ぼくがかんがえたさいきょうの☆きっくすたーと☆

7,499 views

Published on

#autotechcasual

Published in: Technology
0 Comments
3 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
7,499
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
5,532
Actions
Shares
0
Downloads
12
Comments
0
Likes
3
Embeds 0
No embeds

No notes for slide
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • ぼくがかんがえたさいきょうの☆きっくすたーと☆

    1. 1. ぼくがかんがえたさいきょうの☆きっくすたーと☆Tue, Jul 17, 2012 @HEARTBEATSNaoya Nakazawa a.k.a @n0ts
    2. 2. 自己紹介Naoya Nakazawa@n0tsCarpe Diem http://www.sssg.org/blogs/naoya/ (日本語)
    3. 3. 今日のお話CentOS 5.x x86_64を本番環境で使い始めること約3年くらいたちましたが、現時点で「ぼくがかんがえた」、「さいきょう(自称)」、「きっくすたーと」を紹介します!
    4. 4. 前提とあるDCに数ラックあるオンプレミスなサーバ群(1U/2U)を対象にしています仮想環境に、ハードウェアに応じてXen or KVMを使っていますCentOS 5.xなのは、大人の事情により...アップグレードすることができないような感じです(でも、そろそろ...)
    5. 5. 対応環境CentOS 5.x 64bitのみ 32bitはサポート対象外CentOS 6 で、まだテストしていない... そろそろ対応します
    6. 6. サーバのセットアップ準備1.1U/2Uサーバのラッキング&ケーブリング2.(※RAIDの場合) RAIDの設定(すべてRAID10)3.IPMIのネットワーク設定(DELL: Drac, HP: iLo)4.IPMI経由PXEブートにより自動インストール5.Puppetによる設定の適用(※近い将来変更する予定)
    7. 7. 1, 2, 3 は自動化していない(できればしたい)今日のお話は 4 です5 については、他の方のお話にてきっと☆
    8. 8. ☆きっくすたーと☆cobbler 2.2.1(オレパッチ入り)を使っている標準キックスタートテンプレート sample.ksをベースにcentos.ksを作成
    9. 9. http://cobbler.github.com Latest version: 2.2.3-2
    10. 10. centos.kswc -l /var/lib/cobbler/kickstarts/centos.ks 118SNIPPETと呼ばれる部分テンプレートを多用cobbler profile/systemのKickstart Metadataにより、インストール内容を変更することができる
    11. 11. SNIPPETの例# Network information$SNIPPET(network_config)ネットワークの設定を行う
    12. 12. Kickstart Metadataの例#set global $fstype = $getVar(fstype, ext4)#set global $fsoptions = $getVar(fsoptions, )#set global $partition = $getVar(partition, default)パーティションの設定ext4, swap物理メモリ x 2, 100MB /boot, 残り /
    13. 13. 今のところ設定できる項目サービスのローカル名 サービスに特化した設定を読み込むため管理ユーザ名フォーマットするファイルシステムの種類パーティション構成(ソフトウェアRAIDもサポート済み)スワップサイズ/ のディスクサイズSOLするシリアルポート名、通信速度ホスト・ゲストの仮想化の種類(今のところ Xen or KVMのみ)
    14. 14. キックスタートで設定している項目GRUB(SOLできるようにパラメータを付与)パーティション設定ネットワーク設定(cobbler systemによる)ルートのパスワード(ロックしているけれど)タイムゾーンSELinux!!!最低限必要なパッケージのインストール サーバのベンダーごとに必要なパッケージをインストールにも対応済みインストール後の必要な設定 %postセクション
    15. 15. %post基本的な方針としては、なるべく%postセクションで設定しない(テストがけっこうめんどう)とはいってもいろいろとやっていたりw細かくSNIPPETにわけてメンテナンス性をよく
    16. 16. %post cont.centos/posts CentOSに必要な設定(NOZEROCONF, 不要なサービスの無効化など)centos/posts_grub_conf grubのSOL設定centos/posts_partition ext3/ext4のときのみ予約領域を最低限にcentos/posts_iptables iptablesの基本設定centos/posts_noipv6 IPv6の無効化
    17. 17. %post cont.centos/posts_ssh sshdの設定を変更(パスワード認証無効化など)centos/posts_vendor サーバの物理ベンダーによる必要な処理centos/posts_yum yum.confの設定(i386パッケージ無視、キャッシュ時間 調整)
    18. 18. %post cont.centos/posts_xen_dom0 Xen Dom0のときの専用設定centos/posts_kvm_host KVMホストのときの専用設定centos/posts_host_virt 仮想ホストのときの専用設定centos/posts_xen_domu Xen DomUのときの専用設定
    19. 19. 詳細な内容が気になる人は・・・
    20. 20. https://github.com/n0ts/puppet-modules/cobbler/
    21. 21. n0ts/puppet-modules現時点(2012/07)で使っている定のシステムに依存しないpuppet modules0.25以上で動作するはずです
    22. 22. 今後の展望CentOS 6をちゃんとサポートする予定cobbler Ubuntuにも一部対応している様子なので、Ubuntuにも対応する予定ですPuppet...
    23. 23. Thanks!!!

    ×