる・ 村の共同作業に関わることで、個人的に訪ねられるほど仲良くなれる
  15. 15. 利賀村の魅力をどうやって知る?リアルなクチコミ ◎ネットの情報マスメディア
  16. 16. 「知る」から「行く」への後押しは クチコミテレビでみました どんなところ? 詳しく教えて 一緒に行く!ネットで知りました クチコミ 100人 50人 5人 知る 興味 行く
  17. 17. 3.利賀村に何度も来るのはなぜ?
  18. 18. 利賀村訪問回数(計8回/1年半)2011年2月 そば祭り、民宿HP作成2011年5月 獅子舞祭り、民宿よいとこ探しワークショップ2011年7月 上畠アート展準備2011年8月 上畠アート、写真コンテスト2011年11月 Facebook講座2012年2月 そば祭り、TV取材2012年5月 獅子舞祭り、パンフレット用写真撮影2012年5月 ★ 本日 ★
  19. 19. なぜ何度も来るか? 楽しかったから 活動目的(民宿のPR活動)があるから 自然とごちそうを求めて 人との付き合いで(東京、利賀村それぞれに) 責任感 慣れ親しんでいるから気軽に行ける
  20. 20. 他の人が来ない理由? 利賀村のことを知らないから 行く方法、きっかけがわからないから 旅費が高いから 遠いから 交通手段がないから 他のもので代用できるから
  21. 21. 実際のコスト(お金)夜行バスの場合(1泊2日) 新幹線の場合(2泊3日)バス往復 10,000円 新幹線往復 24,000円宿泊費 7,500円 宿泊費 7,500円×2バス・電車代 1,500円 レンタカー 16,000円計 19,000円 計 55,000円 年に4回行くとすると… 年間 16万円
  22. 22. 実際のコスト(時間) 東京から利賀村まで(夜行バスの場合) 金曜の夜から夜行バスで富山駅まで 8時間 翌早朝の電車、バスで利賀村へ 2時間 東京から利賀村まで(新幹線の場合) 土曜の朝、新幹線で富山駅まで 3 時間 レンタカーで利賀村へ 1時間30分 東京⇔利賀村 片道 5~10時間
  23. 23. 実際のコスト(手段) 車がないと楽しめない 初心者には慣れない山道 ネットに情報がなく、調べるのが大変
  24. 24. 16万円ぶんの、何を得たのか?楽しさ 利賀村で得られる体験や学びは 他のものに変えられない。心地よさ 都会のストレスから開放されるリフ経験 レッシュの場であり、仕事で学んだ ことを腕試しする機会でもある。成長 自分の成長への投資。
  25. 25. コストを下げる工夫みんなで行くレンタカーを割り勘する情報交換詳しい人に聞く
  26. 26. 来なくなってしまう場合? 慣れによる関心の低下 興味関心が他のものに移った 結婚や転職など生活スタイルの変化 人間関係の変化 効果 負担
  27. 27. 「何度も通う人」を増やすには? 新しい発見 長期的な目的 仲間100人 50人 10人 興味 行く 通う
  28. 28. 4.利賀村に住む人を増やすには?
  29. 29. 「観光」と「住む」の違い【観光】 【住む】 短期  長期 非日常  日常 イベントに参加  イベントを運営 お金を使う  お金を稼ぐ
  30. 30. 東京から利賀村に移住した(緑川さん) 同年代の仲間とイベントを企画し、利賀村を訪れる。 数年、利賀村に通ったのち、単身で利賀村に移住。 「利賀村が好き」 「山と人がともに生きているところが魅力」 「東京以外の地域に住みたかった」 「ご縁があったから」
  31. 31. 緑川さんのような人を増やす?100人 50人 10人 1人 興味 行く 通う 住む
  32. 32. 考えられる、もう1つのパターン【パターン1】 知る 行く 通う 住む 緑川さんの場合【パターン2】 知る 確認する 住む 田舎暮らしがしたくて 場所を探している人
  33. 33. 住むときに重視するポイント?住まい仕事子育て、学校
  34. 34. 他地域の事例紹介
  35. 35. 1ヶ月に1組のペースで 転入者が事例1 増えている過疎のむら 山口県 阿武町 (中山間地域)
  36. 36. 空き家バンク阿武町のホームページ http://www.town.abu.lg.jp/
  37. 37. 空き家バンクUJIターン歓迎。空き家をお持ちの方、ふるさとへの帰郷を希望されている方。阿武町役場総務課までご相談ください。心を込めてお世話をさせていただきます。
  38. 38. 空き家バンク ↑阿武町定住アドバイザーが相談にのってくれる ← ネットでみてもイメージしやすい物件紹介
  39. 39. 新規定住者の世話人となった白松さん 新規定住者である 上沢さん夫婦が住みやすい 環境づくりにこだわった。 上沢さん夫婦が 住みにくい環境では 次の人は来てくれない。詳細: http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/gyosei/koho/kengai/hito/0 9_autumn/toku2-1.html (新規定住者の上沢さんご夫婦の記事)
  40. 40. 孫が「継ぎたい」と帰ってくる事例2 過疎のむらの新ビジネス 徳島県 上勝町株式会社いろどり http://www.irodori.co.jp/
  41. 41. 葉っぱを売って、年商2億6000万円
  42. 42. 株式会社いろどりHPより抜粋http://www.irodori.co.jp/
  43. 43. 人とITの力で、葉っぱビジネスは大成功。中には年収1000万円を稼ぐおばあちゃんも。
  44. 44. 利賀村にはどんな資源がありますか? 自然食人 伝統 働く場所、やりがいのある仕事 学ぶ、育てる場所 困ったときに助けてくれる身近な人
  45. 45. 5.利賀村の魅力を伝えるには?
  46. 46. 利賀村の魅力を伝えるひとたち【利賀村に住んでいる方】 景観や伝統を守る人 技術や知識を持っている人 情報を発信する人 魅力を伝える場や、しくみをつくる人 ← 利賀村の日常 やイベント情報を 発信するサイト 「利賀村ファン」 http://www.face book.com/toga.f an
  47. 47. 利賀村の魅力を伝えるひとたち 【利賀村の外に住んでいる方】 魅力を見える形にする人 周囲に魅力を伝える人 富山市在住のデザイナーが 製作協力したポスター↓ 周りを巻き込んで村に人を連れてくる人 伝える場や、しくみをつくる人 マスメディア ←利賀村で活動する東京の 若者たち「利賀ゼミ」 http://togazemi.jimdo.com/ 利賀村の山菜の美味しさを 伝える料理を考案中
  48. 48. 利賀村の魅力を伝えるには 見える化 魅力を伝える 利賀村の魅力 仕組みを、 どうつくるか?提供 情報発信
  49. 49. 利賀村の魅力を伝えるには 1人の人、1つの立場でできることは限られている。 村内外の人が力をあわせて 協力・連携することが 必要丌可欠 利賀の魅力を伝えるしくみ 連携 連携 協力 利賀村 東京
  50. 50. 感じたこと まとめ 利賀村には魅力がたくさんあります! 利賀村の魅力を伝える、提供するには村内外 のさまざまな人の協力・連携が必要です。 「将来、どんな利賀村であることが理想か?」 そのゴールによって、誰にどんな魅力を伝える べきかは、異なるかもしれません。

×