Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

2013_DS5_FinalReview 11n1143 横田 基 風景を借りて暮らす

459 views

Published on

  • Login to see the comments

  • Be the first to like this

2013_DS5_FinalReview 11n1143 横田 基 風景を借りて暮らす

  1. 1. 風景を借りて暮らす11n1143 横田 基DS5 集合住宅 下吹越スタジオSS 人が集合することにより集合する風景 SS
  2. 2. AABBAABB飯田橋駅新見附橋S.1/1500敷地調査外濠は東京都心の市ヶ谷で貴重な水辺空間と緑を併せ持ち、 かつ水平で軸性をもった空間である。 江戸時代に水を供給するためなどの理由により作られた外濠はかつて人々の「生」 の空間であった。 そこの水は江戸の人達には必要不可欠であるというポテンシャルを持っていた。 私はこの外濠の水に集合住宅という人間の 「生」 のプログラムを与えることによりここの水に少しでも生命力や価値が戻ればと思っている。配置図Concept1. 東京のおもしろさとして色々な地域、年代、性格の人が集まっていること。2. 住宅は使う人によって家族構成も違えば、求められる空間も違うこと。3. 他人の家の空間の風景は新鮮で発見にあふれていること。                     ⇩設計手法以上のコンセプトを踏まえ、6住戸の集合住宅の設計を行っていく。住人は 1. 老夫婦2人 2. 学生3人 3. サラリーマン1人 4. アトリエをもつ大人1人   5. 大人2人 , 子供 2 人 6. 大人2人  *これらの配色は平面図参照という様々な人々が住む。住空間構成として大きく構造を担っているダブルラインの壁が住戸と住戸をつなげており、そこにできている空間はただ見えている空間ではなく、自分の家の延長空間にも思えるだろう。他人の家の風景をこれによって取り入れ、その風景は決して自分一人では作る事ができない空間で、日々多くの発見と変化を与えてくれる。また動線構成として住戸はフロアを行き来する際に螺旋状の動線を持っている。またフロア移動の楽しさを演出するため各住戸の各フロアはどれも全方向に開いておらず、フロアを行き来することで景色を獲得できるようになっている。
  3. 3. 水平の関係垂直の関係垂直性の都市空間外濠の水平性と軸性 壁により強調される空間螺旋状の住戸ダイアグラム経済原理を重視するため 垂直に伸びた高層ビルが 都市の景観を作り上げている。都心である市ヶ谷にも関わらず細長い形態や水面により強い軸性と水平性を持っている場所である。経済原理で出来上がる多くの空間は人と人の関係を稀薄にする。経済原理を追求しない集合住宅には不適切であると考える。水平の空間。多くの面積を必要とするものの、人間のアイレベルでの視線の交わりは人が人を意識する。本設計での基本空間である。壁を他の住戸まで貫通させる。これによりできたセミプライベート空間は他の住戸の風景を強調させ、取り込み、より住戸の風景が多様化する。螺旋状の動線は多くの視線の絡まりを生み出し。やがてそれが人間関係へとなる。また他住民の屋根に上ったり地下に入ったりという空間体験にもなる。
  4. 4. first foor plan S.1/100 second floor plan S1/100
  5. 5. third floor plan S1/100 roof plan S1/100AAAABBBB
  6. 6. 鉄板により風景を切り取ることによりまた違った風景へとなる。様々な住戸形態section A-A S.1/100section B-B S.1/100壁で空が切り取られる
  7. 7. 自然を遮断しつつも自然を強調させたり視線を遮りプライバシーを守りながらも人と人をつなげる。そんな対極の共存を可能にする両者共存の意を持つダブルラインの壁により発生したセミパブリックでもないあいまいな空間によって人が歩くたびに他の住戸と inflict しあいまた数歩歩くと別の住戸との inflict へと変わり多くの inflict を生み出す。部分部分で他の住戸から借景のように取り入れる景色は次第にその住戸の全体の風景となり自分の意図ではなく変化する自宅の風景は家族が勝手に自分の部屋の模様替えを行ったような衝撃と少し似ているであろう。また住戸どうしは複雑な動線や抜けによって多くの視線や風景の絡まりを生み出し、やがてスクランブルエッグのような複雑で豊かな人間関係を生み出すだろう。そして本当の意味で人、住戸全体はつながり一つの大きな風景を作り出す。ここに経済原理の目的から離れたもう一つの人間が集合して住まう意味があるのだ。
  8. 8. ∼fin∼

×