Moteki jp g-udatamuseum-140428

491 views

Published on

Published in: Science
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
491
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
19
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Moteki jp g-udatamuseum-140428

  1. 1. ? アンサンブル大気再解析 茂木耕作 海洋研究開発機構 ALERA2で何が見えるか MJOの新たな視点
  2. 2. アンサンブル大気再解析 ALERA2が 公開されました(・∀・)
  3. 3. アンサンブル大気再解析 ALERA2
  4. 4. アンサンブル大気再解析 ALERA2
  5. 5. アンサンブル大気再解析 ALERA2 http://www.jamstec.go.jp/esc/afes/alera GrADS OPeNDAPサーバーで提供 解像度 T119L48(1° ×1°) アンサンブル数 63 観測データ UCAR GTSアーカイブ 観測データ NOAA 0.25°日別SST
  6. 6. アンサンブル大気再解析 ALERA22008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2008.6.1-2013.10.12
  7. 7. 最強説 スプレッド アンサンブル大気再解析の を布教して8年。
  8. 8. とは? アンサンブル のばらつき ≒ 誤差 次の解析 予報 観測 解析 スプレッド
  9. 9. GOES9赤外画像 擾乱の存在を反映
  10. 10. ALERA東西風誤差 擾乱の存在を反映
  11. 11. 観測点密度を反映
  12. 12. 2大リスク 過剰に疑って解析が進まない 過剰に信じて他と整合しない データセットの
  13. 13. 2大リスク を客観的に排除する変数。 データセットの アンサンブル スプレッド
  14. 14. それだけじゃありません(・∀・) MJOの新たな視点 ?
  15. 15. Madden-Julian Oscillation eastward-traveling cloud system with a few thousands km scale 10 Nov. 2006 20 Nov. 2006 7 Dec. 2006
  16. 16. CINDY2011 Japan / Mirai U.S. / Roger Revelle India / Sagar Kanya Seychelles Oct 2011-Jan 2012 Cocos Nairobi Oct. 2011-Jan. 2012 + + ++ ++ + +
  17. 17. MJO1 MJO2 MJO3 3事例の MJOを 観測 CINDY
  18. 18. CINDY中の MJOの特徴 ALERA2だけが示せる
  19. 19. MJO1 MJO2 MJO3 MJO1の特徴 ALERA2だけが示せる
  20. 20. 西風 西風西風 U解析(m/s) σ面高度 MJO1 東西風解析値の時間高度断面
  21. 21. 西風 西風西風 U誤差(m/s) σ面高度 MJO1 東西風誤差の時間高度断面
  22. 22. U誤差(m/s) σ面高度 MJO1 E1 E2 E3 E4 東西風誤差の時間高度断面
  23. 23. E1 E2 E3 E4 東西風誤差の経度時間断面 MJO1
  24. 24. E1 E2 E3 E4 東西風誤差の偏差の経度時間断面 MJO1
  25. 25. E1 E2 E3 E4 東西風誤差の偏差の経度時間断面 MJO1
  26. 26. MJO1 MJO2 MJO3 MJO1 MJO2 MJO3 U誤差(500hPa)
  27. 27. MJO1 MJO2 MJO3 MJO1 MJO2 MJO3 V誤差(500hPa)
  28. 28. MJO1 MJO2 MJO3 MJO1 MJO2 MJO3 T誤差(500hPa)
  29. 29. MJO1 MJO2 MJO3 CW誤差(500hPa) MJO1 MJO2 MJO3
  30. 30. MJO1 MJO2 MJO3 Q誤差(500hPa)
  31. 31. 東進UVT誤差 西進Q誤差 力学場不確定性 後面で大 水蒸気場不確定性 前面で大
  32. 32. CINDY中のMJOの特徴 ALERA2だけが示せる 力学場不確定性 後面で大 水蒸気場不確定性 前面で大 海大陸での 水蒸気観測強化 アフリカ大陸 での力学場観測強化
  33. 33. ? アンサンブル大気再解析 茂木耕作 海洋研究開発機構 ALERA2で何が見えるか MJOの新たな視点
  34. 34. ALERA2で検索してください(・∀・)
  35. 35. 過信・疑心のリスク でやっつけて下さい(・∀・) を スプレッド
  36. 36. でイケるなら MJO あなたの研究対象でも 余裕でイケます(・∀・)
  37. 37. 最強時代 スプレッド アンサンブル大気再解析の がもうすぐ来るはず
  38. 38. 予報モデル AFES (榎本剛) 同化システム LETKF (三好建正) 解像度 T119L48 アンサンブル数 63 観測 UCAR GTS 観測 NOAA 日毎のSST ALERA2
  39. 39. CINDY中のMJOの特徴 茂木耕作 ALERA2だけが示せる
  40. 40. 現象が生じた結果として 見える解析値 発生前の兆候 解析誤差
  41. 41. MJO1 MJO2 MJO3 可降水量
  42. 42. MJO1 MJO2 MJO3 CINDY
  43. 43. 現象トレーサー:解析誤差
  44. 44. Q誤差(500hPa)T誤差(500hPa) MJO1 MJO2 MJO3
  45. 45. MJO発生前から中層で周期的誤差増大 紙PDF 予稿

×