Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Rubyで楽々サーバー管理 - 岡山Ruby会議01 -

1,732 views

Published on

岡山Ruby会議01で、サーバー構成管理ツールのchefについて発表しました。

  • Be the first to comment

Rubyで楽々サーバー管理 - 岡山Ruby会議01 -

  1. 1. Rubyで楽々サーバー管理小西 雅也 (@ore_public)
  2. 2. サーバー管理ハードウェアの管理生存の監視データバックアップログの解析ソフトウェアセットアップ設定の調整
  3. 3. 要はある場所にあるファイルを置く(設定ファイル、ツールのスクリプト)cronの設定をする
  4. 4. それを全部のサーバーに!!
  5. 5. しかも製品Aの設定ファイル(製品A郡)製品Bの設定ファイル(製品B郡)製品Cの設定ファイル(製品C郡)DBバックアップ設定(製品B・C郡)ログ解析のバッチ(全サーバー)これらの設定情報の管理
  6. 6. そこでchefファイル管理デーモン管理パッケージ管理コマンド実行
  7. 7. chefの構成例 Chef-server設定ファイルアップロード(cookbook) git Node 管理作業PC Chef-serverより設定を取得して (chef-client) 反映する
  8. 8. 用語の解説1cookbook設定情報のまとまりRecipe設定情報。Rubyで記述templateテンプレートファイル。erbで記述
  9. 9. 用語の解説2Chef-servercookbookを保持するChef-client定期的にchef-serverを確認して設定を取得レシピを実行するKnifecookbookの作成・編集・登録clientの情報アクセスをする管理ツール
  10. 10. chefの利点管理の一元化と自動化設定=管理情報二重管理しなくていい
  11. 11. chefのセットアップChef-serverはdebianでChef-clientはgemで入れるだけ管理作業PCにもgemで入れるだけ
  12. 12. chefの設定例テキストファイルの配置 #レシピ template "/tmp/sl001.txt" do source "sl001.txt.erb" owner "masaya" group "masaya" mode 0644 end #テンプレート Welcome to Chef! CPU :<%= node[:cpu][:"0"][:model_name] %> Memory:<%= node[:memory][:total] %> OS :<%= node[:platform] %> <%= node[:platform_version] %>
  13. 13. chefの設定例テキストファイルの配置 Welcome to Chef! CPU :Intel(R) Core(TM) i5-3317U CPU @ 1.70GHz Memory:2005884kB OS :scientific 6.2
  14. 14. chefの設定例2cronの設定 #レシピ cron "root_c" do user "root" command "/bin/ls" hour "4" minute "11" end # Chef Name: root_c 11 4 * * * /bin/ls
  15. 15. chefの情報源弱小プログラマーの日記http://blog.office-ore.net/公式サイトのドキュメントhttp://wiki.opscode.com/display/chef/Home例えばcronのドキュメントhttp://wiki.opscode.com/display/chef/Resources#Resources-Cron

×