Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

理工学部計算機実習0604

793 views

Published on

  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

理工学部計算機実習0604

  1. 1. 情報検索講習会 通常授業と同じ席に座ってください 各自ログインしておいてください 図書館HPを開いてください
  2. 2. 情報検索講習会の目的 研究や、論文のため に、  「必要な資料・情 報」を  探し出すスキルを
  3. 3. 資料や情報はなぜ必要なのか?1.自分の意見や主張を組み立てるとき に、  資料の視点が役に立つから。2.自分の意見や主張を読み手に納得させ る  必要があるから。3.自分の意見や主張を客観的に裏づける 為  には、資料から解った事を利用する必 要が  あるから。
  4. 4. 本日のテーマ① 調べたい情報に応じた  データベースを使い分けよ う! ② 図書館サービスを有効活用し よう!
  5. 5. ① 調べたい情報に応じたデータベースを使い分けよう
  6. 6. 1)龍谷大学の蔵書を検索する R-WAVE
  7. 7. ① 資料区分(図書か 雑誌か)の選択が出 来ます ② キャンパスの選択 が出来ます ③ 検索欄にキーワー ドを入力します ④ 検索オプションを 選択出来ます⑤ 他大学図書館( NACSIS Webcat) とは?全国の大学図書館等が所蔵する図書・雑誌を検索出来るシステムです。ここにチェックを入れると他大学との横断検索ができます。
  8. 8. ⑥ 検索結果一覧 EX.龍谷大学図書館ー該当件数○ 件(キーワード) 検索件数の資料別内訳が表示されます。
  9. 9. ⑦ 配架場所:どこの館 にあるのか確認する⑧ 請求記号:図書の背 表紙に貼ってあるラベル。この番号順に並んで います。⑨ 状態:本の今の状態 が示されています。
  10. 10. R-WAVEを使って 「水質調査」に関する図書が 瀬田図書館に何件あるか調べ て下さい。検索結果一覧の画 面を表示させて下さい。
  11. 11. 論文を検索する・・・            CiNii(原文検索が出来る) 
  12. 12. こんな事ができます! ・国内外の大学、学会が発信してる研究紀要から論文を検索できる! ・検索した論文が、どのような参考文献を引用したのか調べる事ができる! ・資料の本文や内容を Web 上で閲覧できる!キーワードを「情報リテラシー ラーニングコモンズ」と 入力して、論文検索をクリック
  13. 13. 検索結果が表示されます(件数・論文タイトル・著者など)。 「 C iN ii   PD F - オープンアクセス 、をクリックすると、
  14. 14. 原文が表示される→ 論文作成の参考資料として役立ちます!
  15. 15. 3)専門分野の資料を探してみよう①   → J-STAGE
  16. 16. J-STAGEとは? 科学技術振興機構 (JS T) が構築した、 日本国内の科学技術情報関係の電子 ジャーナルサイトです 学会が発行している学会誌、論文誌を 電子化し、インターネット上で公開し ています
  17. 17. ここをクリック
  18. 18. ここをクリック
  19. 19. ここをクリックここにチェック
  20. 20. 「環境科学会 誌」を選択
  21. 21. 「気になる論 文」を選択
  22. 22. 「PDFマーク」を選択する と、
  23. 23. 本文を閲覧することができま す
  24. 24. 3)専門分野の資料を探してみよう②   → 理科年表プレミアム
  25. 25. ① 件数が表示される② 調べたいテーマをク リック
  26. 26. このように本文を見ることができま す。
  27. 27. ② 図書館サービスを有効活用しよう! あなただけのオリジナル図書 館 MyLibrary→ ライブラリーガイドP 12~15  インターネットを通じてアクセス出来る資料・ 資源・検索ツールなどを個人用に整理しておける Web上の図書館です。
  28. 28. MyLibraryの使い方 MyLibraryの ログインをクリック
  29. 29. 全学認証IDと各自設定のパスワードを入力して「ログイン」をクリックして ください。
  30. 30. ① My R-WAVE:蔵書検索② 図書館からのお知らせ:図書館ホーム ページでお知らせしている情報を表示③ 図書館サービス: MyLibrary から 利用できる図書館サービス一覧④ アラートサービス:予め登録したキーワードに該当する資料の新着情報をメー ルでお知らせするサービス⑤ ブックマーク: My R-WAVE で検索した資料を参考文献として登録する事が 出来る機能
  31. 31. 情報検索講習会     おつかれさまでし た

×