Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

RDB×IOTの分析環境をプログラムレスで10分足らずで構築 デモ動画付き

61 views

Published on

RDB×IOTの分析環境をプログラムレスで10分足らずで構築 デモ動画付き

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

RDB×IOTの分析環境をプログラムレスで10分足らずで構築 デモ動画付き

  1. 1. 田中 正士 TMASASHI@jp.ibm.com IBM Japan, Ltd. データを集めて貯めて分析する… 最先端のテクノロジーが詰まったIBMクラウドのご紹介 日本アイ・ビー・エム株式会社 クラウドSW&アナリティクス事業本部 テクニカル・セールス
  2. 2. こんな場合どうしますか? 想定ケース:IOTデータの活用を検討するよう、指令を受ける。 プログラムレスで、サクッと分析環境を構築することができます。 ・どこにどう活用すべきか、活用できるのか否かを来月までにまとめなければならない ・使わなければならないデータソースは様々(オンプレ、クラウド、データベース、csv、IOT) ・データを集めて貯めて分析できる環境を用意して、データ活用の試行錯誤をしなければならない 分析環境の準備 どうデータを活用するか うまく遂行するための理想 <<<<< 時間も、 コストも、 人も
  3. 3. 準備すべき環境 集めて On-Premises Cloud IOT データ 貯めて 分析する CSV 注目ポイント ・環境構築の俊敏性 ・分析まで見据えた、 痒いところに手が届く機能、 テクノロジー ・誰でも使える 便利で簡単な操作感
  4. 4. データを集める データベース On-Premises Cloud いろんなDB からデータを 持ってくる + 加工する 1.クラウド上にデータベースを作成する 2.いろんなDBからデータを持ってくる 3.データを加工する デモ その①データベース https://youtu.be/QREZFWqJDAQ デモ動画は下記の最初から2:55まで
  5. 5. テクノロジーについて IBMのクラウドETLツール (Data Connect)は、 1.あらゆるデータソース(29種類)から データを簡単に集めることが可能 2.データ加工はインメモリで高速に
  6. 6. データを集める データベース 大容量CSVファ イルを高速に アップロード 1.CSVファイルを高速にアップロード デモ その②CSVファイル https://youtu.be/QREZFWqJDAQ デモ動画は下記の2:56から4:04まで
  7. 7. テクノロジーについて IBMのクラウドデータベース (Db2 Warehouse on Cloud)は、 ネットワーク帯域を使い切る トラフィック量 トラフィック量 1.高速データロード機能を組み込んでます。 2.とても簡単にロードできます。 テーブル作成 LOADコマンド実行 ・・・ →すべてGUI操作、プログラムレス。 自動でテーブルを作ってロード。 誰でも使えます。
  8. 8. データを集める データベース IOTデータを分 析できる形式に して取り込む IOT データなど 1.IOT用のデータベースを構築する 2.IOT用のデータベースへデータを投入 3.分析できる状態(RDB形式)へ変換する デモ その③IOTデータ https://youtu.be/QREZFWqJDAQ デモ動画は下記の4:05から5:23まで
  9. 9. Cloudant テクノロジーについて IOTデータをDb2 Warehouse on Cloudへ表形式に変換して取り込むことが可能 Db2 Warehouse on Cloud JSONから表形式へ 自動変換
  10. 10. 分析する データベース データを分析する 環境を構築する ・見える化 (Excel / SQL) ・高度分析 1.Excelの出力 2.SQLの実行 3.分析例 デモ https://youtu.be/QREZFWqJDAQ デモ動画は下記の5:24から最後まで
  11. 11. テクノロジーについて IBMのクラウドデータベース (Db2 Warehouse on Cloud)は、 2. メモリー GUIで、SQL実行・Excel出力。 DB構築時にRstudioも同時構築、接続。 単なるデータベースではなく、 分析環境も含んだデータベースサービス。 1.ノンチューニングDB。 Load & Go インメモリー * カラムナー * IBMの特許
  12. 12. まとめ IBMクラウドを使えば、 「どうデータを活用するか」に最大限リソースをかけることができます。 分析環境の準備 どうデータを活用するか<<<<< 時間も、 コストも、 人もデータを集めて、それ を見る環境を構築する どうデータを 活用するか
  13. 13. さいごに 本日のデモはほんの一例です。 On-Premises Cloud 今はクラウドに行けないけど、 クラウドに行くための準備をしておきたい →オンプレミスにクラウドへの持ち運びが 容易な環境を構築(dockerコンテナ) AIも見据えといてね。 オンプレとの連携もちゃんと検討してね。 セキュリティも考えといてね。 などなどもカバーしています。
  14. 14. 本日使ったクラウドサービス(Bluemix)はお試しでのご利用も可能です。 ぜひ、ご利用ください。 ・Bluemix URL:https://console.bluemix.net/registration/ -Db2 Warehouse on Cloud(分析用データベースサービス) -Data Connect(データを集めたETLサービス) -Cloudant(IOT用データベースサービス)

×