Nissan tooru-futami-distribution

982 views

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
982
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Nissan tooru-futami-distribution

  1. 1. クラウドを生かした新たなクルマ社会の実現 二見 徹 日産自動車株式会社 2011年11月29日 (C) Copyright NISSAN MOTOR CO., LTD. 2011 All rights reserved. 1
  2. 2. 1. 日産リーフの誕生 (C) Copyright NISSAN MOTOR CO., LTD. 2011 All rights reserved. 2
  3. 3. 日産リーフ 昨年度、日米欧で販売開始 2011.9.28現在、世界で15,015台を販売乗車定員: 5名航続距離 : 200 km (JC08)モーター : 80 kW, 280 Nmバッテリー : 24 kWh Li-ion (C) Copyright NISSAN MOTOR CO., LTD. 2011 All rights reserved. 3
  4. 4. 2.日産リーフのエレクトロニクス (C) Copyright NISSAN MOTOR CO., LTD. 2011 All rights reserved. 4
  5. 5. 技術開発の視点「エネルギー」、「制御」、 「情報通信」の3分野で技術革新 エネルギー 制御 情報通信 (C) Copyright NISSAN MOTOR CO., LTD. 2011 All rights reserved. 5
  6. 6. 情報通信(ICT) (C) Copyright NISSAN MOTOR CO., LTD. 2011 All rights reserved. 6
  7. 7. EV専用ICT 日・米・欧にわたるグローバル通信ネットワークを構築 オンボード、オフボードの両面からEVユーザーを24時間サポート 乗車前 乗車中 乗車後 乗る前エアコン等 航続可能距離 充電スポット更新等 充電状態モニター等 カーウイングスデータセンター 常時接続 通信モジュール (全車装着) (C) Copyright NISSAN MOTOR CO., LTD. 2011 All rights reserved. 7
  8. 8. EV固有ニーズへの対応 (C) Copyright NISSAN MOTOR CO., LTD. 2011 All rights reserved. 8
  9. 9. 「ルートプランナー」 - 計画走行 - Before Driving After バッテリー状態から、乗車前に航続可能距離を確認 スマートフォンなど 充電状態やA/C利用による変動を予測 (C) Copyright NISSAN MOTOR CO., LTD. 2011 All rights reserved. 9
  10. 10. エネルギー消費の変動 A/Cの利用がエネルギー消費(航続距離)に大きく影響 ガソリン車とEVのエネルギー消費 EV その他損失の内訳 エ 約1/3 回生ロス ネ 70% 5% 空気抵抗 ル ギ エアコン・補機 20% ー パワトレ 40% 転がり抵抗 消 熱損失 費 10% 35% 20% その他損失 55% 10% 走行動力 35% ガソリン車 日産EV (1.5L CVT) (C) Copyright NISSAN MOTOR CO., LTD. 2011 All rights reserved. 10
  11. 11. 「乗る前エアコン」 - 省エネ - Before Driving After 予備空調で走行に必要な電力の消費を抑制 操作画面(例) 施設側電力で運転 スマートフォンなど (C) Copyright NISSAN MOTOR CO., LTD. 2011 All rights reserved. 11
  12. 12. 充電インフラの変動 各自治体で積極的な充電インフラの設置を計画 普通充電 急速充電 2010.6 ~2013 ~2020 2010.6 ~2013 ~2020 東京 139 34 80 神奈川 170 1000 46 100 愛知 107 100 300 6 新潟 61 11 15 45 京都 27 5,000 20,000 11 40 200 大阪 98 9 20 高知 15 49 158 4 長崎 18 500 5,000 2 9 (C) Copyright NISSAN MOTOR CO., LTD. 2011 All rights reserved. 12
  13. 13. 「充電スポット更新」 - 移動エリア拡大 - Before Driving After 最新充電スポットはマップ上で自動的に更新 電欠時、オペレーター経由でレッカーサービスを提供 充電スポット更新 ヘルプデスク (C) Copyright NISSAN MOTOR CO., LTD. 2011 All rights reserved. 13
  14. 14. その他の機能 - 省エネ意識の育成 - Before Driving After ゲーム感覚で、ユーザのエコ意識を醸成し、より一層の省エネを実現 「電気料金シミュレーション」 「グローバル電費ランキング」 (C) Copyright NISSAN MOTOR CO., LTD. 2011 All rights reserved. 14
  15. 15. 蓄電池リサイクルへの対応 (C) Copyright NISSAN MOTOR CO., LTD. 2011 All rights reserved. 15
  16. 16. リサイクル事業 (4R) 使用済み電池の再利用によるCO2削減と価格負担の軽減日産カーウイングス バッテリー データセンター 管理センター Reuse Refabricate 高エネルギ密度バッテリの再利用 お客様ニーズに合わせたリパック Recycle Resell 様々な用途へ再販 資源回収 交換部品 再生可能エネルギの貯蔵 住友商事と合弁調査会社「フォーアールエナジー株式会社」を設立 (10年9月) (C) Copyright NISSAN MOTOR CO., LTD. 2011 All rights reserved. 16
  17. 17. バッテリー利用履歴 -電力消費量ー (C) Copyright NISSAN MOTOR CO., LTD. 2011 All rights reserved. 17
  18. 18. 経済的な充電への対応 (C) Copyright NISSAN MOTOR CO., LTD. 2011 All rights reserved. 18
  19. 19. 「タイマー充電」 「リモコン充電」 充電タイマー リモート充電機能 深夜電力時間帯に充電 余剰電力時間帯に充電 (C) Copyright NISSAN MOTOR CO., LTD. 2011 All rights reserved. 19
  20. 20. 3. 新たな価値 (C) Copyright NISSAN MOTOR CO., LTD. 2011 All rights reserved. 20
  21. 21. 東日本大震災 (C) Copyright NISSAN MOTOR CO., LTD. 2011 All rights reserved. 21
  22. 22. 震災の教訓 「電気は災害時に強い」 (C) Copyright NISSAN MOTOR CO., LTD. 2011 All rights reserved. 22
  23. 23. エネルギーの復旧 電気はガス・水道に比較して、早期に利用可能 ライフライン復旧状況 阪神淡路大震災(1995.1.17) 東日本大震災(2011.3.11)100 100 % % 電気 電気 復 復 旧 旧 率 率 水道 水道50 50% % 都市ガス 都市ガス 0 012 34 5 10 20 012 34 5 10 20 経過日数 経過日数 出典:公益社団法人 土木学会地震工学委員会 東日本大震災におけるライフライン復旧概況 岐阜大学工学部 能島暢呂教授まとめ より作成 (C) Copyright NISSAN MOTOR CO., LTD. 2011 All rights reserved. 23
  24. 24. 震災の教訓 「電気自動車は災害に強い」 (C) Copyright NISSAN MOTOR CO., LTD. 2011 All rights reserved. 24
  25. 25. 被災地で活躍した「日産リーフ」仙台空港 (C) Copyright NISSAN MOTOR CO., LTD. 2011 All rights reserved. 25
  26. 26. 「省エネ」「創エネ」を活かすには 「蓄エネ」 が不可欠 (C) Copyright NISSAN MOTOR CO., LTD. 2011 All rights reserved. 26
  27. 27. 震災で明らかになった「創エネ」の課題 電力が完全に復旧するまでの期間は、停電が発生 「創エネ」機器だけでは、停電時の電力を補完できなかった 被災地の停電状況(東北電力) 「創エネ」の課題 100 太陽光発電 系統 90 燃料電池 80 70 震災当日から1週間程度は STOP 停電 60 特に停電率が高い 停 ※屋内用コンセントは小容量 電 50 ※夜間利用不可 率(%)40 太陽光発電:家庭の電力をまかなえない 30 家庭用燃料電池:停電により起動不可 20 10 非常用電源 燃料 0 当日 1週間 2週間 3週間 4週間 経過日数(週) STOP 途絶 出典:東北電力HPより作成 非常用電源:燃料の途絶で稼動停止 (C) Copyright NISSAN MOTOR CO., LTD. 2011 All rights reserved. 27
  28. 28. 蓄電池による太陽光発電の安定利用 天候や時間により発電量が変化する再生可能エネルギーを 蓄電池に蓄えることで、安定した電力供給が可能 再生可能エネルギー 家一軒分の設備例 太陽光発電 [kw] 太陽光発電 (東南2.6kW+南西1.4kW) 2.5 晴れ 2.0 1.5 くもり 1.0 雨 0.5 0 6時 12時 18時 24時 ※発電量が時間や天候により変化 出展:産業技術総合研究所 太陽光発電研究センターHP 充電/放電 蓄電池 (C) Copyright NISSAN MOTOR CO., LTD. 2011 All rights reserved. 28
  29. 29. 蓄電池による電力需要の平準化平常時は、ピークシェービングにより、系統電力への負荷を軽減 系統電力系統電力 [kw] ピーク時放電 電 力 夜間充電 需 要 ( 出 力 ) 0時 6時 12時 18時 24時 ※電力需要は昼間がピーク 充電/放電 蓄電池 (C) Copyright NISSAN MOTOR CO., LTD. 2011 All rights reserved. 29
  30. 30. 日中省エネルギー・環境総合フォーラム蓄電池による停電時の役割停電時でも安定した電力供給が可能 停電時 太陽光発電 系統電力 非常用電源 燃料 不足 停電 STOP 途絶 充電/放電 蓄電池 (C) Copyright NISSAN MOTOR CO., LTD. 2011 All rights reserved. 30
  31. 31. 4.今後の社会システム (C) Copyright NISSAN MOTOR CO., LTD. 2011 All rights reserved. 31
  32. 32. 3.11東日本大震災の教訓 東日本大震災の体験を通じ、今後の社会システムづくりには、 ①自家発電(ソーラー/風力/燃料電池他)、 ②蓄電池(EV) 、 ③モバイル通信(M2M) ※ の3要素による、エネルギー自立型システムが施設単位で必要 になることが明らかとなった。 ※:基本システムを系統非依存型とすることで、災害時にも平時並みのエネルギー 提供を持続し、生活環境を維持することが可能。 (C) Copyright NISSAN MOTOR CO., LTD. 2011 All rights reserved. 32
  33. 33. 蓄電池としてのEV 「LEAF to Home」 6kw級の大出力放電が可能(一般家庭の最大契約アンペア数相当) 充放電EV対応EMS 充放電EV対応EMS 情報の流れ 電力の流れ HEMS CEMS CARWINGS データセンター 配電盤 制御信号 NISSAN CHAdeMO 充放電EV対応PCS 充放電EV対応PCS 充放電EV 充放電EV (C) Copyright NISSAN MOTOR CO., LTD. 2011 All rights reserved. 33
  34. 34. 家電の消費電力 6kWあればピーク時の電力がカバーできる (家庭用最大契約アンペア数:60A) パソコン 電子レンジ 6 200W 5 炊飯器 1300W 消 費 4 電 エアコン 1300W 洗濯機 力 (暖房) 3[kW] 冷蔵庫 1500W 2 照明 テレビ 2000W 1 150W 300W 300W 0 (C) Copyright NISSAN MOTOR CO., LTD. 2011 All rights reserved. 34
  35. 35. LEAF to Home @ 横浜 日産本社前の積水ハウス(株)様 実証実験住宅「観環居」にて実証開始 充放電ポート 充放電表示パネル (CHAdeMO) (C) Copyright NISSAN MOTOR CO., LTD. 2011 All rights reserved. 35
  36. 36. スマートハウス - ピークシフト/カット/余剰吸収 - 深夜、およびソーラー電力余剰時に充電、需要の大きい時間帯は放電 クリーン電力の最大活用と、電力契約料/使用量の大幅な低減 HEMS CARWINGS Home Energy データセンター Management System 太陽光発電 売電 充電 配電盤 深夜電力 充電 放電 系統電力 横浜スマートシティープロジェクト (C) Copyright NISSAN MOTOR CO., LTD. 2011 All rights reserved. 36
  37. 37. 日産リーフを用いた実証を開始 日本(横浜市)および北米(GE・ハワイ)において、スマートハウス、 スマートコミュニティの実証プロジェクトに参画 ヨコハマ スマートシティ プロジェクト ・スマートハウス(EV-HEMS連携) ・スマートビル(EV-BEMS連携) ・蓄電池複合試験 (EV・定置型蓄電池効率運用) ・エネルギーの見える化(Sメーター) (2010-2014) GE-日産共同実証 ハワイ 離島型スマートグリッド実証 ・ハウス実証(V2H) 他 ・コミュニティ実証(V2G) 他 GE 日産 電力会社 日立(日産) (2010-) NEDO事業(2011-2015) (C) Copyright NISSAN MOTOR CO., LTD. 2011 All rights reserved. 37
  38. 38. 自立・分散型エネルギー社会電力供給可能なEVとさまざまな施設を情報通信で統合し、エネルギー利用効率の向上と再生可能エネルギーの大量導入を実現EVは、モビリティのみならず新たなエネルギーとして社会に貢献 EMS CEMS CARWINGS Energy Management データセンター System HEMS/BEMS Home EMS / Building EMS メガソーラー EV (停車中/走行中)系統電力 スマートハウス スマートビル (C) Copyright NISSAN MOTOR CO., LTD. 2011 All rights reserved. 38
  39. 39. ご清聴ありがとうございましたStand-alone energy smart house “NSH-2012”@CEATEC 2011 (C) Copyright NISSAN MOTOR CO., LTD. 2011 All rights reserved. 39

×