Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

こがにゃんこ作者の「歴史をテーマにしたキャラクターの作り方」

3,708 views

Published on

歴史会議 こがにゃんこ☆古河史楽会 ~HOW TO ENJOY HISTORY~で発表した内容です。

資料引用元
東北ずんこ
くまモン
鷹見泉石‎Wikipedia

Published in: Design
  • Be the first to comment

こがにゃんこ作者の「歴史をテーマにしたキャラクターの作り方」

  1. 1. 歴史をテーマにした キャラクターの作り方 デザイナー 小太刀 御禄
  2. 2. プロフィール 小太刀 御禄(こだちみろく) デザイナー・イラストレーター 東京出身。目黒区生まれ、西多摩育ち。 中学3年生の春に古河市立古河第一中学校に転入。 埼玉県立春日部東高校卒(理系クラス)、御茶ノ水美術専門学 校卒(映像、キャラクター、イラストゼミ専攻) IT企業にデザイナーとして就職。自社メディア、広告、サービ ス開発のデザインとマーケティング手法を経験。 現在はサービス開発分野のデザインを得意としながら、学生時 代から続けているイラストレーター活動、そして両方を合わせ たキャラクターを使ったコミュニケーションデザインを実践中 。
  3. 3. 歴史が大好き! 1歳3ヶ月で高幡城本丸に行ったのが初めての史跡巡り。(お宮 参りを除く) 幕末が好きな鹿児島出身の母と戦国が好きな栃木出身の父に育 てられ、必然と歴史好きに。 一番好きなのは島津斉彬と土井利勝。 小学生の頃に読んだ西郷隆盛の本が一番古い歴史好きとしての 記憶。 その後、封神演義から中学は中国古典、高校は三国志と戦国、 その後は幕末、明治と歴史好きのジャンルを広げ、現在は日本 の藩主を中心に調べるのが日課。 趣味は史跡巡りのほかに歴史上の人物を“ビジネスマン視点”で調 べること。
  4. 4. 仕事 ・開発デザイン ・web小説の挿絵や装丁 ・技術書のライティング ・デザイン講師 ・歴史系デザイン ・
  5. 5. 詳しくは http://kodachi369.net 小太刀 御禄で検索
  6. 6. はじめに 今回話すデザインの話は理系出身かつ、イラストとキャラクターデザ インを専攻し、サービス開発を得意分野にもつデザイナーの話です。 全てのデザイナーの考えではなく、あくまで小太刀御禄の考え方です 。
  7. 7. 人気になるキャラクターデザインって何?
  8. 8. かわいいは正義! 人気になるキャラクターデザインって何?
  9. 9. 人気になるデザインって何? おわり 本日はありがとうございました
  10. 10. 人気になるデザインって何? そんなわけない デザインには理論が大事である
  11. 11. デザインってなに?
  12. 12. デザインってなに? デザインとは 問題解決の手段である
  13. 13. ご当地キャラクターとは
  14. 14. ご当地キャラクターとは ご当地の問題を解決する 手段のひとつ
  15. 15. みろくのキャラクターデザインの作り方 1.問題を定義する 2.解決策を考える 3.解決策を広げる 4.デザインにおとしこむ 5.リリース ※こちらはキャラクターをリリースするまでの考え方です 。
  16. 16. 地方が抱える問題って何だろう? 例えば…
  17. 17. 地方が抱える問題って何だろう? 例えば… 観光地として 盛り上がりたい
  18. 18. 地方が抱える問題って何だろう? 例えば… 観光地として 盛り上がりたい 歴史の認知を 広げたい
  19. 19. 地方が抱える問題って何だろう? 例えば… 観光地として 盛り上がりたい 歴史の認知を 広げたい 福祉と市民の間の 距離感
  20. 20. 地方が抱える問題って何だろう? 例えば… 観光地として 盛り上がりたい 歴史の認知を 広げたい 福祉と市民の間の 距離感 町の知名度を あげたい
  21. 21. 地方が抱える問題って何だろう? 例えば… 観光地として 盛り上がりたい 歴史の認知を 広げたい 福祉と市民の間の 距離感 町の知名度を あげたい 市民の一体感を 出したい
  22. 22. 1つ1つ解決する方法を考えてみる ・観光地として盛り上がりたい →市外へのプレゼンスを強める ・歴史の認知度をあげたい →歴史に興味をもつきっかけを作る ・福祉と市民の距離感 →福祉の分野が市民活動に入りやすいきっかけ作り ・町の知名度をあげたい →町の魅力発掘とコンテンツの制作・発信 ・市民の一体感を出したい →町のシンボルを作る
  23. 23. わたしと古河 古河の第一印象
  24. 24. わたしと古河 古河の第一印象 寒い ※引っ越してきた3月に雪がふりました
  25. 25. わたしと古河 古河の史跡を全部回った後の印象
  26. 26. わたしと古河 古河の史跡を全部回った後の印象 いいとこいっぱい あるじゃん
  27. 27. わたしと古河 古河に対しての疑問1
  28. 28. わたしと古河 古河に対しての疑問1 なんで地元の人が 歴史を知らないの?
  29. 29. わたしと古河 古河に対しての疑問2
  30. 30. わたしと古河 古河に対しての疑問2 なんで観光客が 通年で少ないの?
  31. 31. わたしが古河で解決したいこと 古河の 歴史認知 観光客の 増加 市の一体感
  32. 32. 1つ1つ解決する方法を考えてみる ・古河の歴史認知 →わかりやすく、シンプルに、親しみやすく ・観光客の増加 →観光地をピックアップ、ストーリーを市外に発信 ・市の一体感 →キャラクターの使用フリー化
  33. 33. キャラクターを作る時のマイルール 「一言キャッチコピーをつくる」 わかりやすく、シンプルに伝える第一歩
  34. 34. キャラクターを作る時のマイルール 「日本ではじめて 雪の結晶を研究した知の殿様」 土井利位
  35. 35. キャラクターを作る時のマイルール 「日本を代表する筆まめ蘭学者」 鷹見泉石
  36. 36. デザインをフリー化するためにしたこと 誰でも使いやすい シンプルなデザイン設計
  37. 37. デザインをフリー化するためにしたこと ・拡大縮小に耐えられる ・色数を減らして、 どんな媒体でも使いやすく ・みんなが描きやすいデザイン その他、グッズ展開をしやすいように、 シンプルかつシルエットだけでも伝わる デザイン
  38. 38. キャラクターで大事なこと キャラクターは生きている!
  39. 39. キャラクターで大事なこと キャラクターは生きている! 私たちに歴史や生活があるように、キャラクターにも歴史や生活が存在します。 それがキャラクターの設定であり、SNSでの立ち振る舞いやブランディングに通じてき ます。
  40. 40. キャラクターで大事なこと2 イラストのテイストで ファン層が変わる
  41. 41. キャラクターで大事なこと2 イラストのテイストで ファン層が変わる
  42. 42. キャラクターで大事なこと2 こがにゃんこでは 老若男女に受け入れやすい デザインスタイルを採用しました
  43. 43. キャラクターで大事なこと3 キャラクターは育てるもの ご当地キャラクターは町の状況や現状に左右されやすいです。 認知施策を行ったり、商品開発、コンテンツ展開を行うにあたり都度マーケティング調 査を行い方向を施策を行います。
  44. 44. キャラクターで大事なこと3
  45. 45. キャラクターで大事なこと3
  46. 46. 歴史をテーマにする時に気をつけること ・実在の人物であることへの敬意と配慮 →先人の恩恵にあずかっているのです! ・かつて敵対した地域への配慮 →戦国や幕末など国内で戦をしていた時は注意 ・時代考証 →キャラクターへの反映のためへの調査。 そして時代錯誤なものを入れる時はその理由が必要。
  47. 47. 歴史をテーマにする時に気をつけること 鷹見泉石は現在の古河市内に居を構え 今でもたくさんの文化財を残してくれました。 そして、数々の功績も作ってくださったのです 。
  48. 48. ご当地キャラクターを作る時に注意していると 題材はキャッチー であるか
  49. 49. ご当地キャラクターを作る時に注意していると その題材選択は 自分のエゴじゃないの?
  50. 50. ご当地キャラクターを作る時に注意していると2 そのキャラクターは 地元のオリジナリティであるか
  51. 51. そんなこがにゃんこが色々なところで活躍してくれました 古河史楽会代表 山田さん特別授業教材
  52. 52. そんなこがにゃんこが色々なところで活躍してくれました 2015年 古河市成人式記念品
  53. 53. そんなこがにゃんこが色々なところで活躍してくれました 福祉法人パステル(たんぽぽ、いちばん星) こがにゃんこクッキー&こがにゃんこパン販売
  54. 54. 最後に こがにゃんこは古河市のみなさま あってこそのキャラクターです これからもかわいがってください!
  55. 55. 最後に ご静聴ありがとうございました

×