梅雨前線の正体〜この梅雨を返り討て〜

504 views

Published on

当日の進行目安:

5分 イントロ・茂木耕作の自己紹介
5分 参加者同士の自己紹介(一般,研究者からの参加者には散らばってもらい,僕からの招待参加二人+WCN数人のグループで一人30秒,そのグループで後ほどグループ討論)
10分 「立ち振る舞い」の見方
10分 グループ討論・発表「梅雨についてよく思い浮かぶ疑問・よく受ける質問・その答え方について」
10分 「姿」の捉え方
10分 グループ討論・発表「梅雨の研究として進んで欲しいと思う課題・既に研究があるなら知りたい課題」
10分 「出会い」の探し方
合計60分

残り参加者同士も含めた自由質疑・自由発表(参加費無料の0次懇親会とお考え下さい(*^_^*))

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
504
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide
  • \n
  • \n
  • 今日、私がお話したいことは、「熱帯における気象観測の価値について」、です。\n観測の価値とは、気圧、気温、風などを含めた現実の情報を得ることにあります。\nしかし、その価値について考えるとき、解けそうで解けない長年の疑問がありました。\nそれは、「ある場所で観測した情報がどれくらいの距離で影響を及ぼすか?」ということです。今年度は、その長年の疑問が解けた、そういった矢先に、堀内課長にお話をお聞き頂けるというのも何かの巡り合わせでしょう。\n答えは、「1万km先まで」。地球を1/4周です。今日はこの1万kmという距離を是非覚えて頂ければと思います。この答えを出したプロジェクトの名前は、\n
  • 今日、私がお話したいことは、「熱帯における気象観測の価値について」、です。\n観測の価値とは、気圧、気温、風などを含めた現実の情報を得ることにあります。\nしかし、その価値について考えるとき、解けそうで解けない長年の疑問がありました。\nそれは、「ある場所で観測した情報がどれくらいの距離で影響を及ぼすか?」ということです。今年度は、その長年の疑問が解けた、そういった矢先に、堀内課長にお話をお聞き頂けるというのも何かの巡り合わせでしょう。\n答えは、「1万km先まで」。地球を1/4周です。今日はこの1万kmという距離を是非覚えて頂ければと思います。この答えを出したプロジェクトの名前は、\n
  • 今日、私がお話したいことは、「熱帯における気象観測の価値について」、です。\n観測の価値とは、気圧、気温、風などを含めた現実の情報を得ることにあります。\nしかし、その価値について考えるとき、解けそうで解けない長年の疑問がありました。\nそれは、「ある場所で観測した情報がどれくらいの距離で影響を及ぼすか?」ということです。今年度は、その長年の疑問が解けた、そういった矢先に、堀内課長にお話をお聞き頂けるというのも何かの巡り合わせでしょう。\n答えは、「1万km先まで」。地球を1/4周です。今日はこの1万kmという距離を是非覚えて頂ければと思います。この答えを出したプロジェクトの名前は、\n
  • 今日、私がお話したいことは、「熱帯における気象観測の価値について」、です。\n観測の価値とは、気圧、気温、風などを含めた現実の情報を得ることにあります。\nしかし、その価値について考えるとき、解けそうで解けない長年の疑問がありました。\nそれは、「ある場所で観測した情報がどれくらいの距離で影響を及ぼすか?」ということです。今年度は、その長年の疑問が解けた、そういった矢先に、堀内課長にお話をお聞き頂けるというのも何かの巡り合わせでしょう。\n答えは、「1万km先まで」。地球を1/4周です。今日はこの1万kmという距離を是非覚えて頂ければと思います。この答えを出したプロジェクトの名前は、\n
  • 今日、私がお話したいことは、「熱帯における気象観測の価値について」、です。\n観測の価値とは、気圧、気温、風などを含めた現実の情報を得ることにあります。\nしかし、その価値について考えるとき、解けそうで解けない長年の疑問がありました。\nそれは、「ある場所で観測した情報がどれくらいの距離で影響を及ぼすか?」ということです。今年度は、その長年の疑問が解けた、そういった矢先に、堀内課長にお話をお聞き頂けるというのも何かの巡り合わせでしょう。\n答えは、「1万km先まで」。地球を1/4周です。今日はこの1万kmという距離を是非覚えて頂ければと思います。この答えを出したプロジェクトの名前は、\n
  • 今日、私がお話したいことは、「熱帯における気象観測の価値について」、です。\n観測の価値とは、気圧、気温、風などを含めた現実の情報を得ることにあります。\nしかし、その価値について考えるとき、解けそうで解けない長年の疑問がありました。\nそれは、「ある場所で観測した情報がどれくらいの距離で影響を及ぼすか?」ということです。今年度は、その長年の疑問が解けた、そういった矢先に、堀内課長にお話をお聞き頂けるというのも何かの巡り合わせでしょう。\n答えは、「1万km先まで」。地球を1/4周です。今日はこの1万kmという距離を是非覚えて頂ければと思います。この答えを出したプロジェクトの名前は、\n
  • 今日、私がお話したいことは、「熱帯における気象観測の価値について」、です。\n観測の価値とは、気圧、気温、風などを含めた現実の情報を得ることにあります。\nしかし、その価値について考えるとき、解けそうで解けない長年の疑問がありました。\nそれは、「ある場所で観測した情報がどれくらいの距離で影響を及ぼすか?」ということです。今年度は、その長年の疑問が解けた、そういった矢先に、堀内課長にお話をお聞き頂けるというのも何かの巡り合わせでしょう。\n答えは、「1万km先まで」。地球を1/4周です。今日はこの1万kmという距離を是非覚えて頂ければと思います。この答えを出したプロジェクトの名前は、\n
  • 今日、私がお話したいことは、「熱帯における気象観測の価値について」、です。\n観測の価値とは、気圧、気温、風などを含めた現実の情報を得ることにあります。\nしかし、その価値について考えるとき、解けそうで解けない長年の疑問がありました。\nそれは、「ある場所で観測した情報がどれくらいの距離で影響を及ぼすか?」ということです。今年度は、その長年の疑問が解けた、そういった矢先に、堀内課長にお話をお聞き頂けるというのも何かの巡り合わせでしょう。\n答えは、「1万km先まで」。地球を1/4周です。今日はこの1万kmという距離を是非覚えて頂ければと思います。この答えを出したプロジェクトの名前は、\n
  • 今日、私がお話したいことは、「熱帯における気象観測の価値について」、です。\n観測の価値とは、気圧、気温、風などを含めた現実の情報を得ることにあります。\nしかし、その価値について考えるとき、解けそうで解けない長年の疑問がありました。\nそれは、「ある場所で観測した情報がどれくらいの距離で影響を及ぼすか?」ということです。今年度は、その長年の疑問が解けた、そういった矢先に、堀内課長にお話をお聞き頂けるというのも何かの巡り合わせでしょう。\n答えは、「1万km先まで」。地球を1/4周です。今日はこの1万kmという距離を是非覚えて頂ければと思います。この答えを出したプロジェクトの名前は、\n
  • 今日、私がお話したいことは、「熱帯における気象観測の価値について」、です。\n観測の価値とは、気圧、気温、風などを含めた現実の情報を得ることにあります。\nしかし、その価値について考えるとき、解けそうで解けない長年の疑問がありました。\nそれは、「ある場所で観測した情報がどれくらいの距離で影響を及ぼすか?」ということです。今年度は、その長年の疑問が解けた、そういった矢先に、堀内課長にお話をお聞き頂けるというのも何かの巡り合わせでしょう。\n答えは、「1万km先まで」。地球を1/4周です。今日はこの1万kmという距離を是非覚えて頂ければと思います。この答えを出したプロジェクトの名前は、\n
  • 今日、私がお話したいことは、「熱帯における気象観測の価値について」、です。\n観測の価値とは、気圧、気温、風などを含めた現実の情報を得ることにあります。\nしかし、その価値について考えるとき、解けそうで解けない長年の疑問がありました。\nそれは、「ある場所で観測した情報がどれくらいの距離で影響を及ぼすか?」ということです。今年度は、その長年の疑問が解けた、そういった矢先に、堀内課長にお話をお聞き頂けるというのも何かの巡り合わせでしょう。\n答えは、「1万km先まで」。地球を1/4周です。今日はこの1万kmという距離を是非覚えて頂ければと思います。この答えを出したプロジェクトの名前は、\n
  • 今日、私がお話したいことは、「熱帯における気象観測の価値について」、です。\n観測の価値とは、気圧、気温、風などを含めた現実の情報を得ることにあります。\nしかし、その価値について考えるとき、解けそうで解けない長年の疑問がありました。\nそれは、「ある場所で観測した情報がどれくらいの距離で影響を及ぼすか?」ということです。今年度は、その長年の疑問が解けた、そういった矢先に、堀内課長にお話をお聞き頂けるというのも何かの巡り合わせでしょう。\n答えは、「1万km先まで」。地球を1/4周です。今日はこの1万kmという距離を是非覚えて頂ければと思います。この答えを出したプロジェクトの名前は、\n
  • 今日、私がお話したいことは、「熱帯における気象観測の価値について」、です。\n観測の価値とは、気圧、気温、風などを含めた現実の情報を得ることにあります。\nしかし、その価値について考えるとき、解けそうで解けない長年の疑問がありました。\nそれは、「ある場所で観測した情報がどれくらいの距離で影響を及ぼすか?」ということです。今年度は、その長年の疑問が解けた、そういった矢先に、堀内課長にお話をお聞き頂けるというのも何かの巡り合わせでしょう。\n答えは、「1万km先まで」。地球を1/4周です。今日はこの1万kmという距離を是非覚えて頂ければと思います。この答えを出したプロジェクトの名前は、\n
  • 今日、私がお話したいことは、「熱帯における気象観測の価値について」、です。\n観測の価値とは、気圧、気温、風などを含めた現実の情報を得ることにあります。\nしかし、その価値について考えるとき、解けそうで解けない長年の疑問がありました。\nそれは、「ある場所で観測した情報がどれくらいの距離で影響を及ぼすか?」ということです。今年度は、その長年の疑問が解けた、そういった矢先に、堀内課長にお話をお聞き頂けるというのも何かの巡り合わせでしょう。\n答えは、「1万km先まで」。地球を1/4周です。今日はこの1万kmという距離を是非覚えて頂ければと思います。この答えを出したプロジェクトの名前は、\n
  • 今日、私がお話したいことは、「熱帯における気象観測の価値について」、です。\n観測の価値とは、気圧、気温、風などを含めた現実の情報を得ることにあります。\nしかし、その価値について考えるとき、解けそうで解けない長年の疑問がありました。\nそれは、「ある場所で観測した情報がどれくらいの距離で影響を及ぼすか?」ということです。今年度は、その長年の疑問が解けた、そういった矢先に、堀内課長にお話をお聞き頂けるというのも何かの巡り合わせでしょう。\n答えは、「1万km先まで」。地球を1/4周です。今日はこの1万kmという距離を是非覚えて頂ければと思います。この答えを出したプロジェクトの名前は、\n
  • 今日、私がお話したいことは、「熱帯における気象観測の価値について」、です。\n観測の価値とは、気圧、気温、風などを含めた現実の情報を得ることにあります。\nしかし、その価値について考えるとき、解けそうで解けない長年の疑問がありました。\nそれは、「ある場所で観測した情報がどれくらいの距離で影響を及ぼすか?」ということです。今年度は、その長年の疑問が解けた、そういった矢先に、堀内課長にお話をお聞き頂けるというのも何かの巡り合わせでしょう。\n答えは、「1万km先まで」。地球を1/4周です。今日はこの1万kmという距離を是非覚えて頂ければと思います。この答えを出したプロジェクトの名前は、\n
  • 今日、私がお話したいことは、「熱帯における気象観測の価値について」、です。\n観測の価値とは、気圧、気温、風などを含めた現実の情報を得ることにあります。\nしかし、その価値について考えるとき、解けそうで解けない長年の疑問がありました。\nそれは、「ある場所で観測した情報がどれくらいの距離で影響を及ぼすか?」ということです。今年度は、その長年の疑問が解けた、そういった矢先に、堀内課長にお話をお聞き頂けるというのも何かの巡り合わせでしょう。\n答えは、「1万km先まで」。地球を1/4周です。今日はこの1万kmという距離を是非覚えて頂ければと思います。この答えを出したプロジェクトの名前は、\n
  • 今日、私がお話したいことは、「熱帯における気象観測の価値について」、です。\n観測の価値とは、気圧、気温、風などを含めた現実の情報を得ることにあります。\nしかし、その価値について考えるとき、解けそうで解けない長年の疑問がありました。\nそれは、「ある場所で観測した情報がどれくらいの距離で影響を及ぼすか?」ということです。今年度は、その長年の疑問が解けた、そういった矢先に、堀内課長にお話をお聞き頂けるというのも何かの巡り合わせでしょう。\n答えは、「1万km先まで」。地球を1/4周です。今日はこの1万kmという距離を是非覚えて頂ければと思います。この答えを出したプロジェクトの名前は、\n
  • 今日、私がお話したいことは、「熱帯における気象観測の価値について」、です。\n観測の価値とは、気圧、気温、風などを含めた現実の情報を得ることにあります。\nしかし、その価値について考えるとき、解けそうで解けない長年の疑問がありました。\nそれは、「ある場所で観測した情報がどれくらいの距離で影響を及ぼすか?」ということです。今年度は、その長年の疑問が解けた、そういった矢先に、堀内課長にお話をお聞き頂けるというのも何かの巡り合わせでしょう。\n答えは、「1万km先まで」。地球を1/4周です。今日はこの1万kmという距離を是非覚えて頂ければと思います。この答えを出したプロジェクトの名前は、\n
  • 今日、私がお話したいことは、「熱帯における気象観測の価値について」、です。\n観測の価値とは、気圧、気温、風などを含めた現実の情報を得ることにあります。\nしかし、その価値について考えるとき、解けそうで解けない長年の疑問がありました。\nそれは、「ある場所で観測した情報がどれくらいの距離で影響を及ぼすか?」ということです。今年度は、その長年の疑問が解けた、そういった矢先に、堀内課長にお話をお聞き頂けるというのも何かの巡り合わせでしょう。\n答えは、「1万km先まで」。地球を1/4周です。今日はこの1万kmという距離を是非覚えて頂ければと思います。この答えを出したプロジェクトの名前は、\n
  • 今日、私がお話したいことは、「熱帯における気象観測の価値について」、です。\n観測の価値とは、気圧、気温、風などを含めた現実の情報を得ることにあります。\nしかし、その価値について考えるとき、解けそうで解けない長年の疑問がありました。\nそれは、「ある場所で観測した情報がどれくらいの距離で影響を及ぼすか?」ということです。今年度は、その長年の疑問が解けた、そういった矢先に、堀内課長にお話をお聞き頂けるというのも何かの巡り合わせでしょう。\n答えは、「1万km先まで」。地球を1/4周です。今日はこの1万kmという距離を是非覚えて頂ければと思います。この答えを出したプロジェクトの名前は、\n
  • 今日、私がお話したいことは、「熱帯における気象観測の価値について」、です。\n観測の価値とは、気圧、気温、風などを含めた現実の情報を得ることにあります。\nしかし、その価値について考えるとき、解けそうで解けない長年の疑問がありました。\nそれは、「ある場所で観測した情報がどれくらいの距離で影響を及ぼすか?」ということです。今年度は、その長年の疑問が解けた、そういった矢先に、堀内課長にお話をお聞き頂けるというのも何かの巡り合わせでしょう。\n答えは、「1万km先まで」。地球を1/4周です。今日はこの1万kmという距離を是非覚えて頂ければと思います。この答えを出したプロジェクトの名前は、\n
  • 今日、私がお話したいことは、「熱帯における気象観測の価値について」、です。\n観測の価値とは、気圧、気温、風などを含めた現実の情報を得ることにあります。\nしかし、その価値について考えるとき、解けそうで解けない長年の疑問がありました。\nそれは、「ある場所で観測した情報がどれくらいの距離で影響を及ぼすか?」ということです。今年度は、その長年の疑問が解けた、そういった矢先に、堀内課長にお話をお聞き頂けるというのも何かの巡り合わせでしょう。\n答えは、「1万km先まで」。地球を1/4周です。今日はこの1万kmという距離を是非覚えて頂ければと思います。この答えを出したプロジェクトの名前は、\n
  • 今日、私がお話したいことは、「熱帯における気象観測の価値について」、です。\n観測の価値とは、気圧、気温、風などを含めた現実の情報を得ることにあります。\nしかし、その価値について考えるとき、解けそうで解けない長年の疑問がありました。\nそれは、「ある場所で観測した情報がどれくらいの距離で影響を及ぼすか?」ということです。今年度は、その長年の疑問が解けた、そういった矢先に、堀内課長にお話をお聞き頂けるというのも何かの巡り合わせでしょう。\n答えは、「1万km先まで」。地球を1/4周です。今日はこの1万kmという距離を是非覚えて頂ければと思います。この答えを出したプロジェクトの名前は、\n
  • 今日、私がお話したいことは、「熱帯における気象観測の価値について」、です。\n観測の価値とは、気圧、気温、風などを含めた現実の情報を得ることにあります。\nしかし、その価値について考えるとき、解けそうで解けない長年の疑問がありました。\nそれは、「ある場所で観測した情報がどれくらいの距離で影響を及ぼすか?」ということです。今年度は、その長年の疑問が解けた、そういった矢先に、堀内課長にお話をお聞き頂けるというのも何かの巡り合わせでしょう。\n答えは、「1万km先まで」。地球を1/4周です。今日はこの1万kmという距離を是非覚えて頂ければと思います。この答えを出したプロジェクトの名前は、\n
  • 今日、私がお話したいことは、「熱帯における気象観測の価値について」、です。\n観測の価値とは、気圧、気温、風などを含めた現実の情報を得ることにあります。\nしかし、その価値について考えるとき、解けそうで解けない長年の疑問がありました。\nそれは、「ある場所で観測した情報がどれくらいの距離で影響を及ぼすか?」ということです。今年度は、その長年の疑問が解けた、そういった矢先に、堀内課長にお話をお聞き頂けるというのも何かの巡り合わせでしょう。\n答えは、「1万km先まで」。地球を1/4周です。今日はこの1万kmという距離を是非覚えて頂ければと思います。この答えを出したプロジェクトの名前は、\n
  • 今日、私がお話したいことは、「熱帯における気象観測の価値について」、です。\n観測の価値とは、気圧、気温、風などを含めた現実の情報を得ることにあります。\nしかし、その価値について考えるとき、解けそうで解けない長年の疑問がありました。\nそれは、「ある場所で観測した情報がどれくらいの距離で影響を及ぼすか?」ということです。今年度は、その長年の疑問が解けた、そういった矢先に、堀内課長にお話をお聞き頂けるというのも何かの巡り合わせでしょう。\n答えは、「1万km先まで」。地球を1/4周です。今日はこの1万kmという距離を是非覚えて頂ければと思います。この答えを出したプロジェクトの名前は、\n
  • 梅雨前線の正体〜この梅雨を返り討て〜

    1. 1. 梅雨前線の正体∼この梅雨を返り討て!!∼
    2. 2. みなさま,本日はようこそおいで下さいました. 本日のプレゼンターは, あることで世界一のあの人物です. そう,世界で一番スゴユル(スゴくユルい)な研究者, といえば,あの人物. どうか温かい拍手でお迎え下さい. どうぞ(・∀・)!!!!
    3. 3. 誤解思い違い.間違った解釈.
    4. 4. 誤解 思い違い.間違った解釈. 「研究」とは難しい事を頭のイイ人がしかめ面でやること.
    5. 5. 津口裕茂気象研究所研究官
    6. 6. 津口裕茂気象研究所研究官
    7. 7. 「研究」とは, 素朴な疑問を思いついたら,考えて議論するのが楽しくてやめられないこと.
    8. 8. 梅雨前線の正体∼この梅雨を返り討て!!∼
    9. 9. 自分の疑問が何であるかを研究している人伝え方を研究している人 仕組みを研究している人
    10. 10. 自己紹介
    11. 11. 「立ち振る舞い」 の見方自己紹介
    12. 12. 「立ち振る舞い」 の見方 「姿」自己紹介 の捉え方
    13. 13. 「立ち振る舞い」 「出会い」 の見方 の探し方 「姿」自己紹介 の捉え方
    14. 14. 「立ち振る舞い」 「出会い」 の見方 の探し方 「姿」 ノンアルコール自己紹介 の捉え方 懇親会
    15. 15. ♪6月6日に雨ザーザー降ってきて・・・
    16. 16. では,みなさんの番です.
    17. 17. あなたのお名前は?ナゼここに来ましたか?
    18. 18. 「梅雨前線の立ち振る舞い」 の見方
    19. 19. 「梅雨前線の姿」 の捉え方
    20. 20. 「梅雨前線をめぐる出会い」 の探し方

    ×