Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

GitHubのIssue作成について

3,305 views

Published on

GitHubのIssueについての話。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

GitHubのIssue作成について

  1. 1. GitHubのIssue作成 について サークルアラウンド株式会社 代表取締役 佐藤正志
  2. 2. 自己紹介 2 • サークルアラウンド株式会社代表 取締役(いわゆる技術社長) • 2012年5月起業 • 人の成長とIT技術にこだわる人 佐藤正志 • PGHouse豪徳寺 最年長でした (プログラミングを学び合うシェアハウス) • 技術習得も、それを教えるのも大好き • いつか島を買って仲間と楽しく仕事します • PGHouse豪徳寺 最年長でした (プログラミングを学び合うシェアハウス) • 技術習得も、それを教えるのも大好き • いつか島を買って仲間と楽しく仕事します
  3. 3. アジェンダ •弊社のGitHub活用の背景 •前提・考え方 •Issueについて •まとめ 3
  4. 4. 弊社のGitHub活用の背景 •受託開発における活用 •PasonaTech主催ハッカー部!
 e-learningシステム(Issue作成側) •自社内サービス開発 •LaunchEngine etc…(Issue作成側) •某スタートアップの受託 •EC系システム裏側(コーディング側) 4
  5. 5. 弊社のGitHub活用の背景 •受託開発における活用 •PasonaTech主催ハッカー部!
 e-learningシステム(Issue作成側) •自社内サービス開発 •LaunchEngine etc…(Issue作成側) •某スタートアップの受託 •EC系システム裏側(コーディング側) 5
  6. 6. 前提
  7. 7. IssueとPullRequest 7 Issue PullRequest 範囲 仕様寄り 実装寄り コンテンツ 文章中心 コード中心 人 非プログラマも ある程度含む プログラマのみ
  8. 8. メンバーの熟練度 8 初 中 上 明示された 実装も怪しい 明示された 実装は書ける 実装を提案 できる
  9. 9. メンバーのイメージ •2-3人∼10名未満 •最低でも顔を知っている人 •リモートメンバー比率高 9
  10. 10. Issueについて
  11. 11. Issue粒度の変化 11 Issue 粒度 プロジェクト滞在時間 成長 成長
  12. 12. Issueの粒度 12 小 大 •URL、カラム名、ロジックまで指定。 •Mのみ、VCのみ、まで分ける事も多い。 •UIと要求仕様で提示 •単体機能(管理機能CRUD+αとか)
  13. 13. 最小レベルのIssueの例 13
  14. 14. 親Issue子Issue 14 親 子1 子2 子3 子供が全部終わると完了
  15. 15. 親Issueの例 15 ※必要なら資料へのリンク等
  16. 16. 分解の過程 1. 実現すべき内容を機能単位でIssue にする。 2. より小さなIssueを渡したい人向け にMVCで分割出来そうなところを 探してIssue上で細分化。 3. 親子関係をリンク(#12)させて整理 16
  17. 17. Issueの粒度とコスト削減 17 コミュニケーション コスト削減 小さなIssue リーダーの設計 コスト削減 大きなIssue
  18. 18. コミュニケーション コスト削減 小さなIssue リーダーの設計 コスト削減 大きなIssue 18 •コミュニケーションが上手 •設計マインドがわかっている •提案内容をレビュー 「提案下さい」 Issueの粒度とコスト削減
  19. 19. まとめ •メンバーに合わせたIssue選定、分 解レベル大事(成長も見つつ) •コミュニケーションコスト&
 設計コストのバランス •任せるところを任せてコスト削減 19
  20. 20. ありがとう ございました
  21. 21. GitHubでチーム開発 したいあなたへ サークルアラウンド株式会社
  22. 22. 22 StartupLabo やりたい!
  23. 23. 23 でも まだまだ実力が…orz - Git-Flow - - Rails -
  24. 24. 成長を促す事にコミットします •プログラミング個別トレーニング
 circlearound.co.jp/training •企業のチーム開発トレーニング •開発方法論だけではなく、チームビルド、 仕事の進め方やマインドのレクチャも含 めて可能です。 •教育・スキルアップにまつわる開発 24
  25. 25. もくもく会兼相談会 •毎週日曜午後くらい。 •もくもくできます。 •困ったら相談できます。 25 circlearound.doorkeeper.jp つぎは4/19、4/26 です!
  26. 26. ありがとう ございました circlearound.doorkeeper.jp circlearound.co.jp/training

×