Report for porting Tizen to Galaxy S2

1,463 views

Published on

Report for porting Tizen to Galaxy S2

Published in: Technology
3 Comments
3 Likes
Statistics
Notes
No Downloads
Views
Total views
1,463
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
521
Actions
Shares
0
Downloads
13
Comments
3
Likes
3
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Report for porting Tizen to Galaxy S2

  1. 1. を GALAXY S II WiMAX (とか)に入れてみた
  2. 2. Copyright 2013 yuya adachi 2/41 1年前1年前 (2012/7/3)(2012/7/3) Tizen IRCTizen IRC にてにて
  3. 3. Copyright 2013 yuya adachi 3/41 やあ、誰かやあ、誰か TizenTizen をを GalaxyS2GalaxyS2 にに 入れられるか知ってる奴いる?入れられるか知ってる奴いる?    https://www.tizen.org/irclogs/%23tizen.2012­07­03.log.html#t2012­07­03T09:49:52
  4. 4. Copyright 2013 yuya adachi 4/41 どうだろう。どうだろう。    期待しない方がいいよ。期待しない方がいいよ。   https://www.tizen.org/irclogs/%23tizen.2012­07­03.log.html#t2012­07­03T09:54:10
  5. 5. Copyright 2013 yuya adachi 5/41 理由 1. GLGL やモデムなどモデムなどのドライバーが無い ● OEM から取得する必要がある 2. 新しく発売される Tizen デバイスの売上売上 に影響するに影響する
  6. 6. Copyright 2013 yuya adachi 6/41 理由 3. 現在の Tizen はハイエンド向けで、ロー エンドでは十分な機能を発揮できない十分な機能を発揮できない ● ローエンド向けを用意する気はない 4. きっと他にもあるはず
  7. 7. Copyright 2013 yuya adachi 7/41 AndroidAndroid で動いているデバイスはで動いているデバイスは それでユーザーの要求を充足できてそれでユーザーの要求を充足できて いるのだから誰もいるのだから誰も TizenTizen が動くことをが動くことを 期待してないだろ期待してないだろ   https://www.tizen.org/irclogs/%23tizen.2012­07­03.log.html#t2012­07­03T09:54:10
  8. 8. Copyright 2013 yuya adachi 8/41 移植に手を出していた移植に手を出していた ので軽く凹みましたので軽く凹みました ......
  9. 9. Copyright 2013 yuya adachi 9/41 AndroidAndroid スマホをスマホを 触っていると触っていると
  10. 10. Copyright 2013 yuya adachi 10/41 それ、 ですか?それ、 ですか?
  11. 11. Copyright 2013 yuya adachi 11/41 動かせるようになってから動かせるようになってから 会う機会がありません会う機会がありません ......
  12. 12. Copyright 2013 yuya adachi 12/41 自己紹介  Yuya Adachi (@moguriso)  Device Driver Engineer  For ← ←  Tizen nerd http://moguriqt.hatenablog.jp/
  13. 13. Copyright 2013 yuya adachi 13/41 アジェンダ  移植手順  kernel 改造  Tizen rootfs 作成  起動スクリプト修正  Xorg 関係の修正  トラブルシュート  Q & A
  14. 14. Copyright 2013 yuya adachi 14/41 移植手順移植手順 〜〜 kernelkernel 改造〜改造〜
  15. 15. Copyright 2013 yuya adachi 15/41 Kernel 改造 (1)  Samsun Opensource Center より ダウンロードする( http://opensource.samsung.com/)  ISW11SC で検索
  16. 16. Copyright 2013 yuya adachi 16/41 Kernel 改造 (2)  kernel config の修正  Android config(dali_jpn_kddi_defconfig) からの差分が 50 個位  起動デバイスを内蔵 ROM(mmcblk0p*) から MicroSD に切り替え  CONFIG_CMDLINE=”root=/dev/cyasblkdevblk0p*” (GT-I9100 の場合 → /dev/mmcblk1p*)  CONFIG_CMDLINE_FORCE=y
  17. 17. Copyright 2013 yuya adachi 17/41 Kernel 改造 (3)  devtmpfs と udev 自動認識用  CONFIG_DEVTMPFS=y  CONFIG_DEVTMPFS_MOUNT=y → 有効化しないと /dev/tty0 などが udev に検出されない  仮想コンソールと FB コンソール  CONFIG_VT_CONSOLE=y → 起動時のログ出力用  CONFIG_FRAMEBUFFER_CONSOLE=y
  18. 18. Copyright 2013 yuya adachi 18/41 Kernel 改造 (4)  その他ファイルシステム系  CONFIG_LOGFS=y  CONFIG_FSCACHE=y  その他  CGROUP, BTREE, LOGO ( 要らないかも知れない )  CONFIG_ANDROID_LOGGER=y (dlog が使う )  Porting guide には CONFIG_FB_S3C などもあるが デバイスが違う or 初期化位置 / 順序が異なるため未使用
  19. 19. Copyright 2013 yuya adachi 19/41 移植手順移植手順 〜〜 Tizen rootfsTizen rootfs 作成〜作成〜
  20. 20. Copyright 2013 yuya adachi 20/41 Tizen rootfs 作成 (1)  真っ当なやり方  mic コマンドを使う $ sudo mic create RD-210.ks -o ./
  21. 21. Copyright 2013 yuya adachi 21/41 Tizen rootfs 作成 (2)  mic コマンドだけでは /opt/home/app/.e の データ等、一部生成されない  download.tizen.org の tar image をバラ して使う
  22. 22. Copyright 2013 yuya adachi 22/41 移植手順移植手順 〜起動スクリプト修正〜〜起動スクリプト修正〜
  23. 23. Copyright 2013 yuya adachi 23/41 起動 S 修正 (1)  Tizen 2.0 起動順序 Tizen Porting Guide より
  24. 24. Copyright 2013 yuya adachi 24/41 起動 S 修正 (2)  /etc/rc.d/rc.sysinit の下記を修正  mmcblk0 の mknod をコメントアウト  rc3 の起動ループにログ出力を追加
  25. 25. Copyright 2013 yuya adachi 25/41 移植手順移植手順 〜〜 XorgXorg 関係の修正〜関係の修正〜
  26. 26. Copyright 2013 yuya adachi 26/41 Xorg 関係の修正  /etc/X11/xorg.conf.d/display.conf  /etc/X11/xorg.conf.d/input.conf  xorg-x11-drv-emulfb-0.5.8-1.1.armv7l.rpm  ソフトレンダリング用の compositor  xorg-x11-misc-emulfb-0.0.3-6.1.armv7l.rpm  上記を有効化するための conf ファイル  上記 RPM を展開して rootfs に上書きする https://download.tizen.org/snapshots/2.1/common/latest/repos/tizen-main/armv7l/packages/ armv7l/
  27. 27. Copyright 2013 yuya adachi 27/41 1.0 は起動しました
  28. 28. Copyright 2013 yuya adachi 28/41 トラブルシュートトラブルシュート
  29. 29. Copyright 2013 yuya adachi 29/41 2.0a 〜が起動しません [/etc/rc.d/rc3.d/S44boot-osp start] Starting OSP app-service Smack: "smack_inode_setsecurity" netlbl error 93. ... test successs ret = 0 [/etc/rc.d/rc3.d/S44indicator start] Smack: "smack_inode_setsecurity" netlbl error 93. Smack: "smack_inode_setsecurity" netlbl error 93. appcore: sf_connect failed: -2 [sys_assert]START of sighandler [sys-assert]exepath = /opt/apps/aospd00043/bin/osp-app-service [sys-assert]processname = osp-app-service [sys_assert]this thread is main thread. pid=945 [sys-assert]cs timestr 29 [sys-assert]start print_node_to_file sighandler = 0x40026ec9, g_sig_oldact[i] = (nil) [sys_assert]END of sighandler OSP serviceOSP service との接続でとの接続で NGNG →→ appcoreappcore がが serviceservice にに 接続出来ずにしぬ接続出来ずにしぬ
  30. 30. Copyright 2013 yuya adachi 30/41 2.1b は rc3 にも行けず  sysvinit が systemd に変わったため  起動シーケンスが並列化された  fstab から自動生成された mount point を見に行くため root fs も見失った ...
  31. 31. Copyright 2013 yuya adachi 31/41 2.1b 起動部分 (1)
  32. 32. Copyright 2013 yuya adachi 32/41 2.1b 起動部分 (2)
  33. 33. Copyright 2013 yuya adachi 33/41 2.1b を sysvinit にする 2.1b を sysvinit にする
  34. 34. Copyright 2013 yuya adachi 34/41 2.1b 起動 (GT-I9100) ある程度はある程度は 操作もできます操作もできます
  35. 35. Copyright 2013 yuya adachi 35/41 2.1b 起動 (ISW11SC) 全く全く TouchScreenTouchScreen がが 効きません効きません 2013.052013.05
  36. 36. Copyright 2013 yuya adachi 36/41 何故 Touch 出来ない ?  GT-I9100  ”Atmel maXTouch Touchscreen”  Xorg が正常に TouchScreen として認識する
  37. 37. Copyright 2013 yuya adachi 37/41 何故 Touch 出来ない ?  ISW11SC  ”melfas-ts”  Xorg が mousemouse と認識した後と認識した後 keyboardkeyboard と認識と認識
  38. 38. Copyright 2013 yuya adachi 38/41 ロジックは正しい ... evdevmultitouchevdevmultitouch のの 実装は正しそう実装は正しそう →→ melfas_ts(driver)melfas_ts(driver) がが 返す値がおかしい?返す値がおかしい?
  39. 39. Copyright 2013 yuya adachi 39/41 RD-210 では ...  RD-210(devphone) の TouchScreen も melfas-ts を使っている  Kernelconfig が異なり使っているドライバ も異なる  “board-specific setup code includes that in its tablet of I2C devices.” との記載があ り、 arch/arm/mach-exynos/board-melfas.c で I2C-Dev3 の初期化を行なっている board-malfasboard-malfas をを 移植すれば動くか?移植すれば動くか? →→ 2013.072013.07 辺りに辺りに melfas_tsmelfas_ts をを  修正して操作 修正して操作 OKOK になってます。になってます。    ISW11SCISW11SC だとだと alsaalsa 経由で音も経由で音も  なります。 なります。
  40. 40. Copyright 2013 yuya adachi 40/41 ちなみに動かして意味あるの?  ISW11SC はとても安いのでコレで動くこ とには意義があると思う (Tizen に限らず )
  41. 41. Copyright 2013 yuya adachi 41/41 ちなみに動かして意味あるの?  海外の人からは好意的な言葉を貰うことが多いです . “not working well”とも言われましたが...  周りでXorg 関連の仕事してる人に 聞かれた際に役に立ちました …  TouchScreen/TouchPanel ドライバを追いかけて Touch 関連の案件でアドバイスを求められました ... libhybris でGL アクセラレーションを効かせるまではやりたい (ヤル気が続けば ... )
  42. 42. Copyright 2013 yuya adachi 42/41
  43. 43. Copyright 2013 yuya adachi 43/41
  44. 44. Copyright 2013 yuya adachi 44/41 Q & AQ & A
  45. 45. Copyright 2013 yuya adachi 45/41 ご清聴ありがとうございました

×