Successfully reported this slideshow.

Hokuriku.NET ASP.NET MVC 入門 2 回目 2.URLルーティング

1,251 views

Published on

2012/11/24 に、ASP.NET MVC 入門 2 回目を開催させて頂きました。その時の資料の一部です。

  • Be the first to comment

Hokuriku.NET ASP.NET MVC 入門 2 回目 2.URLルーティング

  1. 1. 今日の流れの確認1. 1機能で基本の流れをつかむ! 編集機能の実装2. URLを自由自在に扱おう3. お悩み解決! 効率的なビュー開発4. JavaScript 開発 jQuery プラグインと非同期5. NuGet で何ができる?6. Azure で発行!
  2. 2. 2. URL を自由自在に扱おう!実装 説明 ・URL ルーティング
  3. 3. 今日行うこと イメージ Azure 編集機能 Controlller NuGet URL ルーティング ModelJavaScript View データの表示 ビュー開発
  4. 4. /Customer/1/Diary/ にアクセスすると、1さんの今日の日記が、/Customer/1/Diary/2012/3/11 にアクセスすると、1さんの2012年3月11日の日記が、 表示されるページを実装します。 4
  5. 5. 2.URL を自由自在に扱おう流れの確認アクセス GET /Customer/1/Diary/ 日記ページ Html 今日の日記データアクセス GET /Customer/1/Diary/2012/3/11 日記ページ Html 2012/3/11 の日記データ
  6. 6. 2.URL を自由自在に扱おう ~ハンズオン~
  7. 7. 2.URL を自由自在に扱おうURL ルーティングとは URL と アプリケーションを、対応させることです。 → ASP.NET MVC では・・・ URL と コントローラのアクションメソッドを、対応させることです。 HomeControlllerURL /Home/Create ActionResult Create(); ActionResult Edit();URL /News/2012/9/12URL /Taro/ SessionControlller ActionResult Speaker();
  8. 8. 2.URL を自由自在に扱おうURL ルーティングとは URL ルーティングには、2つの側面があります。 ① アクセスされた URL を、適切なアクションメソッドへ マッピングすること HomeControlllerURL /News/2012/9/12 ActionResult Create();URL /Taro/ ActionResult Edit();
  9. 9. 2.URL を自由自在に扱おうURL ルーティングとはURL ルーティングには、2つの側面があります。① アクセスされた URL を、適切なアクションメソッドへ マッピングすること → URL にアクセスしたときに、あるコントローラのアクションメソッド の処理が実行されること /Customer/1/Diary/
  10. 10. 2.URL を自由自在に扱おうURL ルーティングとは 2つめは、逆方向のことです。 ②適切なアクションメソッドに戻ってくるように、 外向きの URL を作成すること。 HomeControlllerURL /News/2012/9/12 ActionResult Create();URL /Taro/ ActionResult Edit();
  11. 11. 2.URL を自由自在に扱おうURL ルーティングとは②適切なアクションメソッドに戻ってくるように、 外向きの URL を作成すること。 → Html.ActionLink や、 Html.RouteLink などを使ったときにURL が作成されること。
  12. 12. 2.URL を自由自在に扱おうURL ルーティング 登録方法ルーティングの登録は、Global.asax(またはRouteConfig.cs)にて行います ルート名(一意) URLパターン 各値の初期値 省略可能なことを表す / 上の場合、 /Session/ ←これらのURLがあてはまり、 /Session/List/ SessionコントローラのList /Session/List/4 メソッドに対応します。 /Session/List/Taro
  13. 13. 2.URL を自由自在に扱おうURL ルーティング 登録方法URL パラメータ URL の {名前} で定義された値を、URL パラメータと呼びます。 アクションメソッドに、 URL パラメータと同じ名前の引数がある場合、 対応する値が渡されます。
  14. 14. 2.URL を自由自在に扱おうURL ルーティング 登録方法 注意 ルーティングは、上から下へ 登録した順に探索されます。 ①/Person/{year}/{month}/ を初期値を含めて設定した後、 その下に ②/Person/{year} というルーティングを登録しても、 評価されることはありません。 (①のルーティングが評価される ため)
  15. 15. 2.URL を自由自在に扱おうURL ルーティングを知ると・・・ URL をユーザにとってわかりやすいものを設定することができます。 また、アックションメソッド名も、自由に設定することができます。 HomeControlllerURL /Home/Create ActionResult Create(); ActionResult Edit();URL /News/2012/9/12URL /Taro/ SessionControlller ActionResult Speaker();
  16. 16. 2.URL を自由自在に扱おうURL ルーティングを知ると・・・http://.../Customer/Diary/ 0?year=2011&month=3&day=11http://.../Customer/1/Diary/2011/3/25 (こっちの方がいいですね!)
  17. 17. 2.URL を自由自在に扱おうまとめ URL やアクションメソッド名は自由に設定することができます。  → わかりやすい URL を心がけたいところです  → 正しいアクションメソッド名にしましょう URL ルーティングの登録方法を確認しました。  初期値の設定、URL パラメータの定義ができます。 URL ルーティングは2つの側面があります。  URL → アクションメソッド  URL ← アクションメソッド @Html.ActionLink は、登録されたルーティングを参照しています。
  18. 18. 2.URL を自由自在に扱おうまとめ URL ルーティング Controlller Model View URL ルーティングを参照した URL 生成 @Html.ActionLink(..)

×