Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

出版文化の発展を目指した出版物のアーカイブ構築と国民へのサービスの提供

485 views

Published on

-出版界との共同でのアーカイブ構築と 商用電子図書館サービスの活用-
2015年11月13日JEPAセミナー資料より抜粋し、加筆したもの。

Published in: Internet
  • Be the first to comment

出版文化の発展を目指した出版物のアーカイブ構築と国民へのサービスの提供

  1. 1. 出版文化の発展を目指した出版物の アーカイブの構築と国民へのサービス の提供 -出版界との共同でのアーカイブ構築と 商用電子図書館サービスの活用- 48 2015年11⽉13⽇JEPAセミナー資料より抜粋、加筆 2016年2⽉25⽇ 中⼭ 正樹
  2. 2. 出版物関連での問題提起と 課題解決に当たっての私の意識 49
  3. 3. 利⽤者への提供の主体 国⽴国会図書館商⽤出版者 ☆ 「あらゆる情報資源へのアクセスを保証する」(未定稿) あらゆる出版物の⼊⼿⼿段を提供して、出版物のマーケットの拡⼤を 50 出版されている書籍は、 書店へのナビゲーション 利⽤者 図書館等 利⽤者に対して 補完関係 絶版になっている書籍は、 図書館へナビゲーション たい 利⽤者に対して、あらゆる情報の ⼊⼿⼿段へナビゲート 読書機会の拡⼤を、出版ビジネス が発展することを図り⽬指す 商⽤出版物以外の 情報資源 可能な限り、OpenData化、 LinkedOpenData化 新刊・復刊出版物 出版社の販売 を阻害しない形 絶版になっている書籍は、 デジタル化コンテンツを提供 既刊出版物 (著作権切れ) 48万点 新刊出版物 (図書館への販売 依存) 既刊出版物 既刊出版物 (絶版) 131万点 NDLはロング テールを保証 利⽤者に対し て利⽤機会の 拡⼤ あらゆる情報を将来にわたって 利⽤を保証 情報を得ようとする利⽤者は減って はいない。出版界と図書館界でパイ の奪い合いでなく、協⼒して、出版 物の利⽤者の拡⼤を 多様なメディアから情報が発信され ている。出版物は、その情報源の⼀ つ。 オーファンワークス 商⽤電⼦ 図書館 サービス 商⽤電⼦ 書籍販売 サイト
  4. 4. 【背景】私が⽬指してきた電⼦図書館1 • ⽬的 • ⽂化的資産をあらゆる⼈々が将来にわたり享受、活⽤できるようにし、⼈々の創造的な活⽤に貢献する • 背景 • デジタル情報時代において、マルチメディア化されたコンテンツへ移⾏しつつある。 • 冊⼦体の原資料は⽂化財として保存するために、デジタル化を進めることとしている • また、他の⽂化財も保有機関においてデジタル化を進めるようになった • 利活⽤の促進のために • 社会全体でデジタル情報資源の「⾒える化」はもとより、 • より効率的なアクセスの保障に取り組む必要があり、組織を越えたナショナルアーカイブは重要な役割を果たす。 • 産学官のそれぞれの組織は、これらの施策が同⼀の⽅向性を持って、相互に資源を補完し合っていく必要がある。 • NDLは、ナショナルアーカイブの構築、さらに、世界レベルでの「インターナショナルアーカイブ」の構築へと発展すること を⽬指し、その中核的な役割を担っていくべき。 • 同時に、今後10年のデジタル情報化の進展を⾒据えつつ、 • このようなナショナルアーカイブを利⽤して知識創造のための情報が⼊⼿できる状況になったときに、知識創造を⽀ 援する図書館の役割は何か、 • 重要な役割を果たす著作物の利活⽤が進むようにするために、出版界、図書館界は、総論賛成・各論反対では なく、連携協⼒を具体的進める必要がある • 知識インフラとしてのナショナルアーカイブ構築により、出版⽂化の発展を⽬指す • 著作権者、出版社の権利を制限してアーカイブするものでなく、知識インフラとしてのナショナルアーカイブ構築の⼀ 環として、出版⽂化の発展を⽬指して、出版物の利活⽤が促進される施策を推進することと考える
  5. 5. 【背景】私が⽬指してきた電⼦図書館2 • 出版⽂化の発展に向けた具体的なアクション • 出版界、図書館界の事業の実施においては、最終的な⼤きな枠組みの中で、整合性を持って効率的に組み込 まれることを常に意識する。 • 著作物の網羅的な検索と、利⽤者に最適な形態の情報へのナビゲーション • 紙・デジタル、有償・無償を問わず、所蔵機関に寄らず、情報の所在を可視化し、いつでも、どこにいても、利⽤のシチュエーショ ンにあった形態の情報の⼊⼿先にナビゲートする • 検索は、図書館書誌情報のみならず、出版情報、著作単位、章節項単位の⽬次、まえがき、あとがき、であれば本⽂全⽂を。 • 情報と情報の内容を意味的に関連付けて、芋づる的に、必要な情報へたどり着けるようにする • 公共的書誌情報基盤の構築 • 出版情報と図書館書誌情報の相互交換(ONIX←→DC←→MARC) • JPO近刊図書情報の提供、NDL納本資料の書誌情報をインプロセス段階から提供 • 電⼦書籍フォーマットの業界標準策定⽀援(EPUBサブセット仕様等) • 「電⼦書籍の標準化の調査」JEPAに委託(2010年2⽉) • 出版社、古書店、電⼦書籍、商⽤データベースサイトとの連携、ナビゲーション • 統合検索︓hon.jpとの相互連携, JapanKnowLedge, 近刊情報センター, インターネットマガジン(インプレスR&D), 新 書マップ, ⽇本ペンクラブ⽂芸館、 • 検索結果からのナビゲーション(リンクリゾルバ)︓Amazon、Books.or.jp, honto, 紀伊国屋書店BookWeb, ジュンク堂 書店, Honya_Club.com, e-hon, 版元ドットコム, ⽇本の古本屋, Boogle Book Search, Google Scholar • 各機関のデジタルアーカイブのバックアップサイト(商⽤に関しては未実施) • 国等の機関のインターネット情報の収集保存 • ⺠間の無償オンライン資料の収集保存 • 残るは、有償オンライン資料の収集保存(有償の資料はすぐに消滅しないと思われる)
  6. 6. ナショナル アーカイブの⼀部 ☆【問題提起】⼀般国⺠の情報へのアクセスを保証 (NDL・県⽴図書館へ⾏けない国⺠の情報格差の是正) 県所蔵 地域資料 県所蔵 地域資料 NDL デジタル化 パブリック ドメイン NDLデジタル化 冊⼦体絶版本 NDLデジタル化 冊⼦体販売中 (商⽤電⼦書籍 なし) 無償 電⼦出版物 無償 電⼦出版物 市町村所蔵 地域資料 市町村所蔵 地域資料 他地域所蔵 地域資料 他地域所蔵 地域資料 ⼀般国⺠の利⽤環境 県⺠の電⼦図書館 市区町村⺠の電⼦図書館 NDL︓国⺠の電⼦図書館 図書館向け商用電子書籍 配信サービス 図書館向け商用電子書籍 配信サービス 図書館向け商用電子書籍 配信サービス 図書館向け商用電子書籍 配信サービス 図書館向け商用電子書籍 配信サービス 図書館向け商用電子書籍 配信サービス NDLデジタルコレクション (NDLデジタル化・無償電 子書籍類) NDLデジタルコレクション (NDLデジタル化・無償電 子書籍類) NDLデジタルコレクション (商用電子図書館サービス で入手できない電子書籍) NDLデジタルコレクション (商用電子図書館サービス で入手できない電子書籍) NDLデジタルコレクション (商用電子図書館サービス で入手できない電子書籍) NDLデジタルコレクション (商用電子図書館サービス で入手できない電子書籍) インターネット版電⼦図書館サービス 県に関連する地域資料 閲覧サービス 県に関連する地域資料 閲覧サービス 県の地域資料 閲覧サービス 県の地域資料 閲覧サービス 市町村が収集した 地域資料閲覧サービス 市町村が収集した 地域資料閲覧サービス インターネット版 NDLデジタルコレクション インターネット版 NDLデジタルコレクション 個人向け商用電子書籍 配信サービス 個人向け商用電子書籍 配信サービス 全国の地域資料閲覧サービス全国の地域資料閲覧サービス 統合検索サービス(全ての書籍の存在と所在場所)統合検索サービス(全ての書籍の存在と所在場所) 公的機関 ウェブアーカイブ 商⽤電⼦書籍 アーカイブ ⺠間 ウェブアーカイブ 各館のコアコンピタンスは、各館の利⽤ 者のために収集した情報。 今後、⾚の破線部分は実現できないか︖ 各館のコアコンピタンスは、各館の利⽤ 者のために収集した情報。 今後、⾚の破線部分は実現できないか︖ 目的別検索サービス目的別検索サービス 商⽤電⼦出版物 商⽤データベース
  7. 7. ⼀般国⺠の情報へのアクセスを保証 補⾜説明 • 各図書館の位置づけ • 市町村⽴図書館は、市町村⺠のための図書館 • 市町村⽴図書館は、国⺠にとって最も⾝近なアクセスポイント • 市町村⺠への直接サービス • 市町村で収集した情報に加えて、県⽴図書館、NDLが保有している情報を提供 • 県⽴図書館は、県⺠のための図書館 • 県⺠への直接サービス • 県が収集した情報に加えて、NDLが保有している情報を提供 • 市町村⽴図書館を経由した情報提供 • 国⽴国会図書館は、国⺠、議員のための図書館 • 国⺠への直接サービスとして、インターネットでの情報提供 • 間接サービスとして、県⽴図書館を経由した情報提供 • 全国書誌を提供する役割として、NDLが収集した出版物のみならず、全ての刊⾏物の存在と所在場所を提供する • 商⽤電⼦図書館サービスの位置づけ • 商⽤電⼦書籍を、県⽴等の図書館へ配信し、各図書館が⾃ら保有する情報と合わせて、各図書館 の利⽤者へ提供 • 検討の観点 • 提供は、フローとして • NDLが⾃ら保有している情報に加えて、他組織の情報を補完的に提供するのではなく、 • 最も⾝近な市町村⽴図書館が、⾃ら保有する情報に加えて、県⽴、NDLが提供する電⼦図書サービスを合わせて 利⽤できるようにする • NDLは、市場で流通せず、県⽴、市町村⽴図書館でも所蔵していない書籍を、提供する責務がある • 収集・保存は、ストックとして • 市町村⽴図書館が収集した情報を、県⽴図書館が収集。県⽴図書館が収集した情報を、NDLが収集
  8. 8. ☆問題提起 • 理念 • 権利(権限)を持つものは、実施の責任と義務がある • 出版界 • 電⼦出版権は、出版社の権利ではあるが、それは、利⽤者に対して、電⼦出版の義務 でもあるのではないか︖ • NDLがデジタル化資料のうち、絶版になっている資料の公開範囲を広げられないか︖ • NDL • ストックとして、将来の利⽤を保証するために、国⺠には国内刊⾏物を納本義務があり、 また、NDLは網羅的に収集して保存する責任と義務があるが、単独では不可能 • フローとして、現在の利⽤者に対しての利⽤の保証は、すでに各機関で分担してビジネス モデルがある • 市区町村⽴図書館(地域住⺠サービス、地域活性化の拠点) • 新刊書の充実より、⾝近な図書館として、ITを活⽤して、様々な情報を得られる場の充 実 • 県⽴図書館 • 市区町村図書館での電⼦図書館サービスの導⼊⽀援
  9. 9. 問題提起1 • 理念 • 権利(権限)を持つものは、実施の責任と義務がある • 活⽤されるべき知的情報資源の中で、出版物は、重要な情報源の1つ • 地域においても、中央と同様の利活⽤する権利がある • 出版⽂化が発展するということは、より多くの⼈が書籍に触れ、市場(マーケット)が拡⼤ していくことでは
  10. 10. 問題提起2 • 出版界は • 様々な情報がインターネットで得られる時代に、書籍を購⼊する動機づけが必要ではない か︖ • SNS、OpenDataで相当信頼性の⾼い情報が、インターネット上で関連付けられて得られる時代 • 電⼦出版権は、出版社の権利ではあるが、それは、利⽤者に対して、電⼦出版の義務で もあるのではないか︖ • NDLは、1968年以前の書籍、2000年以前の雑誌のデジタル化を進めてきた。従来ILL で公共図書館に貸出すことが可能だった資料も、デジタル化により提供できなくなった。 • 絶版資料は、デジタル化した資料を公共図書館でも閲覧できるが、絶版になっていない資料はデジタル 化資料も公共図書館で利⽤できない。 • 出版社が電⼦出版権を⾏使して電⼦書籍化することが望まれる。コスト削減のために、NDLがスキャン したデジタルコンテンツを出版社が⼆次利⽤することも可能。 • 絶版になっていない資料で電⼦出版権が⾏使されないならば、何らかの対応が必要。 • NDLがデジタル化資料のうち、絶版になっている資料の公開範囲を広げられないか︖ • せめて、NDLがデジタル化資料のうち、書籍が絶版になって、電⼦出版権⾏使されていない資料は、公 共図書館に留まらず、インターネット公開しても、著作権者や出版社の不利益にならないのではない か︖
  11. 11. 問題提起3 • NDLは • あらゆる知的情報資源を、将来にわたって利⽤、享受できるようにし、知的創造活動(知識の再 ⽣産)に貢献する使命を持つ • 具体的な⽅策の1つとして、法律により、国⺠には国内刊⾏物を納本義務があり、また、NDLは網 羅的に収集して保存する権限をもつ • 責任として、可能な範囲を収集・保存できればいいのではない。物としての出版物は、図書館に限らず、美術 館、博物館でも多く保存されている。 • 電⼦書籍・電⼦雑誌に類するものは、1つの機関で収集できる範囲を越える。 • ⼗分な資源がない中で、責任と義務を果たすためには、関係機関との連携分担して保存し、それらを国全体 で網羅的に収集・保存することが必要 • ストックに関して、利⽤環境やビューアに依存しないものであるべきでは • 知的情報資源のストックとして、従来、有形物として収集してきたが、今やデジタル化された無形の情報として 流通しているものを収集・保存することが求められている • それは、利⽤環境やビューアに依存しないものであるべきではないか︖ • 利⽤に関しては、商⽤電⼦図書館サービスと契約し提供していくべきでは • 商⽤データベースや電⼦ジャーナルを契約により、それぞれのビューアで提供していることから、電⼦書籍は、商 ⽤電⼦図書館サービスと契約して、そのビューアを利⽤して提供していくことが妥当ではないか︖ • 公共図書館への⽀援と連携 • ⽀援という観点だけでなく、公共図書館の協⼒の下で使命の達成を⽬指す施策 • 電⼦図書館は、情報の利活⽤の促進だけでなく、地域格差を是正する⽬的もある。 • 地域においても、可能な限り、中央と同等の情報を利活⽤できるようにする責任と義務がある
  12. 12. 問題提起4 • ⾝近な公共図書館(地域住⺠サービス、地域活性化の拠点) • ITを活⽤して、様々な情報を得られる場の充実 • 蔵書は所蔵資料だけでなく、NDLや県⽴図書館、他地域が保有する地域資料を含めて、仮想的な蔵書とし て、利⽤できるようにすることが、重要 • 「⼈と⼈のつながりの場」としての役割の充実 • ⼈が集い、交流し、学び、議論する場(インテクレチュアルコモンズ)を構築し、知識の共有と、新しいものを⽣ み出す活動を応援する • コラーニング(学びあい、知識の交流)、フィーチャーセンター(対話、議論、問題解決、未来志向) • 活動の成果をアーカイブし、インターネットで世界へ発信 • 地域活動のための情報収集(蔵書等の活⽤)⇒共有・蓄積⇒活⽤・創造⇒オープンデータとして発信 • Wikipedia Town, アイデアソン, ハッカソン, • ししょまろはん(京都府⽴図書館の司書の活動) • 京都が出てくる⼩説やマンガ・ライトノベル等の作品に出てくる京都の位置データに加え、書籍のおススメ度や内 容紹介付き。 • (引⽤︓「インテクレチュアルコモンズがひらく」公共図書館等⽂化施設の未来)〜京都府⽴図書館がパラダイムシフ トする時〜是住久美⼦) • 知識として活⽤する資料・情報は、新刊ではなく、外部サービスを含めて、利⽤可能な豊富な蔵書では︖ • 地域資料の充実、地域情報の集約 • 地域資料を蔵書として収集するだけでなく、他地域で保有している、当該地域に関する資料を利⽤できるよう んすることが重要では︖ • 地域住⺠サービスとして、図書館利⽤の中で、個⼈でも⼊⼿可能な新刊図書に資料購⼊費を充 てることから脱却する必要があるのではないか︖
  13. 13. 問題提起5 • 県⽴図書館 • 市区町村図書館で、個別に電⼦図書館サービスを導⼊することは困難 • 県単位での推進、導⼊し、市区町村の公共図書館で利⽤できるようにできない か︖ • ⽂書館、美術館、博物館等 • 図書館と同様の活動に加えて • 来館者に対して、外部情報提供サービスを活⽤して、所蔵物と参考情報の関連 付け、所蔵していな物の情報を提供
  14. 14. 課題解決に当たっての私の意識1 • 事業の⽬標 • 様々な分野のあらゆる記録を情報として集約して、相互に関連付けて知識化し、将来にわ たって利⽤を保証して、「社会・経済的な価値を創出」できる「新たな知識の創造と還流」の 仕組みを構築する • 「私たちの使命」、「知識インフラの構築」、「知識情報基盤」、「知の共有化」、「国としての蔵書構築」、 「ナショナルアーカイブ」、「新たな知識の創造と還流」、、、の⽅向性は同じか︖ • 課題解決にあたっての姿勢 • NDL電⼦図書館中期計画2004の達成 • 国全体で、「電⼦図書館構想」を実現 • NDLは、データプロバイダとしての位置づけ、「知の共有化」のための連携のインキュベータとしての役割 • 事業継続計画の観点 • 法律によりNDLに与えられた「権限」には、「実施の責任と義務」がある。 • その義務を果たしてきた実績に裏打ちされて、当館への新たな期待も寄せられている。 • その期待に応えなければ、国会・国⺠から「権限は持っているが、責任と義務を果たさない組織」として存 ⽴意義を疑われる事態になりかねない。
  15. 15. 課題解決に当たっての私の意識2 • 資源の確保 • 緊縮財政の中で、如何にして、利⽤可能な資源を確保し、事業を継続していくか • 世界の中の⽇本、⽇本の中のOneOfThem︖ • 世界規模での⽂化的な情報資源、知識の共有化の⽅向性の中で当館の位置づけは︖中核的な 役割を果たすのか、OneOfThemとして⼀翼を担うのか︖ • サービス向上、業務・システムの効率化に資するIT関連の新しいソリューションをどのように 取り込むか︖ • ① クラウドソーシング、② BYOD (Bring your own device)、③ ビッグデータ、④ セマンティック ウェブ技術、⑤ サービスのマッシュアップ、⑥ ERP、⑦Digital Transformation、、、 • デジタル情報時代を踏まえた基本的な考え⽅ • 物の収集から情報(コンテンツ)の収集へ。 • 保存は物理媒体、利⽤は情報(コンテンツ) • 図書館は本を集めて提供する組織から、コンテンツを集約して、知識として提供する機関へ • 図書館の実施姿勢 • 今までNDL単独でやれることをやれる範囲でコツコツとやってきたのではないか︖ • 創造⼒を駆使して、⼤局観で課題に取り組んできたか︖ • 新たな事業展開にあたってのリスクの許容レベルは︖リスクを恐れて、⼤きく踏み出せなかったのでは ないか︖
  16. 16. 課題解決に当たっての私の意識3 • MLA連携 • 国としてのアーカイブ構築事業の枠組みの中で、MLA、MALUI、GLAM等との連携協⼒を推 進する • 出版界との連携の推進 • 読書機会の拡⼤による出版⽂化の発展を⽬指して、出版物、電⼦書籍等の販売拡⼤に直 接繋がる形で出版界を⽀援。共存共栄の観点で出版界を補完したサービスを提供する • ⻑期的な展望での出版⽂化の発展につながる施策と、短期的に出版界の利益になることを 選択的に⾏う。 • 例えば、JDLSのサービス構築への助⾔(NDLデジタルコレクションの統合検索、閲覧環境の共通化) • 出版情報と図書館書誌情報の相互交換(ONIX←→DC←→MARC) • 電⼦書籍フォーマットの業界標準策定⽀援(EPUBサブセット仕様等) • 当館デジタル化資料を活⽤した電⼦書籍作成、配信 • 電⼦書籍⾃動作成システムの構築(現在、個別技術調査研究中) • イメージ画像→ページ切出し→テキスト化→構造化→標準EPUB→テキストDAISY、リフロー型EPUB、 PDF(フィックス型EPUB)→配信 • 出版社、古書店、電⼦書籍、商⽤データベースサイトへのナビゲーション • 利⽤者視点で、商⽤サイトとの積極的な連携と、サイト内情報へのナビゲーションの拡⼤
  17. 17. 国⽴国会図書館出版者・著作者 出版界と図書館界の役割分担と連携協⼒ 64 NDLサーチ (電⼦書籍の検索 とナビゲーション) 利⽤者 公共図書館等 電⼦書籍ビジネスプラット フォーム整備の協⼒ NDLデジタル化コンテンツの利活 ⽤ 電⼦書籍の仕様(フォーマッ ト、メタデータ等)の共通化 公共図書館での提供環境の 共通化 著作権管理データベースの共 同構築・運⽤電⼦書籍ポータル 電⼦書籍データベース PubridgeJPO 電⼦書籍出版社 NDLデジタルアーカイブ (電⼦書籍の⻑期保存) 組織化(メタデータ付与 永続的識別⼦付与) 電⼦書籍の収集 (制度的収集) 資料の デジタル化 (原資料の保存)著作者 2012/11/18提⽰ 【日仏シンポジウム「デジタル時代の本のゆくえ」 (2012年11月18日) 第2部デジタル書籍と出版業界について】
  18. 18. 出版界と図書館界は、どんな役割を分担して連携していくべきか︖ • 出版界 • 電⼦出版権を持つ書籍の電⼦書籍化の推進 • 商⽤電⼦書籍配信サイト、ビューアに依存しない電⼦書籍(利⽤者がビューアを⾃由に選択できるように) • 出版情報(メタデータ)の充実(著作物の⾒える化) • タイトル、著者名、出版社、出版年、件名、ISBN、NDC等のほかに • 内容紹介、著者紹介、書影、試し読み、書評、章節項単位の⽬次、まえがき、あとがき、であれば本⽂全⽂。特に書評は購⼊時の参考になる • 県域の市区町村を含めて、県単位での商⽤電⼦図書館サービスの提供の推進 • 図書館界 • 出版物(冊⼦体、デジタル)のバックアップ(永久保存、ディザスタリカバリ) • 出版社が電⼦書籍化しない書籍のデジタル化 • 書籍・電⼦書籍販売サイト、全国の図書館の所蔵資料の統合検索サービスの提供(著作物の⾒える化) • 他の⽂化資産の合わせて • 出版物に関する情報の充実 • 図書館蔵書に限らない典拠情報の充実 • 出典を明らかにしたレファレンス情報の充実 • 連携 • 電⼦書籍ビジネスプラットフォーム整備の協⼒ • 出版物(冊⼦体、デジタル)のメタデータデータベースの共同構築 • 出版権を含む権利データベースの共同構築(著作単位、著者単位) • 電⼦書籍化に際し、NDLがデジタル化したデータの利活⽤(⼆次利⽤提供) • 電⼦書籍の仕様(フォーマット、メタデータ記述要素・記述規則等)の共通化 • 公共図書館での電⼦書籍利⽤環境の共通化(商⽤電⼦書籍ビューア上での図書館デジタル化資料の閲覧) 様々な情報が溢れている中で、出版物に対するマインドシェアが⾼まるように、利⽤者視点で。
  19. 19. まとめ(改めて、問題提起) • Q:他と⼀緒に検索できても出版社・図書館利⽤ 者にメリットはない︖ • お得意さまだけ︖⾃社で販売している、図書館が 持っていることが分かっている⼈だけに、個別の検索、 販売・貸出ができればいいの︖ • 読者層が減っている状況で、パイの奪い合いでいい の︖ • A:⇒パイを⼤きくすることが重要では︖ • 資料を探している利⽤者にとって、網羅性の⾼いサー ビスを利⽤する。 • 重要なのは、どこで提供しているかではなく、必要な情報 が探し出せることでは︖ • 利⽤者は、⾒つかった資料で、形態、価格、⼊⼿⼿段と して、最適なものを選択する • 個別サービスでは⾒つからなかったものが、⾒つかれば、 また利⽤する⇒パイが⼤きくなる • ⇒改めて利⽤者視点でのサービスが必要 • 他と⼀緒に検索されては、利⽤者が他に流れてし まう︖ • 利⽤者に価値があると思えば、それを⼊⼿する • 他と⼀緒に検索されないことで、優位性を確保するビ ジネスは、いつか崩壊する • インターネット上に有⽤な情報はあふれている • 有償コンテンツ、有償サービスであり続けるために は︖ • クラウドソーシング、政府情報など、無償で有⽤なコ ンテンツはいっぱい。それらはLOD化によって、更に付 加価値が⾼まっている • Wikipedia、オープンデータ、 • 国の施策ではうまく⾏かない︖ • 出版情報はなぜ図書館の書誌情報として利⽤し ない︖ • ⼗進分類は誰のために付与する︖ • 全てのISBNはどこで把握︖ • 書影はなぜ利⽤制限︖
  20. 20. デジタル情報の収集と提供の考え⽅(私⾒) • 基本理念 • 国として • 国全体で、あらゆる資料や情報などを国の⽂ 化的資産として後世に残し、知識インフラとし て、その利⽤を将来にわたって保証する • NDLとして、 • 知識インフラの実現の⼀翼を担う • 公共図書館として、 • 「すべての国⺠は,いつでもその必要とする資 料を⼊⼿し利⽤する権利を有する」 • 「すべての国⺠は,図書館利⽤に公平な権 利をもっており,⼈種,信条,性別,年齢 やそのおかれている条件等によっていかなる差 別もあってはならない」 • 物としての冊⼦体とデジタル情報の違い • 物は、提供するために購⼊(納本代償 ⾦) • 情報は、利⽤するための使⽤許諾料 • 実現に当たって • 収集・保存 • 商⽤を含めて、全ての資料、情報を収集し、 利活⽤できる形で永久保存する • 肖像権等は制限 • 提供 • 提供に当たっては、著作権者、出版者等の 権利を侵害しない形で提供する。 • 商⽤サービスへの対価の⽀払い • 著作権、出版権
  21. 21. 商⽤電⼦出版物に関して(私⾒) • 電⼦出版物は、無償で収集・保存 • 商⽤・⾮商⽤に関わらず、DRMの付与されていないデジタ ル情報を、無償で、制度収集する(収集義務の⾏使) • 国が権利者に代わって、保存する役割 • 国は、権利者に保存にかかる費⽤の負担を、権利者に求めない。 • 保存にかかる費⽤は、国が負担する • 商⽤で提供中の電⼦出版物の利⽤には、対価を⽀ 払い提供 • 国がデジタル化した情報、国が収集・保存した情報のアーカ イブを、出版社が利⽤して、商⽤電⼦出版物配信サービス ができるようにする • 電⼦出版権が登録されていない場合は、著作権者が提供できる • NDLを含め公共図書館は、利⽤に関しては、商⽤電⼦出 版物配信サービスに対価を⽀払う • 図書館は、物としての購⼊ではなく、デジタル情報としての電⼦出 版物配信サービスに使⽤許諾料を⽀払い利⽤する • 商⽤提供されなくなった電⼦出版物は、国が収集・保 存したデジタル情報を提供 • 電⼦出版物配信サービスから提供されなくなった場合、著 作権者、図書館は、国が収集・保存したデジタル情報を提 供できる • 電⼦出版物配信サービスシステムがダウン • 著作権者、出版者の提供許諾があるもの • また著作権等の権利が消滅した場合は、誰でも、利⽤者 に対して、国が収集・保存したデジタル情報を提供できる • 著作権満了 • 前提 • 図書館が利⽤できる電⼦出版物配信サービスがあること。 図書館が競争原理で、網羅性の⾼い電⼦出版配信シス テムを⾃由に選択できること。 • 利⽤者に対して、同分野の出版物の取り扱いの範囲が異なるた め、ビューアの異なる複数の個別出版社の配信サービスの利⽤を 強いるのは、利⽤者に不利益になる • 電⼦出版物配信システムの外部APIの共通化が必要 • 複数の電⼦出版物配信サービスを導⼊することは困難。商⽤ 出版物のアグリゲータ的なサービスが必要 • 利⽤の対価は誰が⽀払うか︖ • 使⽤許諾料を誰が負担するか︖ • 通常は、利⽤者が負担。図書館は、利⽤者に代わって負担 • 商⽤電⼦書籍もその原則を守るか、⾒直すかは、今後の議論 による • 利⽤者が負担する︖ • ⇒個⼈が利⽤する通常の電⼦書籍サイトでの期間限定提供 サービス、サブスクリプションサービスでいいのではないか • 公共図書館が負担する︖ • ⇒図書館向け電⼦出版物配信サービスとの契約条件による • 著作権の位置づけの⾒直しも(⻑尾前館⻑) • 著作権を許諾権から報酬請求権に変えるという考え⽅
  22. 22. 今⽇のポイント(まとめ) • 電⼦図書館の⽬的 • ⇒「知の共有化」により、新たな知識の創造 (再⽣産)と還流を推進する • ⇒社会・経済的な価値の創出 • いつでも、どこでも、だれでも、⽂化的情報資源を 利活⽤して、新たな知識が⽣み出されるように • あらゆる情報を、知的⽂化資源として収集し、 ⻑期保存し、将来にわたって利⽤を保証する • 貴重な⽂献資料は今、必要とする⼈に届 いているか︖ • 有⽤な⽂献等の情報が、インターネット上の⼤ 量の情報の海に埋もれていないか︖ • 出版界と図書館界の書誌の統合、記述規則の 共通化 • 利⽤者に対して、情報の内容、所在を可視化 • 情報を探し出すために、多くの⼯数をかけてい るのではないか︖ • 内容情報の活⽤、全⽂プルテキストの活⽤ • 利⽤者が必要とする情報を、効率的に選択でき るように、参考情報を関連付け • 市区町村の図書館利⽤者、インターネット利 ⽤者が出版物による情報の弱者になっていな いか︖ • 地域でのアクセスポイントで、利⽤者が利活⽤ 可能な情報の格差を是正。 • 将来の利⽤者に届けられるか︖ • ⇒将来の利⽤者のために消えてしまう前に、 関係機関で分担して保存 • この課題を解決するために具体的なアク ションを。 • 利⽤者が著作物に触れる機会を増やす • 情報の利活⽤が促進されることにより、⽂化 の発展に寄与する • ⽂献に関してのナショナルアーカイブ構築を、 図書館界と出版界が連携分担 • あらゆる知的情報資源に関して、業種・業態 を越えて連携
  23. 23. 今後の検討の1つ 70
  24. 24. 出版界 国⽴国会図書館 公共図書館・学校図書館等 出版情報を活⽤した書誌作成の効率化、情報検索の網羅性確保 商⽤出版物 新刊出版情報 販売情報 新刊出版情報 販売情報 納本資料 近刊書誌情報 新着書誌情報新着書誌情報 完成書誌情報 蔵書⽬録 件名、請求記号 等付与 書誌ID、NDC等付与 納本・出版情報 受領 全国書誌情報 (近刊情報段階) 選書 ISBN付与 近刊情報(出版社作成) (内容紹介、著者紹介、 書影、試し読み、書評リ ンク、重版情報) 全国書誌情報 (新刊情報段階) 全国書誌情報 (新刊情報段階) 全国書誌情報 (最終確定段階) 注文 納入・書誌作成 蔵書目録作成 公共図書館 蔵書 NDL蔵書 販売 商⽤出版物 出版情報 販売情報 完成書誌情報 蔵書⽬録 統合検索サービス・出版物検索サービス・図書館蔵書検索サービス統合検索サービス・出版物検索サービス・図書館蔵書検索サービス 近刊情報受領
  25. 25. 出版情報の提供の中核的なサイトとなることが期待される ☆版元ドットコムサイトリニューアル(2015年8⽉24⽇) • 本を探す。 • 本のデータ、新聞などの書評に 載った情報、書店のフリーペー パー、ためし読みのできる本、こ れから出版される本など本を探 す⼿助けを⽬指しています。 • このサイトに掲載している本の 情報 • 書誌情報150,657タイトル 掲載出版社2,223社 書評 掲載情報29,185タイトル 42,440件 近刊情報3,547 タイトル328社 ためし読み 4,492タイトル JPOが提供する近刊情報に、版元独⾃出版情報(内容紹介、 著者紹介、書影、試し読み、書評リンク)、NDL、Webcat- plusの情報を含め、WebAPIを公開している→今後、出版情 報の提供の中核的なサイトになることが期待できる
  26. 26. 仮想空間仮想空間 デジタル化スペースデジタル化スペース 仮想空間(公共図書館)仮想空間(公共図書館) 現物展示スペース現物展示スペース 仮想空間仮想空間専門家が集う場・個別研究室専門家が集う場・個別研究室 ☆公共図書館のシステム構成イメージ 73 アーカイブスペースアーカイブスペース 73 文化財(有形・無形)の 映像化・画像化・ テキスト化 基本情報付与 (メタデータ付与) 辞書・典拠・シソーラス類の作成 情報検索・コンテンツ提供システム (網羅性を保証した検索API) 文献・Web 情報の発信 収集業務・システム 永久保存システム(マイグレーション・ エミュレーション・ディザスタリカバリを含む) 新たな知識の創作活動 付加価値情報付け 情報間の関連付け 組織化・構造化 (マイクロコンテンツ化) デジタル ギャラリ 学術情報 サイト 科学技術 情報サイト 文化財情報 サイト 災害情報 サイト 情報探索支援・レファレンスサービス 日本文化の 発信サイト 文化財現物 現物保存 施設内施設内 施設外施設外 2015年 外部アーカイブ外部アーカイブ 地域資料 の発信 Pdf
  27. 27. ☆これからの図書館、博物館、美術館等の機能 • 壁のない図書館 • 図書館の枠を越えて、⽂献情報の枠を越えて、 • 所蔵場所、媒体の形態を問わず、情報の網羅性・完 全性を確保 • いつでも、だれでも、どこにいても、閲覧可 • 商⽤と無償の電⼦書籍が⼀体になった電⼦図書館サービス • 知識創造の場 • 物理的空間で集う場 • 異⽂化交流・出会い・議論の場 • 出版者(著作者)と読者を繋ぐ場 • グループによる学習ができる公共の場 • 協調学習のリーダーとなりうる専⾨知識を持った⼈材の配 置が必要 • 仮想空間での共同作業の場 • クラウドソーシングの場の提供 • 情報(発信)提供の場 • ⽂献の提供から、あらゆる情報の提供へ • 知識探索・閲覧サービス(利⽤者の⽬的、レベル、利⽤環境 に応じてきめ細かく) • 情報探索⽀援から、課題回答そのものへのナビゲーション • 仮想空間 • あらゆる情報を探索(検索・閲覧) • あらゆる情報の閲覧 • テーマにより企画されたデジタルギャラリ • デジタル化されていない資料の遠隔複写申込み • オンラインレファレンス • 物理的空間 • 博物館的展⽰スペース(現物を閲覧・鑑賞する場) • 外部公開できないデジタル情報の閲覧・複写申込み • 恒久的保存設備 • 拠点に分散したアーカイブで構成 • ディザスタリカバリ― • あらゆる情報資源の集約と意味的関連付け • 分散した組織が保有する情報を、情報内の記述個所が意味的 に関連付けられた知識データベースを構築 74 2015年

×