Red Hat Enterprise Linuxの種類

6,280 views

Published on

Red Hat Enterprise LinuxのServerやDesktop, Workstation, HPC Compute Nodeなどの種類で何が違うのか、ユースケースの縛りはどういうものか等の紹介

Published in: Technology
0 Comments
6 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
6,280
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
144
Actions
Shares
0
Downloads
58
Comments
0
Likes
6
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Red Hat Enterprise Linuxの種類

  1. 1. Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 1 Red Hat Enterprise Linuxの種類 2016-03 レッドハット株式会社<sales-jp@redhat.com>
  2. 2. Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 2 このスライドの目的と注意書き • このスライドはRed Hat Enterprise Linux製品の種類につ いて概要を解説します • 各製品の厳密な定義が必要な場合には「RED HATエンター プライズ契約」内で定義されておりますのでそちらをご確 認ください • このスライドでの定義と上記契約書での定義に齟齬がある 場合、契約書での定義が正しくこのスライドでの定義は誤 りです
  3. 3. Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 3 agenda • Red Hat Enterprise Linuxの種類 • 正式な製品名 • ユースケース: Server • ユースケース: Desktop, Workstation • ユースケース: HPC Compute Node, HPC Head Node • パッケージのセット • RHEL Serverの派生製品 • SAP • IBM • Real Time • 情報源
  4. 4. Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 4 Red Hat Enterprise Linuxの種類 • RHELにはいくつかの種類があります • Server, Desktop, Workstationなど • 各種類ごとに以下が決まっていて、互いに異なります • サポートをうけられるユースケース • 含まれるパッケージのセット • メモリ量、CPU数のサポート上限 • 価格とSKUは上記に加えてサポート時間、仮想マシン数、 CPUソケッ ト数により変わります • ハードウェア互換性は基本的に全ての種類で共通です • Red Hat Hardware Catalogに記載される"Server"や "Desktop/Workstation" はハードウェアの種類でRHELの種類では ありません • 「デスクトップ機なのでWorkstationしか使えない」というような 制限はありません このスライドで 説明します
  5. 5. Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 5 正式な製品名 • RHELの種類 • Red Hat Enterprise Linux Server • Red Hat Enterprise Linux Desktop • Red Hat Enterprise Linux Workstation • Red Hat Enterprise Linux for HPC Compute Node • Red Hat Enterprise Linux for HPC Head Node • Serverの派生製品 • Red Hat Enterprise Linux for SAP applications • Red Hat Enterprise Linux for SAP HANA • Red Hat Enterprise Linux for IBM Power, BE • Red Hat Enterprise Linux for IBM Power, LE • Red Hat Enterprise Linux for IBM System z • Red Hat Enterprise Linux for Real Time
  6. 6. Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 6 ユースケース: Server • サーバコンピューティング • 他の論理的または物理的クライアントもしくはサーバシ ステムへのサービス提供 • マルチユーザー アプリケーションの実行を含む ※アドオンが利用できるのはServerのみ
  7. 7. Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 7 ユースケース: Desktop, Workstation • パーソナルコンピュータシステム • キーボードとディスプレイを直接接続し作業を行う • シングルユーザーのために、アプリケーションおよび/ま たはサービスを実行することを主目的とする ※DesktopとWorkstationは選択できる仮想マシン数やメ モリ量、CPUソケット数に制限があります
  8. 8. Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 8 ユースケース: HPC Compute Node, HPC Head Node • 最低4つのシステム(クラスタ)による高性能コンピューティ ング • クラスタ内の個々の計算ノードに送られる数値計算配分タ スクのために使用される • 複数組のデータで数値計算作業を実行することで、特定の タスクについて単一の機能またはシステムとして機能する • マネジメントまたはヘッドノードの数は、クラスタのノー ド総数の 4 分の 1 を超えない • クラスタの計算ノードはすべて、同じレッドハット エンタ プライズ リナックスの構成を持っている。 ※データベース、ウェブアプリケーション、ロードバランシ ング、ファイル サービングの各クラスタを作動させるシス テムは、HPCノードとみなされない
  9. 9. Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 9 HPCイメージ図 Head Node Head Node Compute Node Compute Node Compute Node Compute Node Compute Node Compute Node Compute Node Compute Node Compute Node Compute Node Compute Node Compute Node jobjobjobjobjobjob jobjobjobjobjob job job job job job job job job job job • HPCで想定している使い方 • 大量の計算を必要とするタス クを、たくさんの細かいjobに 分割 • Head Nodeにjobを登録 • Head NodeでjobをCompute Nodeに割り当て • Compute Nodeでjobを実行
  10. 10. Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 10 パッケージのセット • 種類によってrpmパッケージの有無が変わります • パッケージのバージョンは全種類で統一されています • RHEL6では以下の4種類が存在し、それぞれ異なります • Server、Workstation、Client、ComputeNode • どの種類にどのパッケージが含まれるかはドキュメント 「Package Manifest」に記載されています
  11. 11. Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 11 種類 パッケージのセット Server Server Desktop Client Workstation Workstation HPC Compute Node ComputeNode HPC Head Node Server RHELの種類とパッケージのセット
  12. 12. Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 12 RHEL Serverの派生製品(SAP) • Red Hat Enterprise Linux for SAP applications • Red Hat Enterprise Linux for SAP HANA • SAPがSAP製品とRHELの両方をサポート窓口になる • SAPにRed Hatの専任チームが常駐 • RHEL Server+SAP製品用の追加パッケージと設定 お問いあわせ RHEL問題対応 お客様 SAPサポート Red Hat サポート RHELとSAPの 切り分け不要
  13. 13. Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 13 RHEL Serverの派生製品(Power,z) • Red Hat Enterprise Linux for IBM Power, BE • Red Hat Enterprise Linux for IBM Power, LE • Red Hat Enterprise Linux for IBM System z • IBMはx86ではなく独自のCPUアーキテクチャを販売してい ます。これらに対応したバージョンのRHELです。 • IBM Power Systems • IBM z Systems • 基本的にはx86と同様の機能が利用できますが一部利用で きないもの(Docker等)があります。
  14. 14. Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 14 RHEL Serverの派生製品(Real Time) • Red Hat Enterprise Linux for Real Time • 「リアルタイム性能」が良いカーネルを含んだRHEL • レイテンシの最悪値が大きくなりにくいよう調整した カーネルを提供 • 具体的にはどういうこと? • RHELでは平均4マイクロ秒、最悪1000マイクロ秒 待たされるベンチマークを実施すると、 RHEL for RTでは平均9マイクロ秒、最悪42マイクロ秒 • 速くなるわけではなく(むしろ遅い)、最悪値が改善する • アプリケーションが実際に要件を満たすためには、 アプリケーションやハードウェアの調整も必須 • MRG Realtimeの後継。RHELのアドオンではなくなった
  15. 15. Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 15 情報源 • Enterprise Agreement • 厳密な定義はこちら • http://jp.redhat.com/footer/japan-buy.html 内「RED HATエンター プライズ契約」 • Package Manifest • パッケージセットの違いは以下の「Package Manifest」から https://access.redhat.com/knowledge/docs/Red_Hat_Enterprise_Linux/ • サポート制限の比較表 • メモリ量、CPU数の上限はこちら • Desktop https://jp.redhat.com/products/enterprise-linux/desktop/compare.html • Server https://jp.redhat.com/products/enterprise-linux/server/compare.html
  16. 16. 16

×