Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

CINDY期間中の解析誤差分布の特徴

637 views

Published on

講演動画Youtube→ http://bit.ly/PJCeAL
要旨:
 2011年10月から2012年2月にかけてインド洋でMJO発生の観測を目的とした国際大気海洋観測計画CINDYが実施された.ここでは,観測船「みらい」が捉えた10月後半のMJOについて,アンサンブル大気再解析ALERA2による解析誤差の特徴を報告する.
 図(a)に示すように,南緯8度,東経80.5度でラジオゾンデ定点観測(毎日8回)を行なっていたみらいによる相対湿度の時系列では,10月25日から11月5日まで深い湿潤域が観測された.
 この観測結果のうちのMJO通過前後における南緯10度—0度,東経70度—80度で平均したALERA2による東西風の解析誤差および解析値を図(b)に示す.CINDYに関連して実施された周囲6地点でのゾンデ強化観測データはGTSへの通報を通じてALERA2の解析にも用いられている.
 等値線で示す東西風解析値では,MJO通過時期に地表から500hPa付近までの深さの西風極大が現れており,さらに通過の前と後に下層西風の極大がそれぞれ2回,1回現れている.
 こうした西風の極大が現れる1〜2日前の中層東風域に解析誤差の極大が現れていることは大きな特徴である.また,これらの解析誤差の極大は,徐々により上層で現れるような傾向が見られ,これはMJOおよびその前後に発生する対流活動の深さが解析値の不確定性に寄与しているためだと考えられる.

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

CINDY期間中の解析誤差分布の特徴

  1. 1. CINDY期間中の解析誤差分布の特徴 茂木耕作 海洋研究開発機構
  2. 2. CINDY期間中の解析誤差分布の特徴 茂木耕作 海洋研究開発機構
  3. 3. CINDY2011 Japan / Mirai Oct. 2011-Jan. 2012 Oct 2011-Jan 2012 U.S. / Roger Revelle + + ++ Nairobi + Seychelles ++ + Cocos India / Sagar Kanya
  4. 4. CINDY MJO1 3事例の MJO2 MJOを MJO3 観測
  5. 5. A2 だけが 示せるALERCINDY中のMJOの特徴 茂木耕作 海洋研究開発機構
  6. 6. ALERA2エラーバー付き客観解析(2003∼2012) 観測 アンサンブル のばらつき ≒ 誤差 次の解析 解析 予報
  7. 7. ALERA2 予報モデル AFES (榎本剛)同化システム LETKF (三好建正) 解像度 T119L48アンサンブル数 63 UCAR GTS 観測 NOAA 日毎のSST
  8. 8. R A2だけ が示せるMJO1 ALE MJO1の特徴MJO2MJO3
  9. 9. 東西風解析値の時間高度断面
  10. 10. 東西風解析値の時間高度断面 U解析(m/s)σ面高度 西風 西風 西風 MJO1
  11. 11. 東西風誤差の時間高度断面 U誤差(m/s)σ面高度 西風 西風 西風 MJO1
  12. 12. 東西風誤差の時間高度断面 U誤差(m/s) E1 E2 E3 E4σ面高度 MJO1
  13. 13. 東西風誤差の経度時間断面 E1 E2 E3 MJO1 E4
  14. 14. 東西風誤差の偏差の経度時間断面 E1 E2 E3 MJO1 E4
  15. 15. 東西風誤差の偏差の経度時間断面 E1 E2 E3 MJO1 E4
  16. 16. U誤差(500hPa)MJO1 MJO1MJO2 MJO2MJO3 MJO3
  17. 17. V誤差(500hPa)MJO1 MJO1MJO2 MJO2MJO3 MJO3
  18. 18. T誤差(500hPa)MJO1 MJO1MJO2 MJO2MJO3 MJO3
  19. 19. Q誤差(500hPa)MJO1MJO2MJO3
  20. 20. 誤差 進 Q東進 西 UVT 誤差力学場不確定性 水蒸気場不確定性 後面で大 前面で大
  21. 21. A2 だけが 示せる ALER CINDY中のMJOの特徴 力学場不確定性 水蒸気場不確定性 後面で大 前面で大 アフリカ大陸 海大陸でのでの力学場観測強化 水蒸気観測強化
  22. 22. A2 だけが 示せるALERCINDY中のMJOの特徴 茂木耕作
  23. 23. 現象が生じた結果として 見える解析値 解析誤差発生前の兆候
  24. 24. 可降水量MJO1MJO2MJO3
  25. 25. MJO1 CINDYMJO2MJO3
  26. 26. 現象トレーサー:解析誤差
  27. 27. T誤差(500hPa) CW誤差(500hPa) MJO1 MJO2 MJO3
  28. 28. T誤差(500hPa) Q誤差(500hPa) MJO1 MJO2 MJO3
  29. 29. PDF 予稿 紙 MJO発生前から中層で周期的誤差増大

×