OSC Hiroshima 2013

1,427 views

Published on

Published in: Technology
0 Comments
4 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,427
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
626
Actions
Shares
0
Downloads
7
Comments
0
Likes
4
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

OSC Hiroshima 2013

  1. 1. 最新事情 スマートフォン・車載 (IVI) PC 向け OS の現状とこれから Tizen Japan コンソーシアム Yuya Adachi (@moguriso)
  2. 2. 2 自己紹介 ● Yuya Adachi (@moguriso) ● TizenJapan コンソーシアム ● Android のドライバ開発が ( 最近の ) 本業です ... ● blog (Tizen nerd) ( http://moguriqt.hatenablog.jp/)
  3. 3. 3 Agenda ● Tizen とは ● 開発の現状 ● Tizen 3.0 ● Compliance ● Framework/profile/adaptation ● まとめ
  4. 4. Tizen とは?
  5. 5. 5 Mobile IVI
  6. 6. 6 Mobile ● SAMSUNG が開発主体 ● 国内では docomo が端末を 発売予定 (2013 年中 ?) ● Bada(SLP-OSP) + EFL ● Xorg(X Window システム ) ● オープンソース ( ? )
  7. 7. 7 IVI ● Intel が開発主体 ● TOYOTA が開発に参加 ● SLP + (OSP +) EFL ● Wayland ● オープンソース
  8. 8. 8 ● での Web アプリケーション ● C/C++ を用いた Native アプリケーション ● Linux ベースシステム
  9. 9. Tizen 開発の現状
  10. 10. 10 開発の現状 Thiago Macieira @intel 曰く
  11. 11. 11 開発の現状 Black Box
  12. 12. 12 開発ワークフローの現状 見えない場所 ( 内部 ) で開発 → 完成後に一括で公開 → 一部ツールのソースなどが長い間   非公開だった ほぼ公開の場所 (git) で開発 → 開発ツールのソースも積極的に公開 → Mobile を x86/ia32 に移植して公開   されるため、遅れが生じる
  13. 13. 13 開発用端末 (Mobile) RD-PQ(GS3 base) RD-C210(GS2 base) Tizen DevConf(US) で一般の開発者が 入手することは困 難 .LinuxCon Japan, Tizen DevLab(Tokyo, Fukuoka) で配布 ( 貸与 ?) Tizen DevConf(US) 、日本国内では LinuxConJapan で 配布。一時期 tizen.org でも少数 配布されていた . 現在は入手不可 .
  14. 14. 14 開発用端末 (Mobile) RD-PQ(GS3 base) RD-C210(GS2 base) Tizen DevConf(US) で一般の開発者が 入手することは困 難 .LinuxCon Japan, Tizen DevLab(Tokyo, Fukuoka) で配布 ( 貸与 ?) Tizen DevConf(US) 、日本国内では LinuxConJapan で 配布。一時期 tizen.org でも少数 配布されていた . 現在は入手不可 . FirefoxOS や Ubuntu touch に 比べて入手し難い
  15. 15. 15 開発用端末 (IVI) NDiS 166 ホボ PC 相当のスペック。 SDK が IVI プラットフォーム に対応していない。 Mobile に比較して store や アプリケーションの仕様など 不明な部分が多い。
  16. 16. 16 Porting Guide ● https://wiki.tizen.org/wiki/Porting_Gu ide ● 起動プロセス、 kernel config 、フレー ムワークなど、非常に詳細 ● 所謂 how to にはなっていない
  17. 17. 17 Porting Guide
  18. 18. 18 Porting Guide Linux BSP ベースでの 移植手順にはなっている 既存の Android 端末などへの 移植は簡単には出来ない
  19. 19. 19 ドキュメント ● https://developer.tizen.org/ja/docum entation ● UI/UX デザイン ● Mobile 開発ガイド
  20. 20. 20 開発の現状 ● α リリース時点から公開情報は増えた ● ソースコード、 git repo の公開、更新 ● 開発端末、端末用 OS イメージの公開 ● ドキュメントの拡充 ● ロードマップ、開発中の情報には未だアクセ ス出来ない ● エコシステムとして完全ではない ...
  21. 21. Tizen 3.0
  22. 22. 22 Tizen 3.0 ● よりコミュニティ主導に ● 開発者は市場の要求を理解する ● 企業は開発者の貢献に報いる ● コードベース ● upstream との互換性を保つ ● 要求主導によるバージョンアップ ● 複数プロファイルでのプロジェクト共有
  23. 23. 23 Tizen 3.0 ● ソース開発プロセスの改善 ● 内部での開発を公開の場での開発に ● コントリビューション方法の明確化
  24. 24. 24 コントリビューション方法 Open source governance and development model for Tizen 3.0 By Thiago Macieira, Software Architect & Community Manager, Intel
  25. 25. Tizen Compliance
  26. 26. 26 Tizen Compliance https://source.tizen.org/sites/default/files/page/tizen-2.1-compliance-specification-for-mobile-profile-v0.8.pdf
  27. 27. 27 Tizen Compliance https://source.tizen.org/sites/default/files/page/tizen-2.1-compliance-specification-for-mobile-profile-v0.8.pdf Mobile プロファイルを 先行して策定中
  28. 28. 28 Tizen Mobile Compliance( 例 ) https://source.tizen.org/sites/default/files/page/tizen-2.1-compliance-specification-for-mobile-profile-v0.8.pdf ● メモリストレージ ● 最低 512MB の IOMMU をサポートする RAM ● IOMMU 未サポートの場合追加 RAM が必 要になる(かもしれない) ● 最低 1GB の記憶媒体
  29. 29. 29 Tizen Compliance ● 策定されていないもの (IVI など ) を作った 場合にはどうするか? ● Mobile を参考にする ● 車載機器向けには用途に合うように検討、策定され る ● Tizen Association と連携してプロモーション
  30. 30. 30 Tizen Compliance ● Samsung / Intel の意向が強いのではな いか? ● 仕様決定の最終判断は TizenAssociation の TSG が持っている ● 過去の経緯から OSS での展開において両社とも 慎重になっている ● 表には LinuxFoundation 、 TizenAssociation が立って行動することが求められている
  31. 31. 31 Tizen Compliance http://www.tizenexperts.com/2013/05/nx2000-smart-camera-released-month/#prettyPhoto
  32. 32. 32 Tizen Compliance http://www.tizenexperts.com/2013/05/nx2000-smart-camera-released-month/#prettyPhoto 公式に Tizen Camera とは 名乗っていない
  33. 33. 33 Tizen Compliance http://www.tizenexperts.com/2013/05/nx2000-smart-camera-released-month/#prettyPhoto Tizen フレームワークを 利用しているだけの別物と 考えるべきとのこと
  34. 34. 34 Tizen Compliance
  35. 35. 35 Tizen Compliance http://events.linuxfoundation.org/sites/events/files/alss13_sinha.pdf 車車間・路車間通信 (V2X) 実現の ための TizenIVI 活用事例 Leveraging Tizen IVI Platform for Realizing V2X Use Cases (Purnendu Sinha Tizen IVI Team Samsung R&D India, Bangalore)
  36. 36. Tizen framework/profile/adaption
  37. 37. 37 framework/profile/adaption ● framework ● osp(open service platform),api ● Profile ● Mobile, IVI ● adaption ● intel_mfld, ap_samsung
  38. 38. 38 framework/profile/adaption 製品 A 製品 B 製品 C framework api, base, osp... api, telephony, connectivity base, system profile ivi mobile bed adaption face-engine, bluetooth intel_mfld, wayland xorg
  39. 39. まとめ
  40. 40. 40 まとめ https://source.tizen.org/sites/default/files/page/tizen-2.1-compliance-specification-for-mobile-profile-v0.8.pdf ● 第3の OS として他の OS より流行る? ● 製品ベースで発売時期が明言されている ● iPhone/Android より流行る? ● 恐らくは … ● Tizen そのものは流行る? ● 組込み向け Distro として流行る可能性はある
  41. 41. Thank you!

×