Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Office365の概要、google apps比較

5,570 views

Published on

目代が Office365 を紹介する際に使用する資料です

Published in: Technology
  • Be the first to comment

Office365の概要、google apps比較

  1. 1. Office365の紹介 マイクロソフトのクラウドサービスOffice365を使って 快適なオフィスワークを実現しよう!
  2. 2. 当資料のアジェンダ  Office365のサービスの機能概要を説明  利用シーンから見た、Office365の利用方法  よく比較される「GoogleApps」との比較  よくある質問
  3. 3. Office365の 機能概要 4つのサービス
  4. 4. Office 365 を構成するサービス Office 365 ProPlus SharePoint Online Exchange Online Lync Online 4
  5. 5. Office365 ProPlus いつでも最新のOfficeを 利用可能
  6. 6. 常に最新のOfficeを利用可能  常に最新版のOffice(現状 Office2013)を利用可能。 次のバージョンアップ(Office2018?)が発売されても、追加費用無しに利用が可能です。  1ライセンス当たり5台までのパソコンにインストール可能。 会社のデスクトップ、モバイルノート、自宅の仕事用パソコン、その他2台もインストール可能です。 ※Office 365 Small Business プラン、Enterprise 1 プランには、Office ソフトは含まれません。
  7. 7. ExchanegOnline 50GBのクラウドメールで スマホやタブレットでメールチェック
  8. 8. どの端末でも50GBのクラウドメールが使える メールはクラウドに常に保存されます。 ローカルパソコンには【同期】するキャッシュデータのみ保存されます。 パソコンが壊れた場合もメールアドレスの設定をするだけで、すぐにメールを見ることが出来ます。 メールデータのバックアップは不要です。 複数のデバイスで同じメールを見ることが出来ます。 この【同期】により、パソコン、タブレット、自宅と複数個所でメールを見てもすべて同じメール を見ることが可能です。ですので「送信済みメール」も同期されます。 アプリケーションのOutlook、ブラウザのOWA、iPhone等のOWAも ほとんど同じ操作感で操作出来ます。 スケジュールの確認も簡単 社内メンバーの予定表も参照できるので、 会議日時の調整もスムーズです。
  9. 9. Lync Online 社内連絡をスピーディーに
  10. 10. 組織内電話として活用 Lyncはオンライン会議システムです。 文字を使った[チャット]やWebカメラの映像と音声を使って、実際に顔を見ながら[Web会議]をするこ とが出来ます。 例えば、各拠点への連絡に今までは外線電話を使用していましたが、通話料無料で会話が可能です。 いろんな共同作業や連絡が出来ます  作成したExcelを同時に見ながらオンライン会議。  表示されてるエラーメッセージを見せて、操作方法のヘルプをお願いする。  メールするまでもない簡単な連絡は文字のチャットで済ませてしまう。 「電話がありました」「少し遅刻します」「会議始まるよ!」 etc
  11. 11. SharePointOnline 社内ポータル
  12. 12. 社内情報共有ポータル 外出先からでも利用可能なドキュメント共有場所  外出時に参照できるように、営業用パンフレットなどを共有  社外の協力会社や取引先との大きなファイルのやり取りをする専用のフォルダーを提供 総務カレンダーや社内マニュアルなどの参照場所として 例えば、SharePointOnline上にwikiでマニュアルを作成し、勤務表などの社内テンプレート ファイルへのリンクを作成し業務マニュアルの簡素化を行うなど。
  13. 13. 利用シーン Office365を利用して ビジネスの色々な事が実現可能
  14. 14. 使う端末が変わっても同じメール環境を使う 外出時に会社のメールを自分の携帯に転送し、携帯からメール返信していませんか? スマートフォン、タブレット、ノートパソコン、会社のデスクトップ、すべての端末で 受信メール、送信済みメール、削除済みメールが同期されて同じ環境を利用できます。 パソコンでも Webでも iPadでも
  15. 15. スケジュールの共有 社内メンバーとのスケジュール共有を行います。 自社メンバーのスケジュールは標準で共有可能です。 スケジュール共有は メールで簡単に。 (スケジュール内容の公開には許可が必要) また、会議出席も空き時間情報を参照しながら時間設定で きるので、調整の手間が省けます。 空き時間を確認しながら 会議出席依頼が出せる スケジュールを 重ねて見れるので 空き時間を確認しやすい
  16. 16. クラウドファイルサーバーとして利用 DropBoxのように、クラウドとローカルのファイルを同期します。 ・管理者がクラウド上(SharePointOnline)に準備した共有フォルダをローカルに同期します。  DropBoxやGoogleDocs:各個人のフォルダを個別に「誰に共有するか」を毎回指定する  SkyDrivePro:管理者がアクセス権をコントロールする(グループ化も可能) DropBox のように個人のフォルダも利用可能
  17. 17. 自宅や外出先での作業を支援 災害時に出勤せずに自宅作業 持ち帰り仕事も資料の持ち運びは不要  自宅のPCからSharePointOnline上に保存されたファイルを参照し作業が可能 →重たい資料を持って帰る必要がない。 →移動時の資料紛失リスクがゼロに。  Office365ProPlusで自宅でも最新Officeを利用 ひとり5台までのパソコンにOfficeをインストールすることが可能。 →個人の投資で自宅PCにOfficeソフトを購入する必要はありません  Lyncを使って電話の代わりに社内メンバーとの会話も可能 ※企業内の情報持ち出しポリシーを再確認してください。
  18. 18. vs. GoogleApps メールサービスの導入を検討してみる
  19. 19. クラウドメールサービスってOffice365だけじゃないよね? いつでも、どこでもメールが使えて、情報共有基盤として使えるクラウドサービス クラウドメールサービス導入検討時に、比較対象となるGoogleApps 我々中小企業はどちらのサービスを選択するのが正しいのか検討してみましょう
  20. 20. vs GoogleApps (1) サポート Office365 GoogleApps • 日本マイクロソフト株式会社の直接サポート • Googleの直接サポートは無し • パートナーベンダーの独自サポートもある • パートナーベンダーの独自サポートのみ (ベンダーからアメリカGoogleに問い合わせてい る模様) • 対応時間 Small Business :重大事故のみ Midsize Business :営業時間内 Enterprise :24/365 • 対応時間はベンダーによる
  21. 21. vs GoogleApps (2) 使い勝手 Office365 GoogleApps • Outlookがそのまま使える →日本企業の多くで採用 • Gmailがそのまま使える →Web系企業やベンチャーなどで多く採用 • Exchangeの機能がそのまま使える • Outlookの機能が十全に使える • メールにフォルダの概念が無いので振り分け出来 ない • PCソフトベースなのでWindows必須 →Outlook,Excel,OneNote …etc • ブラウザベースなのでmacでも問題なし →Chromeブラウザ
  22. 22. vs GoogleApps (3) 機能 Office365 GoogleApps • 50GBのメール容量 • 30GBのメール容量 • Officeファイルがそのまま使える ローカルパソコンにインストールされたOffice • ブラウザ上でOfficeファイルを編集 Google独自のファイルフォーマットに変換される • SharePointOnlineアプリ 固定化された標準的なアプリのみ リリースした機能が移行期間なく、すぐに無くなる ことはない • GoogleSitesアプリ Googleが提供する手軽に使える多くのアプリ Googleの機能は急に無くなることがある • サードパーティアプリの数は…? • サードパーティ製アプリがたくさんある 参考:山形県 OpenOffice採用から、マイクロソフトOfficeを再評価。2014年度中に全庁的に導入 http://www.microsoft.com/ja-jp/news/Press/2013/Sep13/130904_yamagata.aspx
  23. 23. vs GoogleApps (4) 契約等 Office365 GoogleApps • 24,250円以下はクレジット決済必須 24,250円以上は請求書払い可能 • 請求書・クレジット払い選択可能 • 両社ともに利用規約上、改善等サービス向上に寄与する目的でユーザーデータを利用するとされて います。 • ただし、目的にプロモーションは含まれない。 Office365やAzureなどの企業向けサービスは 対象外。 • Googleは統合プライバシーポリシーのため、無 料版のサービスと同じ利用規約がビジネス向け サービスにも適用されます。
  24. 24. vs Google Apps まとめ  日本法人のマイクロソフト本社がサポートする。 GoogleAppsはGoogleはユーザーサポートをしません。サードベンダーのみのサポートです。 (電子メール、Small Business以外のプランは)マイクロソフトの回数無制限のサポートが価格に含まれ ています。  多くの「企業」に導入された実績 GoogleはベンチャーなどWeb系企業や個人の導入がほとんどです。 →「Office365 導入事例」で検索してください。  「マイクロソフトOfficeが使えること」こそが重要です 従業員の教育コストが不要です。 MS-Officeは日本のパソコンの9割にインストールされていると言われて います。  特別なソフトを使用せずに、直接Outlookのメールがクラウドとすべてのデータが同 期される GoogleAppsはOutlook同期専用ソフトウェアが必要。  メール内容をサービス提供者が閲覧していない GoogleAppsはメールの内容を機械的に検索し広告表示の参考にしています。 書籍も参考にしてください。
  25. 25. よくある質問
  26. 26. セキュリティは大丈夫?  メール(ExchangeOnline)やSharePointOnlineセキュリティは 共通のセキュリティテクノロジーで守られています。 • 何度もログインに失敗するとCAPTCHA認証がランダムで出る • CAPTCHA認証 セキュリティレベルを高くしたい企業向けにもソリューションを提供 マイクロソフト提供のADFSサーバーを自社内に構築、セキュリティトークンを使った2要素認証ロ グイン その他、ソフトバンクテクノロジー(Online Service Gate), IIJ(セキュアMXサービス), Symantec O3(オースリー)など他ベンダーからも セキュリティ向上ソリューションが提供されています。  端末紛失時にリモートワイプ機能で メール、連絡帳、カレンダー情報を遠隔で削除 セキュリティトークン
  27. 27. タブレット端末での利用は? Windows8タブレット以外のタブレット端末では、 Officeファイルを表示するのに2通りの方法があります。  サードパーティ製アプリケーションを購入(問題あり、実用に難あり) iPadやAndroidタブレットなどでOfficeファイルを表示する場合、 残念ながら図形やグループ化、グラフ、ピボットテーブルなどのオブジェクトがほとんど表示されないか、 ずれて表示されます。  Office Web Apps を利用してブラウザで表示(ほぼ問題なし) Office Web Apps ほとんどすべてのパッケージ版Officeの機能が利用可能です。  Windows タブレット端末であれば問題なし Surface Pro なら問題なく表示可能です!
  28. 28. Windows XP からの入れ替えについて  WindowsXP の延長サポートが、来年の2014年4月に終わります。  Officeソフトのバージョンアップ対応 パソコンにバンドルされているOfficeの場合、パソコン本体に紐づいたライセンスとなるので、 新規購入したパソコンにOfficeのライセンスを移すことが出来ません。 →まだ使えるOfficeソフトを捨てることになってしまいます。 Office365の Office365ProPlus であれば、パソコン買い替えても 同じライセンスを利用し続けることが出来ます。  パソコン購入時の初期コストを抑える Office365ProPlusを導入し、月額払いの常に最新バージョンのOfficeを利用します。  月額払いにすることにより、数年に一度の購買が発生せず、IT運用管理費を予算化しやすくなります。
  29. 29. クラウドメールサービスのコストは? 単純な月額コスト比較は Office365 ≧ GoogleApps Office 365 Midsize Business 月額費用 Office 365 Enterprise (E1) GoogleApps 1,230円 1ユーザー/月額 Officeソフト付き 660円 1ユーザー/月額 Officeソフト無し 600円 1ユーザー/月額 Officeソフト無し これまでに紹介してきたメリットを考えると、一概に月額費用で検討しても良いのでしょうか?
  30. 30. デメリットは?  クラウドサービスのアップグレードは待ってくれない 最新のOfficeが利用可能です=>古すぎるOfficeは使えません (Office2003) 自社の都合に合わせて「アップグレードをしない」選択が出来ない  カスタマイズ非推奨 アップグレードにより、カスタマイズした部分が無くなる可能性も。。。  オールインワンサービスではない ドメイン管理、DNSサーバー、Webサーバーは別ベンダーのサービス  ドメイン全体での移行が必要 ドメイン example.com 全部の移行が必要 一部部門だけ先行導入という移行が難しい
  31. 31. 御清聴ありがとうございました。 これらOffice365に関する情報はWebサイト www.Office365Room.com で提供しています。 Office365の導入や個別サポートのご用命は、マイクロソフトパートナー、株式会社エクシード・ワンにご用命ください。 www.exceedone.co.jp Office365担当:目代昌幸 mokudai@exceedone.co.jp

×