Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

2.0からはじめるC#

552 views

Published on

C# 2.0 以降の新機能
C# 入門資料

Published in: Software
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

2.0からはじめるC#

  1. 1. / 28 2.0 から始める C# ~ 入門/再入門 ゆるふわ勉強会 1 城東.NET 2017年07月30日 石崎 充良
  2. 2. / 28 自己紹介 石崎 充良 ( @mishi_cs ) 言語: C# XAML 活動: JXUG (もくもく会) (connpass) 城東.NET Users Group (connpass) .NET 読書会 (connpass) 2
  3. 3. / 28 メンターの皆さん 3
  4. 4. / 28 事前アンケート ■ マサカリ担当 ■ 再入門 ■ 他言語経験者 ■ プログラミング入門者 4
  5. 5. / 28 はじめに 5
  6. 6. / 28 お約束 ・本勉強会での発表や意見は、参加者個人の見解であり、所属する組織を代表するもの ではありません。 6
  7. 7. / 28 タイムテーブル 7 時刻 内容 13:00 開場 会の説明 学び方の概要 13:10~ 2.0 以降に追加された機能 概要 理解を深める 18:00 閉場
  8. 8. / 28 会場施設案内 ・Wi-Fi ・飲み物 酒は飲んでも飲まれるな。 ・お手洗い ・コンビニ 万世もあります。 ・喫煙 施設内は禁煙です。 ・空調 8
  9. 9. / 28 概要 9
  10. 10. / 28 2.0 から始める C# ~ 入門/再入門 ゆるふわ勉強会 10 https://jtnug.connpass.com/event/61689/
  11. 11. / 28 イベントの説明 C# 入門/再入門者向けのゆるふわな勉強会です。 サンプルを元に、手を動かして学習を進める予定です。 ■ 目的 C# は 15 年以上の歴史を持つ言語で、現在の最新バージョンは 7 .0 です。 その間に様々な仕様が追加されてきました。 当初は、if 文や for 文で書かれていたプログラムも、言語の進化に伴い全く異なる書き方が主流になっています。 if 文や for 文などは分かるという状態からでも、何とか今の C# が読み書きできるようになることを目指します。 ■ 概要(予定) ・最初に、C# 2.0 以降に追加された仕様の概要を紹介します。 ・次に、サンプルコードで各仕様を試してみます。 ・後は時間の許す限り各自サンプルコードを変更するなどして理解を深めて行きます。 各自試してみる際に、わからないことがあればメンターが可能な限りフォローします。 ■ 対象者 ・基礎的な知識(if や for、配列、クラスなど)はあるが今の C# のコードは難しいという方 ・他のプログラミング言語経験者の方 ・C# の経験があるが、言語のバージョンアップを追い切れていない方 ・その他 C# を学びたい方 11
  12. 12. / 28 目的 C# はそれなりに長い歴史を持ち、様々な仕様が追加されてきました。 かつては、if 文や for 文で書かれていたこともありましたが しかし、その追加された仕様は学びにくいのが実情だと思います。 12 言語の進化に伴い全く異なる書き方が主流になっています 今の C# が読み書きできるようになることを目指します 学習ソースの提案
  13. 13. / 28 概要 1.最初に、C# 2.0 以降に追加された仕様の概要を紹介します。 2.次に、サンプルコードで各仕様を試してみます。 3.後は時間の許す限り各自サンプルコードを変更するなどして理解を深めて行き ます。 ※各自試してみる際に、わからないことがあればメンターが可能な限りフォローします。 13
  14. 14. / 28 C# 2.0 以降に 追加された仕様 の見方 14
  15. 15. / 28 仕様の日本語名とリンク C# 2.0 以降の新機能まとめ(名前とリンク) http://rksoftware.hatenablog.com/entry/2017/07/16/122216 15
  16. 16. / 28 リンク先の見方 ■ パターン1 まさに、その機能について書かれたページ。 ■ パターン2 機能の拡張などの場合、下の方にバージョンいくつ以上ではこういったこともできる、 という記述があるページ。 ■ パターン3 MSDN(API ドキュメント)クラスの追加により実現された機能でクラスの説明に分 かりやすい説明があるパターン。 ■ パターン4 英語のページ。日本語で解説が書かれたページが見つからないパターン。 16
  17. 17. / 28 リンク先の見方 パターン1 まさに、その機能について書かれたページ 17 https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/csharp/programming-guide/generics/
  18. 18. / 28 リンク先の見方 パターン2 下の方にバージョンいくつ以上では~、という記述があるページ。 18 https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/csharp/programming-guide/classes-and- structs/auto-implemented-properties
  19. 19. / 28 リンク先の見方 パターン3 MSDN(API ドキュメント)クラスの説明に分かりやすい説明があるパターン。 19 https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/aa664622(v=vs.71).aspx
  20. 20. / 28 リンク先の見方 パターン4 英語のページ。 20 https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/csharp/whats-new/csharp-6#await-in-catch- and-finally-blocks
  21. 21. / 28 英語のページ(C# 6以降の新機能) 21 https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/csharp/csharp https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/csharp/whats-new/csharp-6 C# 6、7 について は新機能の紹介 ページがある リンク先は英語
  22. 22. / 28 サンプルコードの 試し方 22
  23. 23. / 28 その機能について書かれたページ 解説の後にコードが掲載されています。 コード右上の [コピー] でコードがコピーできます。 23 サンプルコード クリップボードへ https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/csharp/programming-guide/generics/
  24. 24. / 28 下の方に記述があるページ 前頁と同様に、開設の下にサンプルコードがあります。 コピーも同様です。 24 クリップボードへ サンプルコード 解説 https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/csharp/programming-guide/classes-and- structs/auto-implemented-properties
  25. 25. / 28 MSDN 解説の途中にサンプルコードが掲載されています。 [コピー] はないので、手動でコピーしてください。 25 https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/aa664622(v=vs.71).aspx
  26. 26. / 28 英語のページ 日本語のページと変わりません。[コピー] もあります。 26 https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/csharp/whats-new/csharp-6#await-in-catch- and-finally-blocks クリップボードへ サンプルコード 解説
  27. 27. / 28 C# 2.0 以降に 追加された仕様 の概要 27
  28. 28. / 28 仕様の日本語名とリンク C# 2.0 以降の新機能まとめ(名前とリンク) http://rksoftware.hatenablog.com/entry/2017/07/16/122216 28
  29. 29. / 28 仕様の概要とコード C# 2.0 以降の新機能まとめ(機能とコード) http://rksoftware.hatenablog.com/entry/2017/07/24/004305 29
  30. 30. / 28 END 30

×