Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Jaws2017 災害支援クラウド活用 20170311

174 views

Published on

2016/4/14に発生した熊本震災時の現地支援においてクラウドを活用した事例の紹介資料です。

Published in: Business
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Jaws2017 災害支援クラウド活用 20170311

  1. 1. 株式会社システムフォレスト 富⼭ 孝治 株式会社セールスフォース・ドットコム 渡邉 ⼀弘 熊本震災時におけるクラウド活⽤について 〜熊本県阿蘇郡⻄原村様での災害⽀援活動〜
  2. 2. お客様とともに、未来へ 2009 • 2010 • 2011 2012 • 2013 • 2014 2015 • 2016 2016年9⽉ 2011 • 2012 • 2013 2014 • 2015 • 2016 世界で最も ⾰新的な企業 "この10年で 最⾼の イノベーター" * IDCホワイトペーパー 「The Salesforce Economy」(2016年8⽉) 2万5,000⼈ 社員数 83.9億ドル 2017年度通期売上 3,890億ドル 2020年までにGDPに与える影響* 200万件 2020年まで創出される雇⽤
  3. 3. SalesforceとAWSの協業発表(2016年10⽉) 今後はAWSでもPaaS活⽤(Heroku)を推奨していく
  4. 4. ・クラウドコンサルティング事業 ・クラウドインテグレーション事業 ・クラウド開発事業 ・デジタルマーケティング事業 3 株式会社システムフォレスト社名 Systemforest Corporation ⼈吉オフィス(本社) 熊本県⼈吉市⻄間下町132-1 所在地 HP http://www.systemforest.com/ 2004年2⽉24⽇設⽴ 25名(グループ全体180名)従業員数 熊本オフィス 熊本市中央区平成3-3-22 事業内容 福岡オフィス 福岡市博多区博多駅東1-13-9 博多駅東113ビル2F システムフォレスト会社概要 SFA/CRM、各業務システムからIoT/M2M 主要クラウドサービス活⽤のコンサルティング、導⼊・運⽤ご⽀援 デジタルマーケティングコンサルティング マーケティングオートメーションの導⼊。運⽤ご⽀援 代表取締役 富⼭ 孝治 取締役 園⽥ 崇 (株式会社ウフルCEO) 取締役 桑⽥ 修吉 (株式会社ウフルCOO) 役員
  5. 5. 熊本震災時におけるクラウド活⽤について 株式会社システムフォレスト 株式会社セールスフォース・ドットコム
  6. 6. 2016/4/14・16に益城町・⻄原村で震度7の地震発⽣ Googleマップより 益城町 阿蘇⼭ ⻄原村 熊本空港
  7. 7. ​1-1-1モデル セールスフォース・ドットコムの社会貢献の取り組み 1000社を超える企業がPledge 1%に参加 | pledge1percent.org 株式の1% 製品の1%就業時間の1% のNPOや 教育機関に ライセンス を無償提供 3万1,000以上 を超える 助成⾦1億6,000万ドル200万時間 を超える 地域貢献活動
  8. 8. 当時の流れ 4/14 ・益城町で震度7の地震発⽣ 4/16 ・益城町、⻄原村で震度7の地震発⽣ 4/27 ・富⼭、渡邉で阿蘇郡⻄原村の副村⻑を訪問 →電算担当をご紹介いただき利⽤を即決(それどころではなかった) ・その場でライセンス無償提供を打診(Salesforce/Upword/BOX/オプロ) 4/28 ・ほぼ1⽇でり災申請受付のベース構築 ・18:00〜22:00 データ整備 4/29 ・8名ほどのボランティアで必要項⽬、機能拡張 4/30 ・り災申請受付リハーサル(運⽤を役場職員とシュミレーション) 5/1 ・り災申請受付開始 →受付作業と並⾏で建物調査機能設定開始、現場でのiPad、クラウド利⽤⽅法トレーニング 5/3 ・建物調査開始・・・紙の調査票+iPadでの運⽤を開始 5/16 ・り災証明発⾏、その後仮設受付、災害調査、固定資産調査etcへ展開
  9. 9. 役場の職員,国,熊本県,全国・九州各県からの⼈的⽀援! 役場、国、県、他都道府県からの ⼈的⽀援があったからこそ 罹災受付や証明書発⾏を急ピッチで展開! 国、県、他道府県からの ⼈的⽀援建があったからこそ 建物調査を急ピッチで展開!
  10. 10. 複合機にiPadにPCというハードウェアのご提供! 熊本県・Softbank様より 配布されたiPadがあったからこそ、 現地作業を急ピッチで展開可能に! Lenovo様より贈与された ノートPCがあったからこそ、 調査結果確認作業を 急ピッチで展開可能に! RICHO様により配置された 複合機があったからこそ 申込書類を 確実に電⼦化可能に!
  11. 11. ハードウェアを活⽤するためのCloud導⼊現地⽀援! 地場のパートナー様が⽀援に⼊ってくれたからこそ クラウドに⽕が灯り、現地で活⽤に⾄った。
  12. 12. 既にあるクラウドサービスをインストールベースで展開! 地図連携、写真管理、ドキュメント管理、帳票出⼒といった機能は、 ⼀から作らず、既にあるサービスをすぐに活⽤ 分布地図へのプロット モバイルでの地図参照 写真やスキャンPDFの 保管・共有 マニュアル類の作成と 即時展開 建物位置や災害場所の 地図上でのメンテ 罹災受付書を始めたとした 帳票作成
  13. 13. 受付・調査しながら機能追加・・・PaaS上 で DevOpps
  14. 14. 世帯軸つまり顧客軸で⼀元管理・・・CRM 世帯情報 申込書PDF/建物写真 世帯構成員 り災申請 建物確認 仮設申請 2次調査 世帯を軸にあらゆる活動が⾒えることが重要!
  15. 15. 使えるアプリは直ぐに利⽤①:地図・・・SaaS + PaaS 建物確認 iPad(調査班)現在位置と世帯や建物情報を地図で確認 判定結果のみiPadに登録。 PC(役場)
  16. 16. 使えるアプリは直ぐに利⽤②:写真・・・SaaS + PaaS 申込書PDF/建物写真 iPad(調査班) PC(役場) 世帯や建物にひもづけて家屋写真を記録 複数班で写真・判断基準共有も!
  17. 17. 使えるアプリは直ぐに利⽤③:進捗管理・・・SaaS
  18. 18. 使えるアプリは直ぐに利⽤④:地図分布・・・SaaS
  19. 19. 災害時にクラウドを徹底活⽤することの効果① 5/1 り災受付開始 5/3 建物調査開始 5/16 り災証明書送付開始 5/26 ほぼ送付完了 調査票を各班毎に チェック進捗毎に管理 調査票管理ボックスも折りたたみ ⼀時送付ほぼ完了
  20. 20. 災害時にクラウドを徹底活⽤することの効果②発⽣9ヶ⽉後 出典:熊本⽇⽇新聞 https://this.kiji.is/192805494810886147?c=92619697908483575 2017/1/14の記事 同じく全⼾を調べた⻄原村の場合、 対象の全2408件について交付を完了。 現場で撮影した被害状況の写真を タブレット端末で即時、役場に送って 判定することで基準の統⼀性を確保。 評価ポイントを明確にした調査を徹底し、 9⽉中には2次調査もほぼ終えた。
  21. 21. まとめ ・災害⽀援時は企業や⽴場を超えた 「助け合いの⼼」が重要 →「1-1-1」の実践 ・クラウドを活かすには、「ネットワークインフラ」 「ハードウェア」「⼈的⽀援」が当然必要 ・災害⽀援時に迅速なIT構築のため 「クラウド」「DevOps」は今後ますます重要に!
  22. 22. Thank Y u

×