Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Infotalk#33 "みんなでつくる震災復興支援プラットホームSinsai.infoを実現する技術とチーム運営"

1,643 views

Published on

This is presentation in InfoTalk #33 19-Aug-2011 in AIIT.

Published in: Technology








  • Video streaming by Ustream<br /><object type="application/x-shockwave-flash" data="http://www.ustream.tv/flash/viewer.swf" width="350" height="288"><param name="movie" value="http://www.ustream.tv/flash/viewer.swf"></param><embed src="http://www.ustream.tv/flash/viewer.swf" width="350" height="288" type="application/x-shockwave-flash"></embed></object>
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here

Infotalk#33 "みんなでつくる震災復興支援プラットホームSinsai.infoを実現する技術とチーム運営"

  1. 1. <ul><li>みんなでつくる震災復興支援プラットホーム
  2. 2. を実現する技術とチーム運営 </li></ul><ul>OpenStreetMap Foundation Japan <li> 代表理事
  3. 3. Hiroshi Miura </li></ul>
  4. 4. <ul>http://www.flickr.com/photos/dugspr/5543305021/in/set-72157626305323978/ </ul><ul>11, March, 2011 </ul><ul>14:46 JST </ul>
  5. 5. <ul>多くの人命と家・財産が失われました </ul><ul>http://www.flickr.com/photos/dugspr/5541815267/in/set-72157626305323978 </ul><ul>http://www.flickr.com/photos/dugspr/5541815267/in/set-72157626305323978 </ul><ul>http://www.flickr.com/photos/dugspr/5541815267/in/set-72157626305323978 </ul><ul>http://www.flickr.com/photos/dugspr/5541815267/in/set-72157626305323978 </ul><ul>http://www.flickr.com/photos/dugspr/5541815267/in/set-72157626305323978 </ul>
  6. 6. <ul>インフラも大きく打撃をうけました </ul><ul>http://www.flickr.com/photos/dugspr/5549191112/in/set-72157626305323978 </ul><ul>http://www.flickr.com/photos/dugspr/5549191112/in/set-72157626305323978 </ul><ul>http://www.flickr.com/photos/dugspr/5549191112/in/set-72157626305323978 </ul><ul>http://www.flickr.com/photos/dugspr/5549191112/in/set-72157626305323978 </ul><ul>http://www.flickr.com/photos/dugspr/5549191112/in/set-72157626305323978 </ul>
  7. 7. <ul>11, March, 2011 </ul><ul>18:19 JST </ul><ul>Photo: US. Navy Imaginary, Miyagi311 </ul>
  8. 8. Start of Sinsai.info
  9. 9. Start of Sinsai.info
  10. 11. 19:06に第一報 <ul><li>http://www.sinsai.info/ushahidi/reports/view/00014 </li></ul>
  11. 12. Agenda <ul><li>非常時の立ち上げとチームビルディング
  12. 13. CrisisMap making プロジェクト
  13. 14. UshahidiとSinsai.info
  14. 15. 適用技術と改善
  15. 16. コミュニケーションツール、開発ツール、OSS
  16. 17. 今後の適用可能性 </li></ul>
  17. 18. 3/12 本格稼働 <ul><li>個人サーバから Georepublic Japan 社のインフラに移行
  18. 19. hal_sk をサイト管理担当へ
  19. 20. sisai.info ドメインを割り当て </li></ul>
  20. 21. 3/13 hal_sk が Twitter でボランティア募集 <ul><li>会社サーバでも不足になりそうで、クラウドへ移行することに。
  21. 22. http://twitter.com/#!/hal_sk/status/46759511154888704 </li></ul>
  22. 23. Skypeで議論しながら同時作業 <ul><li>同時に20数名のデベロッパーが書き込みながら作業
  23. 24. サーバの作業を共有してみえるソフトで操作を共有
  24. 25. 一回操作ミスで、はじめからやりなおし(午前4時)
  25. 26. でも、みんな負けなかった
  26. 27. http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20110811/365024/
  27. 28. > 中心メンバーは地震以来不眠不休という突貫工事の中で、思わぬ事件も発生した。14日午前4時、あるミス操作により、それまでの作業が失われてしまったのだ。それでも技術者たちはあきらめることなく移行作業をやり直し、朝に移行を完了させた。徹夜で作業したボランティア技術者たちは月曜日の朝、眠い目をこすりながら職場へと出勤した。 </li></ul>
  28. 29. 3/14(月) 8:30AM Amazon EC2移行完了
  29. 30. 3/17 Developer > 70人
  30. 31. <ul>Report の例 </ul>
  31. 32. How it works How it works
  32. 33. <ul>活用例 </ul>
  33. 34. • Over 12,000 reports • 1,000,000+ PV in one month • 850,000+ Visits • 650,000+ Unique Visitors • Accessed from Sendai the most
  34. 35. Agenda <ul><li>非常時の立ち上げとチームビルディング
  35. 36. CrisisMap making プロジェクト
  36. 37. UshahidiとSinsai.info
  37. 38. 適用技術と改善
  38. 39. コミュニケーションツール、開発ツール、OSS
  39. 40. 今後の適用可能性 </li></ul>
  40. 41. 「自由な」地理情報データを作成・利用することを目的とした 2004 年開始の世界規模の活動 2011年現在、世界に 40 万人 の登録者 OpenStreetMap
  41. 42. 2007.12.07 現在 http://www.openstreetmap.org/?lat=35.714&lon=139.878&zoom=11&layers=B0FT Tokyo Area in 2007
  42. 43. Tokyo area 2011
  43. 44. <ul>H umanitarian O penStreetMap T eam 地震・津波後の地図づくりで 現地の活動をバックアップする GLOBAL チーム </ul>
  44. 45. <ul><li>JAXAの地球観測衛星だいち(ALOS)
  45. 46. マイクロソフトのBing航空写真レイヤ
  46. 47. 国土地理院の空中写真
  47. 48. DigitalGlobeのQuickBird
  48. 49. SPOT5
  49. 50. Telascience: EO-1 03-13, Landsat 03-12, 03-13, etc. </li></ul>航空写真、衛星画像(感謝)
  50. 52. Bing トレース例 Tunami:damage=yes wetland=tunami
  51. 53. The Map in March 11
  52. 54. The Map in April 11
  53. 55. Around Sendai Airport
  54. 56. 2008 年 2009 年 2010 年 2011 年 OpenStreetMap contributors 3 月間貢献者 650名強
  55. 57. Agenda <ul><li>非常時の立ち上げとチームビルディング
  56. 58. CrisisMap making プロジェクト
  57. 59. UshahidiとSinsai.info
  58. 60. 適用技術と改善
  59. 61. コミュニケーションツール、開発ツール、OSS
  60. 62. 今後の適用可能性 </li></ul>
  61. 63. Ushahidi put Information on the Crisis Map
  62. 64. <ul><li>オープンソースプラットフォームUshahidi
  63. 65. Nzランドやハイチの震災の時にも利用された
  64. 66. 実は3/11以前にインストール済み </li></ul>
  65. 67. 世界中で使われている <ul><li>Ushahidi deployment capture </li></ul>
  66. 68. Legacy Ushahidi.com
  67. 70. Kibera Projects Kibera mappers
  68. 71. Haiti
  69. 72. Libya
  70. 73. Uganda Watch 2011
  71. 74. NewYork City Future Now Map
  72. 75. India Powercuts.in
  73. 76. Agenda <ul><li>非常時の立ち上げとチームビルディング
  74. 77. CrisisMap making プロジェクト
  75. 78. 適用技術:Ushahidiと改善
  76. 79. コミュニケーションツール、開発ツール、OSS
  77. 80. 今後の適用可能性 </li></ul>
  78. 81. OSMのテクノロジー <ul><li>OpenLayers
  79. 82. Mapnik
  80. 83. PostgreSQL(PostGIS), MySQL
  81. 84. Tileサーバ(mod_tile) 
  82. 85. WMS, GPX
  83. 86. Java OSM editor
  84. 87. Flex(Potlatch) </li></ul>
  85. 88. Sinsai.infoの適用技術 <ul><li>プラットホーム </li><ul><li>Amazon EC2, S3(Ubuntu Linux)
  86. 89. MySQL5
  87. 90. Groonga(mroonga)
  88. 91. Apache
  89. 92. PHP5
  90. 93. Ruby </li></ul></ul><ul><li>Ushahidiの技術 </li><ul><li>OpenLayers
  91. 94. Kohana framework
  92. 95. KML
  93. 96. Twitter Stream API </li></ul></ul>
  94. 97. OpenLayers <ul><li>ダイナミックマップを実現するJavascriptライブラリ
  95. 98. オーバーレイ可能
  96. 99. OpenStreetMap/GoogleMaps, YahooMap etc.. </li></ul>
  97. 100. mapnik <ul><li>マップアプケーションを作るためのレンダリングサーバ
  98. 101. XMLで指定するスタイルで地図画像を生成 </li></ul>
  99. 102. WMSとは <ul><li>WMS:Web Map Service
  100. 103. タイル画像を位置(緯度経度)にしたがって配信
  101. 104. Open Geospatial Consortium (OGC) の標準
  102. 105. 古い技術、負荷高いという批判も
  103. 106. でも震災対応に大活躍
  104. 107. MapServer </li></ul>
  105. 108. Kohana
  106. 109. Groonga Mroonga: MySQL Groonga strage engine, SQL”LIKE”->”MATCH”
  107. 110. KML <ul><li>Google Earth、Google マップ、モバイル Google マップなどの Earth ブラウザで、地理データの表示に使用するファイル形式
  108. 111. XML スタンダードをベース
  109. 112. 様々なアプリケーションで生成でき、オーバーレイできる
  110. 113. Ushahidiは、Pluginで対応 </li></ul>
  111. 114. Twitter ストリームAPI TWITTER Crawler 157行のRuby Program
  112. 115. 開発、改善状況 3月、最初の2週間のチケット提出、消化状況
  113. 116. 開発、改善状況 <ul><li>作業: 45件未完了 / 全246件
  114. 117. 設定作業: 0件未完了 / 全17件
  115. 118. バグ: 16件未完了 / 全119件
  116. 119. 報告: 0件未完了 / 全4件
  117. 120. 要望: 38件未完了 / 全140件
  118. 121.  ーーーーーーーーーーーーーー
  119. 122. 合計 526件のチケット
  120. 123. + サブプロジェクト(セキュリティ14件など) </li></ul>
  121. 124. 開発、改善したところ <ul><li>性能:世界最大のUshahidiサイトでは、Google、Yahoo!Japanからのアクセスにも耐える実装が必要 </li><ul><li>SQLチューニング:VIEWなのに数万SQL発行(泣)を修正
  122. 125. クラスタリング </li></ul><li>機能:日本語対応 </li><ul><li>全文検索 tritonn, groongaの適用 </li></ul><li>モバイル:専用アプリ </li><ul><li>iPhone, Androidアプリ
  123. 126. ケータイアプリ </li></ul><li>ユーザインターフェースの改善: とくに管理側
  124. 127. KMLプラグインの改善 </li></ul>
  125. 128. UIの改善
  126. 129. UIの改善例
  127. 130. Agenda <ul><li>非常時の立ち上げとチームビルディング
  128. 131. CrisisMap making プロジェクト
  129. 132. UshahidiとSinsai.info
  130. 133. 適用技術と改善
  131. 134. コミュニケーションツール、開発ツール、OSS
  132. 135. 今後の適用可能性 </li></ul>
  133. 136. コミュニケーションツール REDMINE
  134. 137. コミュニケーション方法 <ul><li>Lingrでリアルタイムチャット </li><ul><li>チーム間の連携
  135. 138. 開発メンバー間の連携 </li></ul><li>Yammerで議論 </li><ul><li>課題、テーマの提示と解決への議論 </li></ul><li>GoogleDocsで資料化 </li><ul><li>マニュアル、仕様の明示 </li></ul><li>Redmineでタスク管理 </li><ul><li>要望、バグ、機能追加などの管理 </li></ul></ul>
  136. 139. コミュニケーションルール <ul><li>昼会、夜会(Lingr) -> 週2回の夜会 </li><ul><li>毎日の課題共有、タスク割り振り、進捗確認
  137. 140. 議論はYammerで行って、Lingrでは結論の周知
  138. 141. GoogleDocsに周知事項を書いて、会は議論なし </li></ul><li>一箇所で管理 </li><ul><li>モデレータは、GoogleDocsにリアルタイムに作業IN/OUT、消化状況を記入
  139. 142. Lingrで、IN/OUT、相談を実施 </li></ul><li>担当、チーム分け </li><ul><li>チームごとに、Yammerのグループで議論 </li></ul></ul>
  140. 143. 開発・運用ツール Byobu
  141. 144. 開発ルール <ul><li>Git, github使用 </li><ul><li>githubはorganizationを活用
  142. 145. すべての作業は、redmineチケットにヒモ付
  143. 146. ブランチ命名規則(<developer_account>_<theme><number>) </li><ul><li>ex. miurahr_feature110, _bugNNN, _fixNNN </li></ul></ul><li>共有開発環境 </li><ul><li>ひとつのサーバに 開発者名 でvirtualHostを切る、ユーザにヒモ付
  144. 147. sshログインして開発、コミット、テストを実施(共通環境の保証)
  145. 148. 本物DBをマスクしたテストデータでテスト可能 </li></ul><li>Deploy </li><ul><li>デプロイでは、byobuで、コンソールを共有して仮想ペアプログラミング </li></ul></ul>
  146. 149. サーバ構成
  147. 150. Resources <ul><li>Github プロジェクト
  148. 151. https://github.com/sinsai
  149. 152. 開発プロジェクト
  150. 153. http://redmine.sinsai.info/
  151. 154. コミュニケーション
  152. 155. https://yammer.com/
  153. 156. http://lingr.com/
  154. 157. Sinsai.info API
  155. 158. http://goo.gl/bW4yc
  156. 159. OpenStreetMap
  157. 160. http://openstreetmap.jp/ </li></ul><ul><li>Ushahidi
  158. 161. http://ushahidi.com/
  159. 162. Kohana
  160. 163. http://kohanaframework.org/
  161. 164. mapnik
  162. 165. http://www.mapnik.org/
  163. 166. OpenLayers
  164. 167. http://openlayers.org/
  165. 168. PostGIS
  166. 169. http://postgis.refractions.net/
  167. 170. Groonga
  168. 171. http://groonga.org/ </li></ul>
  169. 172. Agenda <ul><li>非常時の立ち上げとチームビルディング
  170. 173. CrisisMap making プロジェクト
  171. 174. UshahidiとSinsai.info
  172. 175. 適用技術と改善
  173. 176. コミュニケーションツール、開発ツール、OSS
  174. 177. 今後の適用可能性 </li></ul>
  175. 178. マッピングプロジェクト適用可能性 <ul><li>コミュニティマップ </li><ul><li>市民活動で活用
  176. 179. 街づくりマップ </li></ul><li>クライシスマップ </li><ul><li>地震・津波・火災・テロ
  177. 180. 電力・気候
  178. 181. 被災地復興のビジュアライズ </li></ul><li>プロモーションマップ </li><ul><li>酒蔵応援
  179. 182. 産地情報提供
  180. 183. 就業支援などなど </li></ul></ul>
  181. 184. 次に備える <ul><li>・sinsai.info のコアバリューは、オープンソース思考のエンジニア集団と、クラウドソースの仕組み
  182. 185. • NPOを始め様々な組織と連携して活動
  183. 186. • “次”に備える (日本、海外) </li></ul>
  184. 187. Open Data, Open Collaboration -> revolution

×