Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
第16回SOHOフェスタ  in  MITAKA

(公開⽤用に⼀一部改編/省省略略)

Web解析で業績を伸ばす秘訣
(Web  Analytics)

〜~⾒見見落落としがちな基礎と実践のポイント〜~
2013年年11⽉月6⽇日

ひかりば...
⾃自⼰己紹介
ひかりば  代表
コミュニケーションプランナー
はらだ  みつひさ

原⽥田光久
ネットいじめ対応アドバイザー
  /  いじめ対応アドバイザー

(全国webカウンセリング協議会認定)

ICTリテラシー教育アドバイザー
地域活...
「前提」
社会の変化
@2013 hikariba

3
マーケティングの変遷
2000年年代〜~

付加価値

モノ溢れ時代
ダイアログ

1980年年代〜~

1960年年代〜~

物不不⾜足時代
マーケット・イン

物不不⾜足時代
プロダクト・アウト

@2013 hikariba

ニーズの多...
Webの変遷
欲しい情報は
ネットで検索索

個⼈人がブログで
情報発信

SNSやスマホ
アプリで交流流

Webサイトで
世界にPR

1996年年、Yahoo!  Japanが登場してからわずか17年年
@2013 hikariba

5
@2013 hikariba

出典:総務省省「平成24年年通信利利⽤用動向調査」より作成  
タッチ(コンタクト)ポイントの拡⼤大
①ハードの進化で様々なシーンの情報を取得
  情報流流通⼿手段の選択肢も拡⼤大
  ・携帯電話
  ・スマートフォン
  ・タブレット端末
  ・デジタル放送
  ・デジタルサイネージ
  ・ICカード・R...
Web解析の基本
(Web  Analytics)

@2013 hikariba

8
Web解析(Web  Analytics)とは
Webの利利⽤用状況を理理解し、最適化するためにデータを取り
扱うこと。
①データを計測する(仮説を元にした計測計画策定)
②データを収集する(必要に応じてWeb以外の情報も収集)
③データを分析...
Web解析(Web  Analytics)基礎

⽬目的
と

現状把握
⽬目的は何か?
⽬目的達成のために解決すべき課題(ギャップ)は何か?
Web解析(Web  Analytics)で何を解決するのか?
@2013 hikariba

10
Web解析が解決すべき課題
事業の成果とWebの成果が結びついていない
・ニーズ収集とWebの現状把握
(で終わっているケースが多い)
・+「成果・最適化のための改善⾏行行動」が重要
Web解析は、事業の成果・最適化が⽬目的であり
改善⾏行行動...
重要なポイント
1.⽬目的(事業の成果)に繋がる計画⽴立立案
  ①事業計画とリンク(短期〜~中⻑⾧長期/重点ポイント精査)
  ②成果に向けたタッチポイントを意識識した全体設計
  ③⽬目的に応じたKPI設定とPDCAの実践
    ※KPI...
注意すべきポイント
■闇雲にデータを取得すれば何かが最適化される訳ではない。
  必要なデータを適切切に取得することが重要である。
  ※Web以外のデータが必要になることもある。
■業種/業態、事業⽬目的、事業計画(予算含む)、Web戦略略
...
Web解析の影響要因
すべてのコミュニケーション施策がウェブ解析の影響要因となり得るが
様々なトレンドが次々⽣生まれては消えるのが現状
・雑誌・新聞広告/郵便便広告(DM)
・交通広告(電⾞車車/駅/バス/タクシー)
・屋外広告・OOH(アウト...
(以下略略)

@2013 hikariba

15
参考図書
Google  Analyticsパーフェクトガイド  Ver.5対応版
⼭山浦  直宏  (著)  
ソフトバンククリエイティブ  (2012/11/27)
http://goo.gl/P5hxcl

⼊入⾨門  ウェブ分析論論  ...
ご清聴有り難うございました
【連絡先】

お気軽にご連絡ください
ひかりば  代表  /  コミュニケーションプランナー

原⽥田光久[ハラダ  ミツヒサ]
harada@hikariba.com

090-‐‑‒2520-‐‑‒1620
ht...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Web解析で業績を伸ばす - 16th soho mitaka-20131106open-ver (原田光久)

第16回SOHOフェスタ in MITAKAの講演資料(一部公開用に改編)
ひかりば 代表
原田光久<harada@hikariba.com>
090-2520-1620

  • Login to see the comments

Web解析で業績を伸ばす - 16th soho mitaka-20131106open-ver (原田光久)

  1. 1. 第16回SOHOフェスタ  in  MITAKA (公開⽤用に⼀一部改編/省省略略) Web解析で業績を伸ばす秘訣 (Web  Analytics) 〜~⾒見見落落としがちな基礎と実践のポイント〜~ 2013年年11⽉月6⽇日 ひかりば 代表/コミュニケーションプランナー 原⽥田光久 @2013 hikariba
  2. 2. ⾃自⼰己紹介 ひかりば  代表 コミュニケーションプランナー はらだ  みつひさ 原⽥田光久 ネットいじめ対応アドバイザー  /  いじめ対応アドバイザー (全国webカウンセリング協議会認定) ICTリテラシー教育アドバイザー 地域活性プロデューサー (地域活性学会/個⼈人会員:680) 「ネットいじめ問題解決チーム」主宰 「⽇日本酒復復権プロジェクト」主宰 おやじ東京  ICT利利活⽤用推進担当 ⼀一般社団法⼈人RCF復復興⽀支援チーム 復復興コーディネーター  …など @hikariba @2013 hikariba 【概略略】 社会・組織の構造 (仕組み)や意識識を 変え、より良良い社会 ・組織とすることで 社会課題解決を実現 するための隙間を埋 める(調整する) コミュニケーション プランナー。 CSR/PRマーケティング及び⼈人間科学の観点で、 CSR活動、PR、地域経済振興(産業振興、コミュ ニティ活性化)プロジェクトをサポート。課題抽出 から解決プロジェクト設計、マネジメント、難しい ことを分かりやすく伝えるセミナー講師として活動。 ITコンサル時代に「インターネット・携帯/スマホ セーフティ教室」を通じ、教育機関での「ネットい じめによる⽔水⾯面下の課題」と「ICTリテラシー向上 のための課題」に遭遇  、⾃自らが解決すべき社会課 題としてアドバイザーとして向き合っている。 2
  3. 3. 「前提」 社会の変化 @2013 hikariba 3
  4. 4. マーケティングの変遷 2000年年代〜~ 付加価値 モノ溢れ時代 ダイアログ 1980年年代〜~ 1960年年代〜~ 物不不⾜足時代 マーケット・イン 物不不⾜足時代 プロダクト・アウト @2013 hikariba ニーズの多様化 ユーザーの声を聴き 掘り下げてニーズに応える ビジネス障壁 4
  5. 5. Webの変遷 欲しい情報は ネットで検索索 個⼈人がブログで 情報発信 SNSやスマホ アプリで交流流 Webサイトで 世界にPR 1996年年、Yahoo!  Japanが登場してからわずか17年年 @2013 hikariba 5
  6. 6. @2013 hikariba 出典:総務省省「平成24年年通信利利⽤用動向調査」より作成  
  7. 7. タッチ(コンタクト)ポイントの拡⼤大 ①ハードの進化で様々なシーンの情報を取得   情報流流通⼿手段の選択肢も拡⼤大   ・携帯電話   ・スマートフォン   ・タブレット端末   ・デジタル放送   ・デジタルサイネージ   ・ICカード・RFID…等 ②ソフト(ツール)の進化で個⼈人の⼼心情や⾏行行動履履歴を取得   個⼈人間の情報流流通も促進   ・Webサイト   ・ブログ/twitter   ・クーポン・チェックイン機能・ゲーム   ・SNS(facebook/Google+/mixi/gree等)   ・無料料通話・メッセージ(LINE/カカオトーク/comm/Skype)…等 @2013 hikariba 7
  8. 8. Web解析の基本 (Web  Analytics) @2013 hikariba 8
  9. 9. Web解析(Web  Analytics)とは Webの利利⽤用状況を理理解し、最適化するためにデータを取り 扱うこと。 ①データを計測する(仮説を元にした計測計画策定) ②データを収集する(必要に応じてWeb以外の情報も収集) ③データを分析する(仮説と効果の検証) ④レポーティングする(改善策/仮説の策定) ⑤改善策を実⾏行行する 「Webサイトの役割を最適化(改善)すること」が⽬目的で あり、「分析」はそのプロセスの⼀一つのステップである。 Web解析を⾏行行う際には、「分析すること」を⽬目的化しない よう注意する必要がある。 ※「Web  Analytics」は「Digital  Analytics」の⼀一部である(Web  Analiticsを   内包し、より広範囲の包括的ジャンルの概念念として⽶米国において定義)。   2013年年3⽉月にWAAはDAAへ改名。⽇日本では明確には定義されていない。 @2013 hikariba 9
  10. 10. Web解析(Web  Analytics)基礎 ⽬目的 と 現状把握 ⽬目的は何か? ⽬目的達成のために解決すべき課題(ギャップ)は何か? Web解析(Web  Analytics)で何を解決するのか? @2013 hikariba 10
  11. 11. Web解析が解決すべき課題 事業の成果とWebの成果が結びついていない ・ニーズ収集とWebの現状把握 (で終わっているケースが多い) ・+「成果・最適化のための改善⾏行行動」が重要 Web解析は、事業の成果・最適化が⽬目的であり 改善⾏行行動はWebに限定する必要はない @2013 hikariba 11
  12. 12. 重要なポイント 1.⽬目的(事業の成果)に繋がる計画⽴立立案   ①事業計画とリンク(短期〜~中⻑⾧長期/重点ポイント精査)   ②成果に向けたタッチポイントを意識識した全体設計   ③⽬目的に応じたKPI設定とPDCAの実践     ※KPI:Key  Performance  Indicator(重要業績評価指標)     ※仮説と検証(PDCA) 2.現状把握のための関係者間コミュニケーション   ①現状と課題を把握するための情報共有     ※やるべきこと、やらざるべきことの精査   ②分析データを元にした分かりやすい情報共有   ③必要な部⾨門への次の⾏行行動に繋がる働きかけ     ※課題解決のためには特定部⾨門”だけ”が分かっていてもダメ   ④ユーザーの声なき声を聴く⽿耳     ※思い込みを排除しデータからユーザーの声をキャッチアップ     ※ユーザー動向から想定外のことが分かることがある @2013 hikariba 12
  13. 13. 注意すべきポイント ■闇雲にデータを取得すれば何かが最適化される訳ではない。   必要なデータを適切切に取得することが重要である。   ※Web以外のデータが必要になることもある。 ■業種/業態、事業⽬目的、事業計画(予算含む)、Web戦略略   (活⽤用⽅方法/想定している役割)により、Web解析でやる   べきことは「ケース・バイ・ケース」となる。 <Web解析の⼿手順>   ①事業⽬目的の確認(事業の再整理理)   ②事業計画の確認(事業の理理解)   ③解決したい課題の確認(何を最適化したいのか)   ④Web戦略略の確認(Webの位置づけ/対策重要度度)   ⑤予算と関係者の役割確認(誰が何をどこまで担うか)   ⑥仮説・施策検討・実⾏行行・検証 @2013 hikariba 13
  14. 14. Web解析の影響要因 すべてのコミュニケーション施策がウェブ解析の影響要因となり得るが 様々なトレンドが次々⽣生まれては消えるのが現状 ・雑誌・新聞広告/郵便便広告(DM) ・交通広告(電⾞車車/駅/バス/タクシー) ・屋外広告・OOH(アウト・オブ・ホームメディア)   -‐‑‒  旧来型:屋外看板・交通広告  -‐‑‒  近代型:デジタルビジョン・移動広告 ・テレビCM/ラジオCM ・Webサイト(ポータルサイト/専⽤用サイト) ・電⼦子メール広告 ・検索索連動広告 ・メールマガジン ・ソーシャルメディア ・フラッシュマーケティング ・ポイント ・クチコミ ・店頭/EC(来店・来訪・購買・閲覧履履歴等) ・ICカード利利⽤用履履歴…等 @2013 hikariba 14
  15. 15. (以下略略) @2013 hikariba 15
  16. 16. 参考図書 Google  Analyticsパーフェクトガイド  Ver.5対応版 ⼭山浦  直宏  (著)   ソフトバンククリエイティブ  (2012/11/27) http://goo.gl/P5hxcl ⼊入⾨門  ウェブ分析論論   ~∼  アクセス解析を成果につなげるための新・基礎知識識 ⼩小川  卓  (著)   ソフトバンククリエイティブ  (2012/3/22,増補改訂版) http://goo.gl/jprWNj サイトサーチアナリティクス  アクセス解析とUXによる ウェブサイトの分析・改善⼿手法 清⽔水  誠  (監修,  翻訳),  池⽥田  清華  (翻訳),  UX  TOKYO  (翻訳)   丸善出版  (2012/10/27) http://goo.gl/k8CSKK @2013 hikariba 16
  17. 17. ご清聴有り難うございました 【連絡先】 お気軽にご連絡ください ひかりば  代表  /  コミュニケーションプランナー 原⽥田光久[ハラダ  ミツヒサ] harada@hikariba.com 090-‐‑‒2520-‐‑‒1620 http://www.facebook.com/harada3213 ネットいじめ対応アドバイザー/いじめ対応アドバイザー (全国webカウンセリング協議会認定) ICTリテラシー教育アドバイザー 「ネットいじめ問題解決チーム」「⽇日本酒復復権プロジェクト」主宰 地域活性プロデューサー/おやじ東京  ICT利利活⽤用推進担当 ⼀一般社団法⼈人RCF復復興⽀支援チーム  復復興コーディネーター  …など @2013 hikariba 原⽥田光久 検索索 17

×