Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Capistrano introduction

1,608 views

Published on

Capistranoのご紹介

  • Be the first to comment

Capistrano introduction

  1. 1. Capistranoのご紹介(デプロイツールを使お う) @_zoo Voyage Group Inc. System Solution Group.
  2. 2. ・デプロイとは?・何故Capistranoを使うのか?・Capistranoの使い方・Capistranoのカスタマイズ設定
  3. 3. デプロイとは?• サービスを利用可能な状態にする• 狭義だとソース配布• デプロイ=リリースという考えもある
  4. 4. 何故Capistranoを使うのか?• Capistrano=Rubyで書かれたデプロイツール• RubyOnRailsと仲良し• デプロイ作業の効率化
  5. 5. 本番へのデプロイ
  6. 6. rsyncとSCPとかでも十分
  7. 7. そんなわけないですよ
  8. 8. 例えば、・リリースしたけどバグってた・フライングリリースした とか、
  9. 9. 1つ前の状態に巻き戻したい
  10. 10. たとえバージョン管理していても• 1つ前のバージョンにソースを戻す• もう一度ソース配布せなあかん
  11. 11. ソース巻き戻し $ git checkout master $ git push origin master:master_bk $ git push –f origin HEAD^:master $ git reset HEAD^ Masterブランチに移動 ローカルの最新版を別名ブランチに退避 リモートのmasterブランチを1つ前のバージョンに戻す ローカルのmasterブランチを1つ前のバージョンに戻す
  12. 12. ソース配布
  13. 13. デプロイツールがあれば rollbackコマンド叩くだけ$ cap prodution deploy:rollback
  14. 14. デプロイツールを使っていると Currentディレクトリ リリースソース 20111201 20111220 シンボリックリンク 20111222
  15. 15. なので、rollbackの時は
  16. 16. こんな感じCurrentディレクトリ リリースソース 20111201 20111220シンボリックリンク 20111222
  17. 17. シンボリックリンクをつけ かえるだけ
  18. 18. バージョンがどうこうなん て気にしなくてよい
  19. 19. 便利で安心
  20. 20. 他にも
  21. 21. デプロイ作業に必要なタスクがそろっている・起動処理・停止処理・再起動処理・ミドルウェアのチェック・任意のサーバにソース配
  22. 22. 便利なタスクが揃ってる

×