Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

クラウドネイティブ世代がインフラに触れるということ

1,635 views

Published on

DevLove + JAWS-UG中央線 の資料です

Published in: Engineering

クラウドネイティブ世代がインフラに触れるということ

  1. 1. クラウドネイティブ世代が インフラに触れるということ ヴァル研究所 相坂麻衣 (c) Val Laboratory Corporation p46
  2. 2. 2 じこしょうかい
  3. 3. じこしょうかい 3 • 相坂麻衣(@mist_dev) • C向けWebアプリ商材担 当班のチーフエンジニア • アプリ開発とインフラ • Ruby/Java, AWS • 技術者教育興味しんしん • 好きなお酒:地ビール
  4. 4. 4 終電はRooteでね
  5. 5. すきなAWSサービス 5 • S3! S3! S3! • S3を使って社内向けAPI とかつくってました • シンプルで色々な用途に 使えて安いのがお気に入 り • AWSかるた大好きです めっちゃ勝負したい
  6. 6. すきだったAWSサービス 6 • Elastic Beanstalk • 作るだけならちょー簡単 • for Rubyに苦しめられた トラウマが… • 実行するたびにちがう gem installエラーとか… • いい保守の方法知りたい
  7. 7. JAWS-UG中央線 について 7 • JAWS-UG東京って敷居が 高いし埋まるのも早い • そんなあなたに中央線 • 東京でこういうゆるーいコ ミュニティをやっているの はすごくすごくうれしい • たのしい!!!!! • ありがとうございます
  8. 8. 8 ほんだい
  9. 9. クラウドネイティブ世代が インフラに触れるということ ヴァル研究所 相坂麻衣 (c) Val Laboratory Corporation
  10. 10. 10 ほんじつのおだい
  11. 11. 11 ほんじつのおだい やせいのクラウドネイティブがあらわれた! どうする?
  12. 12. 12 ほんじつのおだい やせいのクラウドネイティブがあらわれた! どうする? rァ たたかう  じゅもん  ぼうぎょ  にげる
  13. 13. • うちのチームにきた新人さんがさいしょ にさわるインフラはAWSでした • クラウドネイティブのみなさまと過ごし た一年間で感じたことと、これからの学 習に最適な方法を共有させてください 13 ほんじつのおだい
  14. 14. • 担当商材が10個くらい • DCとAWSを半々くらいで利用中 • 全部AWSに持っていきたい 14 チームのAWSじじょう
  15. 15. 15 チームのAWSじじょう 2016/? DC完全撤退
 (よてい)2012/2 ヴァルでの AWS利用開始 2013/6 APIサーバ AWS移設 2014/7 チーム結成 商材引き継ぎ 2014/9 全サービス
 じわじわ AWS移行開始 2015/2 物理環境撤退
  16. 16. • 2014/07 • 新人さんがチームにきま した • 5名中2名が新人 • 開発はほぼ未経験 • 当然インフラ何状態 16 新人さんが来た!
  17. 17. • 7月期初に伴う組織改編 • ポータルサイトの保守から新規案件まで よりどりみどり • 引き継ぎだけで大仕事 • よし!とりあえずAWSでできることは任 せてしまえ! 17 商材もいっぱいきた!
  18. 18. • 無茶振り • やってみたいなって思ったけどできてな かったことにチャレンジしてもらう 18 やったこと
  19. 19. • 新規サービスの構築 19 やったこと Railsとかわたしもやっ たことないけどRailsで一個サー ビスくんでね もちろんインフラもいちからやって ね あ、DBはちょっと教えるね
  20. 20. 20 なんかうまくいく
  21. 21. • DCにあった物理サーバ環境をAWSに移行 21 やったこと 物理サーバにはApache乗って るけど、nginxがシンプルだから そっちがいいな JavaとTomcatはもちろん最新ね
  22. 22. 22 なんかうまくいく
  23. 23. • Beanstalkの環境が不安定なのでシンプル につくりなおし 23 やったこと UserDataにproductionとか stagingとかかいたらそれっぽく Unicorn起動してほしいな あ、githubのブランチ名指定でき ると最高です
  24. 24. 24 なんかうまくいく { “environment” : “production”, “branch” : “master” }
  25. 25. • わりとなんでもできるもんだ • インフラネイティブすごいぞ! • (すみませんほんとうにいろいろありがと うございました) 25 うん
  26. 26. 26 さいきょうのやりかた
  27. 27. • クラウドネイティブとしあわせに仕事を するために、今考えているさいきょうの やり方を共有します 27 さいきょうのやりかた
  28. 28. • 理想ドリブンインフラしよう • つくってこわしてつくってこわす • ちょっとずつ物理を知ってこう 28 さいきょうのやりかた
  29. 29. • 物理のノウハウがないからこそ、クラウ ドの理想を先に刷り込んでおくこと • できるできないは二の次 • 何かあったときにフォローする・飛び込 む覚悟があればだいじょうぶ 29 理想ドリブンインフラ
  30. 30. • オートスケーリングするのが当たり前 • ログは外部にたまるのが当たり前 • プロビジョニングツールとか当たり前 • と吹聴する 30 理想ドリブンインフラ
  31. 31. • オートスケーリングするのが当たり前 • ログは外部にたまるのが当たり前 • プロビジョニングツールとか当たり前 • と吹聴する 31 理想ドリブンインフラ _人人人人人人人人人人人人人_ > そんな環境すくないけど <  ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄
  32. 32. • おさえるべきことはたった3つ • おかね • セキュリティ • 監視 32 理想ドリブンインフラ
  33. 33. • つくってこわしてつくってこわしてつくっ てこわしてつくってこわしてつくってこわ してつくってこわしてつくってこわしてつ くってこわしてつくってこわしてつくって こわしてつくってこわしてつくってこわし てつくってこわしてつくってこわしてつくっ てこわしてつくってこわしてつくってこわ してつくってこわしてつくってこわしてつ くってこわしてつくってこわしてつくって こわしてつくってこわしてつくってこわす33 つくってこわしてつくってこわす
  34. 34. • つくってこわすことを当たり前にする • つくりっぱなしにしない • 稼働させっぱなしにしない • とにかく一回こわす 34 つくってこわしてつくってこわす
  35. 35. • こわすっていい! • 再現性たかくないとやってられない • AMIにこだわりが出てきたり • 自動化の方法を模索しはじめたり 35 つくってこわしてつくってこわす
  36. 36. • こわすっていい! • こわれてしまったときのシミュレート 36 つくってこわしてつくってこわす
  37. 37. • 一通り環境をつくれるようにはなったけ れど、仕組みの根本のよくわからないモ ヤモヤ感 • 物理的な接続から成るものを仮想でイメー ジするのは限界がある気がしている… 37 ちょっとずつ物理をしる
  38. 38. • 実は方法を模索中 • Chefの本書いてたかたが、物理やったほ うがいいよねってチラッて言ってた 38 ちょっとずつ物理をしりたい
  39. 39. • クラウドネイティブ先生の感想です 39 ちょっとずつ物理をしりたい これ
  40. 40. 40 まとめ
  41. 41. • 理想ドリブンインフラして • つくってこわしてつくってこわして • ちょっとずつ物理を知ってくのが • よさそう! 41 まとめです
  42. 42. クラウドネイティブのちからと みんなでハッピーに!
  43. 43. • みなさまいつもありがとうございます • 新しい技術やりたいって言ったときに文 句ひとつ言わずすんなり取り入れてくだ さるチームの先輩のおふたり • 入社まもないのに大きな力になってくれ るチームの若手のみなさま • さりげないフォローで支えてくださる上 司のかた 43 さいごに
  44. 44. • DevLove + JAWS-UG中央線 • ここまできいてくださったみなさまにも 44 さいごに
  45. 45. ありがとうございました (c) Val Laboratory Corporation

×