20131220 aws勉強会

756 views

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
756
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
18
Actions
Shares
0
Downloads
7
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

20131220 aws勉強会

  1. 1. AWS 勉強会 - Road to Infrastructure Engineer 株式会社キッズス ター 森 哲哉 a.k.a: monry
  2. 2. あじぇんだ AWS の概要 AWS のサービス 質疑応答
  3. 3. AWS の概要
  4. 4. AWS ってなぁに ? Amazon Web Service の略 http://aws.amazon.com/jp/ IaaS (Infrastructure as a Service) クラウド ( 笑 )
  5. 5. で、結局なぁに? IT サービスの基盤を貸してくれる サービス サーバとかストレージとかコンテン ツ配信 とかを ( 比較的 ) 安価に提供してく れる ブラウザでボタンをポチポチ押して いったら
  6. 6. 何が嬉しいの? IaaS 的なサービスが登場するまでは… 必要な構成を見積る 稟議が通らなくて涙目 業者と交渉してサーバを買い付け データセンターに行ってラッキング 結線ミスって涙目 火を入れてみたら HW 障害で涙目 減価償却とか考えてなくて涙目 と言ったプロセスが必要でした。
  7. 7. 何が嬉しいの? オンプレ ( オンプレミス : いわゆるデー タセンターに物理的なサーバを配置して いる環境のコト ) だと、サーバを追加するまでに、 1 ヶ月くらいは余裕で掛かっていた これが、ボタンポチポチして 10 分くらい で 追加完了となる 「あ、構成ミスったな…。」って思った
  8. 8. 何が嬉しいの? データセンターが世界各地にある 2013 年 12 月現在 8 リージョン 正確には Availabiliry Zone 単位なので、 もっとイッパイあるけど ネットワーク的に近いところからサービスを 提供できる AZ の配置を散らすコトで、どこかの AZ が 死んでもサービスを継続できる
  9. 9. インフラエンジニ ア ってことは、オンプレでガリガリ活 不要説? 躍した エンジニアってもうお払い箱ですよ ねー もはや、超ミッションクリティカル な サービスとか、現時点で IaaS が 提供していないシステム要件な 環境くらいでしか活躍できねぇんじ
  10. 10. インフラエンジニ ア 不要説? んなこたぁ ない。
  11. 11. 我々がやるべきコ ト あくまで AWS の担当は「箱の準備 」 サービス利用側としては サービスの組み合わせを設計 準備出来た箱のセットアップ 安定運用のための監視とか をやらなきゃダメなのです!!
  12. 12. でも、お高いんで しょう? AWS は、原則的に従量課金制 使った分だけ請求される ビジネスのスケールに合わせて、 インフラもスケールさせるコトが大 事 ぶっちゃけ、森の経験則的には、 「オンプレより、やや安いかな…?
  13. 13. AWS のサービス
  14. 14. AWS のサービス AWS では 2013 年 12 月現在、 27 個のサービスが展開されています (AWS Management Console 的な 意味で ) これら大量のサービスを ( 基本的には ) AWS Management Console という Web 画面で管理できちゃうのです 次ページ以降で、簡単に紹介していき
  15. 15. 先ずは、弊社で 使ってるモノ
  16. 16. EC2 Amazon Elastic Compute Cloud 仮想サーバ OS を選択可 CentOS, Debian, SuSE Linux Enterprise, Amazon Linux, Oracle Enterprise Linux, Ubuntu, Red Hat Enterprise Linux, Windows Server
  17. 17. EC2 micro から 8xlarge まで様々なス ペック メモリ : 0.6GB - 117GB CPU: 1.7GHz - 183GHz ( 理論値 ) オートスケール可能
  18. 18. RDS Amazon Relational Database Service いわゆるデータベース 幾つかの RDBMS を選択可 MySQL, PostgreSQL, Oracle, MS SQL Server ライセンス管理とかは Amazon
  19. 19. RDS スペックも選択可 CPU: 3.4GHz - 149.6GHz ( 理論 値) メモリ : 0.6GB - 224GB Multi AZ が安心! 複数の Availability Zone に対し て
  20. 20. ELB Elastic Load Balancing ロードバランサ : 負荷分散装置 大量のリクエストを、複数の EC2 に 対してよしなに分散してくれる 付け外し簡単 SSL の証明書も食わせられる
  21. 21. S3 Amazon Simple Storage Service 容量無制限のストレージ インターネット越しのアクセス可 ただし、ちょっと遅い 兎に角、安い
  22. 22. CloudFront Amazon CloudFront CDN: Contents Deliver Network 任意のコンテンツを高速配信してく れる 静的なコンテンツのみならず、 動画のストリーミング配信も可能
  23. 23. Route 53 Amazon Route 53 いわゆる DNS ELB を簡単に指定できるのが素敵 変動する IP の変更に追従してく れる レジストラ機能があれば完璧なのに …っ!
  24. 24. CloudWatch Amazon CloudWatch リソース監視 CPU とかディスクとかの状態を記録 2 週間分保持 簡単なアラームとかを仕込める AutoScale の基準にできる
  25. 25. SES Amazon Simple Email Service メール配信 大量のメールをいっぺんに配信でき る エラーメール周りの処理とかもでき る
  26. 26. SNS Amazon Simple Notification Service 各種通知用サービス iOS, Android への PUSH 配信 メール /SMS も勿論 OK KS ではメール利用のみ
  27. 27. IAM AWS Identity and Access Management AWS へのアクセスを管理 協力会社との共同開発時とかに使う 監視業者のアクセスコントロールと かにも
  28. 28. 次に、 monry が 使ってみたいモノ
  29. 29. Glacier Amazon Glacier 永続安価ストレージ 主にアーカイブの保管 / 取得に対し て課金 殆ど使わないバックアップデータと かに最適 取得などのジョブに対して完了時に
  30. 30. DynamoDB Amazon DynamoDB NoSQL: 構造を必要としないデータベ ース 容量無制限 高速 ( 数 ms) なデータアクセスを実 現 勝手にスケーリングとかしてくれる
  31. 31. ElasitCache Amazon ElastiCache キャッシュサーバ Memcache / Redis を選べる EC2 とかに memcached 立てても 良いが、 こっちのが冗長性とか加味しても便 利
  32. 32. OpsWorks Amazon OpsWorks サーバのプロビジョニング コードベース (Chef) の定義により 、 ミドルウェアのインストールなどを 自動化 SSH のユーザとかも自動でアレコ
  33. 33. EMR Amazon Elastic MapReduce ビッグデータを並列検索 Hadoop を使った集計が可能 ログの解析とかに使えそうかな?
  34. 34. Redshift Amazon Redshift ペタバイト (10^15 byte) 単位の データ保存と検索が可能 EMR で整形・正規化したデータを Redshift に食わせて検索する感じ? PostgreSQL ベースの検索エンジン BI: Business Intelligence 向き?
  35. 35. Elastic Transcoder Amazon Elastic Transcoder メディア変換 動画とか音声とかをコンバートしてく れる スマホ用のフォーマットにも変換可 完了通知とかを SNS に飛ばせる ET ⇒ S3 ⇒ CF (Streaming) とかムネ
  36. 36. VPC Amazon Virtual Private Cloud 仮想プライベートクラウド ネットワーク周りを柔軟にコントロ ール セキュリティ面を担保しやすい
  37. 37. 最後に、今のとこ ろ 使い所がないモノ
  38. 38. Direct Connect Amazon Direct Connect 専用線 AWS のネットワーク内に居るのと 同じ状態にできる 大量のデータを転送する必要があるな ら 使った方がお買い得 VPC との組み合わせが最強?
  39. 39. SQS Amazon Simple Queue Service キュー 信頼性の高いキューイングを行える RDS とか使って自前で組むのもア リだが シンプルに実装するならコレ
  40. 40. CloudSearch Amazon CloudSearch 自由度の高い検索サービス 全文検索とかもある程度対応してるっ ぽ 日本語のトークナイザとかはまだ怪し い? Tokyo リージョンでは未提供
  41. 41. Elastic Beanstalk Amazon Elastic Beanstalk PaaS 的なサービス アプリケーションのデプロイとか AutoScale とかを AWS 側で勝手にやってく れる 色々な言語に対応してる
  42. 42. Storage Gateway Amazon Storage Gateway BCP/DR オンプレの VM イメージを S3 にバックアップする感じらしい テープバックアップとか不要になる ね!
  43. 43. CloudFormation Amazon CloudFormation AWS の各種リソースの構成管理 コードベースの定義に従って丸っと EC2, RDS とかを一発生成!みたい な テンプレが充実してるらしい
  44. 44. CloudTrail Amazon CloudTrail AWS API の利用履歴などを記録 一部のサービスの変更履歴を管理可 能 コンプライアンス的な対策に? 東京リージョンは未対応っぽい
  45. 45. SWF Amazon Simple Workfrow ワークフロー管理 幾つかの “タスク” と呼ばれる “処理” を 束ねた “処理群” を簡単に管理できる 疎結合なタスクを逐次実行する際に 真価を発揮するらしい Frow Framework は今のところ Java のみ?
  46. 46. Data Pipeline Amazon Data Pipeline データ駆動型ワークフロー AWS の各種サービスを横断的に 組み入れたジョブを設定出来る データ処理・移動を定期実行する 際に用いるっぽい
  47. 47. Kinesis Amazon Kinesis ストリームデータ処理 昨日 (2013/12/19) 発表 なるほど、わからん。 ストリームデータを永続化しつつ、 他サービスに流すみたいな感じらし い
  48. 48. Any Questions?
  49. 49. Thank you for your attention!!

×