Scrum始めました

3,575 views

Published on

0 Comments
5 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
3,575
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
166
Actions
Shares
0
Downloads
18
Comments
0
Likes
5
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Scrum始めました

  1. 1. Scrum 始めました
  2. 2. 自己紹介 <ul><li>田中 宏幸 (33)   twitter : swiftnest </li></ul><ul><li>(株) GameRepublic 開発部 部長( PG の統括) </li></ul><ul><li>  ※元々はプログラマー </li></ul><ul><li>資格 </li></ul><ul><ul><li>PMBOK 試験不合格( GW にリベンジ!) </li></ul></ul><ul><ul><li>認定スクラムマスター予約失敗 </li></ul></ul><ul><ul><li> ( 6 月にリベンジ!) </li></ul></ul>
  3. 3. 無資格 Scrum 初心者
  4. 4. 有るのは 「チームを助けたい」 という心のみ
  5. 5. ところで
  6. 6. 皆さん Scrum って知ってます?
  7. 7. 10 分で 何となく判る Scrum 講座
  8. 8. Scrum とは <ul><li>名称はラグビーのスクラムに由来 </li></ul><ul><li>アジャイル開発手法の一種 </li></ul><ul><ul><li>元々は日本の製造業(キャノン等)の製品開発手法を ケン・シュウェイバ と ジェフ・ サザーランドが IT に応用した </li></ul></ul><ul><ul><li>※ アジャイル </li></ul></ul><ul><ul><li>× 事前に莫大な仕様書や設計図を決めてから取り組む </li></ul></ul><ul><ul><li>○ 実測値を元に柔軟に変化に対応する </li></ul></ul>
  9. 9. Scrum とは
  10. 10. 採用実績 <ul><li>CEDEC2009 「 SCM 最新技術事例~「 Star Wars :The Old Republic 」での大容量ゲーム開発~ 」 </li></ul><ul><li>GDC 2010 「仲間と共に アンチャーテッド 2 の事後検証 」 </li></ul><ul><li>  </li></ul><ul><li>※ GDC では毎年期間中に Scrum 講習会が開かれており、 認定スクラムマスターの資格が取得出来るそうな 。 </li></ul>
  11. 11. Scrum の一番重要なポイント
  12. 12. Scrum とは チームが一体となって進める手法
  13. 13. チームメンバー各々が 自身の作業に 責任 を持ち チームが一体となって プロジェクトを進めることで モチベーションが上がり 製品のクオリティが上がる
  14. 14. Scrum のプロダクト <ul><li>Scrum のチーム編成 </li></ul><ul><li>毎日 Scrum ミーティング(朝礼) </li></ul><ul><li>開発サイクル </li></ul><ul><li>スプリント計画 </li></ul><ul><li>スプリント(実作業) </li></ul><ul><li>スプリントレビュー(確認会) </li></ul>
  15. 15. Scrum その1 立ち上げフェーズ
  16. 16. Scrum のチーム編成 <ul><li>チームの人数は 5 ~ 9 人 </li></ul><ul><ul><li>スポーツのチームのように機能させたいため </li></ul></ul><ul><ul><li>複数のチームで 階層構造を構築 </li></ul></ul><ul><ul><li>最大 500 人の 実例あり? </li></ul></ul>
  17. 17. Scrum のチーム編成 <ul><li>チームの中からスクラムマスターを任命 </li></ul><ul><ul><li>スクラムの思想やルールを正しく守り、チームを成功へ導く人 </li></ul></ul>
  18. 18. 開発サイクル <ul><li>以下の流れを完成まで何回も繰り返す </li></ul><ul><li>よく見ると PDCA サイクルに類似 </li></ul><ul><ul><li>PLAN (計画) </li></ul></ul><ul><ul><li>DO (実行) </li></ul></ul><ul><ul><li>CHECK( 評価 ) </li></ul></ul><ul><ul><li>ACT( 改善 ) </li></ul></ul>
  19. 19. プロダクトバックログ <ul><li>製品の機能リスト一覧 </li></ul><ul><li>最初に時間を掛けて作成。 その後も問題がある場合は変更可能 (勝手に増やすのは駄目) </li></ul>
  20. 20. スクラムその2 計画フェーズ
  21. 21. スプリント計画 <ul><li>プロダクトバックログの中から、 今回のスプリントで行う内容を決める </li></ul><ul><li>プロダクトバックログを各自が作業単位まで細かくする(スプリントバックログ) </li></ul>
  22. 22. スクラムその3 実行フェーズ
  23. 23. スクラムミーティング <ul><li>平日の決まった時間に行う(毎朝 9 時とか) </li></ul><ul><li>15 分前後で完了させる </li></ul><ul><ul><li>長くなりそうな案件は、別途ミーティング開催 </li></ul></ul><ul><li>全員立って行う </li></ul><ul><li>内容 </li></ul><ul><ul><li>昨日何をしたか </li></ul></ul><ul><ul><li>今日何をするか </li></ul></ul><ul><ul><li>作業の障害報告 </li></ul></ul>
  24. 24. スプリント <ul><li>スプリントバックログ通りの作業を行う期間 </li></ul><ul><li>期間は 2 週間~ 1 ヶ月 </li></ul><ul><li>スプリントバックログに進捗状況を記載していく </li></ul><ul><li>原則、スプリント中に仕様追加を行うことは禁止とされている </li></ul>
  25. 25. スプリント <ul><li>スプリントの進捗はバーンダウンチャートで いつでも確認出来る </li></ul>
  26. 26. スクラムその4 確認フェーズ
  27. 27. スプリントレビュー <ul><li>成果物の確認会 </li></ul><ul><li>チーム全員参加 </li></ul><ul><ul><li>現在の進行状況を全員が確認 </li></ul></ul><ul><ul><li>良い点と改良できる点を洗い出す </li></ul></ul><ul><li>パワポなどは使わずに、開発して動いている物を見る事を中心に進める </li></ul>
  28. 28. おさらい
  29. 29. Scrum のプロダクト <ul><li>Scrum のチーム編成 </li></ul><ul><li>毎日 Scrum ミーティング(朝礼) </li></ul><ul><li>開発サイクル </li></ul><ul><li>スプリント計画 </li></ul><ul><li>スプリント(実作業) </li></ul><ul><li>スプリントレビュー(確認会) </li></ul>
  30. 30. 本題 Scrum 始めました
  31. 31. プロジェクト紹介 <ul><li>12 月にスタートした新規プロジェクト </li></ul><ul><li>以前同じチームでタイトルを作った経験あり </li></ul><ul><li>Scrum はもちろん初めて </li></ul>
  32. 32. Scrum 導入の 最初のミッション
  33. 33. 説得
  34. 34. ターゲットは プロジェクトの長「ディレクター」
  35. 35. 殺し文句 「前回のプロジェクト 大変でしたよね…」
  36. 36. 「今欧米で注目され ている開発手法があるんですよ」
  37. 37. ちょっとお時間頂けないでしょうか?
  38. 38. … いえいえ 宗教の勧誘 ではないです !!
  39. 39. Scrum の説明 <ul><li>脈がありそうだったので Scrum を説明 </li></ul><ul><ul><li>GamePM#6 の ppt を使用 </li></ul></ul><ul><ul><li>時間は 50 分ほど </li></ul></ul><ul><ul><li>主にモチベーションの向上について説明 </li></ul></ul><ul><ul><li>説明した対象は </li></ul></ul><ul><ul><li>ディレクター、プロアシ、リードPG </li></ul></ul>
  40. 40. ディレクター 「確かに良いかも。やってみますか」
  41. 41. Scrum のプロダクト <ul><li>Scrum のチーム編成 </li></ul><ul><li>毎日 Scrum ミーティング(朝礼) </li></ul><ul><li>開発サイクル </li></ul><ul><li>スプリント計画 </li></ul><ul><li>スプリント(実作業) </li></ul><ul><li>スプリントレビュー(確認会) </li></ul>
  42. 42. メンバー紹介 <ul><li>スクラムチームは 3 つ </li></ul><ul><ul><li>プログラマー  4 名 (スクラムマスターはリードプログラマー) </li></ul></ul><ul><ul><li>プランナー  4 名(マスターはディレクター) </li></ul></ul><ul><ul><li>デザイナー  9 名(マスターはリードデザイナー) </li></ul></ul><ul><ul><li>プロジェクトアシスタント 1 名 </li></ul></ul><ul><ul><li>私(遠くから見守る係) </li></ul></ul>
  43. 43. 開発サイクル <ul><li>毎月クライアントに進捗を提出する 必要があるためスプリントは 1 ヶ月 </li></ul><ul><li>月末に提出。月の頭スプリントレビュー スプリント計画 </li></ul>
  44. 44. Scrum ミーティング <ul><li>毎朝 10 時に開催 </li></ul><ul><li>最初各セチームでスタンドアップミーティング </li></ul><ul><li>その後、その報告を持ち寄って スクラムマスター達でミーティング </li></ul><ul><li>内容はルール通り </li></ul><ul><ul><li>昨日何をしたか </li></ul></ul><ul><ul><li>今日何をするか </li></ul></ul><ul><ul><li>作業の障害報告 </li></ul></ul>
  45. 45. Scrum ミーティングの結果 <ul><li>○ 毎日報告を行う事で、状況が非常に良く判るようになった(今までは週一回) </li></ul><ul><li>○ 問題が起きている場合、直ぐに発見->対応できるようになった </li></ul><ul><li>○ 今日何を行うべきかが整理出来るようになった </li></ul><ul><li>× セクションチームのミーティングが終わらなくて、スクラムマスターがたまに待ちぼうけ </li></ul>
  46. 46. 結果:すばらしい
  47. 47. スプリント計画 <ul><li>次回提出する内容をプロダクトバックログを元にスクラムマスター達が決定する </li></ul><ul><li>それを各メンバーに伝え、各自がスプリントバックログを作成する </li></ul><ul><li>スプリントバックログは Redmine で管理 </li></ul><ul><li>単位は時間…では無く日数で登録 </li></ul><ul><ul><li>Redmine にはバーンダウンチャートは無いが、代わりにガントチャートがあるため、その方が便利 </li></ul></ul>
  48. 48. スプリントバックログ の代わり 「チケット」
  49. 49. バーンダウンチャート の代わり 「ロードマップ」
  50. 50. バーンダウンチャート の代わり 「ガントチャート」
  51. 51. スプリント計画 <ul><li>○ スプリントで行う内容がスッキリする </li></ul><ul><li>○ Redmine がかなり使いやすい </li></ul><ul><li>・複数プロジェクト、 Wiki 、 SVN 連動、メール通知等 </li></ul><ul><li>× Scrum 専用ツールではないので機能が足りない </li></ul><ul><li>・スプリントバックログ – チケットで対応 </li></ul><ul><li>・プロダクトバックログ – excel で対応 </li></ul><ul><li>・バーンダウンチャート – ガントなどで対応 </li></ul><ul><li>※ Scrum 用 Redmine プラグインを使えば問題なし? </li></ul>
  52. 52. 結果:いい感じ
  53. 53. 参考「Agilo」 Scrum 専用ツール
  54. 54. スプリント <ul><li>スプリントの期間は 1 ヶ月 </li></ul><ul><li>スプリントバックログを毎日更新 </li></ul><ul><li>原則、スプリント中に仕様追加を行うことは 禁止 </li></ul>
  55. 55. スプリント <ul><li>スプリントの期間は 1 ヶ月 </li></ul><ul><li>スプリントバックログを毎日更新 </li></ul><ul><li>原則、スプリント中に仕様追加を行うことは 禁止 </li></ul>
  56. 56. ホントに?
  57. 57. ホントに 仕様の追加を行ってない?
  58. 58. ゴメンなさい。行ってます orz ゴメンなさい 追加やってます
  59. 59. よく追加や変更が起きるパターン <ul><li>途中まで作ってみたけどイマイチだった </li></ul><ul><li>必要な作業が抜けていた </li></ul><ul><li>他セクションの作業が遅れた </li></ul><ul><li>クライアントから電話が掛かってきた </li></ul>
  60. 60. スプリント期間が長いのが 問題??
  61. 61. スプリント <ul><li>○ Redmine で残作業が誰でも把握出来る </li></ul><ul><li>○ スプリントバックログのお陰で抜けが減った </li></ul><ul><li>× 変更が良くあるメンバーの スケジュールがぐちゃぐちゃ </li></ul><ul><li>○ それ以外のメンバーは作業に集中出来た </li></ul>
  62. 62. 結果:いまいち
  63. 63. スプリントレビュー <ul><li>具体的な資料が殆ど無かった(時間、人数) </li></ul><ul><li>とりあえず時間は 2 時間でやってみた </li></ul><ul><li>参加スタッフはチームメンバー全員( 20 名) </li></ul><ul><li>ディレクターが最初説明した後 全員で遊んでみる </li></ul><ul><li>積極的に意見を出して貰うように促す </li></ul>
  64. 65. 結果: 酸欠になりました
  65. 66. スプリントレビュー結果 <ul><li>× 意見を出す人は数名。 それ以外の人はボンヤリ </li></ul><ul><li>× 後半30分ダレた </li></ul><ul><li>△ 少しではあるが、良い意見と悪い意見が ヒアリング出来た(声の大きい人だけ…) </li></ul><ul><li>○ 全員がゲームの進行状況を確認出来た </li></ul>
  66. 67. 結果:ダメダメ
  67. 68. ダメダメ?
  68. 69. ダメダメな時は 振り返ってカイゼン。 そう GamePM#5 で行った …
  69. 70. KPT法
  70. 71. KPT 法 <ul><li>Keep (良かった事、続けたい) </li></ul><ul><li>Problem (上手く行かなかった事、問題) </li></ul><ul><li>Try (次に試したい事、挑戦) </li></ul><ul><li>ホワイトボードを上記三つに区切り、付箋でぺたぺた貼っていく </li></ul><ul><li>詳しくは割愛 </li></ul><ul><ul><li>http://www.atmarkit.co.jp/farc/rensai/pl06/pl06.html </li></ul></ul>
  71. 73. KTP 法の結果
  72. 74. 付箋に 「良い所」「悪い所」「その他」を 書いてホワイトボードにぺたり 出席者は最大 6 人 ディレクターとプロアシは常に参加 お菓子 メモが書けるように机 時間は 1 回 30 分x 8 セット
  73. 75. 第二回スプリントレビュー結果 <ul><li>○ 酸欠にならずに済んだ </li></ul><ul><li>○ 沢山の意見がヒアリング出来た </li></ul><ul><li>○ ダレずに進行出来た (ちょっと時間が足りなかったかも?) </li></ul><ul><li>○ 全員がゲームの進行状況を確認出来た </li></ul><ul><li>△ お菓子は以外にみんな食べなかった </li></ul><ul><li>× 批判的な意見が増えた </li></ul>
  74. 76. 結果:いい感じ
  75. 77. Scrum 始めました総括
  76. 78. 確かに全員の モチベーションが上がった!
  77. 79. モチベーションが上がった要因 <ul><li>スクラムミーティング </li></ul><ul><ul><li>皆が仲良くなれる </li></ul></ul><ul><ul><li>朝からやる気が出る </li></ul></ul><ul><li>スプリント </li></ul><ul><ul><li>スプリントバックログは作業に集中できて良い </li></ul></ul><ul><ul><li>変更が起きている人にとってはイマイチ。 </li></ul></ul><ul><li>スプリントレビュー </li></ul><ul><ul><li>意見の吸い上げと、進行状況の確認は モチベーションに繋がる </li></ul></ul>
  78. 80. 今後の課題 <ul><li>スプリントを何とかする </li></ul><ul><ul><li>スプリント中の追加、変更を最小限に抑える方法 </li></ul></ul><ul><li>プロダクトバックログがジワジワ増えており 最終スケジュール通り終わるか不安 </li></ul><ul><li>100 人規模のプロジェクトに導入する </li></ul><ul><ul><li>100 人規模で Scrum ミーティング </li></ul></ul><ul><ul><li>100 人規模でスプリントレビュー </li></ul></ul>
  79. 81. Scrum ミーティング だけでも導入 いかがですか? オススメです
  80. 82. ありがとう ございました

×