Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

プロボノプロジェクト成功のポイント

1,047 views

Published on

  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

プロボノプロジェクト成功のポイント

  1. 1. プロボノプロジェクト 成功のポイント サイボウズ株式会社 長山悦子 @etu619 1
  2. 2. 本日お話すること• プロボノプロジェクトを成功させるポイント• 無料で使えるプロジェクト管理ツール「サイボ ウズLive」の活用方法 2
  3. 3. 自己紹介• サイボウズLiveの中の人 無料のプロジェクト管理ツール「サイボウズLive」の導入アドバイザー• プロボノ歴9ヵ月1.富山県で地方の魅力発信プロジェクト @etu6192.国際協力NGOのファンドレイジング企画 3
  4. 4. プロボノ活動 その1• 富山県利賀村での活動 地方の魅力をPR ITツール勉強会利賀村の民宿「利賀乃家」さんとパソコン練習 4
  5. 5. プロボノ活動 その2• 国際協力NGOでの活動 ファンドレイジング企画 - サイボウズLive活用支援「ケア・インターナショナル・ジャパン」でのミーティング 5
  6. 6. プロボノの楽しさ• いろんな人と知り合え、刺激になる• 会社では気づけない自分の成長に気づける• 仲間とプロジェクトをやり遂げる充実感• 今まで知らなかった世界を発見 成長実感、出会い、発見 6
  7. 7. プロボノの難しさ• 忙しい• メンバーの時間が合わない• モチベーションの持続• 役割分担と責任• 特定メンバーへの負担の集中 時間管理、チームワーク 7
  8. 8. プロボノ成功の秘訣活動を「プロジェクト」にする 8
  9. 9. 成功するプロボノ 3つのポイント• 期間と役割を明確に• 向かうべきゴールを見える化• 多様なメンバーの力を合わせる = プロジェクト 9
  10. 10. プロボノ活動を支える無料のプロジェクト管理ツール 10
  11. 11. オンラインの情報共有スペース オンラインのグループスペースに情報を集め、 メンバー全員で情報を共有する 11
  12. 12. 基本の4機能ディスカッション ファイル共有 タスク管理 予定の共有 12
  13. 13. 無料です ¥01グループ20名まで、ずっと無料で使えます。 13
  14. 14. グループは、いくつでも作れます いくつでも無料で作成、利用できます。 14
  15. 15. サイボウズLiveの良いところ• 便利 (効率的、すき間時間を活用)• 楽しい (メンバー間の会話、交流が増える)• 成果があがる (プロジェクトの成功) > 15
  16. 16. Eメールでのやりとりは限界に• メーリングリストでのやりとり例 16
  17. 17. Eメールでのやりとりは限界に 資料共有タスク日程調整 どれが最新の 情報?? 17
  18. 18. サイボウズLiveで情報を整理 ディスカッション ファイル共有 タスク管理 イベント共有 18
  19. 19. 他のSNSとの違い• プロジェクト運営のための専用ツール プロジェクト コミュニティ 情報の整理、見える化 コミュニケーション、 マネジメント、交流 会話、近況報告 19
  20. 20. 他のSNSとの違い• クローズドなグループ 20
  21. 21. 機能比較 ディスカッ カレン 画像 ファイル タスク アン 検索 更新 ション ダー 管理 ケート 通知メーリングリ △ △ △ ○ △ ○ストGoogle カレ ○ンダーGoogle Docs ○Dropbox ○facebook ○ ○ ○ ○予定調整ツール ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ サイボウズLiveは「プロジェクトに必要な機能」が ひと揃い 21
  22. 22. 他ツールとの併用例 2)コミュニティの中からメンバー1)散らばったURLを集約する を募り、プロジェクトを推進する 幹事 グループ 同じ関心をもつ コミュニティ 22
  23. 23. プロボノを成功させるにはプロボノの成功の秘訣 ・役割や期間を明確にする ・ゴールを見える化する ・チームで助け合える環境づくり 「プロジェクト」 の視点を大事に 23
  24. 24. ITツールの導入もプロボノで• 支援先の受け入れ担当者の負担軽減に• NPO関係者はIT苦手な方も多い• ITツールが使えることもスキルの1つ 24
  25. 25. ありがとうございました。 25

×