版管理自動組版201412

1,130 views

Published on

「版管理+自動組版」(http://connpass.com/event/6724/) のスライドです。PyCon JP 2014 の発表内容からPython関係の要素を減らして自動組版の1アプローチとしての考察を少しだけ追加しました。

Published in: Engineering
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,130
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
403
Actions
Shares
0
Downloads
8
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

版管理自動組版201412

  1. 1. 「書籍」ビルドシステム Griflet 宮川大輔 @amedama
  2. 2. 発表者自己紹介 • 宮川大輔 (@amedama) • 株式会社 mokha 取締役 • 「もか」 (もくは) • 前職: Google Inc. (U.S, Android部門)
  3. 3. GitHub + Re:VIEW • GitHub … いわずもがな • Re:VIEW … 書籍執筆に強い軽量マークアップ言語 • @kmuto, @takahashim, @kdmsnr, … • TeX, epub, HTML, InDesign, … • https://github.com/kmuto/review
  4. 4. ビルド失敗に気づかない • 執筆中はビルド結果に無頓着なことが多い • 「HTMLが作れてるのでコミット」 →PDFのビルドが成功するとは限らない • 自動でチェックして( ゚д゚)ホスィ…
  5. 5. 自分で作った
  6. 6. 「書籍」ビルドシステム Griflet • PDF, epub, InDesign, … • Re:VIEWを採用 • 「書籍」の「ビルド」をする • 共同執筆を支援 (記録上の最大は33人)
  7. 7. (2) WebHook (1) commit (3) Build Req. Re:VIEW (4) Build (6) Download (5) Notify Linux
  8. 8. • 軽量なアプリ用サンドボックス環境
  9. 9. C87 (今冬) • 3日目 西地区く-02b TechBooster • 発表者もDocker記事で参加
  10. 10. デモ
  11. 11. ここでやめるつもりは ない(`・ω・́)
  12. 12. Grifletの目標 • Webブラウザで執筆作業の全てを完結させる • Windows環境やChromeOSでも……!
  13. 13. ビルド方法を指定可能に? • Docker Hub -> アプリ環境配布のためのハブ • GitHubがソースコードのハブなのに対して • ビルド環境とインターフェースがあれば • 理想型: Re:VIEWでもSphinxでもオレオレでも
  14. 14. ビルド環境の共有 • サーバライセンスのフォント(例: Monaco)の共有 • そもそもまだ公開出来てない orz • 要望に応じてプロジェクトを作ってる状態 (現在20プロジェクトほど)
  15. 15. 入稿終わらせたい • ワンクリックで印刷業者へ • 現状 • 入稿フォーマットの違いを手で吸収する必要 • 編集や校正とかのサポートが不十分

×