森理式ハッカソンのすすめ

800 views

Published on

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

森理式ハッカソンのすすめ

  1. 1. 森理式ハッカソンのすすめ森理 麟(moririring)
  2. 2. 自己紹介  森理 麟(moriri-ring)● 職業 : ゲームプログラマ● Twitter : @moririring● ブログ : 森理 麟(moririring)のプログラマブログ● 自作アプリ : クッキツイート,HashifyWin● ML : Visual Studio Hackathon
  3. 3. アジェンダ● ハッカソンとは● 森理のハッカソン体験● ハッカソンの歩き方
  4. 4. 今日のゴールハッカソンに興味を持ってもらうこと。
  5. 5. ハッカソンとは?What is a Hackathon?
  6. 6. ハッカソンでGoogle検索すると…
  7. 7. ハッカソンとは?ハッカソンとは、とある開発テーマの技術に興味のあるプログラマたちが、会議室やソファーがある場所などにノートPC持参で集まり、みんなで一緒にソフトウェアをハックしまくって楽しみ、最後に開発したアプリケーションやサービスを参加者全員の前でプレゼンするという、いわばギーグのためのお祭りイベントです。引用:一色政彦 WEB SITEより
  8. 8. ギーグのためのお祭りイベントです
  9. 9. さらにハッカソンでGoogle検索すると…
  10. 10. ハッカソンとは?ハッカソンとは、ハックとマラソンを組み合わせた造語で、プログラマが集まってわいわいとプログラミンをする、というイベントのこと。引用:Publickyeより
  11. 11. 集まってわいわいするイベント
  12. 12. 森理にとってのハッカソンとは?作ることが好きな人が集まって、その場でアプリを作ってしまうというすごく楽しいイベントです。
  13. 13. アイデアソンとは?アイデアとマラソンをかけた造語で、チーム毎に、ハッカソンで作るもののアイデアを出し合います。
  14. 14. ハッカソンは上級者だけのものじゃない
  15. 15. ハッカソンに必要なものは?● やる気● ノートパソコン1台
  16. 16. 森理のハッカソン体験記moririrings experience hackathon
  17. 17. 最初に参加したハッカソンHack For Japan
  18. 18. Hack For Japan● 震災への貢献をテーマにしたハッカソン。● アイデアソンはネット上で2日前から開催。● チーム5goodsでWEBアプリを作成。● WEBでの書き込み部分を担当。  PHP経験は数カ月レベル。
  19. 19. Have fun!Hack For Japnでのハッカソン開始の挨拶が非常に印象的でした。
  20. 20. 2回目に参加したハッカソンAndriod Hackathon in kyoto
  21. 21. Android Hackathon in kyoto● アンドロイドをテーマにしたハッカソン● アイデアソンは1週間前に開催● 森理提案のショッピング彼女  アイデアソン2位、ハッカソン3位● 思考部分を担当。Androidの経験は、本1冊
  22. 22. 3回目に参加したハッカソンGoogle App Engine Hackathon in Kyoto
  23. 23. Google App Engine Hackathon● GAEをテーマにしたハッカソン● 参加人数が少なかったため、 作業は個人単位。● 百聞は一見にしかずを作成。未完成なが ら、プレゼンは出来るレベルだったので参加。● GAE経験は前日勉強のみ。
  24. 24. 4回目に参加したハッカソンGlobal Android Dev Camp 2012
  25. 25. Global Andriod Dev Camp 2012● Google主催の世界同時開催ハッカソン● アイデアソンは1日前● 森理提案の絵文字SNSでプレゼン。● 残念ながらアイデアソンのみの参加
  26. 26. まとめハッカソン、アイデアソン共に色々なスタイルがあります。スキルがなくてもやれる事は必ずありました。凄く勉強になり、凄く楽しいです。         ____     /_ノ  ヽ_\   /(≡)   (≡)\  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   ヘブン状態!!  |     |r┬-|     |     \      `ーlj´    /     
  27. 27. 番外編#1岡田斗司夫のワールドカフェin大阪
  28. 28. ワールドカフェのやり方● 最初から決められたグループに着席● リーダーを残して自由に席替え×2回● 自分のグループに戻って結論出し
  29. 29. ワールドカフェの特徴● テーブルにはお菓子があり、持ち込み推奨● 巨大サイズの紙とマジックで書き込み自由● ポストイットで気づきの貼り出し● おもちゃのマイクで発言
  30. 30. 番外編#2Twitterラウンドテーブル
  31. 31. Twitterラウンドテーブル● 司会の人がテーマに基づき、ハッシュタグを 決めてつぶやく● それに対し皆が言いたいことをツイート● リツイートで良い発言は勝手にピックアップ● 結論のまとめはなし
  32. 32. Twitterラウンドテーブル用のツール● TweetChatというツールを使うとより効果的● 自動更新で発言は次々に表示されていく● ハッシュタグの発言だけを表示してくれる● 自分の発言も自動的にハッシュタグが付く
  33. 33. ハッカソンの歩き方How to walk of the hackathon
  34. 34. ハッカソンは参加者が作るイベント
  35. 35. 参加側も準備した方が楽しめる
  36. 36. ハッカソンあるある#1アイデアを考えるだけで時間がなくなる…
  37. 37. ハッカソンの準備#1アイデアはなんとなくでも、なるべく考えて行く
  38. 38. アイデアのメモにはGoogleドキュメント!● クラウド● 共有● 同時編集● チャット
  39. 39. ハッカソンあるある#2ハッカソンを開始したらソフトが入っていない…
  40. 40. ハッカソンの準備#2当日ネットワーク環境があっても開発環境のインストールはすませておくのがマスト
  41. 41. ハッカソンあるある#3ソースを同期させたら文字化け…
  42. 42. ハッカソンの準備#3未経験で出るなら一夜漬け(笑)
  43. 43. ハッカソンあるある#4ネットワークがつながらない…
  44. 44. ハッカソンの準備#4準備してもトラブルは発生する心の準備は忘れずに…トラブルも楽しもう!
  45. 45. 理想のハッカソン● アイデアを拡げられる!● 初心者や上級者から学べる!● 業種、職種を超えてコラボが出来る!● 終わった後もつながりが持てる!
  46. 46. まとめ如何でしたでしょうかハッカソン、興味が出てきましたか?そう思ってもらえれば、今日はゴールです!
  47. 47. 以上ご清聴有難うございました。

×