千年繁栄する法

458 views

Published on

技術の変化に対しもっと気楽に構えればいいよということを伝える為に作ったもの。本当はもっと書くつもりだったので百年に変えても良いけど当初タイトルで押し通した。断じて宗教的要素は含まれていない。

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
458
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
4
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

千年繁栄する法

  1. 1. 千年繁栄する法2013/6/15 PBL講義 @mryoshio
  2. 2. 目次• 自己紹介• 対象者• 想像してください• 簡単に考える• まとめ2
  3. 3. 自己紹介3開発 / インフラ / 雑用日々是徒労也
  4. 4. 対象者4何から手をつければ良いか分からない開発者
  5. 5. もっと具体的に5経験の無いものを使う必要に迫られて困っている人(喜んでいる人は対象外)
  6. 6. 想像してください6
  7. 7. Aさんの場合7これまでJavaで開発してたけど、上司が急にGAE使った開発すると言い出した。どうしよ。
  8. 8. Aさんの場合8明日からGAE使って開発してよ。よろしく。お疲れ。Pythonでもいいのかな・・・GAE = GoogleApp Engineだよな?誰か周りに聞ける人いたっけかな
  9. 9. Bさんの場合9Rails使って開発中。システムをすべてAWS上に置くことに。
  10. 10. Bさんの場合10社内システムをどんどんクラウドに置くことになったんでやっといて。EC2くらいなら触ったことあるけど・・・アカウントどうしようかな料金も私が調べるのかな
  11. 11. もし貴方なら11どうする?どう思う?どう行動する?
  12. 12. 簡単に考える12
  13. 13. WEB• リクエスト受付• 静的コンテンツの処理• キャッシュ• リダイレクト• プロキシ、ロードバランシング• PHP, Perl, Rubyアプリ等との組み合わせ方• クラスタリング• セッション管理• ルーティング13
  14. 14. AP• 動的コンテンツの生成• キャッシュ• DB接続、コネクションプール• i18n• クラスタリング• セッション管理• O/RM• テンプレートエンジン• ルーティング14
  15. 15. DB• SQL• SQLアンチパターン• RDBMS / NoSQL• クエリ解析• スロークエリの特定• バッファサイズ等主なパラメータ• バックアップ、レストア15
  16. 16. 取捨選択16Apache Tomcat Ruby Ruby on Rails PostgreSQL Herokunginx WebLogic Python Django MySQL GAElighttpd WebSphere Java PlayFrameworkRDS※ EC2JBoss C# Scala Struts2 Oracle NIFTY CloudGo DynamoDB Lift Revel SQLServer PHPこれまで: Java / Apache + Tomcat (Struts2) + MySQL / DCで頑張って構築したサーバこれから: Python / GAE
  17. 17. 取捨選択17Apache Tomcat Ruby Ruby on Rails PostgreSQL Herokunginx WebLogic Python Django MySQL GAElighttpd WebSphere Java PlayFrameworkRDS※ EC2JBoss C# Scala Struts2 Oracle NIFTY CloudGo DynamoDB Lift Revel SQLServer PHPこれまで: Apache / Ruby on Rails / PostgreSQL / 社内サーバこれから: Apache / Ruby on Rails / RDS / EC2
  18. 18. どこを見ている18Application Layer(Real Application you write)Application Platform Layer(WEB/AP/DB Server)Hardware Layer(Infrastructure)
  19. 19. どこを見ている19Ruby on RailsServer (you built)JavaRubyPlayFrameworkDjangoTomcat WebLogic JBossApacheEC2MySQLOracleRDSGAE HerokuPythonScalaPostgreSQLStruts2 Revel Lift
  20. 20. Apache + Tomcat + Struts2 + MySQL20Ruby on RailsServer (you built)JavaRubyPlayFrameworkDjangoTomcat WebLogic JBossApacheEC2MySQLOracleRDSGAE HerokuPythonScalaPostgreSQLStruts2 Revel Lift
  21. 21. Heroku + Ruby on Rails21Server (you built)JavaRubyPlayFrameworkDjangoTomcat WebLogic JBossApacheEC2MySQLOracleRDSGAE HerokuPythonScalaPostgreSQLStruts2 Revel LiftRuby on Rails
  22. 22. Heroku + Ruby on Rails + RDS22Ruby on RailsServer (you built)JavaRubyPlayFrameworkDjangoTomcat WebLogic JBossApacheEC2MySQLOracleRDSGAE HerokuPythonScalaPostgreSQLStruts2 Revel Lift
  23. 23. GAE + Python23Ruby on RailsServer (you built)JavaRubyPlayFrameworkDjangoTomcat WebLogic JBossApacheEC2MySQLOracleRDSGAE HerokuPythonScalaPostgreSQLStruts2 Revel Lift
  24. 24. Java + Play Framework + PostgreSQL + EC224Ruby on RailsServer (you built)JavaRubyPlayFrameworkDjangoTomcat WebLogic JBossApacheEC2MySQLOracleRDSGAE HerokuPythonScalaPostgreSQLStruts2 Revel Lift
  25. 25. まとめ25
  26. 26. 意識の意識今どのレイヤを触っているかを意識すれば良い26
  27. 27. 多分こういうこと使うもの変わってもやることなんて大して変わらない27
  28. 28. +α変わってたら儲けもの位の気持ちで臨めば良い28
  29. 29. For Now不安なのはやる前だけ29
  30. 30. おわり30

×