Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

コミュニティ立ち上げのときに本当にあった恐い話

7,341 views

Published on

WordCampTokyo2015で登壇をした内容です。

Published in: Internet

コミュニティ立ち上げのときに本当にあった恐い話

  1. 1. コミュニティ立ち上げのときに 本当にあった恐い話 株式会社アーシタン 小長谷弥緒 どうすれば 恐くなくなるか
  2. 2. 自己紹介 Name: 小長谷 弥緒(こながや みお) WordBenchしずおかの運営メンバー WP歴:WordPress 2.8〜 所属:株式会社アーシタン
  3. 3. WordCampいいなぁ。 面白いなぁ。 …という方、挙手!
  4. 4. WordBenchいいなぁ。 うちの地域にはないんだよなぁ。 …という方は?
  5. 5. WordBenchがないなら、 立ち上げてみればいいじゃない。
  6. 6. コミュニティ立ち上げまでの流れ ● 様々な地域の勉強会に参加してみる ● 自分の地域で勉強会立ち上げに協力してもらえる人を募集 する ● 企画会議的なものを行い、方向性などの意識合わせをする
  7. 7. 様々な地域の勉強会に参加してみる 【私の場合】 静岡のほか、主に東京や名古屋、長野のWordBenchへ参加。 2011年の夏に行われたWordBeachNagoyaで、WordBench 東京の運営メンバーに勧められ、WordBenchしずおかの立ち 上げを決意。
  8. 8. 立ち上げのために人を募集する ● 知り合いに直接声をかける ● TwitterやFacebookで募集する ● ここ(WordCamp)で見つける
  9. 9. 方向性の意識合わせ ● 開催頻度 ● どんな勉強会にするか ● 「運営メンバー」は固定にしない ● 誰かに任せきりにしない
  10. 10. 「運営メンバー」は固定にしない ある程度固定のメンバーがいるのは普通のことだけれ ど、常に新しい風を取り入れ、新しく入ってきた人や運 営に興味のある人にも「運営」として参加してもらう。 周りの人を、 良い意味で巻き込んでしまいましょう。
  11. 11. 誰かに任せきりにしない 誰かに任せきりにしてしまうと、それが原因でコミュニ ティの運営に支障が出てきてしまいます。 運営として関わる以上は、準備段階からコミュニティの 中で自分ができるものを担当し、「誰かに任せきりにす る」ということは避けましょう。
  12. 12. 立ち上げ当時、 ここまでは準備万端。 しかし・・・
  13. 13. 「役割分担」は、しっかり。 第1回WordBenchしずおかを開催。 発起人だからと、 会場予約、準備(指示出し)、設営、司会を私が担当。 ・・・これが、良くなかった。
  14. 14. 「役割分担」は、しっかり。 第2回WordBenchしずおか WordBenchしずおかに興味を持ってくれた 福岡の方が登壇 私の立場:リーダー (WordBenchに「リーダー」という立場はないはず) 他のメンバー:当日の受付のみ担当
  15. 15. 反省会を開催 Facebookのグループで反省会を開催。 「もっとこうすれば良くなるのではないか」 と発言した結果
  16. 16. 「忙しいから」
  17. 17. ( ゚д゚)え、待って・・・
  18. 18. 忙しいから? ( ゚д゚)・・・ 私は暇人だと思われてる・・・?
  19. 19. 「あなたなら出来るでしょ」
  20. 20. ( ゚д゚)え、待って・・・
  21. 21. あなたならできるでしょ? ( ゚д゚)・・・ 誰かに任せきりにしないって 決めましたよね・・・
  22. 22. 「リーダーが動かすべき」
  23. 23. ( ゚д゚)え、待って・・・
  24. 24. リーダーが動かすべき? ( ゚д゚)・・・ リーダーは、 存在しないんだってば・・・
  25. 25. ( ゚д゚)・・・・・
  26. 26. もしかして: この人達は 「WordBench運営の肩書き」 が欲しいだけなのか?
  27. 27. 「運営は偉い」が間違い コミュニティ運営をすることで肩書を得られるわけ ではない。 そういう考え方をしている勉強会は、 面白くならない、続かない。
  28. 28. 現 在
  29. 29. 「役割分担」は、しっかり。 ひとりひとりに「役割」をつけ、 全体を見渡すのはAさん 会場選定・予約はBさん 設営はCさん 司会はDさん と割り振りをするのがベスト。
  30. 30. どうすれば面白い勉強会にできるか ● 分担できることは分担する ● 「コミュニティ=仕事」にしない ● 誰かに任せきりにしない(大切なことなので3回 目) ● 他の地域の勉強会に参加してみる
  31. 31. 難しく考えず、 自分が面白いと思うことをやってみる いろんな人(先達、周りの人)に 助けを求める
  32. 32. ちなみに いまのWordBenchしずおかは メンバーが入れ替わり やりたいと思ったことをやってます!
  33. 33. 沼津で大きな勉強会やりました 2014年9月、他のCMSと同一会場、 同一日開催、運営者も同じ。2日間みっちり勉強会! ● Web制作者のためのサーバ勉強会(前日) ● c◯ncrete5富士ユーザーグループ ● 第4回WordBenchしずおか
  34. 34. 沼津で大きな勉強会やりました これまでの枠にとらわれない形のWordBenchを開催! ● 地元出身のWeb担当者・Web制作者によるセッション ● ウェブ解析についてゲスト講師を招いてのセッション ● ワールドカフェ形式で、参加者が「聞くだけではない」アンカ ンファレンス
  35. 35. おもしろ企画を考えてみる とにかく「こんなことをしてみたら面白いのではないか」というこ とでとことん案を出してみる。 改善点があれば、「失敗しちゃった」ではなく 次回に活かせばそれで良し!
  36. 36. 勉強会を開催したいと思っている方、 おもしろ企画をどんどん考えてください!
  37. 37. 静岡版わぷー 作ってくれる人 絶賛大募集中!!^^;
  38. 38. ご清聴、ありがとうございました。

×